サッキーのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

沖縄は低学力の地域として古くから知られている。戦前の最高教育機関が師範学校(現在の短大レベル)なのだから伝統的に低学力地域である。


戦後は占領軍のアメリカの存在でできた英語学校が統合され琉球大学ができた。つまり、アメリカが作った大学である。


現在は国立大学が1校、県立大学が2校、公立大学が1校、私立大学が3校である。


沖縄の低学力の原因を調査した報告書によれば、①戦後の教師不足による教育質の悪さ、②親の認識不足及び経済的理由、③高等教育機関の不在などである。


沖縄人の筆者としてはすべて思い当たるので、まんざらな理由でもないのだが、最近の情勢を付け加えるならば、④全体的なレベルの低さがある。これは、沖縄が島で本土と交流が容易ではないことに起因するが、要は大人の世代が学歴の重要性を実感しておらず、本土並みの学歴競争も体験しておらず、学力をつけるとどうなるのか、という見通しを持たないゆえに、子どもに学力の重要性を伝えることもできない。


この沖縄の学力不足が、新しい時代を切り開くための必要条件にも関わらず浸透していないことが沖縄の貧困を支えている。


今後の課題としては、明治初期に日本がお雇い外国人を雇ったように、進んだ知識と技能を持った人間を高給で雇い、改革を進める必要がある。


私は沖縄人だが、研究者として沖縄に行くことは研究者として落ちぶれることを意味している。なぜなら、学会や研究会への出席、行政関連の仕事などがやりにくくなるからだ。第一線の仕事ができなくなることはキャリアとしてマイナスになる。


沖縄は優秀な人材を集め本土の中で競争できる地域づくりをする必要がある。

PR
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード