Forever Girls Love!

女38才。夫と猫と3人暮らし。夫の赴任の為2012年11月にドイツ デュッセルドルフに渡欧しました。ドイツでの日々の出来事や思うことを綴ります。
どうぞよろしくお願いします…


テーマ:
フランスはボルドーへ行ってきました、1泊で。

友人夫婦との飲みの時にほぼノリで決まった旅行。

今サッカーユーロカップがフランス各地で開催されている
ヨーロッパ。友人夫婦は休みの度にリヨンだマルセイユだと
観戦に行っていて、ボルドーの試合もチケット2枚すでに
購入しているんですが。

奥さんは「もういいかなー」てなり我々夫婦を誘ってくれました。
殿方2人はサッカー観戦、その間妻2人は美味しいもんでも食べて
ようと。ボルドー自体も行きたいところの1つだったのでなんて
いい機会とばかりに食いついた話。
(てゆうかこの試合準決勝で恐らく片方はドイツと事前に予想
 されているワタシもものすごく見たい試合)

当初はそんな話だったんですが、主人がそこで出張が入り行けなく
なり、そうなると妻のワタシも諦めるところなんですがせっかくの
機会だし行ってきてもいいよ、と心広い発言(お酒の力も感謝)。

で、3人で行くことになったんですが、サッカーチケットは2枚。
これは私が1人でお留守番してる感じだな・・・と思ってたら
もう1人単独の殿方が参加することになり。

結果、夫婦1組、夫婦片割れ夫、夫婦片割れ妻、の4人の不思議な
旅行になりました。(今回は写真多いです・・)

朝6時代のフライトの為4時半起きでほとんど寝れずでしたが、
ローマ乗り換えも手伝って朝からテンション高。



ボルドー空港はすでにドイツとイタリアのサポーターだらけ。



泊まったアパートメントの路地、いい感じの荒びれ具合。



街に繰り出します。





この日のボルドーの街はサッカー1色。
あっちもこっちもサポーターだらけで賑やかだけどおしゃれなお店も
多々ありそぞろ歩きも楽しい。



夜の部屋飲み用のチーズ物色。



サンタンドレ大聖堂前にいた面白いお兄さん。



大聖堂。すでに飲んでます。





ミュラー。





ドイツVSイタリアのマフラー。けっこうモノ良し。



イタリア人だろうか・・・



ドイツサポーター。



イタリアサポーター。



外人並みに黒い。





イケメンぷっ



ボルドーワインがほぼ揃っているとゆうワインバー。
8種類飲み比べましたが美味しさは値段に比例すると思った。





写真撮る前にむかつく決め顔で!て言われて中途半端になった。
Mちゃんのプン顔ひよざえもん びっくり



警官と揉めてるのかと思いきや単なる雑談。





彼らは試合に向かい、



我々は着替えてミシュラン1つ星”LE GABRIEL"へディナー。
ブルス広場に面した素晴らしい立地
キラキラ



3時間以上もかけて食べたおかげで後半は試合が気になって
ソワソワ。お料理の説明も後半は記憶がない・・・



彼らはこんな風だったようで、羨ましい。







レストランを後に、バックに忍ばせていたユーロカップTシャツを
ワンピースの上からかぶりパブリックビューイングのカンコンス広場
へ走る。

途中のスポーツバーで寄り道して見て。

同点で延長終ってPK戦が続くすごい緊張感ムンクの叫び



カンコンス広場に着いた時には試合は既に終了していた・・泣き1
ドイツが最後のPK決めて勝ったのでよかった。



この後胴上げされるハメに。
面白かったのが、この写真を撮ってくれたおばちゃんが「私も胴上げ
してほしい」と彼らに頼み重そうなおばちゃんを胴上げしてる隙に
逃げた。



いつまでも賑やかな夜でした。



そして部屋で飲み直しましたがこの後すぐに私は寝た・・んがぁ



長い1日でした。
おつかれ!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
旅の最後のウィーンでは何がしたい?
とゆう質問に「プラーターの観覧車」とゆう意外な答え。

