王様の耳はロバの耳

ゆがんだかがくしゃのたのしいにっきだよ


テーマ:

日曜日だというのに、家族と接する時間をMAXでとって、
家族が眠静まってからいろいろ雑用を始めるので眠りそびれました。
明日は朝の9時から大事な会議なのですが、準備と気合いが足りるかどうか・・・。

それというのもこれ。

いまごろ感がありますが、ReVolution投稿に関して日本人からの問い合わせが多
いので、日本語のCallForDemoを作りました。
http://www.laval-virtual.org/revolution/2007/doc/CFDemo-LavalVirtualReVolution2007v2.pdf

ちなみに〆切ですが、延長するかどうか検討中です。
「延長希望!!」という強い御意見があれば可能性があります。

以下、日本語版募集要項。


デモ作品募集(Version 2: International)
Laval Virtual ReVolution 2007
~世界のVRアプリケーションのパフォーマンス~
http://www.laval-virtual.org/revolution/

 Laval Virtual ReVolution は新しい年次のデモンストレーションセッション
です。世界中から集まった公募参加者がオンラインでデモンストレーション作品
を投稿し、ラバル・バーチャル審査委員会がその中から最高の作品を選出しま
す。最高のノミネート作品には、Laval Virtualのデモンストレーションセッ
ションに参加するためのフライトチケットと宿泊施設を手に入れることができま
す。エキシビジョンでの5日間の展示の後、世界最高の作品は特別な賞を授与さ
れます。数年にわたって、Laval Virtualウェブサイトにおいてその作品の記録
を保管します。これは世界のVRデモンストレーションの本当の意味でのアーカイ
ブを構築するということです。
 バーチャルリアリティは技術です。しかしコンピュータと人間の歴史の間の永
遠のテーマでもあります。私達は最終的な解答を直ちに得ることはできません。
しかし、輝ける星たちに照らされる、過去から未来に伸びる「ひとつの道」を見
つける必要もあります。スターを探す行為は未来にその道を航海する人々のため
に、継続されなければなりません。
 もちろん、たくさんの学術論文や商業製品はバーチャルリアリティのひとつの
道を作ることができるでしょう。しかし、私達は、開発途上のプロジェクトとオ
ンサイト・デモンストレーションにおける一般大衆の間にある「ある新しい関係
性」を提案します。もし、発表されたプロジェクトにインパクト、技術、説得力
があれば、それは一般大衆を揺り動かすでしょう。そしてそれは常識も変えてい
きます。そう、それはつまりバーチャルリアリティの歴史における「革命」を起
こすということです。
 さあ、あなたのエキサイティングな作品で、今年のスターダムに立ってください!
 そして、世界中からのアクティビティを共有しようではありませんか!

Session Organizer: Akihiko SHIRAI, Ph.D (ENSAM P&I Lab / JSPS)


★以下の解説は日本語で記載されておりますが、投稿書類は基本的に英語でよろ
しくお願いいたします。

[日程]
〆切:2007年1月31日23:59 GMT
結果通知予定:2007年2月20日

[投稿フォーマット]
 まず、以下の投稿サイトにてユーザ登録を済ませてください。その後、プロ
ジェクトの投稿フォームにアクセスできるようになります。
http://www.laval-virtual.org/revolution/


 投稿にあたり、まずは基本情報(Title, Authors, Contact, Keywords,
Category, Abstract)を埋める必要があり、ます。その後以下の資料を御用意く
ださい。

■解説資料(description document, pdf/word形式)
1.Contact:連絡先
2.Abstract:概要
3.フォーマットは自由ですが、図入りで10ページを最大とします。技術、科学的
なポイント、アートとしてのコンセプト、先端技術やコツ(state of arts)、
どのように一般向けのデモを行うか、受賞履歴、参考文献リストなどをプロジェ
クトにあわせてお書きください。

■設営図面(floor installation plan, pdf/ppt/jpg/gif形式)
1.Width, Length, Height :幅・長さ・高さ
2.Power supply :必要な電源供給用量
3.Illumination :照明環境
4.Sound environment :音響環境
5.Special equipments :その他特別な必要機材について

■Web用画像3点(three images for web)
1.デモンストレーション時の写真
2.映像のスクリーンショット
3.フロアプラン、ロゴマークなど

■ビデオ
1.640x480 pixels, 25fps
2.MPEG1/2/4{avi,mpg,wmv} (投稿時はDixAVI形式を推奨, 最終提出時はMPEG2形式を推奨)
3.最大3分
 〆切以前であれば変更や、再アップロードなどは可能です。投稿締切後、
LavalVirtual組織委員会にて審査されます。本年は以下の審査基準によって審査されます。


1. アート もしくは/または 技術のクオリティ
2. オリジナリティ
3. Ludic (=遊べる、楽しいこと)
4. ネガティブカテゴリ(暴力、セックス、子供向けとして難があるもの、易損
品、巨大過ぎる、など)ではないこと

全ての質問はセッションオーガナイザーにお尋ねください(日本語可能)。
http://www.laval-virtual.org/revolution/modules/liaise/index.php?form_id=1
また次のページに続く資料は皆様の助けになるはずです。
[How to get accept on ReVolution] どうやったらReVolutionで採択されるか?
http://www.laval-virtual.org/revolution/modules/tinyd0/index.php?id=3



■どうやったらReVolutionで採択されるか?
 ReVolutionはVR技術による革新的なコンテンツを嗜好しています。しかしそれ
はどんなコンテンツがReVolutionの評価にとって「革新的」なのか、少しばかり
判りづらいかもしれません。このページでは、ReVolution審査委員会から採択を
勝ち取るためのいくつかのヒントを与えます(もちろん保証はありません)。

・アイディアの方向性
 これについては審査委員会は制限を設けていません。
 アート、もしくは技術において、よいインパクト、ということです。

・設営のサイズ
 基本的に、制作物のサイズに関しては制限を設けていません。しかしながら、
当然、小さくて、かつ素晴らしい作品があれば、あまりにも大きすぎる制作物は
リジェクトされる可能性があります。標準のブースサイズは幅3m,長さ3m,高さ
2.4mとしております。もしあなたのプロジェクトがより大きなサイズやプロジェ
クタ、カメラ、照明などの特殊な設営を必要とするなら、フロアプランに記載す
べきでしょう。

・解説資料はどうやって書いたらいいのでしょう?10ページは必須?
 いいえ、もしそれをシンプルな言葉で書くことができるなら、その方がよいで
しょう。解説資料には、技術、科学的なポイント、アートとしてのコンセプト、
先端技術やコツ(state of arts)、どうやって一般向けデモンストレーション
を行うか、受賞履歴、参考文献などを、図や写真を使って書いてください。

・「私達のプロジェクトは既に学会やExpoで展示しました、投稿できますか?」
 はい、採択することができます。しかしLaval Virtual向けの新バージョンで
あればより良いです。ドキュメントやビデオにおいて、どこを向上させたのか記
載してください。

・「ビデオの目的はなんですか?これは必須項目ですか?」
 ビデオは投稿において必須項目になります。理由として、審査委員会は以下の
点を知るために、まず最初に全てのビデオを審査するからです。
1. どうやって動いているのか?
2. ビジターとどのようなインタラクションを実現するのか?
3. 提案されているコンセプトは理解可能なものか、否か?
4. 制作物にそのほかのインパクトが存在しないか?
 もしLaval Virtualにむけて、あなたのプロジェクトを向上させるアイディア
が何かあれば、現在のところ実装されていないものであっても、それを盛りこむ
ことができます。

