▼現在ご提供中のメニュー▼

(2017.11.25 更新)

 

----------------------------------------------------------------------

誠に申し訳ございませんが、

リピートの方、ご紹介の方のみ受け付けております

----------------------------------------------------------------------

 

 

- あなたの想いをデザインします -

ブログ・Facebook ヘッダー制作

 

サービス詳細

 

>>4オリジナルヘッダーデザイン

(デザインヒアリング込)

¥12,000-(税込)

 

>>4デザイン設置代行

¥1,500-(税込)

 

 

▼お申し込みはこちら▼

 

 

名刺 ・ ショップカード

 

サービス詳細

 

デザインヒアリング・100枚印刷・版下データ込

デザインにあった用紙をお選びします

 

>>4片面 ¥12,000-(税込)

 

>>4両面 ¥15,000-(税込)

 

 

▼お申し込みはこちら▼

 

 

その他 リピーター様向けサービス

都度お見積もりが必要です。お問い合わせください

 

>>4バナーデザイン

 

>>4ロゴマーク

 

>>4パッケージデザイン

(シール等の簡易なもの)

 

>>4WEBサイト制作

(ペライチなど簡易なもの 〜 静的WEBページ まで)

 

>>4インテリアコーディネート

(1部屋/15㎡〜、プランニングシートのご提出)

 

 

 

 

 

 

▼お問い合わせはこちら▼

 

 

 

 

 

 

 

▼2つのブログランキングに参加中です▼ 

 

   

副業をすることがいいとか、悪いとか、

そういうことを判断するのは他人ではなく自分でいいと思うのです。

 

大事なのは、

「そこで自分が何を学んで、この後の人生にどう生かすか」だと。

 

いざ副業してみて、本業との両立が難しかったなら、

「私は何か一本で頑張った方が成果が出るんだな」ということ。

 

 

私自身は、

短期間でも本腰を入れて週末起業をやってみた結果、

仕事の時間割が大事だってことや、

時間を作ろう!と思えばちゃんと捻出できることや、

デザインの技術だけじゃ食べていけないくて(営業活動も顧客フォローも会計も大事)、

会社組織のなかでいろんな人が手分けして行なっていることの大事さをちゃんと知れたこと。

 

そのおかげで周りに感謝できるようになったし、

一人じゃなくてチームで仕事するのがやっぱり好きだなって気づいたのです。

 

 

星の王子様ではないけれど、大事なことは目には見えないので。

 

転ばぬ先のなんちゃらを机の上で心配するよりも、

まずはやってみて、体験してみて考えたらいいんじゃないかな、と思います。

 

 

 

 

個人で活動していると、どこかのタイミングで必ず思うのが、

「名刺、つくろう!」ということ。

 

交流会に行ったり、人からいただく機会が増えると、

やっぱり必要だよなぁ・・・と思われる方が多いように思います。

 

 

そこで皆さん、

どこでつくろう?

どうやってつくろう?

と悩まれるのではないでしょうか。

 

 

自分で作るにも様々な方法があります。

もちろんプロに頼むのも一つの手。

 

そこで簡単に名刺の作り方と、

メリット・デメリットをまとめてみました!

 

 

 

1.自分でデザインして、自宅のプリンターで印刷する

 

結構多いのが、このパターン。

 

家電量販店に行けば10枚1綴りになっている名刺用紙が売られていますし、

コストもかなり抑えることができます。

 

また、「ちょっとだけ増刷したいんだよね」とか、

「肩書き変わったから変えよう!」という細かな修正も、

自分で印刷できるのですぐ対応できます。

 

デザインも、名刺用紙のメーカーサイトに行けば、

実はいろんなテンプレートがダウンロードできたりもします。

 

A-ONE

http://www.labelyasan.com/template/item/01_meishi/

 

PLUS

https://www.templatebank.com/meishi/

 

エレコム

http://www.elecom.co.jp/printgogo/template/namecard_01.htm

 

 

 

デメリットは、

自宅でつくった感がバレてしまうこと。

 

