1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-12-27 17:30:00

ひとつはっきりさせておくと。

テーマ:(レトロPC問題)

MUCOM問題に関してMSXスレッドにて、こういった疑問が上がっていました。

http://hello.2ch.net/test/read.cgi/i4004/1440035009/534-538

そういった流れに対して挑発的な事を書きこむ人もいらっしゃいますが・・・。

http://hello.2ch.net/test/read.cgi/i4004/1440035009/622



調べるのに少し時間がかかってしまいましたが、「マイコンインフィニットPRO-68k」というイベントに行ったという一般来場者複数人に確認を取ったところ、「これまでのイベントに来ていたMUCOMという人物とは違う別人がMUCOMの名札をつけてMI68に参加していた」という事が確認できました。


それだけでしたら成りすまし等のホンモノとニセモノのMUCOM氏個人の問題ですが、このMI68では「ニセモノMUCOM」を「MUCOM本人」と扱っていたのですから「組織的な詐称」という事になりますね。


https://twitter.com/orion80/status/668241562640318466/photo/1

顔は写っていませんが、他のイベントでMUCOM氏を見かけた人なら、この写真を見て「ええっ!全然別人じゃん!」と思うのではないでしょうか?
でも、ちゃんとMUCOMの名札をぶらさげてますよね。
名札さげてるので一般来場者ではないですよ。この別人がイベント公認MUCOMなのです。

さて、過去にも「MUCOM=横居英克」説というものがありましたが、その時も「同一人物じゃない!」と主張する方々がいらっしゃいました。

今回はイベント主催側が「MUCOMとは全くの別人を同一人物として扱った」のですから、この問題がどれほど大掛かりで根深いものか、共犯者の多さがわかるのではないかと。


こちらのほうではこのニセモノMUCOMの正体について概ね目星はついているのですが、まだ50%しか確証が得られていません。

「MUCOMって人、横居英克じゃね?」という些細な疑惑を否定する為に、ダイエットして体型を変えたり別人を用意したり口裏を合わせる人を揃えたり、という事をしているのって物凄く異常ですよね。
それだけ身分詐称しなければならないという事は、僕が把握している以上に数多くの有罪判決を受けているのかも?とかんぐりたくなります。


最近はネットニュースでもレトロゲームやレトロPC関連の情報が増えていますが、各ネットメディア関係者の方々は、怪しい方々と深く関わらぬよう御注意くださいませ。


-----

僕akatenも色々と忙しい身分なので、このレトロゲームやレトロPCにはびこる問題についてのブログを書いている時間が取れず、来年2016年もこういった情報発信が続けられるかは微妙なところです。

まだ記事にしていない情報が多々あるのですが、記事する暇がなく、色々と申し訳ないのですが、これ以上状況が悪化しないのであれば騒ぎ立てる必要はないかとも思っています。
逆を言えば、なにか状況悪化したらこちらも本気出しますよ?って事でもありますがwww

では皆様、2016年は良い年になりますよう。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2015-07-25 22:41:03

レトロを滅ぼすのは誰か?(解明編)

テーマ:(レトロPC問題)
・・・レトロPC関連の話題も、そろそろ疲れてきました。

2006年の12月に「西和彦あれこれ、だれそれ。」 という記事を書いてから現在までの8年数ヶ月のあいだ、MSX同人が極一部の人間たちによってどのように滅ぼされたのか?を、情報提供窓口も設けていないのに多数のお声を頂戴してきました。

僕としてはものすごく手加減したブログ記事しか書けていないのですが、最近はMSX同人だけではなくレトロPC同人全体に被害が広がろうとしているようなので、少しいいかげんにまとめてみたいと思いますwww

いや、だってwww
情報だけでも10年近くの物量があって、その内容は20年分ほどの永きにわたっているんですからwww
いいかげんにしかまとめらんねーよwwwww


-----

まずMSX同人で何が起きたのかわからない人の為に、簡単に説明しますと・・・。

MSX同人で「同人ハードの販売詐欺」「委託販売の売上金未納問題」「同人作品の権利泥棒」などが蔓延するグループが台頭する

   ↓

その犯人グループがMSXの代表者となり、MSXのライセンス料も得ている



・・・いや、ウソとか冗談ではないんですよwww
本当にこういった事なんですってばwwwww


-----

ざっくりと遡ると・・・
あ、興味のない人は読み飛ばしてくださいwwwww
結果的に上の2行で済む話ですから。


MSX専門誌「MSX-FAN」の最終号(1995年7月)の最終ページに「有限会社イージェー・MFP事業部」による広告で「MSX-IDEインターフェース」というMSXにHDDを点けられるハードの広告が掲載されたのですが、予約代金を支払っても商品が届かないという「EJ詐欺」が起きました。

