スペイン遠征8日目

テーマ:
U-15監督の藤本です。

今日はスペイン遠征8日目、トレーニングは休みにしました。贅沢な時間の使い方ですが、明日の大会に向けて100%良い準備が出来そうです。

天気も良く、暖かかったので、午前中に少しだけ…という条件付きで、恒例のビーチサッカーをやりました。
スタッフも入り、6人3グループの総当りで、優勝チームにはジュースをプレゼント、さすがに入るにはまだ冷たい海へ負けたチームは飛び込むという罰ゲーム付きのガチ試合でした。なかなか日本ではやることのないビーチサッカーで、選手もスタッフもかなり本気モードに。


















舛岡監督率いる藤本、樋口、増田、吉井、渡邉、水元のチームが圧巻の2連勝で1位。


ドベチームが海に飛び込む罰ゲームを行ったのですが、海が大の苦手だという選手もいましたが、最後は諦めて飛び込んでいました。





後は選手全員で飛び込むという面白い流れになり、全く罰ゲームが成立しないという結末(^_^;)こういう”一生懸命遊ぶ”選手達の姿は本当に見ていて楽しい時間でした。









午後は時間が空いたので、バレンシア観光に行ってきました。とにかく古い町並みが素晴らしくて、異国に来ていることを改めて実感しました。選手達もそれぞれに分かれて、町中で昼食を取り、ショッピングなどを楽しんでいました。










夜はレセプションがあり、選手達もいろんな国の選手達とコミュニケーションを積極的に取って会話をしていました。こういう時間もすごく大事で、直接経験の場としてどんどん活用していって惜しいです。








明日からの大会に向けて、ホントにリラックスできる、有意義な時間だったと思います。まずは予選3戦、1位と2位が通過できるとのこと。せっかくなんで、上を目指してやっていきたいです。

明日も天気は良さそう、最高の1日になりますように!
AD