例えば印刷がちょっとずれてしまったり・・・

プリンター特有の「印刷擦れ」が見えてしまったり。

ビジネスで本気で頑張りたい!という方にはあまりオススメしません。

 

 

 

2.ネット印刷通販で作る

 

ビスタプリント、と聞けばなんとなくお分かりになるでしょうか。

https://www.vistaprint.jp/

 

デザインと、載せる内容を決めて依頼すれば、

プロの印刷で仕上がって手元にやってきます。

 

これもとても手軽で、

100枚980円〜と、とてもお財布にも優しいので、

「とりあえず名刺作らなきゃ!」という急ぎの方にも安心のサービスです。

 

ちなみに海外のサイトだと、MOOというサイトもおすすめです。

https://www.moo.com/us/

 

フリスクサイズの名刺が作れたりして、

ちょっと個性を出したい方にはぴったりですよ。

 

私も学生の時、これで名刺を作ってイベントに参加したことがあります・・・

懐かしいな。

 

 

難点としては、誰かとデザインがかぶる可能性があること。

そして、デザインを選ぶのが結構大変(迷う!)こと。

 

オリジナリティは出したい・・・

でもどのデザインが自分に合うんだろう?とか、

あ、あの人と同じデザインだった・・・

なんてことも起こり得てしまうのが、ネットプリントサービスの難点でしょう。

 

 

 

 

3.プロのデザイナーに頼む

 

どうしても自分のオリジナルがいい!

そしてプロ仕上げで、自信を持って渡せる名刺がいい!!

という方は、プロのデザイナーに依頼してください。
 

メリットはもちろん、

自分の気に入ったデザインの名刺が持てること。

 

 

デメリットももちろんあります。

 

まず、デザイナーさんによってお値段設定が全然違うこと。

数千円で作ってくれるデザイナーもいれば、

数万円かかるデザイナーさんもいます。

 

そして納期が長いこと。

だいたい、1〜1.5ヶ月が多いでしょうか。(福原調べ)

 

作り方も、サービス内容も人それぞれです。

 

「一定のデザインから選んでもらう」スタンスのデザイナーさんもいますし、

「一人一人めっこり話を聞いて、その人だけのデザインを作る」人もいます。

アフターフォローがある方もいれば、

一度作ったらそれっきり、という方ももちろんいるでしょう。

 

頼んでみてから、

「あー・・・このデザイナーさん合わないな」っていうこともあると思います。

デザインに納得がいかなくて、他の方に依頼し直す、なんてことも。

 

 

この人のデザインが好きか、

仕事のスタンスはどうか、

納期は?値段は・・・?

 

いろんな要素が絡んできますので、

ご自身が一番ときめいて、納得して依頼できる方に

ご依頼いただくのがいいと思います。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

どんな名刺の作り方にもメリットとデメリットがあります。

 

私が思うに、名刺って自分の分身で。

自分のサービスや自分自身に責任と自信を持って、

名刺交換できることが、一番なんじゃないかな〜、と思います。

 

ぜひ、ご自身が納得のいく名刺を作ってくださいね!

私が週末起業を初めて1年。


3ヵ月で売上70万円を上げて、
その後も毎月5万円の売上をコンスタントに上げ続けて。

 

今では顔出しを辞めましたが、
それでもほぼ口コミで
お仕事のご依頼をいただけるようになりました。

 

そんな私がやっぱり大事だなぁと思うのは、
凹んでもぶれない信念。
そして、発信を続けることと、
その発信メディアをしっかり整えること。

 

 

この三つがあれば、
週末起業でもお客様に選んでいただける
お仕事をし続けることができる!
と思っています。

 

 

週末起業をこれから始めたい方、
始めたけど少し不安がある方、
軌道に載せたいけど何からテコ入れすべきか迷っている方。

そんな起業スタートアップの方はぜひご参加ください。


私が大事にしてきた「3つのポイント」をシェアさせていただきます。

 

 

週末起業を続けられるかどうか不安?
それはやってみなければ分かりませんよ♪


ご興味をもたれた方はぜひ、
こちらからご連絡ください。https://peraichi.com/landing_pages/view/1126minori

 

 

皆様とお会いできるのを、私も楽しみにしています!

