こころとからだを健康に

マッサージ師の資格を持ったカウンセラーがこころとからだの健康の手助けをします


テーマ:
こんにちは(^-^)
カウンセリングルームあかつき
メンタルケア心理士のともこです。

今日は、について書かせていただきます!!



腹が立つ、腹黒い、太っ腹、
腹の探り合い、腹に一物あり・・・


腹(腸)心(脳)の機微を表す言葉はとても多いです。現代では、の類似性や共通性はかなり解明されていますが、先人たちはがつながっていることを経験的に知っていたのだろうか・・・。






は、自律神経ホルモンサイトカインなどの情報伝達物質を通して、互いに密接に影響を及ぼし合っています。
ストレスを感じると、自律神経からストレスの刺激が伝わるので、お腹が痛くなったり、便意をもよおしたりします。
また、が病原菌に感染すると、は不安を感じます。
そして、からホルモンが放出されると、は食欲を感じます。
まさに、『第2の脳です!





過敏性腸症候群(便秘や下痢を繰り返したりする)の症状が続くと、うつ症状やさまざまな不定愁訴が現れます。脳がストレスを受け、自律神経のバランスが崩れれば、血行不良、肩こり、頭痛などを伴うことがあります。
とくに生理不順や月経困難症の女性は、胃腸の働きが低下するので、便秘や頭痛に悩まされるのです。

 このように胃腸ストレスを受け続けると、が不快な経験として知覚するため、脳の反応が消化機能を悪化させる悪循環に陥ってしまいます。



脳腸相関の仕組みは至ってシンプルです。
胃腸に向かって消化管の状態を知らせるシグナルを抹消神経に伝えると、の視床下部は胃腸に向かってシグナルを送り返して応答するのです。

『空腹だからなにかたべてよ!』というシグナルを迷走神経からの視床下部に伝えます。シグナルを受け取ったの視床下部は、摂食を促すホルモンニューロンペプチドYを分泌し、『空腹なら何か食べても良い!』胃腸に食べ物を受け入れるように指令を出すといった感じです。








脳と腸は、とっても理にかなった生体システムです。
目には見えませんが、腸内細菌と仲良くして健康になりましょう(^^)



最後までお読みくださり、ありがとうございます(*^^*)



私が行っているカウンセリング、営業内容
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。