王様の耳はロバの耳

ゆがんだかがくしゃのたのしいにっきだよ


テーマ:
 世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術の国際会議「ACM SIGGRAPH 2010」(7/25-29, ロサンゼルス)にて、白井研究室の「Scritter」プロジェクトの関連投稿「A New "Multiplex Content" Displaying System Compatible with Current 3D Projection Technology」が採択されました。

 採択枠は「Late Breaking」というセクションで、本年より設定された最新の話題を収集するために、もっとも遅い締め切り(5月上旬)で設定されたものです。この投稿は、Posters, Talks, Student Research Competitionと3つの投稿を兼ねており、白井が東工大世界文明センター非常勤「メディアアート特論」の学生他と協働でゴールデンウィークを投じて勝ち取った成果であります。
 査読者の反応もまずまずで、TalkやETECHも夢ではなかったのかな、というところなのですがまずは発表のための準備に入らなければなりません。えっ!?実演発表しないんですか!?という声が飛んできそうですが、特許周りを先に押さえておかないと、アイディアだけ渡してしまうような発表ですから悩ましいところです…。

 なお白井研究室ではSIGGRAPH2010において全力でツアー開催します。とりあえず主著者の長野君(東工大)と宇津木君(東工大)、それから研究室から発表要員に周君(神奈川工科大)が出陣予定ですがどんな珍道中になることやら…まあそれも経験ですが。私の友人のPaul Debevec研究室(南カリフォルニア大ICT、映画Matrixのバレット撮影の基本技術を発明した研究者)やSuzuki Masuoさんの訪問なども計画中であります詳細は…特設ページを準備します。

情報、動画、査読コメントなどは以下の研究室ページに貼っておきます!

http://www.shirai.la/topics/news/ScritterAcceptedbySiggraph2010

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ちょうどいま、今年のSIGGRAPH最後のチャンスに「Late Breaking」に投稿準備しているのですが、