 

 

 

-------------------
【SNS週末起業を軌道に乗せる!お茶会in東京】

場所︰都内ホテルラウンジ(お申込後ご連絡いたします)
日程︰11月26日(日) 10:00~/14:00~
金額︰3,000円

▽お申し込みはこちらから▽

https://peraichi.com/landing_pages/view/1126minori

 

週末起業をしている方によくあるお悩みが、

「SNSの投稿を会社の人にはみられたくない・・・」というもの。

 

副業OKの会社が少しずつ増えてきているとはいえ、

大半の企業ではまだまだそんな制度は整っていないのが現状。

 Facebookは名前で検索されやすいため、

だからこそ、しっかり対策をとっていきましょう。

 

ちなみに私は「会社関係の方(取引先や出入りの業者含む)を全てブロックする」

という対策を取っています。(さらに最近は名前も変えて、顔も隠しました・・・)

万が一検索されても個人名が出てこないため、安心の一手といえます。

 

ですが、実名で活動していたり、

実名の個人アカウントで会社の方とすでに繋がっていたりすると、

完全にプライベートの投稿が突然みえなくなってそれはそれで怪しまれるかもしれません。

 

そんなときオススメなのが

「友達リストを作って、週末起業の投稿だけ表示させない」ようにする方法です。

 

 

では、順を追って設定方法をご紹介させていただきます♪

 

 

 

1. 友達リストを新規作成

 

PCから確認すると、

Facebookの個人ページ、右の欄に「友達リスト」というものがあります。

 

ここをクリックすると、「親しい友達」だったり、

参加しているグループの名前だったり、

出身校だったり・・・のリストが出現します。

 

この画面の中央上にある、「+リストを作成」をクリックして、

新しい友達リストを作成していきます。

 

 

 

2. リスト名を決めて、投稿を見せたくない人を追加する

 

とても嫌な表現ですが(笑)、

新しくつくるリストには

「週末起業の投稿を見せたくない人」を追加していきます。

 

自分で分かりやすいリスト名をつけて(例えば「会社」とか)、

その下の「メンバー」の欄には追加したい人の名前を入力していきます。


Facebookは途中まで入力すると予測で友達のリストを出してくれるので、

そこから選んでどんどん追加していきましょう。

 

追加が終わったら「作成」ボタンを忘れずに押してくださいね♪

 

 

※ちなみにこの欄には「すでに友達になっている人」しか記入できません。

 「友達になってないけど見せたくない人」がいれば、

 最初にお伝えした「ブロック」する方法で防いでください。

 

 

 

3. 「投稿する」画面で投稿のプライバシー設定をする

 

友達リストが作れたらいよいよ投稿のブロック方法です。

 

「今なにしてる?」の投稿エリアをクリックすると、

エリアの下の方に「公開」とか「友達」とか出てくるのが確認できると思います。

(ここの「公開」か「友達」かは、元々のプライバシー設定に準じます)

 

その「公開」だか「友達」だかをクリックすると、

「この投稿のプライバシー設定」というリストが表示されてきますので、

そこから「次を除く友達」を選びます。

 

 

 

そうすると画面が切り替わりますので、

切り替わった画面の検索窓から

先ほど作成した「友達リスト」名を検索しましょう。

 

リストが出てきたらそれをクリックして、

「変更を保存」ボタンを押してください。

 

 

 

 

4. プライバシー設定が切り替わっていることを確認して、投稿!

 

「変更を保存」すると、先ほどの投稿画面に戻ってきます。

ここでさっき確認した「公開」だか「友達」と書かれている部分が、

「次を除く友達」に切り替わったことを確認してください。

 

 

 

しっかり切り替わっていたら準備OK!

週末起業の投稿を書いて、写真を貼って、自信を持って投稿してください!