王様の耳はロバの耳

ゆがんだかがくしゃのたのしいにっきだよ


テーマ:

■公式
http://ivrc.net/2009/


今週末締め切りです。すごい企画を待ってます。

■フランス代表作品、参考まで。
http://www.laval-virtual.org/index.php?option=com_content&task=view&id=127&Itemid=219&lang=ja


今年のLaval Virtualでの学生コンテスト「Village de la Creation」では数多くの作品が発表され、審査員は熱のこもった会場で真剣に発表する学生たちと、英語、フランス語、時にはかたことの日本語で審査講評を行いました。
ここに最終選考に残った二つの作品を紹介します。

<SCOPE解説>

http://www.laval-virtual.org/index.php?option=com_content&task=view&id=159

Augmented Reality(AR)が、旧来からある触れるゲーム(tangible toys)にどのような新しいインタラクションの方法を与えられるか、という挑戦のゲーム作品です。床に寝ころんで遊ぶ子供がAR技術を組み込んだレゴのようなおもちゃで戦略シミュレーションゲームを遊びます。コマンドはすべてHMDとARタグを使った視線で入力する点が特徴です。

本作品はIVRC 2009に招待され、展示を行います。
またLaval VirtualにおけるSIGGRAPH E-Tech賞も受賞しました。8月にアメリカで開催されるSIGGRAPH 2009で発表予定です。


<Quis-suis-jeの解説>

http://www.laval-virtual.org/index.php?option=com_content&task=view&id=158
次点で惜しくも日本行きを逃しましたが、非常にかわいらしい作品です。ふたり一組で体験し、AR技術を使って顔にぬいぐるみをかぶせます。自分についての質問とやりとりをして、パートナーと楽しい時間を過ごします。
フランス側のコンテストでは最優秀賞を勝ち取りました。ARタグやVirtoolsでのビデオ合成の使いこなしもさることながら、装置のデザインや世界観が「カワイイ」ことが審査員の中でも高く評価されていました。パリ第8大学の美術系の女子学生ふたりによる作品です。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
1993年から続いてきたIVRC ですが、
よりよい、かつ継続的なIVRCの運営を考える上で、
以下のアンケートを用意しました。

お時間あります方、ご参加いただければ幸いです。

■IVRC継続に関する希望調査 (2009/3/2~)
http://spreadsheets.google.com/viewform?formkey=cGZwUTJ1MEQ1S2VWbmhkTzU4MzM2VWc6MA

お知り合いの方などにも紹介していただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

深い質問はぜひどうぞ。
予備調査の目的がありますので、1-2週間で一旦締め切る予定です。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
IVRC2008作品募集は予定通り締め切りました。

今年は幅広く事前説明会を開催した実行委員&ボランティアスタッフの努力のかいあってかなり幅広い参加者が投稿したようです。
今年から個人部門を見直した、ハンズオン部門の再編も有効に働いていると思います。
その分初挑戦のチームでは投稿料の入金ミスや締め切りすぎてのお問い合わせなどが散見されましたが、運営側の体制としては電通大長谷川研のサポートが強力なので、おおむね良好と見ています。

さて審査開始です。
詳しい数字は書きませんが、今年の書類審査通過ラインを倍率でいうと2倍以上ってところでしょうか。
書類審査のほとんどの過程はオンラインで行われます。
普段お忙しい先生方がものすごい勢いでものすごい数の投稿資料を読み解いていきます。

さて私も頑張らねば・・・と思ってログインするのですが・・・うーむ!なんというか、

概要とタイトルの日本語スキルが、ずば抜けていない。

この段階で『あ、おもしろそう』とか『はやく審査しなきゃ』と思わせる魅力的な日本語が書けている作品がそれほど多くありません。

やはり作品を『何とか作っています』というレベルから、『他人に向けて発表します!』というレベルでは簡潔明快度が違いますね。
この差は審査の主軸ではありませんが、影響あるだろうなあ。
簡潔明瞭を補強する強烈な個性があれば拾われる可能性もありますが、なければ落ちる可能性は高まるし(この辺はコンテストの厳しいところなのですが)。

詳細はこれからじっくり審査していきますが、とりあえず期待を裏切るすばらしい出来の企画書に出会えることを楽しみにしています。

ともかく参加していただいた学生のみなさま、
投稿ありがとうございます!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今週末のイベント告知です。
転載歓迎。
入場無料です。

「IVRC」(国際バーチャルリアリティコンテスト)
ロボットでもなくアートでもなく、
徹夜を何回も繰り返さないと生まれてこない
大学生のお兄さんたちの最先端技術の爆発が
いまここに終結!…じゃなかった集結してます!

本当の進路を探している受験を控えた高校生などは
ぜひとも見ていただきたいイベントです。

インタラクティブ東京は、その大学生たちが
プロの研究者になったらどうなるか、という感じのイベントです。
海を越えて、世界最高の舞台からの凱旋展示が主になります。



■インタラクティブ東京2007開催のご案内

最先端のインタラクティブ技術を体験できる展示会,インタラクティブ東京を
IVRC 2007 東京大会とあわせて、9月29日(土)・30日(日)に東京お台場の日本科
学未来館にて開催いたします.さらに、26日~30日までの間デバイスアートの展
示・実演を行うデバイスアートシンポジウムも開催しています。

インタラクティブ東京では、日本からSIGGRAPH 2007 Emerging
Technologies(Etech) に出展した作品の凱旋展示をはじめ,最先端のインタラク
ティブ技術展示が20点行われ,実際にご自分で体験することができます.また,
IVRC(国際学生 VRコンテスト)東京大会を併催し,プレゼンテーション審査を通過
した10作品と個人部門4作品の展示も行います.(入場無料)。IVRC2007の詳細に
ついては http://ivrc.net を、インタラクティブ東京の詳細については、
http://interactivetokyo.jp をご覧ください。

多くの皆様のご来場をお待ちしております.


主催: インタラクティブ東京組織委員会(日本VR学会,芸術科学会,
情報処理学会CVIM研究会,電子通信情報学会MVE研究会)
協賛: 情報処理学会EC研究会
後援: 文部科学省,経済産業省
協力: 日本科学未来館
展示: 9月29日 30日 10:00-17:00 日本科学未来館7階 (入場無料)
口頭発表:9月29日 10:30-12:00 13:00-15:00 9月30日 10:00-12:00(入場無料)

地図: 展示 http://www.miraikan.jst.go.jp/j/guide/map_index.html
併催: IVRC 国際学生対抗VRコンテスト予選大会 (http://ivrc.net )
デバイスアートシンポジウム(http://intron.kz.tsukuba.ac.jp/vrlab_web/ )

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
prod_scrennshot_02.jpg

「IVRC日本・参加者の会」
http://groups.google.co.jp/group/IVRC-Jp/


でも書いたんですが、今年のIVRCも
もう企画書提出まであとわずか、1日弱ですね。
参加する方、がんばってください!


参考になればと思い
今年のフランス代表作品「Time Machine: Verdun 1916」を紹介します。
http://www.time-machine.info/
http://www.time-machine.info/html/multimedia.htm

「Verdun」というのは、フランスとドイツの国境で、第一次世界大戦当時、激しい戦
地になり、独仏双方に大量の犠牲者が出た場所です。
タイムマシンで降り立つ先は、今にも死に向かう兵士...。

戦争、という難しいテーマ、それこそCEROレーティング「Z」ぐらいの作品なんですが、
そんな先入観を吹き飛ばすような、映画1本見たような感覚があります。
技術的にはバイブレータの挙動が非常に興味深いです。

リアルタイム映像的にも非常にクオリティが高いのですが、
あくまで間接的な表現、五感すべてに訴えようという表現力がすばらしい作品でした。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

IVRCも企画書提出→プレゼン審査と
多くの参加希望学生さんがもっとも盛り上がる時期になっているわけですが、

前々から考えていて実行に移してなかった
「IVRC参加者むけML」を
スタートしようかどうしようか?
考えているところです。

IVRCの基本的な情報を提供するにとどまらず、
「こういう企画を考えているんですが」
という学生さんが少しでも予選落ちにならないようにするためのMLでもあります。

企画道場っぽいのもよいかとは思いますが、そこまで踏み込む前に、まず、基本的な
情報と「参加するかもしれない学生さん」が一方通行なのが気になってます。

まあ海外にいるから、という視点もありますけど。

とりあえず興味のある人はメッセージください。
それから情報発信側回答者として参加したいIVRC卒業生なんかもお気軽に連絡いただ
けると助かります。

まずはmixiにもトピックを立ち上げてみましたので、そこでもいいと思います。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=18771159&comm_id=195871



 しらいあきひこ


追記:


とりあえずGoogleGroupsをつくりました。
http://groups.google.co.jp/group/IVRC-Jp
国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト(IVRC)日本参加者のためのグループです。

IVRCに参加してみたい、参加している、昔参加していた人が、よりIVRCを楽しむためのメーリングリストです。
企画の相談や、過去の事例、国際ステージでの体験談などを共有していこうと思います。
★投稿内容はゲストでも見られる設定になっています。


Google グループ
IVRC日本・参加者の会
このグループにアクセス

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今年もIVRCが始まります。

今年は実行委員、スタッフの協力により各地各大学での事前説明会が強化されております。
http://ivrc.net/2007/recruit/briefing.php



終わった日程もありますが紹介しておきます。
勝利するためには過去の傾向やIVRCの目的などをしっかり理解しておくに超したことがないので、都合が合う人はぜひ参加したほうがいいと思います。

日程 時間 開催場所
2007年4月25日(水) 17:00~ IAMAS 本校舎三階小ホール
2007年4月28日(土) 14:30~16:30 東京大学 本郷キャンパス 工学部1号館5階計数会議室(504号室)
2007年5月11日(金) 14:50~ 大阪工業大学 枚方キャンパス 1501教室
2007年5月9日(水) 13:10~ 名城大学 天白キャンパス 共通講義棟北 N-302講義室
2007年5月11日(金) 18:30~ 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科棟 L2講義室

加えて、本日岐阜大学にて開催があるようです。

日時:5月7日(月)16時より
場所:岐阜大学工学部302号教室(工学部棟3階)
http://www.gifu-u.ac.jp/list.rbz?nd=133&ik=1

http://www1.gifu-u.ac.jp/~eng/ja/access/haitizu/kenkyuka3f.html

木島先生よりご連絡です。

 バスをご利用の場合、岐阜駅前にバスロータリーができ、あまり歩かずに乗れるように変わりました。私は少し前にプロジェクタやマイクを準備しに行きますが、12:50から学生実験をF307でやっています。
 あと、ひょっとすると多少取材がくるかもしれません。


ちなみにIVRC関係は、mixiコミュもご利用いただければ幸いです。

http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=17916268&comm_id=195871

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。