投稿カテゴリーを吟味しています。なんせ査読次第ですので。


このカテゴリーはそうそう変わるものではありませんから、オンラインサブミッションシステムのHTMLから抽出し、今後のためにリストしておくことにします。




Animation - 2D animation and techniques

Animation - AI, behavior, and robotics

Animation - animation systems

Animation - motion capture / planning

Animation - narrative / character animation

Animation - natural phenomena / simulations

Animation - other

Animation - particle systems / physical simulations

Animation - real-time or for games

Animation - sound

API - DirectX

API - Flash

API - OpenGL

API - other

API - RenderMan

API - X3D

API - XML

Art - abstract / experimental

Art - art and design tools

Art - installation

Art - other

Art - performance

Art - real-time or for games

Art - trends, developments in art and technology

Audio - audio design / technologies

Audio - other

Audio - sound theory / perception

Biomedical Engineering

Color - color calibration across media and devices

Color - color theory / perception

Color - other

Design - conceptual, emerging ideas" selected="selected

Design - design principles, theory

Design - fonts / typography

Design - globalization, sustainability

Design - graphic, industrial, architecture

Design - interaction design, user interface design

Design - other

Digital cinema and projection - applications

Digital cinema and projection - other

Digital cinema and projection - standards

Digital cinema and projection - techniques

Education - general computer graphics

Education - other

Games - design, technology

Games - other

Games - production, development

Games - real-time hardware

General Computing - applications

General Computing - other

General Computing - techniques

Hardware - data acquisition, scanning, and organization

Hardware - display technologies

Hardware - efficiency techniques

Hardware - GPU tools and techniques

Hardware - graphics hardware

Hardware - holography / stereo graphics

Hardware - input technologies / paradigms

Hardware - level of detail

Hardware - other

Hardware - parallel / distributed graphics

Image and Video Processing - capture of light

Image and Video Processing - color

Image and Video Processing - compression

Image and Video Processing - high dynamic range

Image and Video Processing - matting / compositing

Image and Video Processing - morphing / antialiasing

Image and Video Processing - other

Image and Video Processing - security / watermarking

Image and Video Processing - standards

Image and Video Processing - vision

Information Aesthetics - Algorithms & Software Tools

Information Aesthetics - Design & Creative Expression

Information Aesthetics - Interactive Techniques

Information Aesthetics - other

Interaction - collaborative & multi-user techniques

Interaction - graphical user interface

Interaction - human factors, interaction techniques

Interaction - other

Interaction - pervasive / ubiquitous / social computing

Interaction - physical computing / haptics / touch

Interaction - sound and audio

Interaction - text user interface

Interaction - user interface design

Mathematics - calculus

Mathematics - Fourier analysis

Mathematics - level-set methods

Mathematics - optimization

Mathematics - other

Mathematics - subdivision

Mathematics - wavelets

Methods and Applications - artificial intelligence

Methods and Applications - computer vision

Methods and Applications - databases and data mining

Methods and Applications - fractals

Methods and Applications - genetic, optimization algorithms

Methods and Applications - large models and datasets

Methods and Applications - Monte Carlo techniques

Methods and Applications - robotics

Modeling - computational geometry

Modeling - computer-aided design

Modeling - curves & surfaces

Modeling - facial modeling

Modeling - geometric modeling

Modeling - image-based modeling

Modeling - implicit surfaces

Modeling - level of detail

Modeling - natural phenomena

Modeling - other

Modeling - physically-based modeling

Music - Algorithms & Software Tools

Music - Interactive Techniques

Music - other

Music - Performances

Music - Production Work

Music - Visual Music

Open Source - hardware

Open Source - legal / policy

Open Source - other

Open Source - software

Production - game development

Production - other

Production - special effects

Production - story telling/development

Production - the making of pipeline as a whole

Professional, Legal, Cultural, Practical - career guidance

Professional, Legal, Cultural, Practical - copyright

Professional, Legal, Cultural, Practical - intellectual property

Professional, Legal, Cultural, Practical - other

Professional, Legal, Cultural, Practical - public policy

Professional, Legal, Cultural, Practical - selling ideas

Rendering - global illumination

Rendering - image-based techniques

Rendering - lighting

Rendering - non-photo-realistic

Rendering - optimization and real-time

Rendering - other

Rendering - photo-realistic

Rendering - real-time or for games

Rendering - relighting

Rendering - textures

Rendering - volume rendering

Virtual/augmented reality - devices

Virtual/augmented reality - interaction

Virtual/augmented reality - other

Visualization - applications / scientific / medical

Visualization - other

Visualization - techniques

Web - 2D technologies

Web - 3D technologies

Web - animation

Web - design for the web

Web - other

Web - technologies for the web

Wireless - applications

Wireless - design, techniques

Wireless - other




ちなみにACMはComputing Review Categoriesというものも持っていますね。


http://www.acm.org/class/1998/


こちらも投稿時のカテゴリー指示に必要です。





AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
■SIGGRAPH ASIA 2009で見かけたNiCT前川氏の"浮いてる"光学系。
空中映像(Floating Image)というらしい。
ナノ加工技術を用いた特殊な受動光学素子、簡単に言えばものすごく小さな角柱のような加工をした鏡を、液晶画面などの上に置いてあげるだけで、「透過する鏡」として働き、宙に映像が浮く。
凸レンズや凹面鏡による実像光学系と違って、ゆがみや大きさの変化がない。
宙に浮いた自分、つまりドッペルゲンガーや、さわれる火の玉といったオカルト映像を作るのにもってこいの技術であるが、空中に光線空間のような理想的な眼鏡なしディスプレイを構成する基盤技術にもなりえるはず。

YouTubeに動画おいておきました
http://www.youtube.com/watch?v=3VbX32nEgxs



■NiCTによる解説
http://www.nict.go.jp/publication/NICT-News/0612/research/index.html
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
仕事とお金の問題で
「今年は10年ぶりに行けない年」と見ておりましたが、
・CAFに早川さん採択、いちおう裏Pとしてクレジット載るらしい
・IVRC BoFは開催(8/5?)、しかもIVRCからE-Tech3本採択
・WiiRemoteプログラミングの米国試行発売
・DCEXPO2009「4Kデジタル映像祭」のプロデュース
などなど…
やっぱり行かないと仕事にならない。

というわけで8/4-6ピンポイントで参加予定です。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
世界最高のCG&インタラクティブ技術発表の場「SIGGRAPH Emerging Technologies」の今年の採択リストが公開されました。

http://www.siggraph.org/s2009/galleries_experiences/emerging_technologies/index.php

SIGGRAPH 2009's Emerging Technologies presents innovative technologies and applications in many fields, including displays, robotics, input devices, and interaction techniques. The demos are available for attendees to try out and discuss with the creators.

