オフ会

テーマ:

何ヶ月程だっただろうか、このオフ会が開かれるまで沢山の話をしていた、

バーチャル空間での友人達がやっと時間を合わせ、遠く関西からも東京に集まったその日。

彼女は自ら私の奴隷であることを、告白すると誓っていた。。。


一度駅にて集合し、それから今回あるメンバーが予約した場所に移動した。

彼女の服装はコートをまとっていたため、目立たず、

第一印象はおそらくチャットの世界そのままの、大人しい印象だったのかもしれない。

そのコートの内側には、彼女の欲望を隠しているということには

誰一人気づいてはいないようだった…。


待ち合わせ時間の前に私は彼女はある喫茶店にいた。

もちろん、服装が指定したとおりか、確認するためである。

私は待ち合わせ時間より少し早めに着いた。

彼女は少しだけ遅れて、私の前にコートを脱がずに座った。


お互いにコーヒーを飲み、冷えた身体を少し温めた後…

私はおもむろに言葉を発した。



今日は…オフ会だね。。。お前も待ち遠しかっただろう?



はい…


彼女はすでに欲情し、吐息交じりの声で反応した。



ん?すでに発情しているようだね…イヤらしい声だぞ?



ああ…だって…こんな格好で…みんなに会うと思うと…



お前の望みだろう?お前が変態の淫乱M女だとみんなに知られるのが…。



はぃ…あき様の…変態淫乱奴隷だと…みんなに知って欲しい…あぁぁ…



アナルにはプラグ、淫壺にはローターを固定し、

スイッチを入れてくるよう命じていた。

わずかだが、ローターの振動音が聞こえる…



ちゃんと命令は守っているようだね。。。振動音が聞こえるよ。。。

お前の淫壺に入ったローターが振動する音が…



あぁ…そんな…



どうせ…もうグチョグチョになっているんだろう?お前の淫壺は…

淫汁が太ももにたれるほどになってるんじゃないか?



……はぃ……ここに来るまでに…すでに垂れていました。。。



彼女は嘘はつけない…というふうに、白状した。



しょうがない、淫乱変態女だな…お前の今の格好をここで見せなさい。

ちゃんと確認してやるから。。。



…はい…



彼女はすっかり私の命令には忠実に従うようになっていた。。。

以前の恥ずかしがり屋の彼女ならここで躊躇していただろう。

いや、恥ずかしいのは変わらないのかもしれない。。。

ただ、その恥ずかしさも…彼女にとって快楽を得る術にしか

ならないようになっていたのかもしれない。


彼女が席を立ち、コートを脱いだ。。。

その時、周囲からの視線が集中する…


彼女は忠実に私の命令どおりの服装をしていた。。。

とても冬に着るものとは思えないキャミ…

搾り出されたようにその存在を主張する彼女の大きい胸。

そこには二つの突起が見える…

そして下半身には…股下数センチのミニスカート。

ガーターベルトは隠されることなく、

そして…股の間からは…プラグから伸びた紐がプラプラとぶら下がっている…。

通常はありえないことだ。。。

そして必死にローターのコードを処理したのだろうが、

ここまで歩いてくる間に、はだけ、淫壺へつながるコードが見えていた。。。



あぁぁ…



彼女は席に力なく崩れるように座り込み、必死に恥ずかしさに耐えている…

しかしその姿が私を興奮させるのだ。。。



タコ糸も結んであるんだよね?じゃあ…ここで引っ張ってごらん。



……はぃ……



彼女はすっかり欲情し、顔も紅潮している…

紐をひっぱると、キャミに包まれた乳首が面白いように動く。まるで別の生き物のように。。。

その様子をちらちらとみる男…凝視する男…

それに興味があるのか、女性までもが見ている。。。



あき様…私…



ん?なんだ?



あき様のザーメンを…私…欲しくなってしまいました。。。



ん?聞こえないよ??



そういうと…困った顔をし、上目遣いに私を見た。。。

しかし私は何も言わない。



あき様のザーメンを私にください。。。



意を決したように…しかし、周りに聞こえるのを恐れるように…

私に聞こえるくらいの声で彼女は言った。



じゃあ…近くのデパートのトイレにでも行くか?