この詐欺集団は各々のメンバーが様々なサークル名を名乗っている事から実態は曖昧に捉えられがちなのですが、俗称として「アジト」と呼ばれています。

(参考:2009年5月の記事>)【またMSX】結局は単純な話だった【いいかげんにしる】

そしてその連中は札幌で荒稼ぎしていたMSX同人サークル「SYNTAX」(現「ゲームショップ1983」店長)と手を組んで、MSX生みの親と言われる西和彦氏を懐柔し、1999年に秋葉原で開催されたイベント「MSX電遊ランド」を開催します。

その後、西和彦氏はアスキーをクビになるのですがw、西和彦氏は退職金代わりに「MSXの権利」を譲り受けています。
西和彦氏の奇行は、「1ch.tv」「1chipMSXが売れ残ったら自費で全部買い取る!発言」などありましたし、その後の話はカメラ屋さんのホームページがものすごく詳しいです。

(参考:安西製作所HP・カメラ随想>)西王国の西和彦

「1chipMSX」の失敗と共に西和彦氏もMSXから離れますが、MSXのライセンス料は「アジト」のものとなり、それは現在も続いているようです。


つまり、MSX専門誌が廃刊になったのと同時に、MSX同人詐欺が始まり、現在も続いている事になります。
ですので今年は「MSX同人詐欺20周年」です。


-----

これだけだと疑問が湧きますよね。
「同人ゴロだけで金になるのか?」

・・・ええっと、説明も面倒なので、これまでネタにしなかった部分を、MSX以外の話題で列記してみます。


-----


かつて「アジト」が深くかかわっていたSFC研究会+MFP+橋本和明が、1995年に違法行為とコピーで数千万円を稼いでいたことは、「レトロを滅ぼすのは誰か?(仮の2) 」でも書きました。

2000年ごろから「アジト」は、MSXエミュレーター「MSX Player」や、「1chipMSX」での商売に注力していました。その宣伝媒体は「週間アスキー」で、この頃から「アジト」メンバーがライターとして活動しています。

では、その後は・・・?

「アジト」の中核人物である横居英克氏は、MSX同人→西和彦→1ch.tv→アスキー関連→D4エンタープライズ取締役・・・と、わらしべ長者のように虚業で小銭や大金をせしめ続けていましたが、そういったPC関連とは別の事にも精を出していました。

湘南ライナス学園です。

(参考:Wikipedia>)学校法人湘南ライナス学園

なかなか根の深い問題なので簡単に説明すると・・・。

2005年に発達障碍児向けの学校として「湘南ライナス学園」が作られるが、そもそも前身はNPO法人による怪しい活動なので、名称を変え学校法人になった後も問題が絶えず、運営側から生徒さんの保護者まで大揉めの状態となった。
 ↓
2007年頃?トラブル解決のために多方面に声をかけた結果、なぜか「アジト」の横居英克氏が加わり、いつのまにか理事の一人に。
 ↓
2008年からWikipediaの記述がとんでもない内容になる。その頃に「ライナス学園・2ちゃんねる中傷事件」が起きる。
(参考:まとめサイト>)「2ちゃんねるさえなければ…!」2ちゃん担当職員は半年で鬱病、書き込み見た卒業生は自傷…
具体的な問題が記されているのに「ソースは2ちゃんねる!」なので誹謗中傷として騒がれ、なぜかライナス学園側が被害者という事に。
 ↓
Wikipediaによれば「2008年10月、修学旅行を当日キャンセル。数百万円のキャンセル料を支払う。」「2009年学園長、私邸購入。」「2009年2月、職員への給与を現金ではなく、実物支給。」「2009年4月、この頃から職員への給与の不払いが発生する。」「2009年7月~、職員の退職相次ぐ。」という事が2ちゃんねるとは無関係に起き続けています。

Wikipediaには湘南ライナス学園の学園町である吉崎真里氏の名前が記されていないので、関連人物は閉校時まで理事を務めていた人物と思われる。
またWikipediaの記述は、その内容の詳細さから保護者ではなく職員によって書き記されたものと思われる。


・・・パチンコ屋の栁沼卓二氏、ネトウヨ的にはキリスト教とか言われても韓国系?としか思えない最上学氏と名を連ねているのは「MSX同人ゴロの横居英克氏」なのですから、むしろ2012年までよく存続したものだと呆れます。


