崎谷明弘•千恵のぼちぼちミュージックライフ

ピアニスト•崎谷明弘と、伴奏者•崎谷千恵の音楽活動を綴っていきます。
2人ともピアノの先生なので、生徒さんのお話も出るかも?


テーマ:
大変ご無沙汰しております。
久々に書く内容としては残念なお知らせになってしまうのですが、
チャイコフスキー・コンクールの予選会への参加を断念いたしました。
来週の8日から始まる予選会では61人のピアニストが参加し、
約半数の30人が本大会準々決勝に進むこととなります。

曲目の準備については種々の本番を経て、結構良い状態に持ってこれていましたが、
コンディションがベストではなく、ここはしっかりと休養をとりながら、
夏以降の本番や挑戦に向けてしっかりと整えていこうと決断した次第です。
出場が発表になってから、様々な場面で応援のお言葉を頂き、またお問い合わせもいただきました。そういう方たちには申し訳ない気持ちでいっぱいですが、
ご理解いただければ幸いでございます。
引き続きのご声援をどうぞよろしくお願いいたします。

平成27年6月6日


※追記
コンディション不良について、手のことは特に故障ということではなく、疲れがたまっているという感じですので、しっかりと休んで整えれば問題ありません。
無理をすればコンクールに向けて詰めていける(今まではそうしてきました)状態ではありますが、夏・秋以降も様々な本番を頂いている状況ですので、そちらの方に影響しないようにするのが、大切と考えています。ご心配をおかけしまして恐縮です。。

次の本番は、7月8日のクロイツァー記念会の演奏会ですが、しっかりとコンディションを整えて皆様に楽しんでいただける演奏をしたいと思います。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
三宮駅から10分、華やかな飲食店が立ち並ぶ北野坂をぬけ、
加納町の交差点に差し掛かると、小さな緑の茂みが見える。

店名を意識したのか、笹の葉。
赤を基調とした堂々たる店構えに鮮やかに映える。

店に入ると、まずずらりと並んだ左手にある”置き紹興酒”が目に入る。
瓶、ではない。
白色の壷に、個人や会社の名前が書き込まれている。
日付はどれも比較的新しい。回転が早いのだろう。




席に着くと、愛嬌のある中国人の姉さんが
本日のおすすめメニューボードを持ってきてくれる。

いつもの、飲み物•生ザーサイ•チャーシューを頼み、
付きだしをつまみながら注文を相談。

竹海6
(ある日の付きだし、タコがかわいらしい)

竹海4
(名物生ザーサイ 定番の品)

今はお酒はほとんど頂かないのだけれど、おしなべてかなり安価だ。
お茶に至っては全て200円で、ナミナミ。
飲み物で儲けようと考えていない。



さて、ボードの一番上は、本日の魚介。
アコウやアブラメ、金目、上海蟹…季節によって様々な種類があり、
味付けや調理法も選択することができる。

そこからはマスターの創意工夫にあふれる品々が雑多に並び、
その日仕入れた最高の材料を調理してもらえる。

竹海3
(鍋ものや)

竹海1
(麺類も)

お肉もいろいろとあるけれど、目を見張るのは野菜の種類の多さ。
新鮮でいいものであることはもちろん、
加熱や味付けにも無駄がないので、素材のおいしさが沁みわたる。


そして、テーブルメニューの豊富な事。

竹海7
(前菜だけのラインナップ)

竹海5
(定番の空芯菜)


四川、広東、香港飲茶、台湾、そして日本で生まれた中華料理まで、
しっかりと網羅し、特徴付けられている。

例えば麻婆豆腐は、一般的に家庭で食べられるスタイルのものと、
山椒の効いた飛びっきり辛い四川のものと2種類選択できる。

竹海2
(四川の麻婆豆腐)

新しい味の驚きと、定番料理のおいしさ。
決して高級ではない。
大衆食堂ほど砕けてもいないが、竹海は、
”庶民の贅沢”をぴったりと表現してくれる、
三宮が誇るチャイニーズレストランであった。


初めて訪れた時から、私も家内もこの店に魅了された。
何度訪れたかわからない。
楽しいお店。自然と会話が弾んだ。

その知らせは突然、いつものメニューの横に…
7月下旬で閉めます、13年間ご愛顧ありがとうございます、と。


丹波篠山に移転し、「食育をする」と目を輝かせて話す、マスター。

どんなお店になるのか、まだしっかりと決まっていないのかもしれない。
でも、豊かなアイデアをおいしく実現するマスターの事、
とてもわくわくするお店になることは間違いない。


それまで、しばらくの間、さようなら。いままでありがとう。
再見!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
前回の更新から少し時間が空きましたが、

その間、スペインのアンダルシア地方にある

ハエンという街に行ってきました。

どの辺りかというと…


ハエン地図

(Google Mapより転載)

マドリッドから電車で4時間前後です。




先月この地で開催されました、ハエン賞国際ピアノコンクールに優勝させて頂きまして、

今回はその褒賞リサイタルと、NaxosというCDレーベルの録音をするために再訪となったのでした。

リサイタルの様子

崎谷明弘 ハエンリサイタル

© JUANDE ORTIZ (from http://www.ideal.es/jaen/culturas/201406/23/akihiro-sakiya-dice-crecido-20140623011035-v.html)


プログラムは、4月に神戸松方ホールで弾かせて頂いたものと同じにしてみました。

ドビュッシー、ブラームス、ベートーヴェン、リストという構成が結構気に入っています。



次の日はインタビュー。

英語が全然出てこない…勉強しないと…


崎谷明弘 ハエンインタビュー
ハエンインタビュー3

そして、録音。



ホール自体は、こんなところです。

ハエンのコンセルバトワール。コンクールの1次の会場でした。

古い教会を改造しているので良く響く。

ハエンコンセルバトワール

今回はいろいろな事情があって、1日で全てとってしまうとのこと。。

それはいくらなんでも無茶なのでは…と思いつつ、9時間ぶっ続けで頑張りました。

ヘトヘトの図。

崎谷明弘 録音



出来上がりはドキドキ。

Naxosで収録された音源は、CDやMP3の発売だけではなく、

ナクソス•ミュージックライブラリーというサイトから配信でお聞き頂く事も出来ます。

当ブログでも告知します。お待ち下さい!(明)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。