Akemiのブログ~イタリア児童文学・皆既日食・足摺岬が好き~

私は、イタリア児童文学が大好きで、皆既日食も大好きで、足摺岬も大好きな、団塊の世代に属する大学教員です。季節の話題、お買い物の話題、イタリア語の勉強のしかた、新しく見つけたイタリアの楽しい本の話題などを、気楽に書いていこうと思っています。


テーマ:

前回書きましたように、わたくし、7月9日(土曜日)に自傷行為をして救急車で病院に搬送され、その日は外科的な応急手当を施されて自宅へ帰されたものの、その翌々日の7月11日(月曜日)からは、半ば強制的にNTT東日本関東病院の精神科に入院させられることになりました。

 

それから三か月。前回の九月中旬にはじめて一泊の外泊を許された以外は、ずっと病院に収容されっぱなしで、今日ようやく、二回目の外泊が許可されました。今度は二泊の外泊許可です。

 

これで本当に快方に向かって退院が実現するかどうかは、まだわかりませんが、なんとか、その方向に向けて努力している現状です。

 

わたくしの場合、病院の精神科医が言うとおりの、うつ病あるいは双極性障害だけが問題なのか、それとも、精神科症状の治療のために投薬されたベンゾジアゼピン系薬剤の副作用としての身体症状も問題なのか、いまひとつわかりませんが、幸い、今の病院に入院してからは、ベンゾジアゼピンは使わない方向で投薬を修正してもらっておりますので、食事をしっかり摂ることで、筋肉の回復を図り、いまいちど生き直せないかと、模索しているところです。

 

多くの方々からご心配をいただいていますが、そのご厚意を無にしないためにも、いまいちど立ち直った姿をお見せしたいと思っております。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨年秋以降、わたくしAkemiは心身ともに病気、年賀も欠礼、暑中見舞いも欠礼というありさまですが、ここ70日ほどは、病院に隔離の生活を送っています。

お風呂のなかで手首を切れば出血多量で死ねるかと、家族が留守な機会を選んで自傷行為に及んだのが7月の9日(土曜日)でした。でも、自分の力では死にきれず、自分で救急車を呼んでしまいました。運ばれた先は自衛隊中央病院。そこで応急処置を受けて家へ帰され、翌々日の11日(月曜日)に、近所の開業医からの紹介でNTT東日本関東病院の精神科に出頭しましたところ、ただちに入院させられてしまいました。

抗うつ剤だけでの治療では不十分とのことで、「修正電気けいれん療法」というものを受けさせられました。全身麻酔下で脳に電気ショックを与えられるという荒療治で、麻酔が醒める途上で、記憶がさかのぼって消えてしまうため、自分がどういう事情でそこに置かれているのかが1~2時間ぐらいにわたって認識不可能になり、何とも居心地の悪い、不愉快な心境を経験させられます。結局は記憶は戻ってくるのですけれど、その完全覚醒にいたる中途がなんともいえず、心地悪いのです。

が、ともあれ、その電気ショック療法を7回受けさせられ、やっと一段落して、今日、はじめての外泊を許されました。

あいかわらず筋肉減弱、内出血も多発で、骨粗鬆も進んでいるようですから、今後、退院してまともな生活を送れるめどがたつかどうかも不確かですが、不幸中の幸いなことに、リフレックスという抗うつ剤に催眠作用があるため、ベンゾジアゼピン系薬剤を服用せずに一応の睡眠はとれており、このままうまくいけば脱ベンゾジアゼピンがかなうかもしれません。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
みなさま、昨年秋からのわたくしの病状、いろいろ報告してきましたが、つまるところは「奇病」としか言えません。

もともと筋力薄弱の虚弱児として育って、身体をしっかり鍛え直すこともせずにきたことのツケが、心身両面にめぐってきて、こうなったのだとは思いますが、そこへホルモンバランスの喪失やベンゾジアゼピンの副作用も加わってか、どこもかしこもが不調で、精神面は「うつ病」+「不眠症」、身体面は「骨粗鬆症」+「筋肉減弱症」。

そこまでならまだいいんですが、筋肉減弱が、ただならぬものになってきました。
椅子に腰かけていても、骨盤の骨が直接椅子に当たるような感じで、エアクッションなしには座っていられません。布団に寝ていても、横たわった体のわずかな重みだけで床ずれができそうです。

一昨日からは、脚部の皮下に、軽い圧迫によるとみられる内出血がみられ、血管もぼろぼろに弱っているんだと思われます。

足の裏が地面に触れると痛いので、ついに、家のまわり数百メートルの散歩も、困難になってきました。

顔や頭の肌は皮脂分泌異常で、石鹸で洗ってもとれない、ねばついた脂と埃のかたまりみたいなものが、しじゅうくっついています。

目は、眼瞼の裏と角膜とのあいだに、ひどくねばついが目やにがこびりつき、視力も衰えてきました。

その視力に関することで、いちばん気になるのは、水晶体の弾力性がほぼ完全に失われ、焦点の合う距離が一定距離だけで、そこから1センチ近い物体にも1センチ遠い物体にも、焦点が合わないということです。

つまり、水晶体の厚みを調節する筋肉が、機能していないということです。

このような、筋肉の弾力性の喪失が、消化管の入り口や出口にもあらわれてきたのです。最初は、括約筋が弛緩してきて、便失禁が始まるのが心配だと思っていたのですが、1週間あまり前から(6月17日から)、むしろ括約筋がほとんど「開いたり閉じたり」の機能を果たさなくなってきて、きたない話ですが、「お通じ」は、完全に下痢状になったときにちょこっと出るだけで、基本的に「出てこなく」なってしまったのです。それ以前から、長らく、「お通じ」が、一本棒のように、バナナみたいに肛門からするりと出てくるようにならず、べちょべちょした泥みたいな形でしか出ないという症状に、私は悩まされていたんですが、とうとう、その「べちょべちょした泥状」のものも、ほとんど肛門から出なくなってしまったのです。いきむときの腹筋の力が弱くなったことも考えられますけど、それ以上に、括約筋が「閉じたり開いたり」の弾力性をもたなくなってきたことが大きいと思います。

(尿のほうはいちおう出るには出るんですが、勢いがたいへん弱く、特に最後の「切れ」が悪い状態になっています。)

食べたもののかすが下から「出ない」んだから、上から「入れる」ことにも臆病にならざるをえません。少しずつ食べてはおりますけれど、これでは、エネルギーも、たんぱく質も、カルシウムも、不足するに決まっています。(筋肉減弱と骨粗鬆にも歯止めがかからないでしょう。)

内科医にこのことを言うと、「大腸から便を排泄する機能そのものが失われるということは、ありえない」と言い、便を柔らかくする薬を処方してくれましたが、そんなもので解決する問題ではないようなのです。「ありえない」というのは、内科学の教科書のうえでは「ありえない」ということなんでしょうが、私の罹っている「奇病」では、現に「ありえる」ことになってしまっているんだから、処置なしです。

「上からしっかり食べなければ、出るものも出ませんよ」とは言われているんですが、その「食べる」ときの嚥下機能そのものが、きわめて危うくなっています。つまり、食道の入り口そのものが、昔のように十分には開かない。薬だって、大きな錠剤は、かみ砕いたり割ったりしないとのどを通りません。カプセル製剤は、服用できません。

水はなんとか飲めるんですが、飲んだら飲んだで、すぐ尿になってしまい、口渇感はすぐに襲ってくる。最悪の場合「尿崩症」になるかもしれません。

口の中は始終、ふつうの唾液ではない、ひどくねばついた舌苔のようなものがこびりついています。

このまま、動けなくなって、床ずれだらけの寝たきり老人になった場合、飲食と排泄はいったいどうなるのか? 考えただけでも恐ろしいことです。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
みなさま、死に損ないのこのブログを読んでいただいて、恐縮。

