恋するイラストレーション/イラスト制作・女性向け・ファッション・エクササイズ・ジョギング・ウェディング・結婚など

イラストレーターAkihisaSawadaのイラスト作品ギャラリー。女性、ファッションイラストを中心に日々制作しています。雑誌、書籍、広告のイラスト作成のほか、各種印刷物のデザイン、アメブロデザイン、WEBデザイン等。お仕事のご依頼を随時受け付けています。


テーマ:


こんばんは。恋するイラストレーター、Akihisaです。

相変わらず風邪っぴきのAkihisaです。
腰が痛くて頭がぐわんぐわんします。

6時に風呂に入り、7時ぐらいにもう寝ちゃおうかおと思ったんだけど、ひたすら金麦飲みながらだらだらとイラスト描いてました。


「読者登録してくれる?」



オリジナルのボタンが、ちょっと欲しかったんですよね 笑

遊びのつもりで描いてみましたが、金麦4本飲んでしまったせいか、今一歩でしょうか。
まあとりあえず、しばらくはこれで。
また時間のある時にでも、ちゃんと描いてみます。


ちなみに、彼女の持ってる文庫本、なんだかわかります?
この水玉模様、わかる人にはピントくると思うんですが。


サリンジャーの「ナインストーリーズ」です o(^▽^)o
僕の愛読本です。

短編の中の1つ、「エズミに捧ぐ~愛と汚辱のうちに」が、やっぱり一番僕は好きです。
何度読んでもあきません。

この本の結末を正しく理解するために(たぶん)、僕は約15年かかりました。
とても印象深い短編。一度読んだら忘れられない物語です。


物語の後半、主人公は第二次大戦に参戦し、V-Day(ノルマンディ大作戦)に参加して、占領したドイツ人のある民家に滞在します。

その家はナチスの下級官吏だった38歳の独身の女が住んでいた家で、彼女の書架の本、ヨーゼフ・ゲッペルスの「未曾有の時代」の見返しには、こんなメモが書かれている。


「おお、神よ、人生は地獄である」



ただそれだけで、そこに至るまでの言葉も、そこから続く言葉もなにもない。


彼は数分間そのページを凝視しながら、その書き込みの下にこう記します。



「諸氏よ、地獄とは何であるか?つらつら考えるに、愛する力を持たぬ苦しみが、それである、と、私はいいたい」

(ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』の長老の言葉)




明日は朝一で美容院へ。
伸びすぎた髪を切って、カラーして、ちょっと若作りしてきます。


金麦4本で、ちょっと酔いすぎました。

おやすみなさい。


クリスマスカード、好評発売中です。

クリスマス・ペタぼたんも好評受付中。




 ↓生温かい応援クリックよろしくお願いします♪






いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

イラストレーターAkihisaSawadaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります