府中市 整体 あかつき療法院 ほっこりブログ

体のこと健康のこと日々のことなどを書いています。
東京都府中市 京王線 府中駅北口徒歩1分 体にやさしい痛くない整体です。


テーマ:
安定したゆがみのない体を保つためには、インナーユニットが大切です。

インナーユニットとは体の深部にある4つの筋肉(横隔膜、多裂筋、腹横筋、骨盤底筋)をさします。

インナーマッスルやコアといった筋肉群と混同されやすいですが、インナーユニットの場合はこの4つに限定されているのが特徴です。


PCやスマホ、タブレットの使いすぎによって首に負担がかかり、首の痛みのみならず、頭痛や鬱、逆流性食道炎、喉の異常、呼吸が浅い… など
頭が肩より前に出てしまうことによってさまざまな症状を持つ患者さんが増えてきています。



最近のテレビやメディアなどでストレートネックやスマホ首と言った言葉を取り上げたものが増えてきましたが、どうも気になるのが

「首しか問題視していない」


というところです。


頭が前に出てしまう姿勢というのは、その土台となっている体幹の弱さに起因していることを忘れないようにしましょう。


しっかりとしたインナーユニットがあって、首をしっかりと支えることができるのです。



慢性的な首の不調でお悩みの方はご参考にしてみてください。


あかつき療法院
AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
<お知らせ>

ご好評の側弯症の無料相談会は残すところ
20日(日)と27日(日)の二日間となりました。

-時間-
13:00~16:00(予約が必要です)

-対象者-
・18歳以下の特発性側弯症の子ども
・側弯症の手術後の体のケア(痛みや体の不調)(年齢不問)

-内容-
・体の悩み相談
・体操指導
・所要時間は60分程度です


※ご相談後の予約の強要はしませんのでご安心ください。


連絡先:府中市 整体 あかつき療法院
AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
胸やけやみぞおちの痛みを主症状とする逆流性食道炎ですが、
喉の痛みで耳鼻咽喉科を訪れたところ、逆流性食道炎であると
診断を受ける人も最近では増えてきました。

「息苦しさ」という症状も最近では増えてきている症状のひとつです。

猫背になって胃を圧迫している人は同時に横隔膜(息を吸うときの主力筋)も
圧迫してしまうので、呼吸がうまく行えなくなることがあります。

また、胃と食道の境目(噴門部)に炎症があると、横隔膜にも刺激が
入いりやすく、息苦しさにつながります。


また、噴門部に炎症がない場合でも、胃を圧迫して猫背になっている
姿勢というのは、同時に首が前に飛び出て顎が上がった格好になりやすくなります。

この顎が上がった姿勢(頭部前方姿勢)というのは、頚椎の4~6番に大きな負担をかけます。

横隔膜の支配神経は頚椎の4番目が主なので、呼吸がしずらく、息苦しくなる
ことがあるのです。

健康な人でも、顎を前に突き出した姿勢をとって深呼吸をしてみると
うまく息が吸えないのがわかると思います。


いろいろな症状が絡み合って症状というのは出てきますが、
体全体を関連付けて考えるといろいろなことが見えてくるんですね。


息苦しさでお悩みの方はご参考にしてみてください。


患者さんが あかつき療法院 口コミを書いてくれました。
その後もお元気そうで何よりです。
AD
 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。