王様の耳はロバの耳

ゆがんだかがくしゃのたのしいにっきだよ


テーマ:
いよいよ明日です。

特別なデモも用意して、お待ちしております!




王様の耳はロバの耳 王様の耳はロバの耳

---
ゲーム学会 第4回ゲームとーくかふぇ

テーマ:
「実世界指向ゲームインタラクション技術の歴史、フィロソフィ、そして未来」
日時:6月27日(日) 午前11時~午後1時
場所:神奈川工科大学 情報学部棟 12階 メディアホール
参加費:無料(非会員の方もお気軽にご参加下さい)
講演者:白井暁彦氏(神奈川工科大学 情報メディア学科 准教授)
講演概要:
 任天堂Wiiによる革新的なインタフェースの登場以降、マイクロソフト「Project
Natal」に代表される全身・実空間指向、すなわち実空間で動き回るプレイヤー身体による運動や感情を中心とした新しい世代のエンタテイメントプラットフォームが現実のものとなりつつあります。従来のゲーム産業の中心であった3DCGシーンとのインタラクションに加えて、センサやデバイスに関連した技術、「家族」というペルソナを見越した国際的に通用するインタラクションデザインが求められる時代の到来に、産業と研究者・開発者は、どのような考え方でイノベーションを起こせばよいのでしょうか?
 本講演ではホイジンガ以前の「遊び研究」から、発達心理学、日欧文化の差異、物理エンジン、シェーダ活用、触覚ディスプレイ、WiiRemoteや奥行きカメラの活用技術まで幅広く具体例を持って俯瞰的に学ぶことで見えてくる「ゲームの未来」を共有していきます。

タイムテーブル
10:30~11:00 受付・特別デモ
11:00~12:00 講演
12:00~12:30 ディスカッション
12:30~13:00 デモ・見学会

詳しくはこちら
http://www.gameamusementsociety.org/2010/cafe04.shtml
http://bit.ly/GTC20100627
をご参照下さい。

参加登録はこちらでお願いいたします。
https://spreadsheets.google.com/viewform?formkey=dDd6amYySXUtdzBjXzRta0g4Y29qd3c6MQ
短縮URL http://bit.ly/GTC4Reg
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
このタイトルでぴんと来た人にだけ送るリンク。

■「画素数の競争はもはや過去」:富士フイルムの新しいCCDとは (2009年2月 6日)
http://wiredvision.jp/news/200902/2009020621.html

■Fujifilm introduces F200EXR with Super CCD EXR ( 4 February 2009)
http://www.dpreview.com/news/0902/09020402fujifilmfinepixf200exr.asp



■ハイダイナミックレンジ合成@Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E5%90%88%E6%88%90
なんかWikipedia、実際に合成までしていて豪勢なページに。

それにしても画素競争はホント終わりですよ。4Kとかやっててアレですけど。
これからはコントラストであり描写力であり、ビット深度であり、HDRってことで。
ハニカム構造以来の富士写真工業に対する感動の図解ですね。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ミシュラン初 日本料理に3つ星
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=343365&media_id=2
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20071120k0000m040094000c.html
個性のない記事。

本家・ミシェラン日本のプレスリリースね。
http://www.michelin.co.jp/media_center/news/corporate/071119.html

「実感ない」
http://mainichi.jp/life/food/news/20071108dde001040027000c.html
あたりまえ、まだ発売されてもいないし。そのうち大変なことになるよな、かわいそうに。


実はこのガイドが発売されることは以前から知っていたんだけど、「ギッドミシェラン日本」がいまだに出ていないことにまずびっくりした。アジア初なんだそうな。
ちなみに英語版は来年1月15日発売。
http://www.amazon.co.jp/Michelin-Guide-Tokyo-Guides/dp/2067130692

MICHELIN GUIDE東京 2008

Michelin Guide Tokyo [English Version]