-----

また、湘南ライナス学園のほかにもやらかしている可能性が高いのです。

横居英克氏が「アジト」で中核人物となりえている理由は、親から継いだらしい空調設備会社「ケイテック」の社長さんだからです。

ケイテックには「社員全員にMSXを買わせた」という微笑ましい情報から「盗聴器を売りさばいている」といった不穏な噂まで様々なゴシップがありますが、どうやら「東テク」という空調設備会社の下請け仕事を生業としていたのだそうです。

なので「東テク」で検索してみると・・・・。

(参考:朝日新聞デジタル>)商社の東テクが8億円所得隠し 追徴税3億円、修正申告

2014年5月3日03時00分
(前略)
昨年3月期までの7年間で約8億円の所得隠しを指摘されたことがわかった。社員約100人が水増しや架空の仕入れ発注などを重ね、こうした不正行為を会社の責任と判断された。重加算税を含めた追徴税額は約3億円。同社は修正申告したという。
 同社によると、不正取引は7年以上続き、下請け業者らから社員に資金を還流させていた。
(後略)


「下請け業者」と手を組んでの、7年間にも及ぶ組織的な横領・脱税・・・。
他ソースによれば共謀した下請け社員は約50人だそうで、キックバックも相当な金額だったのではないでしょうかねえ?

ネット上には犯罪に加担した下請け業者の会社名は出ていないようですが、湘南ライナス学園を考えれば、関わってないと考えるほうが難しく・・・。

最近では東芝の粉飾決済が話題だが、普通の人は名も知らぬ会社でも巨額の粉飾決済を組織的にやっているのだから、関わる人間には常々注意したいものである。


-----

そういった事と関係あるのか無いのかあるのか、「ケイテック」の企業情報がいつのまにか「ソフト受託開発」になっています。


(参考:帝国データバンク>)TDB起業サーチ

東京都墨田区の「企業コード989669271」がこの記事で語っている「ケイテック」となります。

ライナス学園とか、東テクとか、MSXやレトロPCには関係のない問題が続きましたが、ようやく「ソフト受託開発」という事で、なにやらソフト制作の会社になったらしいと思われます・・・が、なにげに開発実績が気になりますよね?
それがね、無いようなんですよwww

ケイテックの社長をやりつつ湘南ライナス学園の理事をやりつつ「D4エンタープライズ」取締役もやっていた横居英克氏だが、数件の「ソフト開発詐欺」で制作費を騙し取った事で裁判を起こされたそうだ。詳細まではわからないが数百万から数千万の被害ではと思われ、敗訴した裁判があるとか、まだ抗争中の裁判もあるとか、・・・問題が多くて正直どれがどれやら理解しきれません。


-----


西和彦とMSX同人から始まったトピックですが、あまりに問題・犯罪が多すぎて、僕が把握できるレベルを超えてしまっているというのが正直なところです。

最初に「簡単に説明」したように、事の発端はシンプルなものでした。
まとめとして1行だけ追記してみます。

MSX同人で「同人ハードの販売詐欺」「委託販売の売上金未納問題」「同人作品の権利泥棒」などが蔓延するグループが台頭する
   ↓
その犯人グループがMSXの代表者となり、MSXのライセンス料も得ている

   ↓
その立場と人脈を駆使して、より大きな巨額詐欺を行っている


というのが、僕の「いいかげん」な推察となります。
最初に書いたとおり、いいかげんでないとまとめられないレベルで、詳細に調べるには個人の限界を超えています。


-----

そして前回「レトロを滅ぼすのは誰か?(閑話・ソースは2ちゃんねるw編) 」にも書きましたが、7月26日に「レトロエクスプレス」というイベントが開催されるそうです。

主催者の日記を見ると、2年前の「2013年3月18日」の日記に「MSX軍の重鎮も来ていた」と書かれている。

レトロエクスプレスに参加と宣伝されている「MSXÅ」も、横居英克氏率いる「アジト」のPEN氏である。この人物は「ゲーム保存協会」名義でもあちこち出現しているそうだ。


言うまでもないが、このイベントに参加する各サークルに問題はない。

しかし主催者に問題があるのではと懸念されるイベントだという事を指摘したい。
・・・疑ってる僕が変でしょうか?


MSX同人が滅んだように、X68同人も(またはレトロPC全部が)いつのまにか「軒を貸したら母屋を取られていた」なんて事になったり、よくわからないX68の代表者がシャープに取り入ったりという事が、「起きてからでは手遅れ」という事を指摘して、このいいかげんな記事のまとめとしたい。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-07-21 08:26:58

レトロを滅ぼすのは誰か?(閑話・ソースは2ちゃんねるw編)

テーマ:(レトロPC問題)
「ソースは2ちゃんねる!」と冗談で言い続けていたのですが・・・

「MSXスレッドPart44」を見ると・・・

978 :テンプレ:2015/07/19(日) 17:46:47.00
737 :ナイコンさん:2015/05/28(木) 19:19:41.66
永井さん、こんばんわ。
自分はMSX(とX68k)のユーザですが、少し気になる事があるので書き込ませて頂きます。

MSXは、代表を自認するMSXアソシエーションなる連中が好き放題をし続けて、焼け野原となりました。
かつてのユーザでさえ危険視して、戻って来ようとはしません。
レトロPCという一つのまとまったコミュニティが形成されつつありますが、最近、連中が過去を隠し、H.Nを変えて侵入しました。

アソシエーションの中心人物は横居英克と言う人物で、H.N NASUを名乗っておりました。
彼は複数の横領事件の主犯と目される本物の詐欺師です。
西和彦に取り入っていた時期もありましたが、正体を見透かされて、今は絶縁されています。
そのNASUが、現在はMUCOMを名乗って積極的に他機種ユーザと交流を持っている様です。
(ツイッターが主な活動場所で、アカウントは@mucom88となります。)

オリゲー・フェスタに絡めて、若し、連中が接触して来ても、安易に取り込んだりしない様、ご注意下さい。
彼等は嘘を吐く事に罪悪感を持ちません。(本業ですので。)
大きなお金が流れる事があっても、彼等の元に入れば決して還元される事は無いです。
焼け野原になってからでは取り返しがつきません。用心と警戒をなさって下さい。

連中の自治を放置と言う形で野放しにしてしまったMSXユーザの責任として、僭越ながら申し上げます。
お目汚し失礼しました。


 どうやら、X68スレに投下された書き込みのコピペのようです。

 これを読んで「あれ? 僕、2ちゃんねるに書き込んだっけ?」とか「僕が書いた文章を誰かが無断でコピペしたのか?」と思ってしまいましたwww。
 ブログ記事の草稿を書いている段階などでは、この文章と相当似ているんですよwww

 いっそ、このブログのMSX専門ゴーストライターとして書いてくれないかなあ?(笑)

 (ちなみに僕akatenの考えでは、未だ横居英克=mucomと断定は出来ていません。歯切れの悪い物言いなのは、僅かに疑念が払拭できていないところがあるからです)


-----

 ・・・という感じで「ソースは2ちゃんねる!」のはずが、「2ちゃんねるの書き込みに先を越されて記事を書く予定が狂いまくりんぐ」なのですがwww、なんとかネタをでっちあげてみようと思います。


-----

 ええっと・・・いま注目なのは、記事タイトルに付け続けている「レトロ」、つまりレトロPC方面ですね。


 レトロPCと言えば、7月26日に「レトロエクスプレス」というイベントが開催されるそうです。
http://retroexp.mankai.jp/


 よくはわかりませんが、公式HPによれば、以下のようなイベントになるのだそうです。

・レトロPC・ゲーム専門店BEEPご協賛!
・創業15周年記念!自転車創業かざみみかぜ氏記念講演!
・天才シンガー双月彩ミニライブ!
・Xinon/robokabuto/hydden スーパーチップチューンライブ!
・あやよさんファイナル!記念煎餅、饅頭販売!
・沈黙を破ってあの男がついに参戦!MSX30+α周年記念サークル!
・今年もやるぜ!マイコンソフト様製品特価販売!本部にて!

・・・ええっと、わざわざ画像を使って大きく宣伝していますが、中古販売店がイベント会場で古物の売買を行う事は古物営業法違反となり違法です。
行商届けを申請していても、相手側の住所での取引でなければなりません。これは詐欺行為などの犯罪を防ぐ為の取り決めで、特に「買い取り」は確実にアウトです。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/tetuzuki/kobutu/ihan.htm

まあ、イベント会場でレトロPCの買取はしないでしょうから大丈夫でしょうが、それでも事前の「行商届け」と、「標識」という金属またはプラスチック製のプレートと、「行商従事者証」という身分証の明示が義務付けられています。


-----

そして、「レトロPC・ゲーム専門店BEEP」は・・・

744 :ナイコンさん:2015/06/03(水) 15:23:26.84
ゲーム保存協会の理事の人、BEEPの社長なのか
http://www.gamepres.org/?page_id=451
http://www.beep-shop.com/law.html


