好奇心の扉

災害は偶然の産物ではありません。何らかの連鎖的な出来事の結果です。
大惨事の陰に隠された知られざる真実に迫ります。
そこには次の大災害を回避するための重要な証拠が必ず残されています。


テーマ:
バイエル薬品株式会社社(本社:大阪市北区梅田)は5月16日、日本で初めての吸入型肺動脈性肺高血圧症(PAH)治療薬「ベンテイビス®吸入液 10μg」(一般名:イロプロスト)の発売を開始したと発表した。
「ベンテイビス®吸入液 10μg」は、日本で初めての吸入型の肺血管拡張剤で、「医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議」での継続的な協議を経て、2010年に厚生労働省より正式に開発要請を受け開発された製品です。



ベンテイビス吸入液


肺高血圧症(PH)は、進行性で生命を脅かす深刻な心肺疾患であり、肺動脈圧が正常値よりも高くなり、心不全や死に至る場合のある疾患で、運動能力を著しく低下させ、患者の生活を制限するに至ります。一般的な症状は、息切れ、疲労、めまい、失神などで、いずれも労働作業により悪化します。

肺は、呼吸によって酸素を体内(気管支)に取り入れ、肺動脈が全身から回収した不要な二酸化炭素を"ガス交換"によって体外に除去し、新鮮な酸素を心臓を介して肺静脈中に送り出します。


肺高血圧症の症状は、固有の特徴的な症状が無いため、診断が遅れることが多く、治療開始の遅れは生命予後に悪影響を及ぼす為、早期診断と正確な肺高血圧症タイプの確認が非常に重要です。


肺高血圧症の5分類

肺高血圧症には5種類あり、その内の肺動脈性肺高血圧症(PAH)は、血管収縮によって肺動脈圧が大きく上昇し、心不全や死に至る可能性がある進行性の疾患です。

肺動脈性肺高血圧症そのものは希少な疾患であり、その患者数は100万人当たり15~52人。2014年度における総登録患者数は2,946名で、多くの場合、原因は明らかではありません。

この10年に渡って、既に幾つかの治療方法が提供されているにも関わらず、患者の死亡率は、診断から1年で15%、3年で32%と依然として高くなっています。



肺高血圧症の肺血管

日本においては、特定疾患治療研究事業の対象疾患に指定されていて、新しい治療の選択肢が待ち望まれています。



「ベンテイビス®」は、バイエルヘルスケア社(本部:ドイツ,レーバークーゼン)が開発した合成プロスタサイクリン誘導体で、狭くなった肺血管を拡張し、心臓から多くの血液を肺に送り込むようにする事で、肺動脈圧を低下させ、全身への酸素供給を改善して、心臓への負担を減少させる薬剤です。

ベンテイビス_アンプル

新たに承認された「携帯型ネブライザ(吸入器)」を用いる事で、エアロゾル化した薬剤を直接、肺血管に到達させ、肺動脈圧を低下させる事が出来ます。

ネブライザ(吸入器)が携帯型であるため、患者自ら吸入する事が出来ると言うメリットがあり、2003年の発売以来、世界各国で広く使用され、長期の安全性と有効性が確認されています。


ベンテイビス吸入液


製品概要;
販売名: ベンテイビス®吸入液 10μg(マイクログラム)
一般名: イロプロスト
効能・効果: 肺動脈性肺高血圧症
用法・用量: 通常、成人にはイロプロストとして初回は1回2.5μgをネブライザを用いて吸入し、忍容性を確認した上で2回目以降は1回5.0μgに増量して1日6~9回吸入する。1回5.0μgに忍容性がない場合には、1回2.5μgに減量する。
製造販売承認日: 2015年9月28日
販売開始日: 2016年5月16日
薬価: 2,386.50円





ペタしてね
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。