もみじのブログ

読んだ本とか漫画とかの個人的な感想など。
…まぁ主に漫画かな?
内容はほぼネタバレなので、ネタバレ嫌いな方はスルーしてください。


テーマ:

! 警告 !


この記事は、週刊少年ジャンプ本誌の感想です。


個人の感想ですのでネタバレを大いに含みます。ちなみに画像はありません。


ネタバレが無理な方は、今すぐ「戻る」をクリックです。左クリックカチッ


閲覧後の苦情は一切受け付けません。(`・ω・´)*





めだかボックス


なるほど。

生徒会長になり、めだかちゃんに惚れてもらうことが人吉君の勝ちってことですか。


にしても、つくづくめだかボックスは「言い」ますね(^^;)


十巻以上続く コミックスは惰性

ってのがそれに僕の持論でね

既にそれを三冊もオーバーしてやがる

だから見てな アニメが始まる前に

僕がこの漫画を 終わらせてあげるぜ


安心院さん(^^;) ジャンプでそれ言っちゃう?

「イイネ!」じゃなくて、「言うねぇ!www(・∀・)www」ボタンが欲しいw

今回、めだかボックスの次が「こち亀」だったから、さらに笑えた。



ブリーチ


盛大に銀城さんと一護が戦った後で……。

銀城さんが倒れて…ポエムってる時に


現れたのは「月島さん」

生きてた!!(  ゚ ▽ ゚ ;)


一護の背後から急襲する月島

とっさに庇おうとするルキア


そして、庇おうとしたルキアの胸が開いて……


リルカ登場。Σ(゚д゚;)

二重に庇って、リルカが月島さんに……Σ((゚m゚;)


っていうか月島さん、銀城さんに「あと持って数分の命だ…」的なこと言われてませんでしたか?

血は吐いてるけど、結構ぴんぴんしてる不思議。


そして、リルカは、どこにどうなってルキアの中に入っていたのか…

胸が扉みたいに開くなんて。

なんかすごく不思議なことになってるんですけど。(・・;)


月島さんは、かなり銀城さんのことが大事だったようです。

ちょいとびっくり。

結構淡白な間柄なのかと思ってた。

次は月島さんと銀城さんの過去編になるのでしょうか?

個人的にはルキアのほうが心配でなりません(´・ω・`)



ワンピース


世界を滅ぼすほどの力がある

神の名をもつ古代兵器「プルトン」・「ウラヌス」・「ポセイドン」


ギリシャ神話から持ってきてるのか。

プルトンは冥府だから大地として、ウラヌスは天。ポセイドンは海。


陸海空の古代兵器、か。


言ってもポセイドンなんて、姿かたちからしたら、

「ネプチューン王」がまんまその姿だと思うんだけどね(^^;)

ポセイドンが人魚姫で「海王類を操作できる」なら、あと二つはどんなのかな。



さて、ホーディ達は、丸薬の副作用で年をとってしまい…再起不能…。


危機は去ったのかと思いきや

その裏では海軍の新元帥が決まっており、

そして、さらに「四皇」からの危機が迫るということに。


ルフィたちはいつ地上に戻れるんでしょうね(^^;)



トリコ


ポイズンポテトは「毒の弱め方」はあるものの、

不味くなるので「調理法」として認められていない。


ということでした。あるんだね、一応ね。

毒が全体にあるため、取り除くことが不可能だということか。


そして、結局は「力技」でトリコたちを「食べよう」としたライブベアラーでしたが……。


綺麗に返り討ちにされました。

最初からそうすれば早かったんじゃね?(^^;)


それにしても、一つの食材で200分とか150分とかある食材があり

さらに、完食するまで次のカードはめくれないのだから


一回に2時間以上もかかったりするわけで。

ライブベアラー戦に際してココは、


「ずっと座ってて体がナマってたとこだ」


と言ってますが長丁場過ぎるカードゲームで、ココと小松。

そしてマッチさんたちは何も食べていないのだから

ナマるどころか、普通にお腹も減ってるような気がします(^^;)


さらに件のポイズンポテトは、トリコが完食!

……食べるのかぃ( ゚д゚)(;゚д゚)


そして、かえってグルメ細胞が活性化して、普通に生還。

( ゚д゚)(;゚д゚)うそん…

トリコ……すごいです(^^;)



クロガネ


葉桜君の片手での剣道。

この漫画は決め技のこのアップとかがかっこよいので好きですヘ(゚∀゚*)ノ

諦めない者が勝つという、ジャンプ的な展開も良いです(^^)


ちなみに今回紹介されていた「学生剣道で活躍した隻腕の剣士 高宮先生」というのは


フィクションではない、実在の方。


かなりうっすらした記憶ですが、高校のときに倫理だったかの教科書か何かで

紹介されていた人のような気がして調べたら、やっぱりそうでした。

教科書の内容は、剣道じゃなくて

「障がいに対して間違った教育をしないで欲しい」

という趣旨の内容でしたけどね。


今年テレビで紹介されたらしいけど、それは見てませんでした。(^^;)見たかった~


葉桜君は勝利しましたが、次はいよいよクロガネ君の出番ですよ。

簡単に勝てるとは思えませんが、どういう戦いになるのか気になります(^^)




高宮先生を知らない方はちょっと紹介まで。


隻腕の剣士 高宮敏光さん

1歳の時、脱穀機に挟まれて右腕の肘から先を失う。

6歳で剣道を初める。

目を離さなければ、息子は腕を失わなかったと自らを責める両親の負い目を取り去るために

誰とでも対等になれる実力を示すため、左腕を徹底的に鍛えた。

そして、中学、高校では、レギュラーとして活躍。

故郷、熊本を離れ、剣道の名門、大阪体育大学に進学。ここで新たな技を生み出す。

それは片腕の弱みを強みに変える技。
竹刀の長さを調節し、戦い方を変えることで、どんな距離の相手にも効果的に攻め込む戦法。

自ら編み出したこの戦法を4年間磨き続けた。

そして、2006年7月。
日本武道館で開かれた学生日本一を決める「全国大会」。高宮は激闘を繰り広げる。
試合は、延長戦に突入。体力も限界に近づいていた。試合はなんと40分が経過。
それでも、高宮はあきらめなかった。そして、見事に胴が決まる!
高宮は竹刀を持ち替える片腕ならではの戦法で勝利する。


現在は中学校の教師をされていて、剣道四段をもたれています。




AD
いいね!した人  |  コメント(2)

[PR]気になるキーワード