867 :ナイコンさん:2015/07/01(水) 09:19:20.89
レトロエクスプレスにbeepが協賛しているということは保存協会となんらかの接点があるということか



・・・はい、また2ちゃんねるに先を越されてしまっていますが、「BEEP」の代表取締役・小林正国氏は、「ゲーム保存協会」の理事です。

http://www.beep-shop.com/law.html
http://www.gamepres.org/?page_id=451

「中古ゲームを売買する人」と「ゲームを保存する人」が同じだなんて、なんだか矛盾していますよねwww

「ゲーム保存協会」に関しては、このブログでも3年ほど昔の2012年ににネタにしています。
http://ameblo.jp/akatenjpn/entry-11204577834.html



「ゲーム保存協会」と中の人が同じ「BEEP」ですが、会社概要を見ると法人名は「株式会社 三月うさぎの森」となっています。
「三月うさぎ」というと、松原千波の少女漫画「三月うさぎもお天気しだい」にちなんだものかと思われますが、このブログ的には「くず屋うさぎ堂」が思い浮かびます。

http://silhouetteholly.blog39.fc2.com/blog-entry-1122.html

「くず屋うさぎ堂」と言えば、バッ活に載っていたMSXハッカー養成講座の人(確か橋本和明氏)が店長で
オーナーに買うものが無いと言われたとか、言われないとか
自分の目から見ても、イマイチ物欲にそそられるものが無かったのは確かで
目を引いたのが当時、バッ活のハッカー講座の記事内だとおもったが
数千円で領布されていた、MSX拡張スロットの基盤が数百円で置いてあった事ぐらいか。

いちおう弁明しておきますが、僕がわざと強引にMSXの怪しい人々に関連付けているわけではないんです。
だって、ゲーム専門店で「うさぎ」にこだわってる店って、そんなにあるものですか?無いですよね?


-----

ともあれ「ゲームエキスプレス」の主催者はX68同人で活動なさっている田辺敦司氏。

田辺敦司氏の公式HPは、こちらになります。
http://tanabe.mankai.jp/

・・・ああっ!
 どこからツッコんでいいのかわからないっ!!www

軽井沢町議員選挙に出馬し落選した事はネタにしませんが、それ以前に「なんで選挙に出ようと思ったの?」というところが意味不明すぎます。

田辺敦司氏の選挙公約は「次世代を作る雇用」「公共交通網の整備」「教育レベルの向上」などとなります。
景観保護や環境保全を重視する軽井沢で、住んでたった3年しか経っていない人が「路面電車を作りましょう!」と言い出したからといって、たかがニワカ町議会議員が国政から億単位の予算を取ってこれると思う人がいるでしょうか?

しかも田辺氏が軽井沢に住み始めたタイミングで、ビル・ゲイツが別荘を作り始めて軽井沢住民が大激怒していたりします。
http://president.jp/articles/-/14259

閑静な軽井沢に路面電車を作っても、喜ぶのはビル・ゲイツだけではないかなあと。
田辺氏は「FM軽井沢」のモンキーリポート(山猿出現情報w)でも聞いて10年ROMってから出馬したほうが良いように思います。


-----

・・・で。
田辺氏のHPのURLには「mankai.jp」と書かれているように、X68の世界では有名な「満開製作所」の代表でもあります。

・・・すいません間違えました。
「有名ではないほうの満開製作所」です。

かつてX68で精力的に活動していた有名なほうの「満開製作所」は2000年に活動休止、2001年に解散しています。
つまり、全然無関係だけど名前だけ「満開製作所」を名乗っているという事になります。

田辺氏が満開製作所を名乗るまでの経緯がコチラ。
http://x68ch.net/bbs/test/read.cgi/x68k/1347078570/

その顛末がコチラ。
http://megalodon.jp/2013-0805-0000-05/xps.jp/festa68/024

http://x68k.net/diary/201307.html#201307180


それに対する田辺氏の言い訳がコチラ。
http://festa14.jp/festaZingi2.html#new

この田辺氏の文章には色々と香ばしいところがあるのですが、こちらで裏を取ることが出来なかったので、あと書くのも大変なのでw、しばらくは割愛という事で。


-----

・・・とはいえX68を支えた満開製作所を名乗るほどですから相当X68000あいが強いのかと思いきや、「ゲームエキスプレス」の宣伝内容はむしろ、MSX寄りです。

・Xinon/robokabuto/hydden スーパーチップチューンライブ!
 →X68はFM+PCMの豪華な音源(更にMIDI対応ソフトも多し)で、チップチューンとは程遠いマシン

・あやよさんファイナル!記念煎餅、饅頭販売!
 →これでX68ユーザーは喜ぶの?

