2012-12-13 22:32:57

◆最強母乳外来ブログが消えた!!!

テーマ:母乳育児
何ということでしょう!!母乳育児の最強の味方である最強母乳外来ブログが、突然消えて(消されて)しまいました。

(追記)強制退会でした!

『最強母乳外来』は、母乳育児の推進とその支援のために、雨風呂に於いて現役助産師SOLANINが2008年1月10日に開設したブログでした。  しかしながら、2012年12月11日に、雨風呂から強制退会の憂き目に遭いました。雨風呂からの返事は、規約に違反したからという一文でしたが、どの部分が抵触したのかということは教えていただけず、不明です。(そういう決まりだそうです。)  過去記事については、まさかこのような展開になるとは夢想だにしておらず、 別の媒体に保存しているわけでもなく、愛読者のみなさんには多大なるご心配とご迷惑をおかけして申し訳なく思っています。  雨風呂への復旧は恐らく無理であることも判明しましたので、ひとまずは毎日更新できるかどうかは未知数ですが、新規脱稿記事をこちらにアップさせていただきます。シーサーのシステムには不慣れなので、不調法がありましてもご容赦くださいね。             

アクセス数の多い人気ブログが突然消される・・・という事件が過去あったのは知っていましたが、まさかソラニンさんの最強母乳外来が消えてしまうとは。

ブログは消されてしまいましたが、ソラニンさんの母乳育児推進魂は健在です!!

早くも別ブログで活動再開しています。
↓↓↓
最強母乳外来・リターンズ

その1件目の記事がこちらです。
↓↓↓
私は、雨風呂に2008年1月10日から『最強母乳外来』というブログを書いていました。
しかしながら、2012年12月11日、何の前触れもなく、いきなり悪意ある第3者に雨風呂退会の手続きをされてしまい、マイページにアクセスできなくなってしまいました。(涙)
ご存知の方も多いのですが、『最強母乳外来』というブログは、毎日のアクセスが数万人単位で、雨風呂のジャンル別ランキング妊娠出産部門でほぼ毎月1位を独占している超人気ブログでした。
愛読者の方は国内にとどまらず北米・アジア・オセアニア・ヨーロッパ各国の在留邦人の方々にもその輪は広まり、専門職だけではなく多くのお母さんに最新・正確な母乳育児に関連した有益な情報提供を無償でしてまいりました。

雨風呂にも復旧作業をしていただきたい旨の申し入れを事件当日のうちにしておりますが、パスワードを盗まれた疑いもあり、この先どうなるかは分かりません。
取り急ぎ、釈明会見を兼ねた声明を愛読者のみなさんにお伝えしたく、この場を借りてお伝えする次第です。

私が知っている消えてしまったブログは、アメーバ側からの強制退会だったようでしたが、ソラニンさんのブログについては???本当に何があったのでしょう???強制退会でした!

最強母乳外来・リターンズ 右サイドバーより
『最強母乳外来』は、母乳育児の推進とその支援のために、雨風呂に於いて現役助産師SOLANINが2008年1月10日に開設したブログでした。  しかしながら、2012年12月11日に、雨風呂から強制退会の憂き目に遭いました。雨風呂からの返事は、規約に違反したからという一文でしたが、どの部分が抵触したのかということは教えていただけず、不明です。(そういう決まりだそうです。)  過去記事については、まさかこのような展開になるとは夢想だにしておらず、 別の媒体に保存しているわけでもなく、愛読者のみなさんには多大なるご心配とご迷惑をおかけして申し訳なく思っています。  雨風呂への復旧は恐らく無理であることも判明しましたので、ひとまずは毎日更新できるかどうかは未知数ですが、新規脱稿記事をこちらにアップさせていただきます。シーサーのシステムには不慣れなので、不調法がありましてもご容赦くださいね。             

こちらも健在です!!
母乳育児「最強母乳外来」愛読者の会


母乳育児の強い味方本
最強母乳外来 あらゆる悩みにお答えします!/SOLANIN(ソラニン)
¥1,260
Amazon.co.jp

最強母乳外来 ママをたすける実践編!/SOLANIN
¥1,260
Amazon.co.jp

ショックすぎて、言葉が見つかりません。

PR

コメント

[コメントをする]

1 ■無題

クリスマス会でお話してたことが、現実っぽくなってきましたね。

長期母乳育児を続けていく上で、
あのサイトの存在は、心の支えだったし、
出産直後もかなりお世話になった恩師的サイトだったんですが・・・。

なんともかんとも・・・。

2 ■Re:無題

>よめさん

記事のバックアップを早急にしないとなんですが、うまい方法ないですかね?

ボツボツと役に立たないゴミ記事を消す作業していましたが、そんなのんびりしたことをしている場合じゃないかも。

コメント投稿

[PR]気になるキーワード

Yuriko Oshita

バナーを作成