王様の耳はロバの耳

ゆがんだかがくしゃのたのしいにっきだよ


テーマ:

岐阜大チームむけ返信

■登録関係

>>・発表者バッジの登録
>>・Awardにエントリー
>>それから、学生コンテストにも忘れず登録してください!
>バッジは登録したつもりだったのですが、登録できていなかったということでよろしいでしょうか。
>Award,学生コンテストでは、どのようなことをすることになるのでしょうか。

バッジは担当ではないので状況はよくわかりませんが、発表者(ReVolutionでWelcome/Invite)は無料で取得できますし、
当日登録は人が多すぎて大変面倒ですのでよろしく事前にご登録ください。
AwardはVRのアカデミー賞のようなものです。
当日会場で発表しているプロジェクトが有利であるようです。
金曜日の午後に派手な授賞式があり、各部門で受賞者を発表します。
毎年日本から多数の受賞者が誕生しています。
学生コンテストは、日本のIVRCと提携している先になります。
Village de la CreationというのがIVRC団体部門にあたります。

ここに登録すると、18-20日に発表を行います。
(ReVolutionで採択されているプロジェクトは、週末21,22日も発表ということを除けば、やることは同じです)

・学生参加費が無料になる(バッジが手に入る)
・学生コンテストの審査をしてもらえる(受賞のチャンスが増える)
・日本のIVRCに参加できる枠はフランス学生向けですので対象外になります

■バッジ登録
■完全なビジター(ビジネス向け)
■学会VRIC参加者
■学生コンテスト
■アワード応募
全てこちらです
http://www.laval-virtual.org/index.php?option=com_content&task=view&id=37&Itemid=51&lang=ja




■宿泊関係

>できれば、1泊あたりのだいたいの宿代を教えていただけると嬉しいです。

基本は一部屋価格ですので日本に比べて割安感があります(為替と格によりますが)。

☆☆級で50-60Euro/singleというのが大体の相場のようです。
Tripleの部屋だとロールオーバーベッドが入り、一人当たりの平均価格は少し減るとは思いますが、
滞在が長いと疲れますので、その辺はシングルか、シェアがいいかは明言したほうがいいですよ。

なお、Laval Virtual事務局が定宿にしているCitotel Lavalはすでに満室のようです!

調べてみたところ、会場徒歩圏のホテルは16-22の会期中満室で、バスで移動するエリアに余裕があるようです。

B&Bホテル
http://fr.federal-hotel.com/hotel_b---b-laval-change_9520.htm
(学生ボランティアが泊まっている宿ですので、言っておけば行き来は車で送ってくれる可能性があります)

>輸送について

”遅くとも16日”に届くのであれば、研究室でかまいません。
なお、帰国時はどうされますか?廃棄ですか?
返送する場合はその準備もお願いします。
(個人的には郵便局LaPosteがお勧めです)

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

LavalVirtual準備に関して

■JAISTチームから電源と木材加工について質問

>> 電源は大丈夫でしょうか?
> Lavalで少し作業を行いたいのですが,
> 作業場所を貸していただけますか?
> 作業内容の木材の加工です.


木材加工については私の研究室を使ってください。
かいせい君が棲みついているので適当にどかして(笑)。
ネットもWifiで使えますし。

広い場所がほしければ、他の場所も検討します。
工具は、電動ドリルとハンディ電動鋸があります。
後は巻尺もあるので裁断作業はできるとおもいます。

木材の購入については、最長が180cmということですね。
まあバスでも買えないことはないと思いますが、かいせい君が事前に買っておくのがよさそうですね。

電源については220VのC型プラグです。
電源タップは自爆の元になるので最小限で、とくにランプ入りのはブレーカーを巻き込んで破損する可能性大です。
延長ケーブル等は2-3ユーロから購入可能ですが、C型→日本型のアダプタはめったに手に入りませんので買ってきてください。
特にホテルの壁電源などはコンセントの口数が少ないので、100円ショップで売ってるような3分岐が結構役に立ちます。

直流電源がほしい場合は現地の電気店にアダプタが売っていますので、
事前に電圧とプラグ形状を言っていただければ探しておきます。
高いものでも30Euroぐらいですので重い変圧器を持ってくるよりは賢いと思います。

なお、秋月電気で売っている中国製のスイッチング電源(アダプタ)は、どういうわけか
100-230V対応のようなことを書いてある割には、去年の会場では爆発しまくっていました(6グループが破損)。
イベント会社が準備した電源装置との相性もあるのかもしれません。

あとは工具類、半田ごて等も一通りそろっていますが、
かいせい君が必要そうなものをDIY店で探しながらみつくろっていくのがよいと思います。
電子部品についてはオーディオ用部品以外はまず即日は手に入りませんので、
2セット以上の余剰交換パーツ、回路図等を持ってくることをお勧めします。



■岐阜大チームから旅行関係について質問

>荷物の発送先を教えてください

 事故が起きるので基本的には推奨していませんが
 私の研究室にて事前にあずかることはできます。
 16日までに到着し、研究室から会場まで(徒歩30分程度)
 各自で運んでいただけることが前提になります。
 (スタッフによる車での運搬の可能性もあります)

送り先
Akihiko Shirai, Ph.D
Presence & Innovation Laboratory ENSAM France
Ingenierium 4, rue de l'Ermitage 53000 Laval.
Tel [Labo] (+33) 02 43 67 05 76


>国内の移動について
>ホテルの予約について


フランス国内のトラベルサポートが必要な人は、
往復の飛行機について、時間と便名を教えてください。

こちらにフランス国内の旅程をまとめてあります。

フランス関係
http://akihiko.shirai.as/modules/bwiki/index.php?France


TGV時刻表
http://akihiko.shirai.as/modules/bwiki/index.php?France%2FHoraireTGV


CDG空港からLaval
http://akihiko.shirai.as/modules/bwiki/index.php?France%2FCDG2Laval



一番簡単なのはCDG空港から直通のTGVでLavalに行くことです。
曜日にもよりますが1日1便、16時過ぎに到着するなら便利です(土曜はもっと遅い便がある)。
それよりはやいばあいは、モンパルナス経由がよいでしょう。

TGVのチケットは
http://www.voyages-sncf.com


で探すことができます。最近英語対応になったはず。
ただし事前購入はフランス国内の住所がないとできないはずですので、
もし立替購入等したい場合は教えてください。
(最近E-Ticketが利用できるようになり、PDFを送るだけですみますので。)

ホテルの予約依頼も今のうちにお願いします。
そろそろ予約が厳しくなっているようです。
日程と、フルネーム、Mr/Msつきでお伝えください。

パリやモンサンミッシェルなどに行かれる場合も簡単に日程ををお伝えいただければよい旅行をお助けできると思います。

Bon voyage,


ご質問はこちらからどうぞ!
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=16125107&comment_count=7&comm_id=608707

(mixiみれないひとはメール等でどうぞ)

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ネットワークが重い。

ある中国人留学生が教室に居るときだけ重い。

言っておくが、私は中国人留学生全般に対して偏見など抱いては居ないが、
個別に言わせてもらえば、あの女子学生は駄目だ。

昼間はめったに見かけないし、
夜にフラーっとあらわれるし、
研究室にきても挨拶もしないし、
そもそも研修期間なのに何もやってない。

完全な落伍者だ。
まあそんなやつでも取れる学位は、紙と同然だ。
他のまじめにやってる学生がかわいそうだが、
それはそれ、個々人ががんばってるならそれが財産だろう。
というわけで見るからに頑張ってないので駄目だ。

なんというか、
「お前は駄目なやつだなあアハハ」
といってあげる友達も居ないのが痛い。


それはそうとネットが遅すぎる。
あいつのせいかどうかわからんが、
自分の脳内相関係数では0.9を超えてる。

どれぐらい遅いかというと、
・Gmailが開けない
・SVNでチェックアウトできない
・メールみてるとIMAPで既読にすることすらできない

つまり仕事にならない。
文句をBlogに書こうにも、ネットが不安定なので書いていて消える。
まるで口封じされたみたいだ。
というわけでテキストエディタに書いている。理不尽だ。


