AKB48 ニュースファン!!!

AKB48関係のエンタメニュースをまとめていきます
当ブログへのご要望・苦情・削除依頼等御座いましたら
ブログのメッセージ機能にてお伝えくださいませ
継続して更新していきますので、これからも宜しくお願い致します


テーマ:

4月8日に卒業を控える高橋みなみが手がけた『高橋みなみプロデュース公演』(全8公演)が28日、東京・秋葉原のAKB48で最終日を迎えた。
8公演すべて、テーマ、演目、出演者を替えて上演。
本人も全8公演に出演し、新たに55曲もの歌詞と振り付けを覚えた高橋は、終演後に自身のツイッターで「正直、もうやり残した事ないくらい満足です。
幸せでした。
そしてやっぱり私は劇場が大好きだ。
AKB48が好きだそんな事を感じた8公演でした」と充実感をにじませた。

まゆゆが最後の(?)ツインテールを披露
■『STAFF公演』(2月16日)
AKB48の運営スタッフが出演。
「病気持ちが多い」といい、セットリストの半分以上を“討論会”で補てん。
MCとして宮崎美穂が登場したほか、観覧に来ていた小嶋陽菜がサプライズで登壇し、初期の頃よく開催していた参加型イベントの復活や劇場休館日の使い方、若いメンバーの自己プロデュース公演といった新たな企画を提案していくことなどが話し合われた。
戸賀崎智信、茅野しのぶ、青木宏行、松村匠、チーム息切れ、高橋栄樹、松本伸夫、西山恭子、湯浅順司、松本沙也加、郡司善孝、北川謙二、牧野雄飛、紺田大輔、牧野彰宏、佐々木慎、岡田剛、山本学、高橋みなみ/宮崎美穂・小嶋陽菜
■『お蔵入り公演』(2月17日)
「ライダー」「森へ行こう」など“お蔵入り”状態になっている楽曲=隠れた名曲を掘り起こし、当時のメンバーと現役の若手メンバーが一緒に歌うことにより「AKB48の歴史を振り返るきっかけにもなるように」と“たかP”が演出した。
ポカーンとする新規ファンと懐かしさに涙ぐむ古参ファン。
ほとんどの楽曲を一から覚えた若いメンバーと一曲一曲に思い出がこみあげる初期メンバー…と温度差の激しい劇場内。
たかPは「いつかリクアワ(リクエストアワー)でランクインしたら、本日のメンバーが披露します」と約束した。
横山由依、武藤十夢、入山杏奈、高橋朱里、下口ひなな、柏木由紀、峯岸みなみ、前田亜美、指原莉乃、竹内美宥、茂木忍、岡田彩花、岡田奈々、横島亜衿、北原里英、高橋みなみ/駒谷仁美・渡辺志穂
■『いちごちゃんず公演』(2月18日)
1期生の高橋と、最もキャリアの浅い15期生による公演。
「一つのチームとして、同期として何ができるのか、未来のAKB48として何をしていきたいのか、この公演を通していちごちゃんず(=15期生)に経験してほしい」とのたかPの想いを受け、この公演だけは15期生がセットリストを決めた。
公演の最後にたかみなが「もっと早くこういうことをしていれば、もっといろんなことを教えてあげれたな」と涙を流すと、15期生を代表して向井地美音が「いつか先輩たちを追い越せるくらいの存在になりたい。
見守っていてほしいです」と決意を新たにした。
“元祖いちごちゃんず”の1.5期生・篠田麻里子も声のみで出演した。
谷口めぐ、飯野雅、佐藤妃星、福岡聖菜、達家真姫宝、大川莉央、市川愛美、大和田南那、向井地美音、込山榛香、湯本亜美、高橋みなみ
■『ダンス選抜公演』(2月20日)
全員黒のパンツスタイル衣装、アイドルらしからぬ目つきとパフォーマンスで幕開け。
ダンスの難易度と激しさから高橋が参加を拒絶したというNMB48のシングル曲「Must be now」では、ダンス選抜の名にふさわしい圧巻のパフォーマンスを披露した。
たかみなは「いろんな特色を持ったメンバーが集まることで化学反応を期待している。