はい…



彼女は嬉しそうに返事をした。。。


オフ会の前に私の精液を口にし、

再び彼女は私の変態淫乱奴隷であることを再認識していたのであった。

AD

いつも当サイトにお越し頂き、ありがとうございます。

最近の更新のお詫びと、近況の報告をさせていただきます。。。


最近、あまりに仕事が忙しく、なかなか更新できずに申し訳ございません。

仕事の方が落ち着いたら、またきちんと更新作業をさせていただきます。

(もしかしたら、今日出来る時間があるかもしれません…)

非常に遅筆のため、時間を確保するのに苦労しております…

また、記事を書き、書き上げたと思ったとき消失するというのも…(TДT)

せっかく訪問していただいて申し訳ありませんが、もう少々お待ちください。。。


また近況報告ですが、

現在メール調教を行っている女性がいます。

その内容もこちらで今後書いていく予定です。


今後ともよろしく御願いします…

AD

バーチャルと現実の狭間で…

テーマ:

私とのはじめての調教と共に淫壺とアナルの処女をなくした彼女…

それをきっかけに、今まで以上に忠実な奴隷となっていった。

今までのように毎日、乳首はタコ糸、クリトリスは一回り大きくしたクリキャップにより肥大をさらに行い、

下着は…ブラはすべて穴あきブラもしくはカップレスブラにし、

パンティは、クロッチを切り抜いた穴あきか、Tバック、もしくは紐のような下着の役目を果たさないものへ…

陰毛は毎日のように毛抜きで処理をし、完全に綺麗なまま維持をする…

アナルにはプラグを挿入し、排泄時も許可を請う…。

毎朝、どんな格好で出かけるか、自ら報告し、満員電車の中ではローターを…

勤務中にも必ず1度は自慰をしていた…

帰りも駅で自慰をし、帰ってからもアナル、肥大化したクリトリス、淫壺を使って快楽を貪る…

すべてを画像で報告してきていた…


夜は、仲のよい連中とのチャット…普通の会話をするその裏では、

私の命令、もしくは自らの願望により、調教を受けている…そんな毎日、、、


そして、お互いの時間が合えば、もちろん…いろんな調教を行った。

野外で全裸でのフェラの特訓…露出自慰…

縄を体にかけての街中デート…ノーパンノーブラでミニスカート、ピチTデート…

辱められ、そして他人の視線を浴び、彼女の太ももには淫汁が伝う…

そして私の部屋で明るいうちから、淫らで変態行為を

自らの意思で体に刻み込むように行っていたのである。。。

首輪をつけ、忠実な変態淫乱雌犬として…


ある日、その仲のよい連中でオフ会をやろうという話になった…

誰も私と彼女がそんな関係とは知らない…誰も会ったことがないと思っている…

そんな連中と会うとき、彼女はこう言い出した…



aki様…どうか…私があなただけの雌犬であることを…みんなに宣言させてください…。



…いいのか?今まで誰もお前がこんなに変態だと知らずに普通に付き合ってくれている連中だぞ?

今までのように話してくれなくなるかもしれないぞ?



構いません…これ以上…黙っているのが苦しいんです…



彼女はたまに断ることができずに、その連中の中の男とチャHをしていたらしい…

それが苦痛だったのだ。



分かった…では、オフ会での服装を指定しよう…



彼女が持っている中で一番露出の高いキャミとミニスカート…

そして、下着はカップレスブラと穴あきパンティ…そしてガーター…

これらを着ると彼女の大きな胸は変形し、溢れんばかりに膨れ上がる…

ミニは、下着がやっと隠れるほど…そこにガーターをつけているのだ。

冬のため、上着は身に着けていくが、おそらく、夏でもこの格好では、

他人の視線が刺さるような格好である。

いつものようにプラグとローターは、アナルと淫壺にいれさせる…

乳首もタコ糸で大きくしていくため、キャミに飛び出るだろう…


そんな格好を指定したにも関わらず、彼女は嬉しそうに用意をしていた…

自分が変態であると宣言すること…それは彼女にとってとても喜びであることであったようだった…


胸を搾り出すのには…こんなのもあるんですね…click!

AD

初めての夜…Ⅴ

テーマ:

彼女は私のアナルへの放出と同時にケモノのような声をあげ、

体を硬直させ、ヒクヒクと体を震わせていた…

そしてアナルで私のモノを締め付け、なかなか離そうとはしなかった。。。

放出が終わると私はゆっくりとモノを彼女のアナルから引き抜いた…。

彼女は力なく崩れるように倒れこんだ。

部屋には彼女の絶え絶えになった息遣いと、

彼女の淫壺から押し出されるように落ちたバイブのモーター音だけが響いていた…

彼女のアナルからは、私の白濁液が搾り出されるように出ている…

そんな様子を後ろから眺めていた…


彼女の体に絡むようになっている縄をゆっくりと解く…。

その際彼女の隅々まで見ていた…。

幸い、縄の跡はそれほどついていなかった。

洗濯ばさみで挟まれた乳首は変形し、しかしきっちりと硬かった…

クリトリスは今までよりも大きくさらに成長したように見える…。

彼女の淫汁は、シーツまで垂れ、大きなシミを作っている…

縄を解いている時、彼女は私にされるがまま、体に力が入らない様子だった…


彼女の息が整うのを待って、シャワーを浴び、ゆっくりと話を始めた。。。



初めて…男のものにアナルを犯され、精液を放出された気分はどうだ??



