きょうのシロクマ

あべ 弘士/作

2013年

光村教育図書

1300円+税





旭山動物園に長年勤めていらしたあべ先生。



今回描くのは・・・シロクマのおはなしです。







のっそ





のっそ







シロクマがやってきました。






のっそ





のっそ






きょろ きょろ






のっそ・・・






きょろ きょろ








氷の上で、なんだかそわそわしているシロクマ。





どうやらお腹がすいているようです。









みつけた







足をとめたシロクマ。





さっそく、見つけたようですね。








しかし。







ちょっぴり、困っているようです。







きょろ きょろ







なぜかって・・・








きょろ きょろ









目線の先には・・・二匹もいたから!







さて、考え出すシロクマ。







こっちとあっち、どちらにしようかな・・・







その二匹は感じます。








き・た







ちゃあんと、わかっているのです。





自分を襲うかもしれない、シロクマの存在を。






あせらない あせらない







きた きた きた







両者(三者?)の思いが交差する、緊張感あふれる氷上決戦!






いちかばちかの勝負に出るの出ないのか。


きょうのシロクマはいかに!?



何気ない殺気立った日常も、のんびりとしたタッチのこの絵本では、ほのぼのとした楽しいお話に。


どちらを応援したらいいのか分からなくなる、可愛らしいおはなしです☆

AD