ダンスが得意なメンバーが集まることで“もっとうまくなりたい”“もっと頑張りたい”“負けたくない”、という気持ちをさらに持ってほしい」とエール。
さらに「AKB48劇場という場所で宮澤佐江の背中をみんなに見てほしかった」と本公演をプロデュースした真意も伝えた。
木崎ゆりあ、田野優花、市川愛美、藤田奈那、岩田華怜、宮�美穂、宮澤佐江、本村碧唯、松井珠理奈、斉藤真木子、湯本亜美、平田梨奈、大島涼花、相笠萌、梅田綾乃、高橋みなみ
■『ザ・アイドル公演』(2月22日)
アイドル選抜のなかで唯一表情が曇っていた渡辺麻友は「もうツインテールが苦しい。
心から笑えない」と言いつつも、たかPのお願いで「最後のツインテール」姿を披露。
最初から最後までアイドル楽曲のオンパレードでファンを高揚させた。
たかみなは「アイドルは人を元気にする不思議な力を持ってる。
かわいいだけじゃない個性のあるメンバーがいるのがAKB48だと思う」と満足そうに語った。
渡辺麻友、川本紗矢、小嶋真子、田北香世子、大川莉央、加藤玲奈、宮脇咲良、後藤萌咲、大和田南那、向井地美音、込山榛香、岩立沙穂、大森美優、北澤早紀、村山彩希、高橋みなみ
■『カオス公演』(2月25日)
最初から最後までとにかくカオス。
現役アイドルがやっていいのか?と心配になるステージ。
とりわけキャラが濃かった卒業生の内田眞由美、秋元才加が駆けつけたほか、T.M.Revolution西川貴教もゲスト出演した。
この模様はノーカットでオンデマンド配信中。
木下百花、田名部生来、松村香織、岩田華怜、伊豆田莉奈、西野未姫、市川美織、小笠原茉由、谷真理佳、中西智代梨、石田晴香、宮崎美穂、大家志津香、佐々木優佳里、島田晴香、野澤玲奈、高橋みなみ/内田眞由美・秋元才加・西川貴教
■『Saturday Night公演』(2月27日)
来場者にドレスコードを呼びかけ、ファンをざわつかせた公演。
劇場の壁写真も「Saturday Night」仕様でお出迎えし、元SDN48・なちゅのオープニングアクトからスタート。
ステージ上にはソファと酒に見立てた飲み物を置き、メンバーが見守るなかでセクシーな楽曲をパフォーマンス。
元祖セクシー担当の卒業生・大堀恵の登場で観客のボルテージも最高潮となった。
大人の悩み相談室が行われたり、最後にはシャンパンタワー風の演出があったりと、まさに夜会な公演に。
渡辺美優紀、小嶋菜月、阿部マリア、鈴木まりや、永尾まりや、中田ちさと、中村麻里子、島崎遥香、横山由依、柏木由紀、岩佐美咲、篠崎彩奈、高橋みなみ/なちゅ・大堀恵
■『愛しのにゃんにゃんお誕生日おめでとう公演』(2月28日)
昨年の生誕祭ができていなかった小嶋陽菜のために同期のたかみなが生誕祭を催し、ただただ小嶋に喜んでもらうための企画を演出。
小嶋を慕う後輩たちからのプレゼントや、小嶋が好きな歌を歌うカラオケタイムが行われたほか、芸人・永野もゲスト出演した。
最後には小嶋からの逆サプライズが。
感謝の気持ちを綴った手紙を読み上げ、たかみなが涙すると、客席のファンも巻き込んで卒業式風の“呼びかけ”を実施。
さらに観客からバスボールを全力で投げつけられ、「お手上げララバイ」を歌わされるハメとなったたかみなは「今世紀最大、意味がわからない!」と絶叫し、全8公演の幕を下ろした。
小嶋陽菜、高橋みなみ、峯岸みなみ/向井地美音、伊豆田莉奈、篠崎彩奈、西野未姫/永野

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

塩煮込風味さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。