理不尽なようでいて、
世の中というのは得てしてこういうものだろう。

悪意は無いやつが楽しみ、一生懸命やるやつがストレスを感じるのだ。

タバコを吸うやつがいい気分になり、妊婦が汚い空気を吸う。

酒を飲んでいい気になって道路に吐いた汚物を、
いい気分で鼻歌歌いながら歩いていた歩行者が踏む。

捕鯨船を攻撃して正義漢面するやつがイルカと思えば、
火災になった捕鯨船を助ける環境保護団体もいる。

下っ端なのに滅茶苦茶ポジティブでも
リーダーが滅茶苦茶ネガティブなチームとか。



だから何。
そんなんでストレスを感じてどうする。
そもそも、それでストレスを感じるほうが負けだ。
誰も悪くない。
ただ、どっかに良識センサーが壊れたバカが居るだけだ。


もちろん、その「どっかのバカ」を片っ端から尋問して、
デスノートあたりに出席簿よろしく名前を列記してもいいだろうが、
その行為自体がバカだ。バカすぎる。

もしくは「ストレスを感じるやつが偶然そこに居合わせるのが悪い」、
と考えてもいいかもしれない。

そう考えれば
地球上、どこだって逃げ場が無い問題、かつ
自分がどうにかできる問題だけ真剣に取り組めばいいのだ。

もし、親切心でどっかのバカを助けるなら、
「喜びを持って」助けるべきだろう。
たとえば、春のこの時期に飲みすぎて、
電車の中で食べたばかりの何かを噴出しそうになっている
「とってもフレッシュマン」が居たりしたら、
『見てみぬふり』なんてするかもしれない。
しかし、電車の中は『共有空間』だ。
彼の爆弾が暴発したら、被害者は確実に自分を含む乗客だ。

そんなときは満面の笑みで彼を助けてあげよう。
手持ちのビニール袋を渡してあげるのもよい。
窓の開く席を教えてあげるのもよい。
ただ、笑顔が保てないようなヘルプはするもんじゃない。
たとえば、身を挺して彼の暴発を防いだり、片付けたり、という感じのやつだ。

ともかく、何かボランティアをして、ストレスを感じたり、
あとで彼のことを恨んでしまうような行為なんて、もってのほかだ。
そんなものは最初から「存在しなかったストレス」なのだから。


そう、こうやって、腹の立つ何かを整理して書いているうちに、
違法なダウンロードは終わっているかもしれない。
もしくは本人ごと警察当局にしょっ引かれているかもしれない。

つまり、タイミングが違えば、そもそも存在しなかったストレスなのだ。

世の中の悪がなくせない以上、
自分が交通事故にあわないように気をつけつつ、
自分と、自分が幸せにしてあげたい人だけ、幸せにしてあげればいいのだ。

世界中を幸せにするのためには、それしかない。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
論文いっぽん完璧に終わった!
ってまだポスト投函してないけど。

締め切りもうひとつぶつかってたやつは、どうやら主催者側が「出しなさい」と言っているのでどうにかなるかも。

てゆか知らんうちに「この著者は3/28までに確実に出します」って書いたDOCがアップロードされてた。

なんか粋なことするなあ。

でも28日は巨大ゼミがあるから、勝負は今日明日だよ。



眠気は通り超えた。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

公開質問対応そしてFAQ化。

mixi内ではこちら。

http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=16125107&comm_id=608707


> ところで,CDG <-> Laval ですが,普通なら TGV で移動を
> すると思いますが,ここを車で移動するのは無謀でしょうか?
>
> Google map でみると,だいたい 300km ぐらいありそうですが,
> 高速を使って3時間4時間で行けるものなのでしょうか???

私は試したことがないのですが、過去に中嶋先生@東工大がCDGからレンタカーで来たことがありました。
私の友人も同様にハーツレンタカー車を借りてカーナビを使ってできました。

3-4時間で来れるかどうか判りません。

フランス国内のナビサイトはこちらが便利です
■ViaMichelin
http://www.viamichelin.com/


あのミシェランがナビしてくれます。
ガソリン代まで出ます。

■Mappy
http://www.mappy.com/


こちらは地図サイトです。ホテルの検索などもできます。

どちらも英語対応。



でもTGVで移動するほうが、CDG空港から直通があったりして快適ですよ。


http://akihiko.shirai.as/France



■シャルルドゴール(CDG)空港から、TGVを使ってラバル(Laval)に行く方法
http://akihiko.shirai.as/modules/bwiki/index.php?France%2FCDG2Laval