・「どうやって巨大なファイルをこのサーバーにアップロードしたらいいの?」
 アップロードするのではありません、あなたのファイルのURLを記載するだけ
です。投稿締切後、我々があなたのサイトから最新のものをダウンロードしま
す。もし、そこでエラーがあればすぐに御連絡いたします。もし、アップロード
スペースが必要でしたら、以下の「Uploading Center」をお使いいただけます。
http://pilab.no-ip.org/ReVolution2007/uploads/

・「Invited」と「Welcome」の違いは何でしょう?
 これらの採択クラスは投稿のクオリティと作品のパフォーマンスによって分け
られます。双方の採択クラスは4月18~22日に、ブースを提供されます。特
に「Invited」で採択されたチームは、ラバルへの往復航空券と宿泊費、プレミ
アチケットである「Gala Dinner」(ラバル市にある古城での懇親会)を得るこ
とができます。人数については制限があります(委員会は1チームあたり2名を
想定しています)。
注意:いかなるケースにおいても、Laval Virtualは運送コストと保険について
はお支払致しません(機材を運送会社によって運搬することを推奨しません。運
送が必要な場合は各自のリスクにおいて御準備ください)。

・VRICやアワード、学生コンテストといった他のセッションに登録すべきですか?
 はい、もし参加に興味があれば是非。Laval Virtualは見本市、学術国際会議
(VRIC)、学生コンテスト、アワードなど他のイベントから構成されています。
それぞれのセッションやイベントは関連がありますが、審査ポリシーや、委員会
が同一でないことから自動的ではありません。もし、他のセッションに参加や挑
戦の意志があれば、いますぐご登録ください。特に、ReVolutionに採択されたプ
ロジェクトはアワードを受賞するチャンスがあります。詳しくは公式ホームペー
ジの「Submissions and Deadlines」をご参照ください。
http://www.laval-virtual.org/index.php?option=com_content&task=view&id=31&Itemid=45



* VRIC - Virtual Reality International Conference
Submissions: http://www.laval-virtual.org/openconf/openconf.php


Deadlines:
1. Online papers submission opens: November 30th , 2006
2. Submission of extended abstracts: January 19th , 2007
3. Notification of acceptation: February 2nd , 2007
4. Submission of selected full papers: March 2nd , 2007
5. Deadline for final revisions of full papers: March 23rd , 2007
* Laval Virtual Awards 2007 - Deadlines: March 23rd, 2007
* Laval Virtual Student Competitions 2007 - Deadlines: March 23rd, 2007



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
朝からずっとFabien(博士の学生)とSimon(教授)でミーティング。
研究企画とかの推進会議。GTTというらしい…が実際にはもっとどろどろとした内容になった。

どろどろとした部分については、書いてもしょうがないので心のうちに留めておくことにする。
少なくともフランス語で、教授の間違いについて殴り合いをできるぐらいの能力は身に着けた、ということなのかな…。
言語の違いと文化の違いだけは考慮しないと、ただの「小うるさい外人研究者」になってしまうので注意が必要なのだけど、
Simonはこういう下克上トークはいきなり突っぱねたりしないので、まだ会話が成り立つ。
Fabienは私の言わんととしていることは理解しているし、そもそも彼の身の上にも関係のある話なので真剣だ。
結局、トイレも行かずに4時間ぶっ通しで話し合う。

結論はこうなった。
「日本式のゼミを立ち上げる」
まあ日本でもいろんな研究室を見てきた結果なのだけど、
やはり軍隊式といわれようとなんだろうと、週1、最低でも2週に1回ぐらいは、定期的に自分の進捗や研究の方向性について、みんなの前で話す機会が必要だ。
「自由だ」とか「自律で」とかいうのは幻想。
今の世の中、そうPC立ち上げてればマルチタスクでメールやらFireFoxやらが動いている環境…では、集中して何か成果を出さずに1週間すごすなんて容易。
毎週成果ゼロなら、1年いようが3年いようが、成果ゼロ。結果が上がらずスキルが下がれば精神は病むし、家族は不安になる。
進捗0.1でもいいから毎週「何かやってます」と言えるようにならないといけない。
それはそれできついことだし、準備のための時間や会議の時間も馬鹿にならないのだけど、それが「研究室で研究する」ということなのだと思う。
さらに、技術離れが日々進んでいく教授自身にも渇を入れさせてもらった。
結局、興味のある技術なり科学なりに日々取り組んでいないと、脳みそは止まってしまう。
何か面白そうな玩具を買ってきて、研究室においておけば何か結果が出る、なんてのは幻想。
何か面白そうな玩具を買ってきたら、真っ先に分解して、修理して、それから学生に渡して「試してみれば?」とか言うのがカッコいいし正しいはず。
先生は思いつきでものを言ってもいいかもしれないけど、「試してみろ」というなら自分がまず手を動かさないと、学生がだめになる、そして研究室がだめになる。

