好奇心の扉

災害は偶然の産物ではありません。何らかの連鎖的な出来事の結果です。
大惨事の陰に隠された知られざる真実に迫ります。
そこには次の大災害を回避するための重要な証拠が必ず残されています。

NEW !
テーマ:

消費者庁は23日、特定保健用食品(トクホ)の制度が1991年に始まって以来初めて、『日本サプリメント(本社:大阪府大阪市北区茶屋町19-19)』が販売する、粉末清涼飲料「ペプチド茶」など6商品について、許可を取り消したと発表した。



日本サプリメントのトクホ茶取り消し1
日本サプリメントのトクホ茶取り消し2

消費者庁が、トクホ=特定保健用食品としての表示の許可を取り消したのは、大阪府大阪市の会社、『日本サプリメント』が販売していた、「豆鼓エキスつぶタイプ」「ぺプチド茶」「ペプチドストレート」「ペプチドスープEX」「ペプチドエースつぶタイプ」「食前茶」の、合わせて6つの商品です。



トクホ取り消しの日本サプリメント
トクホ取り消しの日本サプリメント

トクホ取り消しの日本サプリメント
トクホ取り消しの日本サプリメント

消費者庁によりますと、これらの商品は、かつお節から作られるアミノ酸の「LKPNM」や、大豆を発酵したエキスに含まれる「トリス」が含まれると届け出て、「血圧が高めの方に適している」「糖の吸収をおだやかにする」と、言った効果を表示する事が許可されていました。


しかし、消費者庁によりますと、いずれの商品も、こうした成分が十分に含まれていなかったり、全く含まれていなかったりする事が分かったと、外部からの指摘で、『日本サプリメント』が調べた所、実際には有効成分が表示より少ない事が分かったと、今月消費者庁に報告があり、既に販売を終了していると言う事です。




消費者庁の調べでは、会社側は、こうした事実を2年前に認識していたと言う事で、連絡が遅い事を重く見て、許可を取り消す処分にしました。

トクホの審査では、第三者の研究機関による分析もあり、2001~2005年の発売時期には6商品は、いずれもパスしていた。消費者庁によると、『日本サプリメント』が指定した分析方法が間違っていたり、発売後に成分の含有量が変わったりした可能性があるという。


日本サプリメントのトクホ茶取り消し4
トクホの許可が取り消されるのは、1991年に制度が始まって以来、これが初めてです。


日本サプリメントのトクホ茶取り消し3

『日本サプリメント』は、ホームページ上で、「ご迷惑をおかけし、深くおわび申し上げます」とコメントを発表し、6つの商品の販売を終了すると共に、これまでに販売した商品については返品に応じるとしています。





やったな、ぼろ儲け!!
2年前、外部からの指摘で発覚‥‥?
それも作為を感じるが‥‥
社内で製品・成分チェックをしてなかったのか?







ペタしてねペタしてね
AD
いいね!した人

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。