ざわブロ@フリー麻雀黒字を目指して

麻雀中毒者が麻雀のことだけ書きます(笑)


テーマ:
・赤5pが役
・鳴き祝儀500
・本場1500
のルールが特徴の、某SK2店での麻雀。

このルールの麻雀では
アガリ回数がものを言うわけで
ゼンツオラオラ系の強気雀士が
勝ち組に回ることが多いと感じる。



東3局2万点持ち北家。
ドラは


捨て牌一列目で南家が 


いきなりこんな仕掛け。
ドラ1入りの染め手。
振ったら満貫は覚悟すべきだろう。
まずは彼に注目が集まった。



私の手は凡手。
安全そうな牌を切りながら回す。
しかしどうにもつまらない。



10巡目
ツモ

ドラ1くらいしか取り柄のない
リャンシャンテン。
とりあえず今上家が切った4mを合わせ打ち。



はぁ、つまらん。



その同順、下家の親からラス が切られた。



(うーん、もうアガリ目無いし
形だけケイテン目指して鳴いておくか)




ポン!!





これでケイテンのシャンテン...


と...


{DE00B23E-BCFA-49AD-BDB8-0D413950552F}


親、打   !



ポン!!





なんと、瞬く間にケイテンがとれ...


と...

{C6AD9055-D9FE-470F-B931-921D070181D5}



親、打



ポン!!

↑1枚切り番


{CDF69627-1D23-4D8A-A3B2-483E9BA082A8}



なんとケイテンからさらにポンだ。
8mポンから実にここまで
わずか10秒程度の出来事である。



勢い余ってポン!
という感じにみえるこの仕掛け。

しかし実は、強欲なざわさん。
あわよくばケイテン」モードから
あわよくばアガッてやる」モードに
切り替えていたのだ。




↑1枚切り番。


ここから私は8sを切り...
(8sは対面ソーズ仕掛けの現物)




こう構えた。


私から見た関連牌の枚数はこちら。
南→2枚生き(自分の対子のみ)
7s→2枚生き(対面チーに1枚)
8s→0枚生き(対面チーに1枚、場に2枚)
9s→2枚生き(対面チーに1枚)

つまり、南をアンコらせるか
7sやドラの9sを重ねてのトイトイを見たのだ。

ケイテン上等で始めた仕掛けにも関わらず
我ながらなんと強引で強欲な仕掛けだろう。




しかし、ざわさんの暴挙は
ここで終わらなかった。



次順

ツモ   



カン!!



役なしジュンカラカン8sの手牌から
禁断のカカン!!



リンシャンから持ってくるは...

 !!




カン!!






待ち牌も、手役すらもまだ無いのに、
テンションは完全にハイである。
主役は私だ!!

そう...
私の仕掛けを見ろ!!
見るんだ!!



そしてさらに次順


ツモ



打7s。

ついに無謀なケイテン仕掛け
トイトイドラ単騎の満貫テンパイまで
こぎ着けてしまった。

ここまで来たら、
もうあがり切れそうな予感しかしない。
さぁ、これをアガッて私が主役だ!!



16巡目(残りツモ1回)


ツモ




{99C7D8B2-EF8C-4529-B9E5-3934BF093F0C}






打9s。







急に冷静になる私。
フリテン2枚切れ4s単騎に振り替え。


そう、忘れてはいけない。


序盤にトイメンから


こんな仕掛けが入っていることを。
ソーズの下などど本命である。


こんなハチャメチャな仕掛けをしながら
なんだかんだいって冷静な面も
残しているのである。





ラスヅモ

ツモ


打、南。







〜流局〜



親「ノーテン」

南家「ノーテン」

西家「ノーテン」







ざわ
「(形式)テンパイ」<ドヤァ



散々暴れてまさかのケイテン
単純にアガるよりも
同卓者に与える衝撃は大きいだろう。



この局、ざわさんが染仕掛けのトイメンから
主役の座を無理やり奪ったのは明らかである。



その後、オラオラ系雀士と化したざわさんの
独壇場となったのは言うまでもない。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「実戦記」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。