具体的な例えで言えば…
「『セカンドライフ』が面白いらしいぞ、これで何か作ろう」…とか気軽に言う。
そんなこと学生に試してみろなんていうなら、まず自分が『セカンドライフ』でお金が稼げるまで遊んでみるべきだ。
わたしはRichard君に連れてもらってやってみたが、1時間ぐらいで「fatigue」だ。
(ちなみにfatigueというフランス語は英語のtiredに近くて、「疲れた」、もしくは「飽きた」ってこと。)
普段の人生でも十分クリエイティブでハードなのに、ゲームの中まで同じことするなんて馬鹿げてる。
おまけにシステム利用料や税金まで払わされるなんて「テスト」の範疇を超えてる。
てゆか、普通にネトゲ中毒で学校来ない博士学生とか大量にいるって状況を知ってるんだろうか?

本当は、

(ここまで書いたら学生にOpenCVとVirtoolsの質問を受けて小1時間ぐらい執筆中断)


(さらにSimonに来週の火曜日に来る訪問者向けのデモをごりおしされて執筆中断&モチベーション低下)

…ここまでしてあげる意味って何だろうね、とか考えている自分がいる。

ダメな管理の挙句に研究室に学生がいなくなっても、誰もこまりゃしないんですよ、実際。
先生が一人でぽつねんと、好きな研究をやるだけです。
会社と違って誰かが借金抱えたりしません。
借金を抱えるとすれば、ダメな管理に付き合って、ダメ博士学生ライフを送った学生自身とかですね。
根底にあるのは人の問題なので、大きな研究室になればなるほど管理は難しくなりますしね。
それから学位の意味も謎。
座ってるだけで取れる学位に何の意味があるんだろう?
学位自身の価値が低下してしまうだけなのに。

努力なくして栄光なし。
努力なき栄光には毒しかない。

とりあえずゼミの立ち上げは進みそう。
5分程度の技術もしくは科学に関する「今週のアップデート」を各人が話して、それぞれの研究者のゴールについて全員が理解すること。
本当に当たり前のことなんですけど、まだまだ前途多難な気がするな…。
Fabienはよくわかってるし、味方になってくれているけど、立場が学生なだけに、根本的な問題にてこ入れができない。

…ここまでしてあげる意味って何だろうね、とか考えている自分がいる。



実名書くといろいろ問題があるので、「一般的な話」として書きますけど、
上司はこういうとき、
「これはコミュニケーションの問題」と理解していることが多い。
けど、正確にはコミュニケーションを上手に取れてないのは部下じゃなくて上司。
部下の立場で本人の辛さや悩み、取り組み、うれしさ、などを本当に理解していなかったら、
もっとも言ってはいけないタイミングで、言ってはいけないことを言ってしまう。
職場の雑用とかタダ働きとかは実際には「小さな問題」(でも生きるためには必要)で、

実際には部下より先に帰るときに、上司が部下に「何を言ってあげられるか?」というあたりなんだと思う。

部下が夜中まで残って仕事しなきゃならないのは何故なのか?
少なくとも「彼が好きで残っている」のか「終わらなくて、助けてほしい」という状況なのか、
どちらかを理解しないで毎晩、定時に帰り続けたら、コミュニケーションなんて無いようなものだ。
そう、家で一人で働いているのと同じ孤独を職場で味わうってこと。最低。

ぜんぜん全く同じ理由で、技術もそう。
コンピュータサイエンスにかかわる研究者について、少なくとも
『昔はねー、フォートランとかベーシックとかやったんだよ』
みたいなトークは、VBでもPHPでもRubyでもActionScriptでも挑戦してから言ってほしい。
Matlabでもいい。
これらは、少なくともフォートランやベーシックよりは上記の言語は楽になってると思う。

「忙しいから」を理由に科学/技術から離れるのは脳硬直の初期の症状だ。

プログラミングを1行も書かないで、学生を指導した気にならないでほしい。
別にプログラミングじゃなくてもいい、半田ごてでも、紙と鉛筆で数式や図を書くのでもいい。
クリエイティビティがどーとか、と他人に言うのであればまず自分のなかにクリエイティビティを保つべきだ。

はっきり言って30、40、50を過ぎた大人が、プログラミングを始めるのはきつい。
(30過ぎてフランス語を始めるのだって、きついけど)
でも、それ、その行為自身は、
何通かの「どうでもいい電子メール」をやっつけることよりも、
なんだかよくわからない理論をこねくり回して論文書いてみてリジェクトされるよりも、

よっぽど意味のある時間になるはず。
「えーそんな」と思う方は、ぜひ、脳の活性化を自分で試して味わってみるといいと思います。

そして、「30、40、50を過ぎた大人が、プログラミングを始めるための方法」を開発したらいいのだ、と思う。
よっぽど脳トレ買ってきて遊んでいるより意味があるはずなんだけど。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
日本からの留学生かいせい君の表のBlog を本人からURL教えてもらって読んだの
だけど、正直、面白い。
思ってたより文才あるんじゃないかと思う。

自分が初めてアメリカに行ったときのことを思い出すなあ。

いまは、Gill、Alex、Fabien、Celineといっしょに映画みてピザでビール飲んで
るはず。もしくはそれを後目に仕事をするという日本人のステレオタイプを強化
する行動をしているはず。


そんなこんなで普段とは違う忙しさがある今週なんだけど、
わたし自身はBlogに書けないような悲しいできごとがあったりする。
何が悲しいかも都合により書けない。

例えていえば…そうだな、
自分ががんばって、世の中変えようとしているのに、
友人に先に「人生に疲れました」とか言って自殺されるような感じ。
でもその決断に『ダメだ!もっとがんばれ!!』なんてことは、わたしは絶対言
えない。言っても良くなるわけじゃないし、世の中、環境のせいにしても、自分
の努力の足りなさに嘆いても、どっちにしても片付かない問題ってあるし。

これ以上書くとまずいので、一旦やめておきます。


技術の話。
急遽LAMP環境が必要になったので、そのへんにあるLinux(ubuntu)でサーバ構築
してみる。おどろくほど簡単。しかしどういうわけかSSHだけが外部からアクセ
スできない。ADSLが原因なのか、ルーターが阿呆なのか、DDNSが原因なのか、そ
のへんに謎のファイヤーウォールがあるのか、 sshd_config。以前だったらしつ
こく追求してみたところだけど、そんな暇があるならゼロから構築するし。
結局、そのubuntuで稼働しているVirtoolsのライセンスサーバー(lmhost)である
WinXPにPortForwarderを入れて、外部→内部SSHの橋渡しをさせてみる。正直こん
なへんちくりんなSSHフォワーディングができるのか自分でも謎だったがまった
く問題なく稼働中。