A Multimodal Floor for Virtual Environments

AmbiKraf: An Embedded Non-Emissive and Fast-Changing Wearable Display

Anthropomorphization of a Space With Implemented Human-Like Features

Baby-Type Robot: YOTARO

Back to the Mouth

Bloxels: Glowing Blocks as Volumetric Pixels

CRISTAL: Control of Remotely Interfaced Systems Using Touch-Based Actions in Living Spaces

Crystal Zoetrope

Digital Decal

Embodied and Mediated Learning in SMALLab: A Student-Centered Mixed-Reality Environment

Funbrella: Making Rain Fun

gCubik: Real-Time Integral Image Rendering for a Cubic 3D Display

Graphical Instruction for A Garment-Folding Robot

HeadSPIN: A One-to-Many 3D Video Teleconferencing System

Interactive Cooking Simulator

Pen de Touch

PhotoelasticTouch: Transparent Rubbery Interface Using an LCD and Photoelasticity

Pull-Navi

Sound Scope Headphones

The UnMousePad: The Future of Touch Sensing

Touchable Holography

Twinkle: Interface for Using Handheld Projectors to Interact With Physical Surfaces

Versatile Training Field: the Wellness Entertainment System Using Trampoline Interface

Virtualization Gate

...あれ?なんか少ない気がする。
これから増えるのかな?

なおIVRC2008からは
アソブレラ:Funbrella: Making Rain Fun
http://www.siggraph.org/s2009/galleries_experiences/emerging_technologies/details/?type=etech&id=158

YOTARO:Baby-Type Robot: YOTARO
http://www.siggraph.org/s2009/galleries_experiences/emerging_technologies/details/?type=etech&id=157

ラフレ:Back to the Mouth
http://www.siggraph.org/s2009/galleries_experiences/emerging_technologies/details/?type=etech&id=140

...と、それぞれ名前を変えて3件採択されております。頑張ってください!!
あれこのラフレの写真、うちの息子っぽいのがいませんか・・・?(笑)

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

初日到着後の写真。
忘れないうちにアルバムにしておこう。
やっぱり一眼レフはいいのお。


初日到着直後。今日はレジストレーションをすませればミッション終了なので、徒歩でLAダウンタウンの感覚をつかむことにしました。


Citibankセンター。宿(Marriott, 333 Figueroa st.)の近くはBanker Hillという銀行街。

LAに行ったときはよく泊まっているFigueroaホテル。壁面広告が有名。今日はちょうど職人が描いているところに遭遇。

これが壁面広告職人。最後に仕上げをする人がいるんだろうな。

完成後はこうなる。



会場であるLAコンベンションセンター(LACC)の隣、Staples Center。スポーツイベントの会場に使われる。

LACCのNorth Hall。80年代SFのような建築が好感。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ことしもIVRCのBoF(Birds of a Feather)ミーティングを開催させていただきました。


はやいもので今年で6年目。公式プログラムにも掲載されております。

http://www.siggraph.org/s2008/attendees/birds/


今年は私が参加できるかどうか分からない状況だったので、開催が危ぶまれておりましたが、なんとか。


準備状況もぎりぎりで、講演者も決まっていない状態で当日の朝5時から日本にいる高橋さん(北陸先端大)にリモートで助けてもらいながらPowerPoint作成。感謝。


なんとか講演者をそろえて...という状態。

それでも会場は立ち見が出るほどの集まりよう。



IVRCの活動って注目されているんだなあ。



毎年だとSIGGRAPH E-Techのチェアにキーノートをいただくところですが、今年は準備の時間がほとんど無かったので、"New Generation Begins in the history of interactive and VR"というタイトルで、自分がオープニングアドレスをさせていただきました。



