恋するイラストレーション/イラスト制作・女性向け・ファッション・エクササイズ・ジョギング・ウェディング・結婚など

イラストレーターAkihisaSawadaのイラスト作品ギャラリー。女性、ファッションイラストを中心に日々制作しています。雑誌、書籍、広告のイラスト作成のほか、各種印刷物のデザイン、アメブロデザイン、WEBデザイン等。お仕事のご依頼を随時受け付けています。


テーマ:
恋するイラストレーション AkihisaSawada-06

こんばんは。恋するイラストレーター、Akihisaです。
本日の仕事終了。
今週はだいぶ仕事に追われてましたが、なんとかいいところまで逃げてきたようで。
今日一日、朝から集中して仕事を進めたおかげで、明日からは少し余裕を持ってやれそうです。

というわけで、一日終了のご褒美に、一杯やってます o(^▽^)o


なんでも一人でやる仕事っていうのはそうだと思うけど、追うか追われるか、そのバランスは常に微妙で難しいものがあります。

仕事がたくさん入れば、どうしても追われることになる。
とにかく間に合わせることに必死で、まずは時間のやりくりを考えます。


でも時間がないからといってクオリティを落としていいわけないから、そのへんも含めて時間をどう作り出すか、トイレに行ったりシャワーを浴びたりしながらも、延々と考え続けている。

ただ時間を細分化してなんでも詰め込んでみても、夏休みの計画みたいに結局うまく行かなくなってしまう。
能力の問題もあるし、人間性の問題もあるし、想像的で前向きに、楽観的な状態で作業するための、モティベーション維持の問題もある。


とことん気がのらない時は、僕はとりあえず金麦飲んで、ひと眠りすることにしてます。
へんな時間によく寝ています 笑
でも一時間でも二時間でも眠れば、わりとそれで、結構気分が変わっているものです。


すべてを意思の力でコントロールしようとするのは、やはり無謀。
だから、どうすれば自分の気分をコントロール出来るか、フィジカルな部分をコントロールする必要があります。


忙しくても声をかけてもらえると、「はい、喜んで」と居酒屋の店員みたいにニコニコと答えてしまうので、それで余計に仕事に追われることになるんだけど、しかしもちろん、追われるばかりじゃダメなんですよね。
たとえどんなに忙しくても、やはり追うことを考えていなくちゃいけません。


「追う」ということは、自分から新たな制作の境地を開いていくことだから。
それがすぐに仕事につながろうがつながるまいが、新しいことに挑戦して、冒険して、いつも自分をアップグレードしていく必要があります。
そういう気持ちがなければ、やはり長い目で見れば生き残っていけないと思う。

同じことばかり繰り返して「僕は忙しい」と自分だけ思っていてもしょうがない。
だからやっぱり、忙しかろうがなんだろうが、追わなければダメです。


イラストというお仕事は、一言で言えばタフでなければやっていけない仕事だと思う。
肉体的にタフであるということがもちろん必要だし、「自分を信じる」という意味で、とことんタフでなければならない。

自分がいつか本当に満足したと思えるものを描けるか、あるいは誰かに心から喜んでもらえるか。
僕にとって絵を描くことの意味は、そのどちらかしかありません。
それが僕にとっての、イラストという仕事です。


能書きはいりません。
芸術はなにかなんて知らなくたっていい。
美術史やデザイン史に精通していることは悪くないけど、中途半端にそんなものわからなくたっていい。


どんな仕事だってそうだけど、世の中の自分一人でやる仕事がみんなそうであるように、そこではある共通したタフネスが要求されます。

夢見るのは常にお花畑だけど、歩を進めるのは自分という荒野です。
でも、そこにあるオアシスを信じる。
一杯の水で喉を潤すために。


まあそういうものです。



さて、金麦をもう一丁。
書いている間に、一本飲み終えてしまいました。



クリスマスカード、好評発売中です。




↓生温かい応援クリックよろしくお願いします♪



いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

イラストレーターAkihisaSawadaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「■恋する生温か日記」 の記事