PHPの汎用で使えそうなファイルアップロードプログラムを書く。PHPの最近の
バージョンでは関数やら構造体のメンバやらが変わってた。最初はちょっと有名
なPHP入門のサイトでサンプルを見ながら書いてたんだけど、はっきり言って間
違ってる。更新がされてないとかいうレベルではない。PHPは php.iniで記述す
る環境変数によって全然挙動が違ったりするのでそのへん無視して…というか、
その問題で詰まった経験なしでチュートリアル書くと、挙動がおかしいだけでな
く、原因がわからなくていい迷惑だよなあ。あとWinとLinuxの差異もあるし。
Googleで高ランクにあるからといって真実ではない、といういい例。


技術のはなし終わり。

Linuxの設定してて、どういうわけか検索に引っかかったモルフィープロジェク
トの末路のまとめサイトを読んでがっくり。思えば自分は2chで盛り上がってる
ころに、モルフィーの存在を知ったんだと思うんだけど、こんな末路を向かえた
とは。ある意味かなりショック。


人の話。
佐藤研時代の後輩、ジョンさんがフランスのシャロンで研究員やってた。前回パ
スした出張で遭遇していた可能性があったらしい。
あいかわらず水くさい。
シャロンはフランス語しゃべらなくても仕事になるんだろうか?
それはそれで羨ましい気もしないではないけど、自分、ここまでフランス語喋れ
るようになると、フランス語喋らない仕事をやることが無駄に思えてくる気もし
ないでもない。まあそういう損得ではないんですけどね。


外国為替の話。
年末「ユーロが最高値更新」とかいいつつ、年始の荒れ具合を予想してポソっと
書いた覚えがあるのですが、予想が見事に当たって恐ろしいことになってます
ね。ポンド、ユーロはこの1ヶ月、天国と地獄の間を行き来しています。日銀・
日本円おそるべしです。日本にいて日本で暮らしているとまったく気がつかない
ことなのですが、日本円というのは本当に世界の基軸通貨なんですよね。日本語
だけで、日本円の世界に生きていると「なんて弱気な日本政府」とか思うわけで
すけど。


プロジェクト関係の話。
新しいインタラクティブ・エンタテイメントシステムの「適正価格」とか「適正
なビジネスモデル」ってなんだろうね。
エンタテイメント関係に限っていうと「手を抜く」「二番煎じ」「金をかけな
い」この3つが揃ったプロジェクトは、いま大丈夫でも、すぐダメになる。某レ
ンダリングエンジンをやっていたころは、これで夜逃げした会社を何社も見てい
るし。
とある問い合わせで「その技術は人力でやった場合だとバイト君??円で実現で
きます、だからもっと安くできませんか?」という表現があったのだけど、じゃ
あバイトでやったらいいと思う。それも中国人とかアフリカ人あたりでやったら
いい「雇用の創出」になると思う。データベースは算盤と簿記帳でお願い。ワー
プロソフトを使わずに、原稿用紙を使ってください(・・・実際にはそんな人間
の使いかたするなら、いま開発中の機械学習アルゴリズムの検証実験用に使いた
いのですけど)。
はっきり言って、コンシューマゲームプラットフォームとインスタレーション
ベースのエンタテイメントシステムはビジネスモデルが違うっつうのはわかるん
ですけど、そもそも子供を「遊ばせる」ために金を払う産業ってのは何だろう
ね。マウスやキーボードで操作する、壮大なマリオネットでも子供が喜べばそれ
で OKだ、という興業側の気持ちは分かるが、それは子供騙しと言うんだよ。そ
れぐらいなら、オーケストラマンのほうが驚きに満ちているし、ついでにいえ
ば、その楽器を借りて一人で吹かせる体験をさせたほうが、その子のためだよ。
何がいいたかったか、というと遊びの本質とか、不思議の本質とか、楽しさの本
質とか、インタラクティブの本質とかを見失った何か、を助ける余力はないって
こと。


自分のために思ったことを少しまとめてみる。


・大学の先生が忙しくなるのはしかたがない、自然の摂理。
・研究室はほっておくと荒れる、これも自然の摂理。
・死ぬ気で努力しない博士学生が精神の病にかかる、これも摂理。
・忙しくても、志とか、夢とかがない研究や研究者はダメになる。
・弱気な人が周囲に与える影響は大きい
・経験がないひとが書いたチュートリアルは危ない
・本質が抜けてる企画は手伝えません