何回もウィーンには来ていますがプラーターは初。
いつもと違う人との旅行はこうゆうことが楽しい。

映画「第3の男」に出てくる観覧車。



大人数乗れる面白い箱。



久しぶりの遊園地を楽しんでCGまでしてしまった大人3人。




そして散歩。

ウィーン国立図書館プリンクザール。




最後の晩餐はグリンツィングのホイリゲでワイン。

最初はいい感じで始まった晩餐も我々が食べ始めると蚊の大群が
襲ってきて場所変更〜ムンクの叫び




そして翌朝は王室礼拝堂のミサで憧れのウィーン少年合唱団の
天使の歌声を聴いてあまりの美しい声と少年達のかわいさに
心がざわざわとしました、笑

これもコーラスをしているKさん絶対そりゃ聴きたいよなあ、と
ザルツブルクの夜に思い立ってネット予約したんですが我ながら
ナイスジョブだったGOOD

何でもネットで申し込めてほんとに便利。
これ聴きにきてよかったーーーー、また来たいです。


ミサ終了後に中庭に出てきてくれた天使👼

一緒に写真撮りたいけどお互い照れくさくて近づけないかわいい
光景・・・



それに引き換えみんなが群がる中負けずにツーショットを勝ち取る
ワタシ。今見るとデレデレしてて気持ち悪い。



そして、いつ用意していたのか少年に龍角散をプレゼントする
Kさん、笑  
その後ちゃんと少年の母に龍角散は怪しいものじゃない事を説明
までしてましたキャハハ
来年この子は日本にコンサートで来るそうですキラキラ




その後大満足の中DEMELでブランチして、そこでkさんのご友人母娘
さんに会えたりみんなでアルベルティーナ美術館に行ったりと充実した
最終日になりました。

そしてウィーン空港でお見送り。
飲んで食べて見て歩いて失敗もありつつそれもこれも思い出深い
旅行でしたーー!!

また今度東京で飲みましょう🍶
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
中欧旅行は最終地、ブダペストになりました。

ブダペストに降り立った時のこの安心感、なんだろう。
アウェイからホームに戻ってきて緊張が解ける瞬間・・うへー

やっぱりどこか緊張してたのかも。
家に着いて夫やリッツの顔を見てトランクを開けて洗濯物を
洗濯カゴに入れて「あ〜・・・家だーーー」って感じ苦笑

と、同時に旅行気分は終わり。
溜まりに溜まった家事の山。。。

でもあと数日は大目に見てもらいます。

ブダペストでの2日間は連日30℃を余裕で越える猛暑ショック!
王宮もジリジリと照り返す太陽に数分で肌も真っ赤に。



マーチャーシュ教会の塔に登ったのは初めてでした。
我が家も見えました目



水のようにビール飲んでしまう。



セーチェニー温泉に行ったり。





風呂帰りに観光しつつ(首にタオルかけて、笑)またビール飲んで。



ブダペスト1美味しいフォアグラを(と私は確信してる)食べて。



ほんとにここのフォアグラは美味しいけどしばらく食べないで
いいです。と言いながらきっと数ヶ月後また食べたくなるから・・

おしゃれな7区を散策して。
(kさんのお洒落本に特集されてて私も新たな発見もあり目から鱗)



最も日が長いから夜も9時半を回らないと暗くならないから、
ドナウ川クルーズも最終便まで待って無事夜景堪能キラキラ







最後の30分は毎回寝てしまいますが・・・何回でも見たいこの夜景。

ほんとに熱いブダペストでした。
Kさんをクーラーのない灼熱地獄の我が家の2階で寝させてしまい
申し訳なかった〜汗

あのハルシュタッドの寒さはなんだったのかムムム


明日はウィーンにkさんを送りがてら1泊してきます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
プラハ2日目。

朝1番で(そんな早くはないけど)昨日調子よく時間を忘れて
ビールを飲んでしまったせいで入れなかったストラホフ修道院に
行ってきます。

今日は歩かずに苦笑メトロとトラムでスパッとね。
トラムの道はまた昨日見れなかったルートを通るから楽しかったうへー

2回目のここ。



昨日お預け食らったから期待も2倍。



訪れたかった図書館。

「神学の間」
うひゃーーーーー!!
これほんと見に来てよかった・・・・すげ~





こちらは「哲学の間」
これまたすごーーーーーーーー!!すげ~
天井まで本棚本本本





一般の人は中には入れませんが、どうやら直接メールか何かで
予約を取ることが出来るとか出来ないとか・・・
近くにいた日本人夫婦の奥さんがメールを何回も出したのに返事が
なかった!!と憤慨してました。どうしても中で見たかったようです。

