生命保険の疑問解決 佐々木昭人の保険日記

実際のお客様との対話のなかで頻出される生命保険に関する質問や問題点などを掲載し、豊富な経験に裏付けられたプロとしての回答や消費者目線での「知りたい情報」を満載させています。


テーマ:

売ったことがない、または売れない上司から、「営業とはこうあるべきだ」と営業論を聞かされた場合、どうしますか?


冷たいようですが、私は、聞けません。


「あなたに言われたくないよ」というのが正直な感想です。


どこかで聞きかじったようなことを並べ立てて熱っぽく語られても、内心、「だから売れないんだよ」と思ってしまうかもしれません。


私が、「営業のあり方」について素直に耳を傾け、マネをしたり、手本にしたりするような対象は、売れてる経営者か営業マンです。


やはり心に響くのは、「実践」したことと「結果」だと思います。


決して「評論」ではありません。


私にとってそのスタイルを大いに見習いたいと思える方が、このたび、満を持して書籍を出版されました。


著者は、先日のセミナー でもご一緒させていただき、当社のマーケティング支援もしていただいているブレインマークス安東邦彦社長 です。


営業のミカタ/安東邦彦
¥1,470
Amazon.co.jp

この本のなかには、営業マンとしてどのような考え方でどのような取り組みをしていけば、高いレベルの成果をあげられるか、ということが書かれています。


安東社長は、税理士や社労士、保険代理店の営業支援をしているマーケティング会社を経営していますが、実際に安東社長の顧客である税理士さんなどを顧客として獲得するために、また顧客となったあとも良好な関係を継続していくために、自らが実践し成果をあげられていることを解説しているいわば「生の体験記」とも言える書籍です。


お勧めしたい方は、経営者、中間管理職、営業マン、など幅広い層で、ビジネスモデルもB/TO/B、B/TO/C、などを問わず、応用し実践可能な内容となっています。


私がこの本の中で特に印象に残ったキーワードは以下のものです。


【営業マンの3つの役】


①シュウちゃん


②イクちゃん


③クロちゃん


何のことか知りたくありませんか?


営業が「すばらしく、かっこよく、憧れられる仕事である」、という安東社長の根幹ともいうべき大いなるメッセージと具体的な手法が詰まったお勧めの営業本です。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ


にほんブログ村

保険日記

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

あなたの生命保険の疑問にお応えします。佐々木昭人の保険日記さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります