セミナー講師FP明石久美の老い支度&葬儀コンサル&講演研修お仕事ブログ

ファイナンシャルプランナー(CFP/1級)、葬祭アドバイザーとして、全国で行っているセミナー講師業の様子や、趣味の神社仏閣巡りについて書いています。
たまに、遺言書や相続、エンディングノート、葬儀・お墓など老い支度や終活について思ったことも書いています。


テーマ:

ファイナンシャルプランナーの明石久美です。
2014年(平成26年)6月5日から毎週木曜日、千葉県浦安市高洲公民館主催で、4回にわたって「終活セミナー~今から始める老後準備」が始まりました。


内容は各120分。

第1回.6月05日(木)自分や家族が困らないための老い支度・終活準備
第2回.6月12日(木)遺言書は必要?不要?事例で学ぶ遺言知識
第3回.6月19日(木)知っておきたい葬儀・お墓事情
第4回.6月26日(木)こんなにある!相続の手続あれこれ

です。


今回は第3回目、葬儀・お墓についてのお話です。

140619浦安高洲公民館


今まで、葬儀について事前に考えておくなど縁起でもないといわれていたため、そのような風習はありませんでした。ですから、葬儀についての考え方は人それぞれなものです。

また、グレーな部分が次第にオープンになってきたことにより情報が多くなった半面、間違えた情報や葬儀社有利な情報も出回りました。

同時に、お墓の選択肢も多くなってきたため、供養に対する考え方も多様化してきました。

情報が多くなったり、選択肢が増えたことはよいのですが、そもそもの本質も見失っているような気がしてなりません。

葬儀なんてしなくていいから、骨はその辺に撒いてくれればいいから・・・と安易に発言する人もいますが、旅立つ
人はそれでいいかもしれませんが、遺された人は、亡くなった人の付き合いなども引き継いでいかなければなりません。

供養する側の気持ちをおろそかにして、「自分はこうでよい」というのはよろしくありません。

同じように、供養する側も「簡素でよい」、「お金など掛ける必要はない」、「形だけで」など、供養することに対してどう思っているのか疑問に思うこともあります。

確かに、お金をかければよいとは思っていません。「心のこもったお別れや供養」は支払った額に比例するわけではありませんから。

しかし、見送られる側、見送る側の双方の気持ちを無視した進め方をするのではなく、本当にそれでよいのか、よく考えてみることも大切なのではないかと思うのです。

そのうえで、自分は、我が家はこうするというのなら、周囲への配慮も忘れずに進めていくべきです。


今回は、今どきの葬儀事情とお墓事情についてお話してきました。
葬儀のスタイル、葬儀費用、葬儀社を選ぶときの注意点、お墓の種類、お墓を選ぶ前の注意点、お墓でかかる費用など、知っておいてもらいたい内容を中心にお話ししてきました。


次回は最終回、相続手続きについてのお話です。


140619浦安高洲公民館


 


FP明石久美の老い支度&葬儀コンサルお仕事ブログ-セミナー・研修の申し込み・お問い合わせ

 



=   =   =   =   =   =   =   =   =   =
セミナー、講演、講座、研修会などの講師依頼はこちら

セミナー講演の様子はこちら

アンケート結果・主催者・受講者の感想はこちら


シニア向けセミナー、営業社員等への研修セミナーも行っております。
 ・老後準備や相続対策など老い支度セミナー
 ・エンディングノート作成セミナー
 ・遺言書セミナー
 ・成年後見セミナー
 ・相続・保険セミナー
 ・葬儀・お墓など終活セミナー


セミナー講演・研修のテーマや内容の詳細はこちら  

■講演地域:全国

◆ホームページ終活・葬儀・老い支度相談所

◆相続専門家団体これから相続コンサルネット


PR
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
ファイナンシャルプランナーの明石久美です。
2014年(平成26年)6月16日、神奈川県横浜市の関内駅近くにある関東学院大学関内メディアセンターにて、「エンディングノートと葬儀・お墓知識」の終活講座の講師を2時間行ってきました。

対象者は、学生・一般の人で、20代~60代までの方がいらっしゃいました。

ファイナンシャルプランナー6人が、それぞれ得意分野の話をする講座のうちの1コマ担当です。
エンディングノートや葬儀・お墓についての知識は、他の5回に比べたら、雑学に近いかもしれません。