写真としては人が入らないショットが撮れるので私的にはこれで
満足でした。確かに神学の間の天井のフレスコ画は外からでは
見えなかったですが。

素晴らしかったですキラキラ


中は入れなかった聖母マリア教会。



なんだか達成感で2日連続KLASERNI PIVOVAR STRAHOVでビールビール





毎日美味しいビール飲めて楽しい・・・

その後はムハ美術館へ。

好きな女性は多いんじゃないかと思うけど私も好き。
画集で見るより色が優しくてスモーキー。
写真はNGだけどササッと1枚だけ。

ヴィート大聖堂のステンドグラスの下絵。



本物。



こうして比べると若干違いはあるけど大体は再現されてる・・じぃ~

やっぱりいいな。。。
次回は是非スラヴ叙事詩を見ようと思った。
今年の年末までは国立美術館で見れるらしいです。
来年は日本に行くよう。込むだろうな〜。

ムハ美術館を後にカフェも行っとかないととゆうことで、
プラハ駐在のTちゃんに会おうとカフェインペリアルに。


(Tちゃんに撮ってもらったため彼女はいませんが苦笑

アールヌーボーのモザイクタイルが素敵な店内。



さて、ホテルに戻ってトランク取って空港に向かいます。

幼稚園にボクちゃんを向かえに行った帰りに空港まで来てくれた
Tちゃん。ありがとう・・・ 久しぶりにボクちゃんにも会えて
何より初対面の譲ちゃまとご対面できて嬉しかったラブ目



今日はサッカーユーロカップのハンガリー×ポルトガル戦。
テレビが見たくて見たくてソワソワ。。。
奇跡的に?ずっと勝ち続けているハンガリー。
ちょうどフライト時間に試合開始で見れないが気になる・・・

ではブダペストに移動します飛行機
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日はチェスキークルムロフから20時頃プラハに着いて、
ホテルにチェックインしてからひと休みして夕飯に出ようと
話していたはずが、2人とも疲れがここでなぜかドーッときた!

ベッドにゴロッとしながら明日からのプラハ2日間の過ごし
方をガイドブック見ながら計画しているうちに私寝てしまったガーン 


よく寝たから朝はさわやか〜。

Kさんはバレリーナ。旅行中どんなに疲れていてもストレッチは
欠かしません。化粧も落とせず寝てしまう私とは大違い・・すげ~



今日は快晴晴れ
朝食ゆっくり食べてプラハ初日行ってきます。

ホテルがある新市街からまずはプラハ城に向かいます。
歩けそうだねとゆうことで電車を使わず歩いてみます。

途中早々に見つけた市場と鎧。
並んでまでお互い撮り合って時間をくうぷっ



写真はありませんがここで火薬塔を見つけワタシ的にはひと安心。
ここからの王の道は前回も歩いてるから記憶にあるにこ
ここから旧市街になります。

旧市街広場に出て「わあーーーー」ってなったところ時間は12時
10分前。広場を通り抜けるとある旧市庁舎の天文時計。
12時に出てくるからくり人形を見ようとしている人達が大勢時計の
前に集まってる。

みんなに負けずにスタンバイ。



計画はしていなかったけど見れたのはラッキーでした。
ただこの天文時計はからくり人形が見せ場ではないので案外地味だった
感じになんとなく「おおお〜」とゆう雰囲気もなく終ったらさーっと
チリジリになって行く人達・・・

仕掛けや迫力でいくとからくり時計はミュンヘンのとかになるんでしょうが
天文時計としては世界で最も有名な天文時計のひとつなんです。
素晴らしき天文時計の詳細についてはここをクリック!

素晴らしい建築やものを見て過去の人達の技術や知恵に驚いたり、名画や
クラシックを見聞きしてその想像力や観察力やそれを支えるテクニックに
心を打たれたり。こんなことが何百年も前に作り出されているなんて。
素晴らしいものはこの先もずっと残していってほしい。

旧市庁舎の展望台は後から登ろうと言って再び城を目指します。

カレル通りで夜のマジックライトシアターのチケットを購入してから
やっと着いたカレル橋。
演奏しているおじさま達の陽気な音楽に合わせて若いカップルが
踊りだした!!微笑ましい・・ぷっ






橋を越えるとそこからはマラーストラナ(小地区)と言って城下町
に入ります。



形も色もかわいいプラハのトラム。




プラハ城は2回目だったからなのかなぜかそんなに写真がない・・涙

でも聖ヴィート大聖堂のムハのステンドグラスは今回見てもやはり
私のベスト1です。この色がほんとに美しいキラキラ



黄金の小径、黙々と歩いてる。



広いお城の端まで行ってまた戻る。
観光はスニーカーに限ります。



衛兵さんにさよならをして。 



お城を下ります。
お次はストラホフ修道院へ。

先ーーーの方にニョキッと見える2本の塔のところのはず。
歩いて行けんのか・・・



歩きます!(ずっと登り)