個人的にはギッドミシェランは東京のHotels、メトロ、あとは普通の信頼できる「日本旅行ガイド」の"仏語版"がほしい。
フランスで売ってる日本の旅行ガイドなんて、1980年ぐらいから全然改定されてない。単位はEuroになってるけど、古都とか、渋谷とかそんなのばっかり。基本的にステレオタイプに基づくのは仕方がないとしても、秋葉原とかお台場とか六本木は、もう少しどうにかしたいと思う。Miraikanとか載ってもいないし。

少なくとも「ハイテクシティ東京」「オタクシティ東京」「サブカルチャー東京」「極東アジア!!」…らしい絵を訪れたいならこちら!!というかんじではない。日本人だってめったに訪れないような神社とか祭りとか明治神宮とかの紹介をされましても。しかも「こういうの見たかったら素直にハトバスのりなよ」と書いてあるわけでもないし。

まあミシェランに話を戻せば、多くの賢い日本人は気がついているとは思うけど、どんな基準であろうと美食、特にレストランの星の数なんて客観であろうと参考意見でしかない。パリで三ツ星レストランの入り口に行くと、日本人観光客がやる気満々で並んでいて、非常に雰囲気悪い。とてもじゃないが、美味しいものを楽しむというかんじじゃないので入る気もしないけど、話によると、日本人だけ別エリアに寄せられたりしたりもするらしい。嘆かわしや。てゆか、お金に任せて、buffe(=暴食)しまくってる人とかもいるから当然かもしれないけど。

さらに賢い日本人ならここで気がついていると思うけど、この「ミシェランガイド東京」はフランスでは発売されていないです。まあ「ミシェラン」の名の下に、日本で独自にビジネスするから、勝手に盛り上がってよ、ってところですね。いずれ訳されるんだろうけど。

プレスリリース、日本語版とあまり変わらないものがそのままAFP経由でフランスで報じられてる。これも無個性な記事。
http://www.france24.com/france24Public/fr/nouvelles/culture/20071119-societe-japon-guide-michelin-tokyo.html

http://www.avmaroc.com/actualite/guide-michelin-a109315.html



同じ「毎日.jp」だけど、まあまあ読める記事
http://mainichi.jp/life/food/news/20071108dde001040027000c.html


ま、でも普通のフランスの文化人なら和食の美学とかは理解すると思うけどな。
パリで中国人がやってる日本料理店とそうでないものの区別ぐらいはつくし。
それよりガイドは「高い金だして食べれるうまいもの」ではなく、安かったり入りづらかったり、知られていなかったりする「うまいもの」を紹介するべきだよ。

「ミシェランガイド大阪版」を作るときには是非巻頭辞にこう述べてほしい。

高くてうまいは当たり前
安くてまずいも当たり前
大阪では、安くてうまい、これが「いい店」。

自称「最高にまずい店」とかも、ぜひ紹介してほしいけど。


ちなみに、普通のフランス人の味覚だと「日本で一番うまいもの」は以下の順になると思う。これは経験上なので、母集団が学生寄りかもしれないが。

5位・寿司
 おそらく回転寿司のほうがお勧め。鮭にマヨ乗ったやつとかは衝撃。
4位・てんぷら
 フランスでも作れるよ、ダシさえ作れれば。
3位・味噌カツ
 日本人の近代豚料理はほんと、すごい。
2位・ラーメン
 普通のしょうゆラーメンとかがお勧め。家系とかはくど過ぎると思う。
1位・コロッケ
 でもフランス語croquetteでは、普通「犬のえさ」のことだったりする。


もちろんこの時期、日本人でも美味しいであろう「銀杏」とか「松茸の土瓶蒸し」とかも、理解するけどね。どっち方面も記憶には鮮烈に残るみたい。あとは価格と味覚と食文化のバランスの問題。高いほうがうまい、そう信じるならそれも真実。「1500円食べ放題」の幸せも真実。


なお、フランス人を日本でもてなす機会があるなら、
一通り美食を楽しんだ後で、ぜひ日本の食料自給率の話をしてあげるといい。
フランスは農業国だから、日本みたいな状況はとてもじゃないが、信じられないから。


…とエスプリをきかせてみたところで。
あーおなか減った。
日本に帰ったら何食べようかなあ!
1匹200円以下の秋刀魚をおなかいっぱい、なんていいよねえ!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。