・沈黙を破ってあの男がついに参戦!MSX30+α周年記念サークル!
 →X68ユーザーにとってはまるで関係ないような・・・

・・・いえ、X68限定イベントではありませんし、俗説としては「MSXを所有していたX68ユーザーは多い」という声もありますから、これで喜ぶ人もいるのでしょうが、MSXユーザーのイベント関係者がX68をDisってるイベントって、X68ユーザー的には楽しいものなのでしょうか?

>X68000には「MSXにおけるグラ2」に相当するような凄い成果はない?
http://togetter.com/li/782342?page=1


それに、リアルタイムでMSXを遊んでいたユーザーなら、「MSX版グラ2」より、「メタルギア・ソリッドスネーク」のほうを「凄い成果」と言うのではないでしょうか。

ROM容量の都合?で、「エミュの違法ROMイメージで遊びやすかったのはソリッドスネークよりグラ2のほう」なのだそうですが、僕はエミュが嫌いなゲーマーなのでよくわかりません。


-----

なんともシッチャカメッチャカな記事になっていますが、細部を掘り下げると本当にキリがないので、今回の更新はこんな感じで。

次回もお楽しみに。


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2015-07-14 01:58:21

【追悼】岩田社長とローラーボール

テーマ:ブログ

任天堂社長・岩田聡氏の訃報が発表されました。

・・・ショックが大きすぎて言葉に詰まるなあ。

世間的には「任天堂の社長」でしょうが、僕世代のマイコン世代、ナイコン世代にとっては「HAL研のスーパープログラマ」という印象が強いです。

マイコン関連では日本ファルコムの木屋善夫、PC88などで活躍したたいにゃん氏、森田和郎氏、中村光一氏などが登場しますが、主にコンシューマで活躍した岩田聡氏はマイコン雑誌に注目される事はなく、しかし現役プログラマのままバグの無いゲームを作り続けていたように思います。

-----

MSXユーザーなら常識なのだそうですが、岩田聡氏はMSX初のロングランヒット・ゲーム「ローラーボール」を作った人です。

http://issuu.com/msxblog/docs/msx_magazine_1985_02_4e0baf2f002b21/82

MSXは発売当初から時代遅れのスペックで、その割には値段も高かったので、ゲームソフトの多くはActivisionなど洋ゲーの移植か、各家電メーカーが本体と一緒に販売したゲームばかりで、またROMではなくカセットテープでのゲーム販売も多かった時代なので、ろくなゲームがありませんでした。

ROM容量も乏しい時代だったので、後に主力メーカーとなるコナミも目立った存在ではなく、格安MSXで参入したカシオもまだ活躍しておらず、目玉となるゲームのないMSXのソフトは閑散としたものだっただそうです。
そういったMSXの初期に、じわじわと長く売れ続けていたのがHAL研のピンボールゲーム「ローラーボール」でした。

多分ですが「エッガーランドミステリー」なども岩田聡氏によるものだったのではないかなあと予想しています。他にもMSXソフトを作っていたのではとも思います。ソニーから発売された「ガルフォース カオスの攻防」はどうなんでしょうね?

HAL研は後に「HALNOTE」という、普通に考えたらMSXなんかでは無理なはずのGUIシステムも制作していますが、「MSXに関わって幸せになった人などいない」というジンクスの通りHAL研は経営難に陥り、MSXよりもスペックの劣るゲームボーイで「星のカービィ」などを制作し、HAL研はMSXと縁を切った事で復活しました。


-----

MSX以前のHAL研はVIC1001、マックスマシーン、コモドール64用ゲームも開発していたそうです。マックスマシーンはテレビCMもやってましたし、コモドール64はAppleIIに次いて知名度のあった海外マイコンだったような気がします。
HAL研制作のVIC1001ゲームはナムコのゲームの無断移植で訴えられたりしているのですが(笑)、Youtubeで見るとATARIが制作した公式移植のパックマンよりHAL研が作った「ジェリーモンスター」のほうが出来が良いという。
3DSでの「3Dクラシックス」ではナムコの「ゼビウス」が移植されましたが、これも初期ナムコゲーを知り尽くした岩田社長のゲーマー心によっての移植だったのかもしれませんね。


