好奇心の扉

事故や事件の原因は決して一つではない。そこに至るまでの過程は必ず複数の要因が重なって起きる。
回避するには5分前の決断を信ぜよ。


テーマ:
セルジーン株式会社(本社:東京都千代田区)は、5月20日に薬価収載される、レナリドミド及びボルテゾミブの治療歴がある、再発又は難治性の多発性骨髄腫の治療薬として、抗造血器悪性腫瘍薬「ポマリドミド®」(商品名:ポマリスト®カプセル1mg、同カプセル2mg、同カプセル3mg、同カプセル4mg)の販売を開始した。


「ポマリスト」は、多発性骨髄腫の標準的治療薬、「メルファラン(商品名:アルケラン)/プレドニゾロン療法(MP療法)」や、3種類以上の抗癌剤を併用する多剤併用療法、更に「サリドマイド(商品名サレド)」、「ボルテゾミブ(商品名ベルケイド)」、「レナリドミド(商品名レブラミド)」などの新しい薬剤の使用でも、尚、再発および難治化する症例が少なくなく、より有効性の高い薬剤として、本年3月26日、製造販売承認を取得した。



多発性骨髄腫は、血液細胞の一つである形質細胞が癌化して増殖する血液の癌で、貧血や骨の痛
みなど様々な症状を引き起こす。
血液形質細胞は、免疫システムの重要な役割を担っており、感染症などと闘う抗体を産生する。

しかし多発性骨髄腫では、癌化した形質細胞がパラプロテイン(異常タンパク又はM蛋白)と呼ばれる、抗体としては作用しない免疫グロブリンを産生し、免疫能力の低下などを来す。
原因は不明であるが、遺伝的素因が疑われている。



近年「レナリドミド」や「ボルテゾミブ」など、治療薬や治療法の進歩により、寛解率が高まり、生存期間は延長しているものの、未だに治癒は難しい癌疾患で、日本での多発性骨髄腫の総患者数は14,000 人程度と推定されている。




デキサメタゾン

ポマリストカプセル4mg

「ポマリスト®」は、米国セルジーン社にて創製された免疫調節薬(IMiDs®)で、サイトカイン(免疫グロブリンを除く免疫系の細胞産生する蛋白質の総称)の産生調節作用、腫瘍細胞に対する増殖抑制作用、血管新生阻害作用等の薬理作用を示す、抗造血器悪性腫瘍薬である。
本剤は既に、米国及び欧州を始め世界36カ国で承認されている。



販売名:ポマリスト®カプセル1mg、同2mg、同3mg、同4mg

一般名:ポマリドミド

効能・効果:再発又は難治性の多発性骨髄腫

用法・用量:「デキサメタゾン」との併用において、通常、成人には「ポマリドミド」として1 日1回4mg を21日間連日経口投与した後、7 日間休薬する。これを1サイクルとして投与を繰り返す。尚、患者の状態により適宜減量する。

主な副作用 : 好中球減少症(69.4%)、血小板減少症(33.3%)、発疹(22.2%)などであり、重大な副作用は深部静脈血栓症、肺塞栓症、脳梗塞など。

尚、本薬はサリドマイド誘導体であり、催奇形性を有する可能性があるため、胎児が本薬に曝される事がないよう、製造販売元に対して厳格な安全管理体制の構築が指示されている。








AD
いいね!した人

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