編集プロダクション・GROUP のブログ

Webから紙媒体まで、企画・編集・執筆・撮影・デザイン。
制作のすべてを請け負うプロダクションです。スタッフ(数名)が、取材活動を通して感じた日々の思いや出来事、読んだ書籍、映画などについて綴るお気楽&無責任ブログです。


テーマ:


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

「一晩寝かせたカレー」食中毒ご注意 ウェルシュ菌増殖
http://www.asahi.com/articles/ASK463CMDK46UTFL002.html?iref=comtop_8_04


~~~朝日新聞デジタル 記事より一部転載~~~
3月8日夕方から翌朝にかけて、
東京・世田谷の私立幼稚園の園児67人と教職員9人の計76人が次々と、
下痢や腹痛、嘔吐(おうと)の症状を訴えた。
複数の患者の便からウェルシュ菌が検出され、
保健所は、8日昼の「年長組を送る会」で食べたカレーが原因と断定。
カレーは、7日午前11時ごろから、
教職員と園児が職員室で、二つの大きな鍋を使って作り、
そのままの状態で、一晩常温で保存。
食べる直前に再加熱したという。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


これ!ほんと、危険ですよ。

数年前、友人にこんなことがありました。


ご近所のママ友さんから
「たくさん作ったの、おすそ分け。食べて~」
とカレーをいただいたそうです。
友人は

「ラッキー!今夜はカレーだ!」
と、大喜びで、美味しくいただいたのですが・・・。


その夜(深夜)・・・・
家族全員が
腹痛・下痢・嘔吐 で、
七転八倒、
死ぬほどツライめに・・・。

 

ウェルシュ菌
の仕業なのでしょう~。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

短期間ですが、過去に施設のお子さんを預かったことがあります。

「預かった」というより、

「我が家に遊びに来ていた」

というのが正しいかもしれません。

 

今では、彼女も、もう立派な大人・・・・。いい子に育ちました。

 

施設から我が家に来たとき(小学生の低学年)は、
まったく会話をしない子で、どうなることやら・・・と思いましたが、
数か月後には、少しずつ話してくれるようになって・・・。

 

凄く嬉しかったです。



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
{70033766-321F-4803-9461-AE236DFBD26F}

4月10日(月曜日)てす。
毎年、2月〜3月は忙しくて、
ブログ、SNS(Twitter、Facebook、Instagram)
の更新まで手がまわりませんでした。

気がつけば、桜も散りそうですね。

さて、今週も取材が目白押し。

頑張ります爆笑
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今夜は緊急特別企画!
3月20日収録の緊急放送SP。
「森友学園」、
「石原元都知事の百条委員会」
について徹底討論が行われるようです。
残念ながら関西は
放送時間が深夜0時30分から。
一応録画しますが、
リアルタイムで視聴しようと思います。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

3月3日の朝日新聞記事です。

必読です! ぜひ、ぜひ、ぜひ!

 

~~引用~~
3月8日は国際女性デー。
高校生の娘をもつ漫画家の西原理恵子さんは「男に頼り切るのは危険。
自分で稼いで。おすしと指輪は自分で買おう」と語ります。

~~~~~~

 

※プロフィール(by朝日新聞)

さいばら・りえこ 1964年生まれ。
高知県出身。武蔵野美術大学卒。88年『ちくろ幼稚園』で漫画家デビュー。
『ぼくんち』で文藝春秋漫画賞(97年)、
『上京ものがたり』『毎日かあさん』で手塚治虫文化賞短編賞を受賞(2005年)。
『毎日かあさん』は、11年に日本漫画家協会賞参議院議長賞も受賞した。
『鳥頭紀行』『女の子ものがたり』『この世でいちばん大事な「カネ」の話』など著書多数。
娘に宛てて書いた
新刊
『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』
(KADOKAWA)を4月に出版予定。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

気になっていたので、買いました!

今は、月末でバタバタしているので、
仕事がひと段落したら、読みます。

 

~~Amazon内容紹介~~
タレント、ロンドンブーツ1号2号の田村淳が今の自分と日本について、
思っていることを率直に語った初の新書。
テレビ番組 制作の現場で感じていること、
子供時代のエピソード、
今のネットや日本社会に感じる息苦しさ、
若い人たちへのメッセージな ど、
これまで見たことのない田村淳の意外な一面がかいま見える一冊。

(目次)
第1章 芸能界は息苦しい
第2章 サラリーマンも窮屈だ
第3章 田村淳はどのようにして誕生したか
第4章 『一隅を照らす』生き方
第5章 なぜみんなに認められたいの?

第6章 思考停止と依存体質を脱するために

(主な内容)
●僕はそもそも自分のことを芸人だと思ってない
●シャブ芸能人としゃぶしゃぶ食いながらシャブ談義する
●成功例のマネばかりするから企業も人もダメになる
●好きなことをやり続ければ、そのうち才能になる
●「東京では友達は作らない」覚悟で上京してきた
●売れない頃は7股もヒモ生活も経験した
●揺るぎなき理解者がいてくれると人生は心強い
●日本は年寄りが若い世代から金も機会も奪う国
●怒りに時間を使うのはもったいない
●「楽しそうに死んでいきやがった」と思われたい
●これから必要なのは学歴あるヤツより気が利くヤツ
●自分を追い詰めすぎないために、自分に適度にウソをつこう
●『アリとキリギリス』のアリのような生き方は好きじゃない
●日本人は勤勉じゃない。臆病で怠け者だと思う
●「思考停止」と「依存体質」だから、人と同じことをしたがる
●今こそ同調をハネのけ、バラバラの個になろう

内容(「BOOK」データベースより)
ツイッターで意見を言ったら大炎上、
一般人からのクレームにメディアや企業は振り回され、
人と違うことをすると嫉妬され足を引っぱられる…最近の日本はとかく息苦しい。
なぜ他人を叩き、無難を好み、みんなと同じになりたがるのか?
そんな空気に抗うように、
タレント「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳は、好きなことをやり続け、
テレビ以外の分野にも活動の幅を広げている。
なぜそんな生き方ができるのか?
芸能界の“異端児”が著す初の自分史、日本人論、そして若い人たちへのメッセージ。

登録情報
新書: 208ページ
出版社: 集英社 (2017/2/17)
発売日: 2017/2/17

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

地球に似た惑星、7個発見
39光年先の恒星の周りに


~~記事転載~~~~~~~~~~

 【ワシントン共同】
地球から39光年離れた恒星の周りに、地球に似た惑星が7個あるのを発見したと、ベルギーのリエージュ大や米航空宇宙局(NASA)の国際チームが22日付の英科学誌ネイチャーに発表した。

大きさや重さ、温度が地球に近く、水や大気が存在して生命を育むことができる地球型惑星の可能性がある。

同様な惑星は太陽系外で多く見つかっているが、一つの恒星系で7個も見つかるのは珍しい。

専門家は「銀河系は予想以上に地球に似た惑星であふれているのかもしれない」と指摘している。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

ロマンチックな気分になりました。

>大きさや重さ、温度が地球に近く、
>水や大気が存在して生命を育むことができる地球型惑星の可能性がある。

 

報道の続編に期待します。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。