そしてキーノートとしてLaval VirtualからVice PresidentのGuy Le Brasから、ここに至るまでの小史が語られました。LavalにおけるVRの取り組みの10年、日本とアメリカとの関係などがまとまって話されておりました。

http://picasaweb.google.co.jp/akihiko.shirai/SIGGRAPH08IVRCBoF/photo#5233733599399416978

いつもの「IVRCとは何か」というプレゼンテーションに続いて、

SIGGRAPHで発表している、IVRC学生プロジェクトの紹介。


「Ants in the Pants(虫?How)」(電通大・梶本研)


チームたまごちゃんの代表である松尾佳菜子さん。

社会人1年目にしてお盆休みをフルに使ってのSIGGRAPH参加。

一連のプレゼンテーションの最後に、企業においてこの活動を続けることの難しさなどについても触れられておりました。

原稿は事前に用意されておりましたが、非常に上手な英語発表でした。



「風景バーテンダー」で見事、自由応募でNew Tech Demoでの発表を勝ち取った北陸先端大、野田君。

英語が本当に苦手らしく、逐次通訳で対応させていただきました。




"The Dreaming Pillow (L'Oreiller Rêveur)"

パリ第8大ATI(Art and Technology of Images)

Armella Leung とそのパートナーOlivier Oswald。

SIGGRAPHではSlow Art::Rhythmsで採択されています。

http://www.siggraph.org/s2008/attendees/slow/rhythms.php


IVRCフランス代表作品がSIGGRAPHで発表したのも初めてですが、IVRCで発表する前にSIGGRAPHに採択されたのも初めて。さらにいうと夫婦でIVRC参加というのも初めてです。Armellaの映像表現能力は本当にすごい。彼女の中国系マダガスカル出身のフランス人、という経歴も何かしら影響があるのでしょう。

Laval Virtualからの短い間、数々の授賞をしているようですから、日本のIVRCでの発表にも期待が集まります。


発表は映像を紹介しながら、開発での難しさなどを紹介。Olivierはたどたどしい英語でしたが、Ecole de Minesとの協働で静電方式のマルチタッチセンサーを開発し、日常物である枕に実装したという話を紹介してくれました。


"The Dreaming Pillow" on YouTube

http://jp.youtube.com/watch?v=y7ZpuDPBeGw


未来館で9/13-14で開催されるIVRC東京大会とインタラクティブ東京の情報。


実行委員長である舘先生から締めのお言葉と....


駆けつけてくれたPaul Debevec(Matrixのバレット撮影やHDRIなどハリウッドで最も有名な研究者)からのお言葉。彼はコースの講師などもあって大変な中、飛び込みできてくれました。



終了後の記念写真。左からByu-Byu-ViewでSIGGRAPH2007に採択、Laval Virtual2008でも授賞した古川さん、 Laval VirtualディレクターMatthieu Lepine、舘先生、Paul Debevec、Guy Le Bras、そして私。

他にもいろいろ面白い方がいたのですが・・・時間がタイトでしたね。撮影は電通大の永谷さん。


ご参加ご協力いただいた皆様、ありがとうございました!


【参考リンク】

http://ivrc.net/

http://ivrc.net/BoF/

http://interactivetokyo.jp/


http://picasaweb.google.co.jp/akihiko.shirai/SIGGRAPH08IVRCBoF


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
いろいろありましたが
これからSIGGRAPH2008に出発です。
NW2便は知った顔だらけでした。

さあこれで眠れる。。
30時間ぶっ通し4Kれんだりんぐとかからも解放
。。。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
SIGGRAPHっていうオタクな会議のお知らせです。
知ってる人だけ知ってればいいです。
…なんて言ってみる ;-)
SIGGRAPH Paris主催なんですが、イベントとして普通に面白そうです。
パーティもあるしね。

----
SIGGRAPH 2007
Computer Animation Festival - Electronic Theater

Projection en HD le lundi 3 décembre 2007 à 14h45

au Club de l'Etoile
14 rue Troyon 75017 PARIS

en présence de Paul Debevec,
Chair du Computer Animation Festival de SIGGRAPH 2007,
Professeur, chercheur et directeur du laboratoire graphique à l'Université de Californie du sud,
(cf http://www.renderosity.com/news.php?viewStory=13676
et http://www.debevec.org/ )

Une projection unique à Paris du programme du SIGGRAPH 2007
Entrée gratuite, dans la limite des places disponibles et sur réservation à paris-chapter@siggraph.org , .