実際、なんだかやらなきゃいけないことはたくさんあるんだけど、それにかかる
時間って、実はたいしたことない。「やりたいこと」をうまく、時間の間に挟ん
でいければいいんだけど。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
珍しく気分転換にmixiニュースにつっこみ。

タカラトミー、世界初の“ツンデレ”ワンセグテレビ
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=148613&media_id=19
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20070123/toyf2.htm

そういや、ずいぶんと前に「ツンデレ属性カーナビ」なんてもんを思い付いたん
だけど、世間はいまごろついてきたか(偉そう)。

ツンデレ属性の重要なポイントは「ツン」よりも、二人きりになったときのデレ
具合なのではないかと思う。

はたしてこれを「世界初」と言ってしまっていいんだろうか?特許構成上の用件
に「ツンデレ属性」が書けるのだろうか?その効果って何(ないこともないけど)?
そもそも世界初以前に、機能が日本語限定な気もしないでもない。
1億数千万しかいない市場に、わざわざご苦労様な開発者です。


しかし相手がテレビだと、キャラ立ちする以前にテレビが邪魔だよな。カーナビ
みたいに音声・映像チャネルの目的が別ならいいんだけど。

テレビの内容に文句付けたり、嫉妬するツンデレテレビとかだと少しは可愛いか
もしれないが、それはテレビ権を奪い合う同居人と何か違うんだろうかとかなん
とか。


てゆか、そんな手のこったことをするぐらいなら、ワンセグ放送で、ひたすらデ
スクトップキャラクターのように、ツンデレキャラを表示しつづけたらいいん
じゃないのとか。

ま。テレビやリモコンがインタラクティブになっただけでいろいろ考えられるわ
けです。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
かいせい君を迎えに行くためあわただしく廊下を行き来していたら…

http://www.youtube.com/watch?v=6rA6tAtpd5Y

こういうことが日常的に起きる研究所であったりします(笑)。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
本日より、JAIST宮田研から、かいせい君が3ヶ月の日程で留学しにきます。

剣道四段、顔はトータス松本似、名前に反せず、manifiqueな感じの雰囲気を持ったCG研究者の卵です。

が、同時に酒のみで、あやしーぃ雰囲気もあります。
(この辺はフランス向きなのかもしれないけど)
しかも海外旅行初めてなのに中期留学です。
当然フランス語はゼロに近いようです。
無事にLavalまでたどり着けるのでしょうか??
幸いにも今年は無料の外国人向けフランス語を受講できるので、うまくスタートさえ切れれば、得るものは大きいと思うのですが…。

私の指導方針としては、
体育会系でいくか、放置プレイで行くか…いまのところまだ判りませんけど、若さと冒険心で乗り切りつつ、いろんなことを学んでほしいと思います。

まあ「冒険」に私の生活と家族を巻き込まないでくれさえすればいいんですけど…。

そんなわけで皆さん応援よろしくお願いいたします。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
さーてがんばるぞ、とPC再起動がてらトイレ休憩。
なんか市民ギャラリーエリアに見たことがある感じの子供たちがいる…。
うちの息子も来月は、どこぞのギャラリーに校外授業に出るといっていたっけ。
…つい自分の息子を探してしまう。
いやいやこんなところにいるはずが無いよ…と思ったら子供たちのほうから「ナルィコのパパだ!」と発見される。
よく見たら、息子の学校の年中-年長クラスの子供だった。

市バスに乗ってこんなところまで来れるなんてえらいね!
全員自分の名前いえてえらいね!
来年には自分の職場に自分の息子のクラスメイトが来るんだろうか…と思いながらトイレ。

