今日は

テーマ:

やっぱり梅雨って終わりました?


アリエナイ位にぬめっとした夏の空気が体にまとわりついてきます。


たまには、部屋でも片付けようと思ったら、高校2年の頃の写真を


発見!昔、学園祭で「サウンドオブミュージック」をクラスの出し物


でやることになり、クラスの多数決で「トラップ大佐」を演じた時の


写真が・・・


恥ずかしすぎる過去を17年振りに発見。


tgskです。


いやぁ若かったです。


僕は他の男子より成長が早かったため、中学2年生の時には


すでに現在の身長でした。


気持ち的には、あの頃と何も変わっていないと思っていても


後で振り返ると、


「若かったなぁ」


「なんであの時それに気づかなかったのかなぁ?」


という思いをすることが多々あります。


成人してからでも、前の会社で23歳の時には史上最短記録で


(ちょっと自慢・・)責任者を任せられ、当時の部下はほとんど年上


という環境の中で当時の僕は今思うとすごく失礼で、傲慢な人間


だったと思います。


なんだか天下を取ったような、そんな気になっていたような・・


今考えると凄く恥ずかしいです。


今、もう一度あの時にタイムスリップしていれば?


なんて良く考えませんか?


きっと10年後の僕も今の僕を振り返った時に、


「若かったのぅ」


と思うのかもしれません。


でもこれって歳月を経て、若かったことに気づけた分


成長出来たということでもあります。


話しは変わって・・


昨日、久しぶりに「桜の花びらたち」のCDジャケットを見ていて


メンバーの外面と内面の成長に驚きました。


「成長」


と口や言葉にするのは簡単ですが、実際にそう感じるまでには


時間がかかります。


そして、時間だけではなく、「成長」するにはその為の、「環境」が


伴わないと「成長」出来ないのです。


なんでこんなにも変化したのかな?と自分なりに考えてみました。


良く僕は「ファンの皆さんのお陰です」ということを口にしたり


ブログに書いたりしていますが、これは本気で思っているのです。


良くニュースなどを見ていると「送り手」と「受け手」という言葉を


耳にします。


でも僕はこの言葉はちょっとおかしいと思うんです。


もし、この言葉を劇場に当てはめたとしたら


ステージでパフォーマンスを行うメンバーが「送り手」


料金を払って客席でそれをみるファンの方が「受け手」となるように


見えますが・・


それは実際は違って


実はファンの皆さんの応援や意見が「送り手」であり


それを感じて、パフォーマンスをするメンバーが「受け手」


なのだと思っています。



想像してみてください。



もし、劇場の客席にどんなパフォーマンスをしても声も出さない


体も動かさない、笑いもしない人達が座っていたら・・・


メンバーは絶対に「成長」しません。


そこに「受け手」であるお客様が劇場を満員で埋め尽くして


いてもです。


いやらしい話、劇場収入という部分では今と同じです。


今のAKB48劇場には、声援、笑顔、拍手、時には涙や


失望など、本当に色々な感情が混在しています。


初めて劇場にいらっしゃる方、300回以上公演を観ている


方など、本当に沢山の方がいらっしゃっております。


メンバーはそうした皆さんの感情や思いを自分の目で見て


、耳で聞き、肌で感じ、体中でファンの皆さんのいろいろな


気持ちを受けて、「成長」しているのです。


皆さんの気持ちが彼女達の外面も内面も変えたのです。


明日から「ひまわり組」が始まります。


それに伴い、公演の料金も3.000円になります。


中には3,000円になるなら、もう行かないという方も


いらっしゃると思います。


語弊があるかもしれませんが、僕はそれはそれで


いいんだと思います。


そこに価値があればファンの方は来てくださると思っていますし


なければ来てくださらない。


ものすごくシンプルです。


シンプルだからこそ、恐いです。


と同時に楽しみです。


もしかしたら、7月は劇場が満員にならない日も出てくるのかも


しれません。


そうなった時にメンバーがそれをどう受けて、どう成長するのか?


オープンしたばかりの頃、1.000円という金額でも20人位しか


入っていない頃、劇場のステージで自分達がやってきたことを


盲目的に信じて、パフォーマンスを続けて、満員御礼の劇場に


変えたメンバー達です。


メンバーの前で言う機会もないし、照れくさいのであまり


言いませんが、僕はメンバーのことを信じています。


絶対に自分の夢を叶えることが出来ると信じています。


そして、明日からの公演を見て、ファンの方達がどのようなことを


思い、感じるのか、そしてどのようなメッセージを送って下さるのか


楽しみにしております。


これからも応援よろしくお願いいたします。


このひまわり組公演が終わる頃、メンバー全員が一回りも


二回りも成長していることを楽しみにしています。


最後にメンバーに一言。


「自分で限界をつくらない」


「自分を信じる」


「絶対に夢を叶えるまで、立ち止まらない」


それを忘れずに明日から更に加速して行こう!!





AD