-----

ちなみに「ローラーボール」の進化系とも言えるゲームボーイのピンボールゲーム「66匹のワニ大行進」は出来が良いのでお勧めです。結構売れていたのか中古でも入手しやすいですし、バーチャルコンソールでも買えますよ。
HAL研は「ポケモンピンボール」などデジタルピンボール・ゲームでの良作が多いのですが、その始祖がMSXの「ローラーボール」だったと考えるとMSXユーザーって何をやってたんだろうなあ…と思ってしまいます。

デジタルピンボールは、PCエンジンではコンパイル開発の「エイリアンクラッシュ」シリーズ、セガサターンではカゼ開発の「デジタルピンボール」シリーズ等があり、テレビゲームならではの進化をしながらWindowsの「Pinball FX」シリーズへと進化していますが、その元祖となるゲームがファミコンの「ピンボール」やMSXの「ローラーボール」だったと言えるのではと思います。

岩田聡氏はもちろんファミコンの初期ソフト「ゴルフ」「ピンボール」「F1レース」「バルーンファイト」などを手掛け、スーファミでは「MOTHER2ギーグの逆襲」なども手掛け、ゲームボーイアドバンスのソフトでは、プロデュースなどの形で岩田聡の名前がクレジットされている作品が多数あります。

最近もGC版「スマッシュブラザーズ」のデバッグをやっていた事が対談で語られていました。
http://www.4gamer.net/games/999/G999905/20141226033/index_2.html
さらっと語られていますけど、とんでもなくハイレベルの事を造作も無くやっているのでは・・・。

小さなソフトメーカーのアルバイトから、日本を代表する会社の社長、世界中から愛されるゲームメーカーの社長になった岩田聡氏。

本当に心から、謹んでご冥福をお祈りいたします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-07-10 20:59:53

レトロを滅ぼすのは誰か?(仮の2)

テーマ:(レトロPC問題)

まずは些細なネタから。

2ちゃんねるでは「@mucom」氏と、横居英克氏が同一人物では?という話題が2ちゃんねるMSXスレで咲き乱れていましたよね。

当ブログの2ちゃんねるをソースとした情報網wで調べてみた感じでは、イベント会場などでmucom氏と会った事がある方に横居英克氏の写真を見せると「ああ、この人がmucomさんです」というお返事を頂き、逆に横居英克氏と会った事があるという方にmucom氏のツイッターを見せたら「このツイートは横居氏ではないと思う」というお返事を頂きました。

よって、現時点では「横居英克氏がキャラ設定を変えてmucom氏になった」というのが当ブログでの見解です。

(但し、こちらで用意した横居氏の写真が数年前のものだったので「髪の毛の薄さがちょっと違う!」という声も僅かにありましたので、断定には到っていない事をお断りさせて頂きます)

-----

いつものように「ソースは2ちゃんねる!」の当ブログですが、今回は皆さんそろそろ忘れているだろう橋本和明氏の2007年5月出版「違法コピー職人たち」から引用してみます。

(088P~089P)
私の回想録/著作権法で初の摘発を受ける!


 で、SFCのゲームを作っていたあたりで、SFC研究会が逮捕される。表面上はSFC研究会だが、実は、SFCのアダルトゲーム開発を止めさせたいというのが本音だったようだ。
 SFCでは、ゲームを発売する際、製造はぜんぶ任天堂がやることになっていた。任天堂は当然、生産時に利益を得る。だから勝手にゲームが生産されないよう、カートリッジの形に意匠登録を行ったりしていた。しかし、私が関わっていたアダルトSFCソフトは、当時300円などで叩き売られていた中古ゲームを購入、改造してカートリッジにし、販売していた。日本の「ジーコサッカー」の半分は拙作アダルトソフトに化けたといわれている。

 で、改造してゲームを売れば意匠権は問題がない。「同一性保持」という点では問題ありまくりなわけだが、わざと中古ゲームの上に簡単なシールを張るだけでソフトを販売することで、微妙に訴えられても「戦える」状況になっている。任天堂は「販売を停止させたい」のであって、お金が欲しいわけではない。結果裁判で相手が勝ったとしたって、裁判中は販売が続けられてしまうから意味がなかったわけだ。

 で、いろいろその身辺を調べてると、こいつらうちのゲームのコピーも売ってるぞ、となって、お縄となったわけ。このお縄は「日本発の違法コピー摘発」と相成るわけだが、オレはやってないぞといくら言っても、事務所が隣り合わせというか実質同じところだったわけで、そんな言い訳は聞くわけもない。

 当然うちの人間もゲーム好きだから、隣でコピーをぶいぶいしてたら「ちょっと貸してよ」ということくらいはあるし、刑事の「社長なんだから社員を逮捕されたくなきゃ素直に捕まれ」という言葉に納得して逮捕された。ただ私自身は不起訴になり、無事太陽を拝める体となる。釈放された時、エヴァンゲリオンがちょうど始まっていた。逮捕前にビデオタイマーをセットしていたのだが、なぜかうまく録画はできていなかった……。