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

先日CG実験に参加していただいた皆さん、ありがとうございます。

相変わらず論文書いてます。
風邪と花粉症の合併で、なんだかどうしてもトップギアに入りません。
薬を飲めば寝てしまうし…困ったものですが、あと数時間で和文と英文、2本の論文
を仕上げなければならないという、苦笑がとまらない状況です。

週末で、息子と嫁はプールに行っているのに、付き添えない。
フランス人、しかも大学関係者としてはありえない働き具合です。
こんな駄目親父は…(以下自己嫌悪)。
5月ごろ、忙しくなくなってから思いっきりツケを返したいと思います!


それはそうと、今年ご卒業の皆さん、おめでとうございます。
今年卒業に当たる人は学部4年も修士2年のかたも、それから今年博士をとられたかた
も、みんな思い出深い学生さんばかりです。

具体的には…

・工芸大メディアアート学科のみなさん
 彼らの1年生最初の情報処理演習を担当したのは私でした。
 メディアリテラシーと称してWordの使い方の課題で「科学論文の書き方」を提出させるなど、我ながらなかなかコアな授業をやったものです。課題も毎週、しかも140人ぐらい履修者がいたので、採点はそれはもう大変でしたが…いい思い出です。

・工芸大映像学科・磯野君
 インタラクティブの黎明期を支えたスーパー1年生も今年卒業です。元気にしてると良いんですが。

・NAIST千原研&東工大佐藤研他、IVRC関係者のみなさん
 IVRC関係ではお世話になりました。特にアオキくんとか、スーパーIVRC学生もいったんは卒業ですね(彼は、その後JSPS博士らしいですが)。NAIST千原研は「Invisible」チームご一同ですね。LavalとIVRC2006以後、なかなか連絡する時間がありませんが、本当に面白い人たちだったと思います。

・JAIST宮田研のみなさん
 Lavalに短期留学していた木村君をはじめとして、研究関係含めて、ほんといろいろお世話になりました。面白い人がそろってましたよ。
 で!地震ですよ地震!!!
 マイミクさんの日記→ニュース見て驚きました。
 http://www.asahi.com/national/update/0325/TKY200703250039.html



 日本って本当に怖い国です…私も親兄弟は日本に居ますので、他人事じゃないんですよね…。
 何かあってもすぐには助けに行けない距離なので。

 日曜の朝だったのが幸いだったのでしょうか、とりあえず知り合いで直接損害を受けた人は居ないようですので、胸をなでおろしておりますが…。
(研究室が雪崩になってないといいんですが)

 不謹慎な表現かもしれませんが、こうやって日本という国は波乱含みで、ダメージを乗り越えてどんどんと強くなっていくんだなあ…と感じることがあります。

 ノンビリすごしていようとも、あくせく働いていようとも、突然の事件事故災害は「必ず」起きるし、それで積み上げてきたものが一瞬で失われる人も居れば、その苦境をバネにさらにがんばる人もいる。

 特に修士以上の学位をとられた方は「卒業おめでとう」という単純な言葉では、表現しきれない「いろんな苦境」があったと思います。…いろんな苦境を乗り越えて、


「きょう"芽出度く"卒業する」


という心境なのではないでしょうか。

 再来週ぐらいから4月に入り、会社や新しい環境でウキウキと、そして他人の人生とちょっぴり比べてしまう日々がなんとなく過ぎていくと思います。


でも、何か他人と比べて


「劣るんじゃないか」

「うらやましい」

「こんなやつと一緒の釜の飯を喰えるか!!」


なんて不安や憤りを感じたときは、今日、この時点で


「どれだけの苦境を味わってきたか」、

「どれだけ挫けずがんばったか」を


思い出してみるといいでしょう。

 学位は学位、卒業は卒業です。大学生活も百人百色。そして人の人生に与えられる苦境も百色なのです。
 大事なのは、そこであきらめて終わらずに、いま「まだ生きている」ってことです。
 大切なのは、そこで周囲に同調して、「何のために生きてるか忘れない」ってことです。