________________________________________________________________

Une sélection internationale des meilleurs films de l'année réalisés par les plus créatifs des scientifiques, des réalisateurs, des superstars, des vagabonds, des studios, et des étudiants du monde. Le tout projeté dans la meilleure qualité avec un projecteur cinéma numérique 2K.

Un programme d'une heure 45 avec entre autres:

*Ark (Best of show), de Marcin Kobylecki, Grzegorz Jonkajtys.
*Dreammaker (Jury honors), de Leszek Plichta, Filmakademie.
*Lifted de Gary Rydstrom, Pixar Animation Studios
*A Gentlemen's Duel de Francisco Ruiz et Sean McNally, Blur Studio
*No Time For Nuts de Chris Renaud and Michael Thurmeier, Blue Sky Studios

et bien d'autres films d'Allemagne, France, Grande Bretagne, Japon, Nouvelle Zélande, Pologne, Suisse, USA.
( programme complet sur http://www.siggraph.org/s2007/attendees/caf/et.html )

________________________________________________________________
Réservez votre place par simple courriel à paris-chapter@siggraph.org

Et adhérez à notre association pour soutenir notre effort et participer à nos activités
(adhésion en ligne sur http://paris.siggraph.org )
________________________________________________________________
Une soirée organisée par : Paris ACM SIGGRAPH

Paris ACM SIGGRAPH
c/o Lisaa,
55 rue du Cherche-Midi, 75006 Paris.
http://paris.siggraph.org/
en partenariat avec :

FITA 07
9ème Forum International des Technologies de l'Animation du 5 au 7 décembre 2007
http://www.magelis.org/fita/


----
SIGGRAPH 2007
Computer Animation Festival - Electronic Theater

Projection en HD le lundi 3 décembre 2007 à 14h45

au Club de l'Etoile
14 rue Troyon 75017 PARIS

en présence de Paul Debevec,
Chair du Computer Animation Festival de SIGGRAPH 2007,
Professeur, chercheur et directeur du laboratoire graphique à l'Université de Californie du sud,
(cf http://www.renderosity.com/news.php?viewStory=13676
et http://www.debevec.org/ )

Une projection unique à Paris du programme du SIGGRAPH 2007
Entrée gratuite, dans la limite des places disponibles et sur réservation à paris-chapter@siggraph.org , .

________________________________________________________________

Une sélection internationale des meilleurs films de l'année réalisés par les plus créatifs des scientifiques, des réalisateurs, des superstars, des vagabonds, des studios, et des étudiants du monde. Le tout projeté dans la meilleure qualité avec un projecteur cinéma numérique 2K.

Un programme d'une heure 45 avec entre autres:

*Ark (Best of show), de Marcin Kobylecki, Grzegorz Jonkajtys.
*Dreammaker (Jury honors), de Leszek Plichta, Filmakademie.
*Lifted de Gary Rydstrom, Pixar Animation Studios
*A Gentlemen's Duel de Francisco Ruiz et Sean McNally, Blur Studio
*No Time For Nuts de Chris Renaud and Michael Thurmeier, Blue Sky Studios

et bien d'autres films d'Allemagne, France, Grande Bretagne, Japon, Nouvelle Zélande, Pologne, Suisse, USA.
( programme complet sur http://www.siggraph.org/s2007/attendees/caf/et.html )

________________________________________________________________
Réservez votre place par simple courriel à paris-chapter@siggraph.org

Et adhérez à notre association pour soutenir notre effort et participer à nos activités
(adhésion en ligne sur http://paris.siggraph.org )
________________________________________________________________
Une soirée organisée par : Paris ACM SIGGRAPH

Paris ACM SIGGRAPH
c/o Lisaa,
55 rue du Cherche-Midi, 75006 Paris.
http://paris.siggraph.org/
en partenariat avec :

FITA 07
9ème Forum International des Technologies de l'Animation du 5 au 7 décembre 2007
http://www.magelis.org/fita/


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。