 ヤバいことはひとつにしときゃよかったものを2つやったのが大問題なんだよ! と文句をいっても始まらないが、賠償要求は「もうアダルトソフトを売りません」ということとバーターで逃れることに。後、意匠権もなにもまったく関係ない形で、カートリッジを専用に起こした「SEM」というハードも作ってみた。カートリッジを上に差し込むタイプの、中継カートリッジのようなブツだったのだが…こっちはあまり売れなかった。


「任天堂のスーファミのゲームを改造して18禁ゲームを販売して逮捕された」という話ですが、ゲームの違法コピーも販売していたとか、社員がいたとか、隣に事務所がもうひとつあったとか、ちょっと普通じゃない事が平然と綴られています。

たとえばアニメの動画を違法UPする人は「販売目的」でもないでしょうし、「社員を使って活動」という事も、「複数の事務所を使い分ける」事もないでしょう。

橋本和明氏が社長を勤める「会社」は、アニメの違法コピーとかギャルゲーの違法コピーとかとは全然レベルが違う「金儲けの為に盗んだものを売ることを商売にしていた確信犯」ですから、他の個人レベルでの違法コピーとは悪人レベルが段違いです。


閑話となりますが、この時に違法コピー問題で任天堂が裁判を取り下げ示談で済ませた事で、数年後にマジコン問題が蔓延し、日本のゲームメーカーの多くが被害に遭ったのですから、任天堂法務部最大の失敗だったと思います。
最近は元気がないといわれ続けている日本のゲーム産業ですが、衰退させたのはたった数人のゴロツキの犯行だったと考えると、この問題がどれほど洒落にならないかがわかるかと思います。

-----

また、この文章中で興味深いのは「ヤバいことはひとつにしときゃよかったものを2つやったのが大問題なんだよ! と文句をいっても始まらないが」という部分です。

「文句を言っても始まらない」のは自分に対するセルフツッコミとも解釈できそうですが、「大問題なんだよ!」という言い回しは他者に対する言い回しでありますから、橋本和明氏が「ヤバいことを2つやった誰か」に「文句」の言葉を言いたい気分になったと解釈するほうが自然です。

1998年7月発売の「裏ゲーム読本」(138P・裏サークルで金儲け「タイホなんて怖くない」橋本和明&原田元喜 SFC研究会)では「俺は金に関してはノータッチで賞品の発送しかしていなかった」「ほほう。2000万か、思ったより少なかったな。2000万で捕まってたらやってられないな。」と、橋本和明氏は利益に関して知らなかったという事を語っています。

社長として逮捕されたはずの橋本和明氏が売り上げを知らないというのは妙な事にも思えるが、「事務所が隣り合わせというか実質同じところだったわけで」と書かれているように、隣の事務所に実質同じ「裏サークル」が存在していたのだから、ヤクザのお偉いさんの逮捕をかばって下っ端が身代わり逮捕されたようなものなのだろう。

-----

橋本和明氏に関しては、当ブログの2009-05-06の記事でネタにしました。
6年も昔の記事ですね~。

>【またMSX】結局は単純な話だった【いいかげんにしる】
http://ameblo.jp/akatenjpn/entry-10252767079.html


橋本和明氏が「SM調教師瞳」を作っていた隣の事務所で違法コピーをやっていた「裏サークル」が誰かというと、このブログではしばしばネタにさせていただいているMSX関係の面々では?という事になります。


・・・つまり、改めて考えてみると、MSX関連の問題ではなく、「MSXやスーパーファミコンを含む各種レトロマシンの違法コピーソフト・違法ハードを取り扱っている集団」だったようです。

この集団が「1chipMSX」というものを販売した時の売り文句で「FPGAを書き変えればMSX以外のマシンになります!」と言っていたのが珍妙で不思議だったが、もともとMSXなど興味や愛着などない連中だったからと考えれば合点がいく。

そういった裏サークルの面々が西和彦氏を後ろ盾にしてMSXの代表を名乗ったり、MSXアソシエーションを名乗って薄っぺらい電子書籍を出版しているのだから、MSXに愛着を持っているユーザーにとってはさぞかし歯痒い事だろうなあと思う。


-----

・・・と、今回はこの程度で。
中身の薄い更新でスイマセンwww

次回も薄い更新になる予定ですのでお楽しみに~www

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。