…とても…嬉しいです…夢のような…気分です…。とっても幸せです…。

だって…ずっと…したいって思ってたから…



そうだよな…お前は、こうされることが夢だったのだんだものな。



……はい…それに…初めてなんです…



ん?調教は初めてだというのは聞いているが…??



……それも…初めてなんですけど………

男の人を受け入れること自体、初めてなんです…私処女だったから……



それを聞いて私は少し驚いた…

が、言われてみれば思い当たる節もある。

決して多きなバイブを挿入しようとしなかったこと…

彼女の私のモノへの奉仕が一生懸命であったが、どこかぎこちなかったこと。

自慰は基本的にクリトリスとアナルで行っていたこと…


これらはきっと彼女なりの処女を守る方法だったのかもしれない…



そうか…こんな変態行為を行いながら処女を失ったのだな…お前は…。



はい…でも…凄く幸せです…夢と同時に…失うことができたのですから…



幸せか…それなら私もよかったと思うよ…。



はい…私、aki様に処女を奉げる事ができて…とっても幸せです…。



私も…これからも…お前のことは大切に考えることを約束するよ…。

そして…立派な変態マゾに育ててやろう…



…うれしい…よろしく御願いします…もう一つ…御願いしていいでしょうか…。。。



なんだ??



…私の淫壺と口に…aki様の精液を受け入れたいんです…



口は構わんが…淫壺は…大丈夫なのか??



はい…大丈夫です…そのために今日約束させてもらったんです…。




この彼女の願望をかなえるため、朝まで調教は続いたのである…




よかったら…

クリック御願いします。。。

ランキング







こんなの使って、目の前で自慰させるのも…いいですね…

手を後ろで拘束して…

click!

初めての夜…Ⅳ

テーマ:

ずっと変態行為に憧れ、自分で拡張をし続けてきた、彼女のアナル…

そこに私のモノをやっと受け入れることが出来た…

何年間彼女はこの瞬間を待ち続けたのだろうか…

きっとその間、彼女の頭の中で何度も何度も犯されていたのだろう…

顔の見えない、誰とも分からない男に…


ゆっくりと彼女のアナルにモノを沈め、ゆっくりと抜く…

それを繰り返すたびに、彼女はうめき声を上げた…

その度に彼女のアナルは私のモノを締め付ける…



お前のアナル…嬉しくてヒクヒク締め付けてるぞ…



ああぁ…だって…本当にとっても、とっても嬉しいです…

aki様に私の変態アナルを犯していただいてる…

そう思うだけで…あぁ…



もっと…犯して欲しいか?



はい…



なら…お前も自分でこのでかい尻を動かしなさい…



そういうと、素直に彼女は自らゆっくりと…腰を動かし始めた…

少しだけローションを垂らす…

その冷たさに彼女が反応し、アナルを締め付ける…

彼女のアナルに私のモノが出入りする様子…

とてもイヤらしい。

私は彼女の大きな尻も気に入っていた。

その尻を鷲掴みにし、左右に広げる…

それに伴ってアナルも淫壺も広がる…

そうすると少し感覚が変わるのか、彼女の声も変わり、

動きも激しくなった…



もっと…もっとください…



欲張りだな、お前は…これを淫壺にも入れておくといい…


そういって、バイブを手渡した…

素直に淫壺にあてがう彼女…

いや、自分の欲望に素直だっただけなのかもしれない…

ゆっくりと…軽く力を加えただけで、

にゅるっという感覚で挿入された…

肉壁一枚隔てただけの穴に2本のモノ…



ああぁ…キツい…キツイです…



それはそうだろう?お前は今、

イヤらしい淫壺と変態アナルに入れられているんだからね。
ただ…お前がずっと望んでいたことだろう?



あぁあああ…



そう声を上げると彼女はバイブを出し入れしながら腰をさらに動かしだした。

すでに乳首につけられた洗濯ばさみの痛みは感じていないようだった。

それどころか…その痛みにも興奮し、快楽を得ているようだった。

肉壁を隔てて振動が伝わってくる…

私にも快楽が伝わる…

彼女の大きな尻を叩きながら、ピストン運動を早めていった…



そして…この日一度目の放出を、彼女のアナルの中で迎えたのである…

彼女が気をやると同時に…





今はこんなのもあるんですね…

こんなので責めたらどうなるだろう…

click!



皆さんの愛をください…

ランキング