着いたーうっ・・・
プラハ城よりも更に高い場所から見る旧市街、ここまで来て
よかった。



いったいここまで何キロ歩いたんだろう。
我々の足も喉もカラカラガクリ(黒背景用)

ここに来たのはストラホフ修道院の中にある素晴らしい図書館を
見ることなんですが、もう1つの目的も実はあって。


美味しいチェコビールが飲める醸造所があるんですビールキャッ☆
プラハにいる友達からも他数人からもここのビールはうまい!!
と聞いていて今回は絶対行きたいと思っていたところ。

Here:KLASERNI PIVOVAR STRAHOV

まだ昼間だし1杯で、と言うもあまりののどの渇きに水のように
半分くらい飲み干す。これじゃご飯食べれないねともう1杯。
昨日のチェスキークルムロフで飲んだビールと言いチェコビールって
炭酸も味もマイルドで飲みやすくかと言って軽くなく(しっかり酔う)
香りもいい。おいしい〜〜うへー
そして毎日のように肉を食べる。 



頼んでないのにいろんなポーズをとってくれるお兄さん。



疲れもとれてお腹も満腹、ビールも美味しく楽しくなってしばし
時間を忘れ、気付くと修道院の閉まる20分前。
お会計済ませて目の前の修道院の受け付けに行くもタイムオーバー
ときっぱりぶった切られるガーン

どうやら見学は閉まる17時の15分前(あれ?30分前だったけ)
までだったようで、ここまで順調に来ていたけどここで本日の失態。

とは言ってもここの図書館は諦めることはできない。。
明日またここまで登るか泣き1

前向きに・・酔っぱらって修道院に入るべからずと言うことだったのかも
しれないです。

再び歩いて旧市街へ。





さて

ブラックライトシアターまで小一時間あったので旧市庁舎の展望台に
登ります。

高いところは好き。








楽しみにしていたブラックライトシアターの不思議な国のアリスは
思ってた感じとは少し違ったけど、なんとも懐かしいようなノスタル
ジックな感じでほっこりしました。見れて良かった。



7時から1時間半くらいのショーが終ってもまだ外は明るい。

そこから調子に乗ってガイドブックに載っていた美味しそうな
ポスポダ(ビアホール)に行こうと遠いのに向かうことに。
電車に乗って更にずーっと歩いて・・・
その内暗くなり・・・しかも暗いせいなのかお店も見つけられず
不安になってきて諦めホテル方面に帰ることに。

その途中なんとなく吸い込まれて入ったポスポダ。
なんとなくいいお店だった!
もう閉店時間と言われてもなんとかビールとコールドフードだけ
でも〜〜〜!!とお願いして出してもらったザワークラウトとパテ
みたいなやつ、美味しかった。ビールももちろんうまい!!!



あ〜〜〜〜今日はめっちゃがんばったーーー気がする。
明日夕方ブダペスト入ります。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日の疲れは残りつつも本日の行き先、チェコの世界遺産の街
チェスキークルムロフへはツアーバスなので勝手に連れてって
もらえる安心感よ。。

本日も雨雨ムムム

朝8時半にお迎えバスが来て乗り込みチェコへ!!

私達だけだと楽でイイナ〜と思っていましたが中国韓国アメリカと
結構な満員状態のワゴンでした。

それもあってか大して寝れず4時間半くらいでチェコの南の端
チェスキークルムロフ到着。私も初めての街。

世界で最も美しい町と称される世界遺産の町ハート










ここへは立ち寄るだけ。夜にはプラハに入る為ここの滞在時間は
4時間半くらい。小さい街だし回れると思うけど、降り立った街の
あまりのかわいさ。こりゃ時間足りないや。

まずはチェスキークルムロフ城。なんか広ーい。



だまし絵が見事に美しい壁。



城内は2つのツアーで見学できるよう。
残念ながら本日は礼拝堂、ダイニングや寝室があるバロックサロン、
仮面舞踏会の間を巡るルート1はお休み・・・
ルート2のシュヴァルツエンベルク家の肖像画ギャラリーと執務室や
19世紀の調度品ギャラリーを巡る方に行きました。

