横浜・蒔田駅のピアノ教室!楽しく、ほめて伸ばす、アットホームなお教室です!

横浜市営地下鉄蒔田駅より徒歩5分の楽しく、ほめて伸ばすアットホームなピアノ教室です!


テーマ:

● 横浜・蒔田のピアノ教室のお知らせ


こんにちは!明本です。


12月に入りました。


生徒さん募集は今月で終了です。 ←こちらをクリックして、お問い合わせお待ちしてます!


今月は、生徒さんの1年間のできたところをまとめ、来年の予定を考えたり。


↓ 毎月発行している「ピアノつうしん」も18号目になりました^^



img20161201_113226.jpg

来年1月早々に、イギリス館にてレッスン・面談があるので、それまでに予定を立てお母様方、生徒さんと相談します。


12月になると、やることも多いですが来年のことを考えたり、楽しいイベントも多いですしワクワクします。


そして、この一年で生徒さんたちがピアノを通して考え方が前向きになってくれたのが嬉しく思ったりしています。


小学1年生のKちゃんは、オルガンピアノ1からいきなり3に進みたい!と言って私もやってみよう、と応援しました。


だんだん難しくなり・・・「2に戻りたい・・・」とKちゃん。


じゃあ、戻ろうと2に戻り、4ヶ月で3に入りました。


全部、自分で決めさせ、失敗したら戻ればいい、と経験してもらいました。


昨日お母様から「先週の宿題曲は、いっしょに弾いて強弱や速さに気をつけ、ふたりで楽しく練習しました!」とメールを頂いてとても嬉しく思いました。


このお母様は、ピアノは弾けないとおっしゃっていて、最初の頃は私が弾いた動画を見て頂いていました。


前のお教室では、バスティンという楽譜で、曲を聴いても馴染みのない曲ばかりで音も合っているのか分からず不安だったそうです。


今はそんな不安もなくなり、一緒にお子さんと弾いたりしている・・・なんて素敵なのでしょう!


反抗期に入る前に、たまに親子でピアノを弾くというのはとても良いことだと思います。


いつも、素敵なお母様方に感銘を受けております^^

横浜市営地下鉄蒔田駅より徒歩5分の楽しく、ほめて伸ばすアットホームなピアノ教室です! お問い合わせ・体験レッスンお申し込み  /  月謝・レッスン日時
蒔田、大岡、若宮町、宮元町、堀の内から生徒さんが通ってくださっています。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

● 幼稚園年長さんのピアノレッスンの様子


こんにちは!明本です。


先日私は誕生日で40歳になったのですが、うそでしょ?という感じです^^


中身は大学時代の感覚のまま、少し経験が増えたので客観的に物事を考える事ができるようになったでしょうか。


今後も日々勉強、精進して参ります。


先日の年長さん、K君のレッスンの様子です。


こどものハノンとオルガンピアノ2を使用しています。


少し難しくなってきたので、和音中心に進めています


img20161128_110328.jpg

右手、左手と同じようなメロディーが続くと時々拒否反応を起こす事があります。


小さいお子さんには良くあることです。


ですので、左手が和音だけ、というものを一時的に選んでいます。


一段階簡単なものを弾いて「できた!」と自信を持ってもらいます


そこで「とても良く練習したから、音も間違えず綺麗に弾けたね!」とほめてあげます。


お子様の表情がニコニコとしています。


これが出来ないと次には進めません!ときつく言ってレッスンをこわーい雰囲気にしても何にも良いことはないのです。


K君は、この「いちばんぼし」を弾いたあと、ハノンを弾いて少し私と連弾の練習もしました。


前回のソルフエージュお勉強会での新曲視唱で更に力が付いたのか、初めて見る連弾の曲もすぐに右手パートを弾いていました。



横浜市営地下鉄蒔田駅より徒歩5分の楽しく、ほめて伸ばすアットホームなピアノ教室です! お問い合わせ・体験レッスンお申し込み  /  月謝・レッスン日時
蒔田、大岡、若宮町、宮元町、堀の内から生徒さんが通ってくださっています。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
●メトロノームについて リズムに関すること 

こんにちは❗明本です。



↑昨日の山下公園。白いバラが綺麗でした!

先程パソコンの調子がおかしくなり·····

スマホから更新してますが、なんか使いにくいです。

明後日のソルフェージュお勉強会の準備中です。

リズム、視唱、聴音を行います。

ソルフェージュは、フランス語で楽譜を読む力をつけるレッスンの事で通常レッスンではできないところを明後日は行います。

特に、リズムと書くことには力を入れる予定です。

リズムが分からなくなると、曲自体がおかしくなります。

メトロノームを使って、なんとなく感覚を理解することもあります。

明後日、お子様たちに少し知識として頭に入れておいてほしいなと思っているのは印刷楽譜ができた16世紀ごろは、メトロノームは存在していません。

今、バッハのメヌエットを練習しているお子様がいらっしゃいますが、その大昔の話をする時間がないので、そういった知識はソルフェージュお勉強会等でお伝えしていく予定です。

バッハの時代は、通常テンポといって自分の脈拍を参考に1拍を基準としていたそうです。

だから、弾く人によってテンポも違います。

今の楽譜に書かれている事はきちんと理解して弾けるようにし、そういった時代背景のことも頭に置いてもらえると、クラシック音楽の楽しさが少し分かってもらえるかな、と思っています。
 
明後日、分かりやすく説明できるかな(^-^;
いいね!した人  |  リブログ(0)