セミナー講師FP明石久美の老い支度&葬儀コンサル&講演研修お仕事ブログ

ファイナンシャルプランナー(CFP/1級)、葬祭アドバイザーとして、全国で行っているセミナー講師業の様子や、趣味の神社仏閣巡りについて書いています。
たまに、遺言書や相続、エンディングノート、葬儀・お墓など老い支度や終活について思ったことも書いています。


テーマ:
愛知県名古屋市の名古屋西法人会で、「今から始める老い支度・終活準備 ~家族に迷惑をかけないための知識」セミナーを120分行ってきました(2014年11月18日)

141118名古屋西法人会


なんだかこのセミナーでは、色々なビックリがありました。

会場では、私が持参したパソコンとの接続がうまくいかなくて、プロジェクターにレジュメが映しだせず、能楽堂の方に見ていただいたりパソコンをお借りして接続してもらうなど、皆でてんやわんやしながらのスタート。

普段パソコンの持ち込みはせず、主催者さんに用意してもらっています。持ち込みだと早めに行かなければならないし、見られたくないデータもあるためそばで見ていなければならないし、妙に疲れてしまうのでイヤなのです。

ですので、めったにない出来事にやきもきしてしまったと同時に、皆さんにもご迷惑をおかけしてしまいました。


それ以外にも、セミナーのかなり前に、「レジュメまだなのですが・・・」と電話をいただいて、そんなに早く送る約束だったっけ?とすっかり忘れていてお待たせしてしまったり、「明日は税金のお話も含めてお願いします」と言われたときには、「聞いてないし・・・」というセミナー内容の要望を前日に知り目が点になってしまったり。

お電話をいただいてのやりとりがほとんどだったので、お互い”言ったつもり”があったのかもしれないと反省。

終活・老い支度セミナーで税金のお話と言われたら、必ず内容について確認したり、ご要望によってはお断りすることもあるため、前日の税金話にはかなり困りました。

話の内容と時間からして、税金の話は触れる程度がせいいっぱい。しかし当日、冒頭のあいさつでも代表の方が、「今日は税金のお話も聞けるようですし・・・」とおっしゃったので、期待されていることと依頼されたことの”食い違い”を目の当たりにして困ったのでした。

結局税金のお話はちらっとしか触れられませんでしたが、普段聞けない内容のお話に、それはそれでご満足いただけたようで、私も安心しました。

ですが、期待していた内容を提供出来なかったことが申し訳ないという思いでいっぱいです。
私が一言、「今の内容をメールで送っておいていただけませんか?」もしくは、「確認メールを送りますね」と電話を切る前に言わなかった私の配慮不足です。

同じような内容のセミナーを多くいただくので、誰と何のやり取りをしたのか記憶があいまいになってしまうため、メールの履歴に頼ってしまう自分も良くないのですが、お互いが気持よく当日を迎えられるよう、やはりやりとりの履歴は大切だと痛感しました。

141118名古屋西法人会

今回は名古屋城近くの能楽堂が会場でしたので、名古屋城の観光を・・・と思ったのですが、納期ギリギリの原稿があり、新幹線の中、下車後名古屋駅の新幹線待合室で原稿を作成することになり、結局観光する時間がとれませんでした。

ランチをする時間も20分位しかなかったので、早く食べられそうな”きしめん”をいただきました。これがとてもおいしかった。

何度か名古屋に来ていますが、そういえばきしめんを食べたのは初めて。みそ煮込みうどんやみそカツは食べたことがありますが、今まで何となく食べる気がしなかったんですよね。でも、油揚げが特においしかった。

名古屋に行ったときに必ずお土産で買って帰るのが、稲荷ずし。あの何ともいえない甘いお稲荷さんが好きで、売り切れの時はかなりがっかりします。その甘さとおなじ感じがまた気にいった理由の一つなんですけどね。

後日、新幹線ホームのきしめん屋さんが美味しいと聞いたので(確かに並んでいた)、今度名古屋駅に降りるときには食べてみたいと思います。


FP明石久美の老い支度&葬儀コンサルお仕事ブログ-セミナー・研修の申し込み・お問い合わせ

=   =   =   =   =   =   =   =   =   =
講師・ファイナンシャルプランナー明石久美

シニア向けセミナー、営業社員等への研修セミナーも行っております
◆セミナー講演・研修のテーマや内容の詳細はこちら
・老後準備や相続対策など老い支度、エンディングノート、遺言書、成年後見、相続、保険、葬儀、お墓などの終活セミナー

■講演地域:全国
AD
いいね!した人

テーマ:
東京都国立市で、老い支度入門~家族が認知症になって困ることについてのセミナーを60分、パネルディスカッションを60分行ってきました。

141116家族えんまん相続協会

今回は、知人の税理士先生が所属している一般社団法人家族えんまん相続協会からの依頼で、会場には50人超の方々がいらっしゃったようです。

第1部でセミナーを行い、第2部はパネルディスカッションで税理士先生の司会進行のもと、弁護士先生と司法書士先生と私の3人で、よくある相続トラブル事例などについてお話をしてきました。