この展示の仕方が綺麗。



いきなりミイラには驚いたけど。



城内から見た街並がまたよかった。





そして城の塔へ。

蛇行したヴルタヴァ川に囲まれたきれいに残る中世の街並は赤茶の屋根に
パステル色の壁がいい。細い入り組んだ石畳。遠くにはのどかな田園風景。
川沿いのお散歩も気持ち良さそうだし人の住んでいる感じもするしそんなに
豪華でなくこじんまりとまとまっているバランスも完璧。
今まで好きな街の上位にいたローテンブルグにちょっと似ているけど
バランスの面だとそれを越えた良さかも。。

いい・・・ここかなり好きになりました。



雨だから全体的に色が濃いけど晴れてたらもっと色が映えてきれい
なんだろうな。



お城も塔も済んで少し達成感を感じたところで腹ごしらえ。
川や湖の街にはやはりマスうお座。そして楽しみの1つ地ビールビール

ここの地ビールEggenberg(エッゲンベルク)の直営ビアレストランへラブ目

路地を間違えながらも街並散策もまた楽しい。



のんびりお散歩の黒猫さん。



川沿いに出て、



散歩道をひたすら歩く。



ほんとにこっちでいいのか。

ボートの到着場まできました。
他のボート乗りもたくさんいます。



地図見てあーだこーだと言いながらなんとか辿り着いた
Restaurace Eggenberg。



喉カラカラ。
一気に2人とも半分近くまで飲み干す。



ハルシュタットのマスよりも小ぶりだけどカラッとしててビールに
よく合う。芋は安定のうまさ。



また気分よくグイグイ飲んで時間を忘れる。

再び街へ。

トゥルデルニークはおやつ。



つまみながらブラブラ。





マグネットもゲットできたし。

後半は雨も止んで。
着いたときはあまりの寒さにサンダルからスニーカーに替えて羽織りを
買おうと思ったくらいで。予想できないヨーロッパのお天気事情。

すごくよかったなこの街、もう来れないかな〜。。。

ではプラハへ向かいます。
プラハまでのワゴンはまた違うメンバーでしたが今度は寝れました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は私も初のハルシュタットとゆうことでかなり前から
楽しみにしていたのですが早朝から目が覚める程の大雨の音ガーン

天気予報も1日雨雨雨雷
ヨーロッパ最高のこの時期なはずなのに湖水地帯のお天気は
甘くないです・・・


1日雨でも行きます!!

今回は珍しくほとんどの移動やホテルは事前手配していたん
ですが、今日のルートはなんせ難しいんです。行き方が。
事前に色々調べたんですが???な事も多くなんとかなるだろう
と諦めた為、今日は私にとって今回一緊張する日。
何本も乗り継いで行って夜には帰って来ないといけないから苦笑

早速バスは前日にちゃんと時間を再確認していたにも関わらず、
乗る前に運転手さんに聞いたら「1時間後だよ」となっ・・・なんと!
よくよく見たら乗り換え駅の手前までしか行かないバスだった。

しょっぱなからつまづく2人。
気分を切り替え駅カフェでゆっくりとモーニングコーヒー&WC。

そして定刻に無事乗車。
バスに乗ってる人は恐らくみんなハルシュタット行きそう。

最初の乗り換えBad Ischl




そこからはまたバス・・とゆう計画だったんだけどみんなは
電車の方へ。なんとなくついて行って時刻表見たら電車の方が
早そう。親切そうな人に聞いたりしてもやっぱり電車が良さそう。
ハルシュタッドまでのバスチケットを買ってしまった我々は
(しかも往復)無駄にまた電車代を出すハメに・・
もう早く無事に辿り着けばいいやって感じです。

無事電車に乗ってハルシュタット駅到着。

みんな一斉に帰りの電車の時刻表をチェックしている辺り、
ここがいかに不便でネットの情報も不確かだとゆうことを
物語ってますうっ・・・




ここから対岸のハルシュタットの街へは電車の到着時間に合わせて
出発してくれる船で渡ります。

この時だけ雨やんだ。



この船から街を撮った写真がみんなが知ってる世界で1番美しい
湖岸の街ハルシュタットのアングルです。

ってゆうのをみんなも知ってるからみんな我先にと手を伸ばす。
雨だし傘は邪魔だし競争にも勝てず私は早々に帰り撮ればいいやと
諦めて風景撮ったり自撮りしたりと忙しそうなkさんを撮るぷっ





ちなみに有名なアングルはこれこれ↓
どっから撮ったらこれが撮れる??