そういえば大きいほうはずいぶんしてないような気がする。しばし格闘。
無事戦い終わって、流す前にふと下を見たら、卒倒しそうになった。


トイレが真っ赤。


実はここ最近、便にすこしばかり鮮血がついていることがあったのだけど、ここまでではない。
確かに痔とかは数年前に何回か切ったし、そのおかげで消化器系には気を使っているし、コーヒーだってほとんど飲んでないのに。
というかこの出血の仕方は外痔核じゃないな。痛みもないし。
となると大腸とか直腸とかにできたポリープとかから出血してるってことになるのか…とか冷静に判断してみる。

とりあえず投稿終わりしだい、医者だなあ。
食事も便通がよいものを心がけないと。

てゆーか、普通に職場に2泊3日で泊まり続けて投稿作業とかしている時点で体にいいはずが無い。

そして、実は今日は息子の誕生日だったりする。
死ぬ気で終わらせ、俺!!てゆか死んじゃあダメだ!!!
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
その後、嫁が作った食事をトータル5人前ぐらい食べて、フランス語教室に行っ
て、息子を迎えに行って、Linuxでほげほげしてたら、だんだん「どうして投稿
が間に合わなかったんだろう?全部項目満たしているはずなのに!」と腑に落ち
なくなってきた。

意を決して、SIGGRAPHチェアにメール書こう!
と思ったら、偶然にも向こうからメールが。

どっちの不備かわかんないけど
1日半延長、ということらしい。

とりあえず軽く寝る。
そういえば連続何時間起きてるかわからなくなってきた・・・が起きてて良かっ
たのかも。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
おっと、寝てしまう前に告知。


メディアアート職人の笹田晋司先生から展覧会のお知らせ。

(略)
さて、今回ご連絡いたしましたのは、私の知り合いがパリで写真展を行うことになり、1月17日から27日まで展示をしております。私がプログラミングしたインターラクティブ作品も展示されていますので、もしパリに行かれることがありましたら、立ち寄って頂けたら幸いです。(と誘っておきながら、私は学校業務の関係で会場にはおりません。恐縮です。。。)



1.17-1.27.2007『travel』
国立シャイヨー劇場(フランス)
大社優子写真展

THEATRE NATIONAL DE CHAILLOT
1, place du Trocade´ro 75116 Paris
BP 1007-16 75761 Paris Cedex 16

"no tatami spot"
火-土曜 19:00-20:15 日曜 13:30-14:45



詳細は、下記のホームページの頭で紹介されております。(今回展示された作品以外のものも紹介されています。)

http://duco.jp

突然のご連絡で恐縮ですが、
今後とも、よろしくお願い申し上げます。

----

笹田さんの作品は
これなんじゃないかな?

http://duco.jp/album.html

Javaだろーか?
なんかもっといろいろできそうな感じがする。
オープンソースでどうにかならないもんだろうか、とか。
…とかいろいろ考えてしまうという意味ではいい作品なんだと思う。
写真集的にはどうなのかしら?

あ、写真展で思い出した。

2006年に撮りためた4,000超えの写真の中からフランスの「空」の写真だけ抜いて、なんかつくろーかと思案中。

たぶん夢の中で。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
投稿失敗した。

さすがエマージエンシー宣言しただけのことはある。
3人もの仲間に支えられて、がんばっただけに、非常に後味が悪いです。

とりあえず、後片付け&停滞していたReVolution関係の事務作業をしていたら、息子の登校時間がとっくに過ぎていた。

ああこれも登校失敗。
…笑えない。


それにしても人間、これだけ寝なくても、固形物食べなくても(飴だけで生きている)、けっこう大丈夫なもんだなあ。


ああ、フランスはソルドのシーズン。
男はPC関係。
女は服と雑貨を求めて
町中のショップというショップ、
そしてネットというネットを漁り歩いている。

いいなあ、ちょっと寝たら散歩に出るかな。
昼夜逆転しそうだけど。

ちょうど日本時間ってところかな。
携帯の電池切れちゃったから、フランスのローカルタイムもよくわからんことになってるし・・・。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。