最近相続で問題になるのが「認知症」。

相続対策では本人が認知症になってしまい家族が困るケースがあり、死後の遺産分割では認知症の相続人がいてスムーズに遺産分割が出来ないケースなどがあります。

今後認知症になるかどうかわからないけれど、もしも認知症になってしまったときには、本人も家族もどのようなことが困るのか、知っておくと今からすべきことが見えてくるものです。

60分という短い時間のため深くお話しすることはできなかったのですが、「認知症」が巻き起こす困り事やトラブル、今から考えておきたいことなどについてお話してきました。

そしてパネルディスカッションは、よくあるトラブル事例について図などで示しながら、持ち回りで事例を紹介したり、専門家それぞれの立場で意見や対策を述べたり、受講していただいた方も一生懸命聞いたり質問したりなさっていました。

セミナーとはまた違うイベントは新鮮で、私自身もとても楽しかったです。

141116家族えんまん相続協会


FP明石久美の老い支度&葬儀コンサルお仕事ブログ-セミナー・研修の申し込み・お問い合わせ

=   =   =   =   =   =   =   =   =   =
講師・ファイナンシャルプランナー明石久美

シニア向けセミナー、営業社員等への研修セミナーも行っております
◆セミナー講演・研修のテーマや内容の詳細はこちら
・老後準備や相続対策など老い支度、エンディングノート、遺言書、成年後見、相続、保険、葬儀、お墓などの終活セミナー

■講演地域:全国
AD
いいね!した人

テーマ:
埼玉県志木市にある、サービス付き高齢者向け住宅の「ケアサポートしき」さんで、エンディングノートから考える自分と家族の老い支度・終活セミナーを行ってきました(2014年11月16日)。

志木駅まで車で迎えに来てもらい、そこから約20分で到着。きれいな施設でした。1階がデイサービス、2~3階がサービス付き高齢者向け住宅、4階がショートステイという作りです。

以前、京都の有料シニア施設でセミナーを行ったときは、ホテルのような感じで富裕層の方向けの施設でしたが、こちらは一般の方でも入居できる施設です。

とはいえ、やはりそれなりに金額はかかるもの。
居住費だけではなく、サービス費、食費など含めるととても年金では足りない金額。

毎月の不足分を見積もると、やはりある程度の貯蓄は必要です。しかも、病気・介護などになってしまったら、別途お金がかかるのですから、生きるというのもリスクがあるな・・・なんてついつい思ってしまったりして。

人生の折り返し地点を既に過ぎている今から、老後のことを考え、どのように生きていくのか、どのように・どこで・誰と暮していくのかなど、「生きがい・健康・お金」について、しっかり考えておかなければならないと思う次第です。


今回は、近隣の方々や入居している方々約20人くらいがいらっしゃり、エンディングノートを含め、今から考えておきたいことについて60分お話してきました。


FP明石久美の老い支度&葬儀コンサルお仕事ブログ-セミナー・研修の申し込み・お問い合わせ

=   =   =   =   =   =   =   =   =   =
講師・ファイナンシャルプランナー明石久美

シニア向けセミナー、営業社員等への研修セミナーも行っております
◆セミナー講演・研修のテーマや内容の詳細はこちら
・老後準備や相続対策など老い支度、エンディングノート、遺言書、成年後見、相続、保険、葬儀、お墓などの終活セミナー

■講演地域:全国
AD
いいね!した人

テーマ:

三重県鈴鹿市にある社会福祉法人伊勢亀鈴会の福祉葬祭三重で、今から考えておきたい家族が困らないための対策セミナー講師を行ってきました(2014年11月15日)
141115伊勢亀鈴会 

合同慰霊祭後のセミナーで時間は60分弱。大切な人がお亡くなりになってから1年程度経過しているといっても、はやり思い出すと悲しみがよみがえるもの。

その後のセミナーですので、いつものように元気よく行うのもはばかれるし、神妙な語り口調では重くなってしまうし・・・と、さてどうしようか考えていたのですが、やっぱり前に立った時の雰囲気で決めるのが一番だと思い、ここは流れに身を任せることに。

とはいっても内容は相続対策がメインのお話。内容的にはちょっとカタイ。


実は、合同慰霊祭は日を改めて2か所で行うため、2回ともご依頼をいただいたのです。ところが私の1回目の都合がつかなかったため、2回目のみお引き受けすることになり、1回目は別の方に依頼をしていただくことになったのです。

それが、後日大変な思いをすることになろうとは・・・。

当初は終活セミナーということで、老後の準備や対策についてのお話をする予定でした。エンディングノート、成年後見、遺言書など、受講する本人や家族が今後困るかもしれないことや、今から準備しておくと良いことなどについての内容です。

レジュメも作成して主催者さんへ渡していたのですが、1か所目の合同慰霊祭が終了した翌日に電話がかかってきました。

1回目に依頼した先生がエンディングノートのお話を60分したそうなのですが、多くの受講者が寝てしまい、主催者さんのトップの方が、こんな内容ではダメだ!というので、相続のお話に変えてくれないかというのです。

話をする内容もレジュメも前の先生とは違いますし、葬儀・慰霊祭を行った遺族はすでに相続手続きが終わっている人も多いでしょうし、かなり違和感があります。

それを伝えたのですが、トップの意向が・・・との事なので、本来なら2種類レジュメを渡すことなどありえないのですが、両方を見てもらったうえで決めて下さいということにしました。

ですが、やはり「相続のお話で・・・」となってしまったのです。

当初予定の終活話の方が笑えるネタが多く話しやすかったのですが、さすがに相続対策のお話で笑えるネタはそんなに多くはないし、言葉も難しいので結構ツライ。

ある意味、とばっちりを受けたわけです。

主催者さんが、テレビにも出たことがある方ですしセミナーも行っているようなので依頼したのですが、まさか・・・。とおっしゃっていましたが。

おかげでいらぬ労力を使うことになり、主催者さんともども大変な思いをしてしまいました。


ですが反対に、私も数回講座の1コマを担当することがありますが、他の講師に迷惑かけることがあるかも知れないんだなと、肝に銘ずることができました。

ある意味、プレッシャーも含めて、よき学びになったと思っています。

141115伊勢亀鈴会 

FP明石久美の老い支度&葬儀コンサルお仕事ブログ-セミナー・研修の申し込み・お問い合わせ

=   =   =   =   =   =   =   =   =   =
講師・ファイナンシャルプランナー明石久美

シニア向けセミナー、営業社員等への研修セミナーも行っております
◆セミナー講演・研修のテーマや内容の詳細はこちら
・老後準備や相続対策など老い支度、エンディングノート、遺言書、成年後見、相続、保険、葬儀、お墓などの終活セミナー

■講演地域:全国
いいね!した人

テーマ:

茨城県水戸市で、今から考える老い支度・終活についてのセミナー講師を行ってきました(2014年11月12日)

2年前に水戸市で10回講座を行ったことがあるためそのご縁での依頼のようでしたが、今回は水戸市職員友の会の約20人ほどの方を対象に、今から考えておきたい今後のことについてお話をしてきました。

141112水戸市職員友の会 

内容は、エンディングノート、葬儀、お墓、相続対策についてのお話です。

エンディングノートを書こうと思っている人、既に書いている人、初めて知った人などいろいろでしょうが、作成するならそれなりの予備知識が必要です。その下地になるお話をしを少し。

また、葬儀やお墓についても今では考えも内容もさまざまで、それがゆえのトラブルもあります。ですので、それらについての現状についてお話を少し。

そして相続対策として、相続手続きの流れや遺言書などについて軽く。相続対策はお金持ちがするものと認識している人が世の中には多いので、なぜ対策が必要なのか、どのような場合には対策をしておくと良いのかについて、自分には関係ないではなく、関係あるかもしれないと思っていただく内容を少し。

つまり、今後準備するために知っておきたい全体像についてのお話です。はじめの一歩は興味を持つための知識を得ることです。


みなさんお知り合いの方同士のようで、会場に入った時には和気あいあいと賑やかな場でした。

知り合いが多い会場のメリットは、皆さんが緊張していないため雰囲気が和やかなこと。デメリットは、セミナー中におしゃべりをしてしまうことがあること。

ほんの一言程度ヒソヒソと話をする分には良いのですが、耳の悪い方は声のボリュームが大きく周りの人が気になってしまうこともあります。

今回はみなさんお話中は集中して聞いてくれていたので話がしやすかったのですが、私の大失敗が(汗)

何を勘違いしたのか90分講座を120分講座と思いこんでいて、終了時間間際でそれに気づき、あわてて残りの話題をかいつまんで話し終わらせる始末(汗)。

本当に申し訳ないと反省しきりの帰路でしたが、何でそんな勘違いをしているのだか・・・。

みなさんあまり気にしていないご様子でしたが、主催者さんにはご迷惑をおかけしてしまいました(反省)


その反省を踏まえて、現在では手持ちのレジュメ半分以降の各ページに、セミナーが開始する直前、終了時間を大きく書き、今日話をする持ち時間を再確認するようにしています。

2度と繰り返さないための失敗(学び)として、次に活かしていきます。

141112水戸市職員友の会 

FP明石久美の老い支度&葬儀コンサルお仕事ブログ-セミナー・研修の申し込み・お問い合わせ

=   =   =   =   =   =   =   =   =   =
講師・ファイナンシャルプランナー明石久美

シニア向けセミナー、営業社員等への研修セミナーも行っております
◆セミナー講演・研修のテーマや内容の詳細はこちら
・老後準備や相続対策など老い支度、エンディングノート、遺言書、成年後見、相続、保険、葬儀、お墓などの終活セミナー

■講演地域:全国
いいね!した人

[PR]気になるキーワード