(画像お借りしました)

そして船を降りてもみんな真っ先に帰りの船の時刻表を写メる。
どんな場所なんだここは・・・



ハルシュタットは小さい街。
湖畔に沿って教会やお土産屋さんやレストランが連なってます。

マルクト広場。しゃーなし雨仕様の格好・・・地味。



まずは腹ごしらえ。



湖水地方名物はLake Trout(マス)。
魚に飢えてる生活なので迷う事なくマス!!



いつ撮られたのかわかんなかったけど記念撮影。



お腹も満足したので次に向かうはクリッペンシュタインの
ファイブフィンガーズ。

ファイブフィンガーズはここからまたバスに乗ってロープーウェイ
乗って行く絶景スポットでここもどうしても行きたかったんですこれ↓
これは行きたいでしょ。


(画像お借りしました)

雨でこんな景色は絶対見れないけど諦められない。


・・・が、ここで私のミステイク。
ここから遠いのは記憶していたんだけどまたバスに乗らないとならない
ことが抜け落ちていた。

街の端まで歩いて





街でもらった地図を見ながらバスを探さずにロープーウェイを探す苦笑

あったーーー!
と登ったところは塩坑・・・
塩坑じゃん!!泣ってなったけど間違えましたと謝り同時に私もショック。

今思えば探してたのはロープーウェイでこれはケーブルカーだし。
そもそもバス乗ってないし。
まあでも実際そこまで行く時間もなかったっちゃあなかったけど。
雨だし・・・あんな景色はどうせ見れなかっただろうと負け惜しみ。

塩坑って気分でもなく、でもここにはこんなプチワンフィンガーが
あって。

世界遺産展望橋。
いいじゃん。



これでも充分スリリングですけど。





実は結構雨降ってる。そしてモヤモヤでほぼ見えず。



一瞬霧が消えて見えたハルシュタットの街。



案外楽しんでケーブルカーで街に戻ろうと。
そこで本日数回目の罠が。

ケーブルカーで知り合ったいい感じの韓国人夫婦と話が弾んで、
帰りはどうやってザルツブルグへ戻るかの話に。
旦那さんは調べに調べていて我々にベスト案を披露してくれました。

行きは途中から電車で来たから帰りは違う景色が楽しめるバスがいいと。
バス乗り場まで一緒に行ってそこで出会った(たぶん)韓国人女子2人と
何やら韓国語で会話。どうやらもうすぐ出るバスがあって彼女らはそれに
乗ると。自分たちはもう少し街を見てその1時間後のバスに乗ると。
あなた達はどうする?と・・・
我々はもう彼女らと次のバスで帰りますと。

かなりの他力本願だけどちょっと余裕で写真撮ったりして。
ちなみに隣にいる若い2人が本日運命共同体になる韓国人女子。







そしたら彼女ら、この時間のバスは途中までしか行かなかったと。
さあどうしようか。。

お互いかなり伝わらない感じの英語で相談して私なりに出した答え。

じゃあやっぱり次の船の乗って電車で帰ろうと。
しかし街の端にいる私達は逆側から出る船乗り場まで結構な距離。
船はもうすぐ出てしまう。

走る(これほんとに急いでんのかって感じですが)
遠くに見える船。



結果船は目の前で出航・・・ガーン

とりあえず疲れてしまったしちゃんと次の手を落ち着いて考えようと
カフェへ。

お茶飲みながらいろんな時刻表とにらめっこ。

んんんん・・・?段々嫌な空気が立ちこめてきた。

今行っちゃった船はラスト出航の1つ前。
その船から乗り継ぐ列車で今朝乗り換えたBad Ischlへ。
そこからバスに乗り換えるんですが、そのバスが本日ザルツブルグへ帰る
最終便だった・・・・

ってことは。
バスで帰るつもりなら今の船に乗らなきゃダメだったってこと。
最後の船で乗り継げる電車→バスはザルツまで行かず途中まで。

彼女らは知ってんのか?

次に思い浮かぶのはさっきの韓国人夫婦。
1時間後にバスが出るって言ってたよね??それについては確証
ないけど信じてバス乗り場まで行ってみるか?

