AKIのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
はじめまして。
今年4歳になる娘の母、akiakiです。
最近の高橋ジョージさんと三船美佳さんの『モラハラ離婚』の話題で『モラハラ』を勘違いしすぎてる女性が多いんじゃないでしょうか?
私の夫もたまには私の私生活や育児で愚痴を言ったり怒鳴ったりしますが、私はそれを『モラハラ』とは言いませんし思いません。
私のように年齢差のある夫婦がほとんどだと思いますが、同じ年齢でも性別も違いますし育った環境もぜんぜん違いますから『考え方や価値観』が違うのは『普通』だと思います。
皆さんは『モラハラ』を勘違いしてませんか?
自分の考え方や価値観や発言を否定されたりするのがすべて『モラハラ』扱いにしてしまうと、『モラハラ扱い』された夫は何も言えなくなりませんか?
ましてや何でもかんでも『モラハラモラハラ』と夫を追い込むことにより、夫が『精神的苦痛』を受けて、話し合いもできず、最悪『精神的苦痛による訴訟(カウンセラーや診療所に通う状態となり、医師のカルテを証拠とする訴訟)』になりかねないと思いませんか?
これは決して『大袈裟な例え』ではありません。
私の友人『N』は、高橋ジョージ三船美佳夫妻の話題により自分の夫の事を『モラハラ夫』と勘違いしてしまい、まともに夫と話し合いもしないどころか、私以外の安易に同感する友人やネット上での友人に影響され思い込み、まるで自分で自分を都合よく『洗脳』してしまったかのように『私の考え方は間違ってない‼』と決めつけ、友人の夫は精神的にかなり苦痛を受けて精神病専門の病院やカウンセラーに通院し『鬱病』という診察を受け、民事裁判で『精神的苦痛による損害賠償』として友人を訴訟しました。
裁判の結果は友人の夫が地元では有名な弁護士を雇う形でしたが、多額の慰謝料を友人が支払う結果となりました。
夫妻といっても訴訟で慰謝料請求ができるのは私も初めての知りました。
多額な慰謝料は一括で精算できるわけがなく、毎月支払える可能な限りの額(それも多額ですが…)の口座に振り込みで支払う形となり(毎月27日までらしいです)、もちろん離婚となりましたが友人夫妻には私と同じ4歳の子供がいまして、友人が子供の親権をとる形となり(友人の夫は精神的な病により育児不可という事と、友人の夫の両親も精神的病があるからです)、家を出て子供と『母子手当て』を受けつつ、ほとんど休みなく働き、保育所も家を出て引っ越した先の近くでまたみつけなくてはならなくなり(まだみつかってないみたいです…)、やむ無く仕事に行っている時間は引っ越し先の安いベビーシッターにあずけてるらしいです。
友人がそんな大変な事になる前に、私は友人に『そんな事はうちでもあるから、夫妻ケンカのない夫妻のほうが少ないんじゃない?ちゃんと話し合って、たまには譲ってあげて、仲直りしたり歩み寄る努力も必用だよね?』と喫茶店などで話をしたりしてましたが、『それ絶対モラハラだよ‼』と言う他の友人の意見のほうが自分に都合上良かったのか、まるで『悲劇のヒロイン』のように自分を装うようになってしまった友人…。
私とも友人の夫の話はしなくなり、私が『あれからどう?』と話しても『あなたには介入してほしくないから』と言われ、結果友人が多額の慰謝料を背負い、子育てを背負い、養育費を夫からもらう事もできず辛い日々を送るようになった友人…。
私もただ友人の1人という立場であり、あまり他の夫婦間に介入するのはよくないと思ってましたが、そんな結果になるようならもっと何か助言の仕方がなかったか?と後悔してます。
実は先日、友人から『お金を貸してほしい』との連絡があり、その際数万円貸したのですが、そこでとんでもない事を友人から聞く事になりました。
友人は以前から夫と離婚をしたかったらしく、高橋ジョージ三船美佳夫妻の『モラハラ騒動』をきっかけに子供を夫に押し付けて離婚したかったとの事でした。
また、それには裏があり…私の知らないかなり年上の友人(再婚者)が、過去に子供を夫に押し付けて離婚した経験があり、友人に離婚の後押しをしてたらしいです。しかもそれが友人のアルバイト先の女上司らしいです。
その経験談から夫の些細な発言ともとれる内容や行動を全て『モラハラ扱い』にしてしまえば『あなたも私みたいに自由になれるし、まだ若いんだから子供を夫に押し付けてしまえば再婚だってできるよ?』と助言という後押しをしてたらしいのです。
私は余計なお世話とも思いましたが、その友人の女上司に会い、その内容が事実か確かめる為に喫茶店で話し、その会話内容をボイスレコーダーに気付かれないように録音し、友人の元夫に昨日渡しました。
友人の元夫はこれを証拠にその女上司に対して訴訟をするようです。


このように高橋ジョージ三船美佳夫妻の『モラハラ騒動』をきっかけに安易に相手の行動を『モラハラ』と決めつけては、極端な例ではありますが後々大変な事に繋がる恐れがあるのです。

高橋ジョージ三船美佳夫妻の『モラハラ騒動』は、私的には芸能界で『お互いに出演回数が激減』したから『話題つくれば少しは出演回数も増える』という『ビジネス的な物』でもあると思います。

私もテレビやネットの情報に多少影響はされますが、あくまで芸能界と私達は違う世界観と割りきって考えてます。
ましてやネット情報は顔も名前も知らない方々の情報ですから、影響される事は私はほとんどありません。

皆さんは夫や妻に安易に『モラハラ』と言ってたり、思ってたりしませんか?

ちゃんと夫婦で話し合う努力をしてますか?

相手の立場を尊重してますか?

自分の都合のよい考え方に固まってませんか?

何より子供の為にも、仲の悪い夫婦間でも『お互いに歩み寄る努力』をちゃんとしてますか?

『諦めが肝心』とすぐ『諦め』てませんか?

余計なお世話かもしれませんが、もし夫婦間がぎこちなかったりしてる方々はもう一度考え直してみませんか?

私も夫婦間がすごく良いとは決して言えませんが、夫の考え方や価値観が違っても必ずちゃんとお互いに話し合いをしてます。それが夫婦の支えあいだと思います。
子供の為にも、子供のいない夫婦の方々も、どうか『モラハラ勘違い』や『安易にモラハラ発言』は慎んだほうが良いと私は思います。

後悔してからでは取り返しのつかない事になりますので、どうか皆様もお気をつけ下さい。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AKIさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。