何度も、「もうこのブログを更新できるのも今度が最後か」と言いつつ、だらだら続けてしまいましたが、いよいよ、ネット接続環境も悪くなると同時に、パソコン本体も寿命が近づいてきたようで、ディスプレイの画面が不規則にパチパチと瞬きみたいなことをくりかえすようになり、電源入れても立ち上がらなくなるのは、もう時間の問題かというところまで来ました。パソコンを買い替えるお金はなく、ネットへの接続を新たに契約しなおすなどの知力も、わたくしにはなくなってしまいました。

私の心身がぶっこわれるのとほぼ同時に、調べもの、Eメールなども、できなくなる日が近づきつつあります。

今後、わたくしにEメールを出しても、まったく反応がなくなりました場合、わたくし自身はまだ存命でも、パソコンの寿命が来てしまったためと、当面はお思いいただければ幸いです。

わたくしの本名をご存じの方は、もしかするとネット上に出るかもしれぬ訃報を見て、わたくしの肉体寿命の終わりに気づいていただければ幸いですが、心身がぶっこわれると同時に、世の中からも急速に忘れられ始めているわたくしの、訃報がちゃんと世に伝わるかどうか、心もとないかぎりです。

これからの余生、いったい毎日なにをして暮らすことになりますことやら。……

それにしても、境界性人格障害のわたくし、罪深い一生を送ったものでございます。……
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
夾竹桃の咲く季節となりました。去年の今ごろはまだ、人生あと何年も夾竹桃の季節を楽しめるかのように思っていて、たった一年後に今のようなざまになるとは夢にも思っていませんでした。ああ、諸行無常……。

泣き言を言ってもしかたがありません。が、報告はしておきます。

いよいよ、全面的に身体がぶっこわれてきて、生きてるのがやっと、という状態になってきました。こういう状態になってしまってから先の、虫の息で生きる寿命だけが長いと、悲惨だなあと、つくづく思います。

まず、筋肉減弱の程度ですが、脚力は、2キロの散歩でぐたぐた。筋肉が削げるみたいになくなっているから、柔らかいスニーカーで歩いても、まるで骨が直接地面に当たっているみたいな感じ。椅子に腰かけても、おしりの肉もなくなっているから、やっぱり骨盤の骨が直接椅子の面にぶつかってる感じ。布団に寝ていても、身体がゴツゴツと何かにぶつかっている感じで、同じ姿勢でいれば床ずれが起きそうな感じです。寝返りもひと苦労です。寝ていて軽い本を読むというのも、むずかしくなってきました。二月ごろのブログには、まだいくつか、本を読んだ話を書きましたけど、もう、その状態じゃなくなってしまったんです。

腕の力は、ついに、パンフレットを支え持つのも苦しいぐらいに弱ってしまったんです。

そのうえ、ただの筋肉減弱だけでなく、骨粗鬆が進んでいますから、背骨のへんにも妙な痛みが走り、脊椎骨が圧迫骨折を起こすのも時間の問題かと思われます。

もともと虚弱児の私だったから、それが通勤以外にたいして運動もせずに過ごしてきて、老年期になったらこういうざまになるのは宿命だったのかもしれませんが、50代でホルモンバランスを崩したのが、それに輪をかける結果になったみたいですね。

もっとも、そういう特殊な不摂生をしなくて、逆に50代で筋トレに励んでいたとしても、せいぜい事態が一年か二年先送りされただけで、たいして変わりはなかったんじゃないかという気もしますけど。(骨粗鬆に関しては、生き方次第である程度防げたかもしれないけど、肝心の筋肉のほうが、減弱をまぬがれなかったでしょう。)

だけど、家族は私に要介護認定なんて取らせようとはしないし、医療費も、最低限しか認めてくれません。ああ、どうなることやら。……これもみな、身から出た錆なんですけどね。

世には、八十代後半ぐらいでも、寝転んで本を読む程度のことは平気でできる人が多いですから、私の筋骨年齢は実年齢よりも20年以上、老け込んでしまったことになります。

しかたがありません。これが現実なんですから。

Yahoo!Japanの「知恵袋」に、やたら「安楽死」関連のことを書き込んで、読者からお叱りを頂戴しました。が、かなうものなら安楽死をと、ほんとに考えてしまう今日このごろです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。