ってことはまた街の端まで行くって事で、万が一そのバスがない
or行っちゃった、ってコトになるとまた街の逆の端まで戻って最終
の船なんだけど、それ逃したらそれこそハルシュタットの街からすら
出られないことになるし。

結構な感じのピンチ。

もうバスに賭けることはやめて最終の船にしよう。
気もそぞろながらさよならハルシュタット。。



Bad Ischlまで列車で戻った我々とやはり同じく本日中にザルツブルグへ
戻りたい韓国人女子はもうすでに仲間です。
4人でああでもないこうでもないと色んな案を考えた結果、また追加料金
払ってBad IschlからAttnang Puch heimで乗り換え、ザルツブルグへ戻る
列車しかないと。往復で買ったバスチケットは無駄になるけどもう夜にザルツ
に戻れればなんでもいいやと。

そんなこんなで帰りの列車ではホッとしてお菓子とかあげたりして
無事ザルツまで帰って来れました泣き1

最後はこんな失敗からの出会いの思い出に1枚。
彼女らは2人で1ヶ月ヨーロッパを気まま旅をしているそうで。



なんかいろんなことがあった1日でした。
サバイバル。

ハルシュタットはそんな簡単に行けないところなだに魅力的なのかも。


そして我々の本日の夕飯はホテルでこんな感じになった。
それでもワインは飲む。



おつかれやした!

明日はチェコ、チェスキークルムロフへ。
また早起き。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日の旅行の話。

私がこっちに駐在で来る前のお勤め時代に大変お世話になり、そして
尊敬していたお取り引き会社の担当営業の先輩Kさんとの女子旅行。

私が渡欧の為退職した後も連絡を取り合い仲良くさせて頂いていたのですが、
その後Kさんが定年退職をされて、それからずーっと会う度お互い暖めていた
「中欧旅行」。

私この旅行には並々ならぬ思いが深く、2月からプランを組んでラブコール
していたので実現したのが嬉しいうっ・・・


もうすぐ廃止になってしまう成田→ウィーン便利用でウィーンMitte駅で
待ち合わせ。
私はちょっと早めにウィーンに着きチェックインしてウィーンの友達と
お茶してました。

3人でBeer&Wiener Schnitzelでようこそお肉の国へ!!
ここから飲んだくれ旅行の始まり。



夕日に照らされたシュテファン寺院が幻想的・・・



ウィーンは夜だけ。
明日は朝から列車でザルツブルグへ行きます。


おはよう。

駅でサンドイッチとオレンジジュース買い込み列車に乗り込みます。




快適な列車は2時間半ちょいでザルツブルグに到着。



ホテルにトランク置いて徒歩で旧市街へ。

まだどこも見る前に見つけてしまったイタリアンフェア🇮🇹
ワインと生ハムの誘惑に負けザルツブルグなのにイタリア・・・





隣の地元人とのお喋りも楽しくて時間を忘れて数時間。
これじゃ東京と同じだと気付きほろ酔い気分で観光開始。

ミラベル公園、通っただけで終っちゃった・・・
サウンドオブミュージックのドレミの歌のとこですが。
いいのかな苦笑



マリオネット劇場を覗いてみたら何やらすごい人人・・・
なんだなんだとプログラム見たら後15分後に開始の模様、しかも最終公演。
見よっか!と滑り込みチケット購入しスルリと見れてしまった。
なんてラッキーキラキラ
ネットで事前に「星の王子様」とゆうのは調べていたんですが、この会が
最終楽だったのは知らなかった。最後は花束を渡して盛り上がりました。



ザルツは来月末から開催のザルツブルグ音楽祭の前とゆうこともあってか
心なし静かな感じ。来月は1年で1番この街がゴージャスになります✨



旧市街でやっていたマラソン大会。
観光客の間を縫って走るランナーに驚いた。小さい街だし観光地だし
規制はできないんだろうな。







ホテル・ザッハーでザルツブルグ名物のザルツブルガーノッケールを
強制的に勧めて食べる。
何度食べても頭が痛くなる程の甘さががん
最後はほぼ義務で完食・・・



変な時間につまんだイタリアンに夕飯時間ちょっと前のノッケールの
おかげで完全にお腹がおかしくなった2人。。。

お稲荷さんが食べたいーーーって気分になり日本食レストランを探し
軽い巻き寿司にしました苦笑
(残念ながらお稲荷さんはなかった)




ゆるーい感じで終ったザルツブルグ。
明日は日帰りでハルシュタッドまで行きます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

放置し過ぎてるブログです。

溜まっていく写真に蓋をして見てみぬふりをしようと思っていましたが、

つい2ヶ月前にどこに行ったのかすら思い出せなくなってきました。

いつ、どこへ行ったのかだけでもざっとUPしとこう。

 

ヨーロッパ生活も折り返しに入りましたがまだまだ未開の地多々。

飛ばしております。

年末年始のイタリアの次はイギリス。

個人的にどこの国よりも思い入れの深い国。

 

初日はオックスフォード。

ロンドンに滞在するけど時間の関係で空港からそのままオックスフォード

にトランク転がし直行。駅にロッカーがあるかもと小さな期待をしたけど

やはりなく。石畳の中ずっと転がすことになる。

 

オックスフォードは大学の中に町がある。大学しかない、とゆうか大学や

関連施設の多いこと。

 

Carfax Tower

 

まずはここに来たかった。

Alice's shop

ルイス・キャロルもオックスフォード大学の卒業生。

 

その隣のCafelocoでスコーン。

こんなスコーンが食べられるお店がブダペストにも出来て欲しい。

 

Christ Church

ここは大聖堂とカレッジを併せもつ今回の目玉。

 

敷地内。芝生がきれい

 

ここはハリーポッターの映画のモデルになった場所がある建物。

 

Tom Tower

ここでクィディッチが行われそう。テンション上がってきます。

 

大聖堂

 

カレッジの食堂Great Hallへ続く階段。

息をのむ美しさ。

いよいよ食堂へ。

ちなみにこの場所も映画で何度か使われていました。

 

そして食堂。

 

私がヨーロッパで訪れた場所で間違いなくベスト3に入りました。

 

驚くのがお昼時間はカレッジの学生がランチで使うので見学できない

とゆうこと。

世界のオックスフォード大学生はランチで使う食堂も超一流。

 

トランク転がしての散策は疲れも限界。

通り過ぎただけの聖メアリー教会。

 

 

 

ロンドンの大英図書館に次ぐBodleian libraryはガイドツアーのみ

での見学。でも感じの悪い受付の人に「今日はもうない」と言われ

あえなく断念。

 

図書館内のハリーポッターの撮影で使われた閲覧室も楽しみにして

いたのでがっかり。

 

金曜日の夕方だったからかレストランはにわかに週末モードの学生

が徐々に増え始め、それを横目にロンドンに戻ります。

 

ロンドンに着いたらパディントンベアさんにご挨拶。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
スキー合宿1日目。

暖冬のおかげで雪は標高高いところにしかまだなく、10月から
スキーが出来るSTUBAIER GLETSCHERとゆう上の方のスキー場
に行きました。インスブルックからは車で50分くらい。

スキー場だらけ。
マルが付いているところが今リフトが動いてるところですって。



朝の街。
改めて山が近いことに驚きます。CGみたい。



トラムがかわいかった。



先週足慣らしに行っていたセンメリングでのスキーのおかげか
初日から調子良く楽しめました。
景色はセンメリングとは比べ物にならない程絶景スキー
快晴でしっかり日焼けをしてしまいました・・・ががん







案外人は多かったんですが、リフト待ちはほぼ無いし最高。

少し早めに切り上げました。

主人はボーダーなのですが、今後の事も考えてスキーに切り替える
ことにしたようで明日からはスキーをするそうです。

どうせ買うなら地元の方がいいとブダペストでは探さず。
6時にお店が閉まる前に買いに行きました汗

素晴らしい接客で調子の良さそうなセットを買うことが出来ました。
私のスキーも10年くらい使ってるな・・・
今の板って軽いんですね~、運ぶの楽そうで羨ましいじぃ~

それから夕飯まで夜の街散策。

窓がアドベントクランツになってる。かわいいうへーハート2





旧市街の街は窓にこんな飾りをしているお店が多く、皆上ばかり
見上げて歩くので人にぶつかったり物にぶつかったり首が痛く
なったりしながらなかなか前に進まない・・・













シャンデリアもきれいでした目



上ばかり見て進まない人。



この日も昨晩食べたレストランにまた行ってしまいました。
昨晩はグロッキーでほとんどなんの味も覚えてなかったようなので、
それはもったえないと思ってリベンジしてもらいました苦笑

やはり美味しかったようでよかったです。
(でもまた写真撮る前に食べてしまった・・・)

帰りにホテル ザッハーでウィーンではお決まりコースの
ザッハトルテをお持ち帰りして寝る前に食べましたとさ。

運動した分以上に食べてるから太るわ・・まずいな。

明日はみっちり滑ろう!ねむい。。。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。