 皆さんは、みんな「非凡な才能」の持ち主です。

 数年後、どこかでお会いしたときに「凡人化」していたりしたら、私はガッカリしてしまいます。
 健康も損なうことなく、魂も腐ることなく、

 「非凡なあなた」が

 「超非凡なあなた」になって、

 イキイキと大活躍していることを本当に本当に期待しています。


 みなさんの卒業によせて
                 しらいあきひこ

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

本日、ついに中外薬品から「緊急安全情報」として10代への使用を差し控える掲示が出ました。

http://www.chugai-pharm.co.jp/html/info/070321.html



本文にも書いてありますが、10代に限らず、もちろん幼児も「原則として本剤の使用を差し控えること」=使うな、ということです。


「お父さんの子育て」コミュでも、実際に(タミフルが原因かどうかはわかりませんが)小学1年生の息子さんが異常行動を起こしたというレポートがあります。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=3914594&comm_id=3628&page=all
http://cco.cocolog-nifty.com/cco/2006/01/0163__5f0e.html




ともかく医者に処方され、飲んでしまったなら、目は離してはいけない、ということですね。

怖い世の中だなあ。


ちなみに今年も厚生省の指示で、日本は世界中のタミフルを買い占めてるはず。
中外薬品の株価も、発表を受けて下がってるそうです。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
右手の人差し指が痛てえ。。。

グーをしようとすると、激痛が。
マウスをクリックしようとするたび、鈍痛が。

今、何かで骨折したわけじゃないんだけど、昨日の柔道で「明らかに私を"殺そう"と
している茶帯(怪力)青年」に狙われていて、2回ほど組んだのだけど、組んだとたん
に首根っこつかまれてブン投げられそうになったのを、見事に返して(時には返せず
投げられて)、脳天から落としてやったりしたのが原因だろうか。

今日はぜんぜんなんともなかったんだけどなー。
なんとなく痛いとは思ったんだけど。突き指か?
たぶん、マウスとキーボードのクリックしている衝撃でトドメが刺さったんだと思
う。
指関節にかかるトルクって意外と大きいなあ…って、痛いっす。

論文書いているといろいろなことが起きるなあ。
乗り切れるんだろうか。

まあ、同じ右手の人差し指の骨折でも、プロ野球の選手とかじゃないからいいんです
けど
…って研究者にとって同じぐらい大事じゃないですか!?それって…。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ゲームっぽいタイトルつけてみましたが、人間の将棋の名人vsコンピュータ将棋の
チャンピオンの対局で、人間が勝った、という話です。

意外にメディアで扱われてないので紹介しておきます。

『渡辺竜王、最強将棋ソフトに貫禄勝ち・「強かった」』(日経)
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070321AT1G2100V21032007.html



実際に「貫録勝ち」といえるのかどうか…。

主催である大和証券杯のBlogの方が面白いこと書いてあります。
http://jsa.weblogs.jp/daiwa/



松原先生の
「終盤の△3九龍を人間的に言うと見落とした、コンピューター的に言うと軽視し
た、ということですね」

そう、プログラム的にはボナンザの盤面評価関数の癖ってことなんですけど。

そういえば、将棋研究の人とは2001-2002年ごろお付き合いがありました。まあ当時
日本でゲーム研究やっている人ってのは情報処理学会のゲーム情報学研究会しかな
かったわけなんですけど。
そのころも将棋研究関係の人は他の研究者とは違った「アツさ」を持っていて刺激に
なりました。

コンピュータ将棋は終盤の詰みを読みきるのが速いので、逆に「諦めがよすぎる」な
んて話があったりもしました。


しかし、そのころは「名人がコンピュータ将棋と平手で打つのにはあと××年ほどか
かる」と言われていたわけですが、その時代がもう来てしまったわけですね。

ちなみにゲームをプレイするロボット「RoboGamer」の基本的なアイディアはこのあ
たりから来ています。

ところで当時は、強い将棋ソフトを作ることにどんな価値があるのか、技術的にはわ
かっても、ビジネス的にはよくわかりませんでしたが、今は純粋にボナンザを買って
みたいな、という気持ちが起きますね。

http://www.magnolia.co.jp/


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。