しかし、先々必ず行うことになるのが葬儀とお墓です。


今は情報過多で、どれが正しいのか間違えているのかわからないくらい情報が溢れていますし、考え方も、よしあしを別としてそれぞれです。

その情報が間違っていたら、間違えたまま考えてしまいます。

情報に左右されすぎず、原点に戻って、行う側、行ってもらう側それぞれの立場で考えてみることも大切です。
そして、関連する周辺知識も併せて持っていると、さらに違う視点でも考えることができます。


最近では、エンディングノートに情報を残しておこうと、エンディングノートを活用する人も増えてきました。

このノートには、葬儀やお墓の情報を残す欄があります。

葬儀やお墓の情報以外にも、病気・介護・財産などの情報を残す欄がありますので、それらを記入・作成するときの注意点を知っておかなければなりません。


今回は、エンディングノート作成時の注意点や、葬儀とお墓の今どき事情、対策の仕方や注意点などについてお話してきました。

 





FP明石久美の老い支度&葬儀コンサルお仕事ブログ-セミナー・研修の申し込み・お問い合わせ



=   =   =   =   =   =   =   =   =   =
セミナー、講演、講座、研修会などの講師依頼はこちら



セミナー講演の様子はこちら


アンケート結果・主催者・受講者の感想はこちら



シニア向けセミナー、営業社員等への研修セミナーも行っております。
 ・老後準備や相続対策など老い支度セミナー
 ・エンディングノート作成セミナー
 ・遺言書セミナー
 ・成年後見セミナー
 ・相続・保険セミナー
 ・葬儀・お墓など終活セミナー
 ・悪質商法の手口と対策セミナー
セミナー講演・研修のテーマや内容の詳細はこちら  

■講演地域:全国

◆ホームページ終活・葬儀・老い支度相談所

◆相続専門家団体これから相続コンサルネット

PR
いいね!した人  |  コメント(8)

テーマ:

ファイナンシャルプランナーの明石久美です。
2014年(平成26年)6月16日、横浜の関内にある関東学院大学で行う講座に向かう途中、東京都品川区にある品川神社に行ってきました。

京浜急行の新馬場駅すぐのところにある神社です。

こちらの神社でお水取りが出来るのというのでやってきました。


新馬場の駅を出るとすぐに品川神社が見えます。
140616品川神社

階段を上りきると、左手に浅間神社があります。
140616品川神社

浅間神社の左隣には、富士山に見立てた富士塚が。登るとよさそうなことが書いてあったので、帰りに登頂してきました。
140616品川神社

まずは、手水舎で清め、ご本殿で参拝。
140616品川神社

そして、右手にある鳥居をくぐると阿那稲荷神社が。こちらが上社で、天の恵みの霊が祀られているそうです。
140616品川神社

そしてお水取りができるのが下社。「地の恵みの霊」が祀られているとのこと。
140616品川神社

下社にある「一粒萬倍の泉」が今日の目当てです。


ところが・・・。龍の口からポタ、ポタとしか出ていません。柄杓が置いてある所から湧いている気配もありません。
社務所で聞いてみたら、そのポタポタがそうだとのこと。

誰もいなかったので、ペットボトルの蓋でお水を受け、おちょこでお酒を飲むみたいにちょっとお水を飲んで、少しだけお水をいただいてきました。

てっきり、普通に飲めるような水量があるのかと思っていただけに残念。


気を取り直して、こちらの泉でお金を洗い、商売繁盛をお願いしてきました。


FP明石久美の老い支度&葬儀コンサルお仕事ブログ-セミナー・研修の申し込み・お問い合わせ



=   =   =   =   =   =   =   =   =   =
セミナー、講演、講座、研修会などの講師依頼はこちら
セミナー講演の様子はこちら
アンケート結果・主催者・受講者の感想はこちら

セミナー講演・研修のテーマや内容の詳細はこちら

■講演地域:全国

◆ホームページ終活・葬儀・老い支度相談所

◆相続専門家団体これから相続コンサルネット





PR
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:

ファイナンシャルプランナーの明石久美です。
2014年(平成26年)6月5日から毎週木曜日、千葉県浦安市高洲公民館主催で、4回にわたって「終活セミナー~今から始める老後準備」が始まりました。


内容は各120分。

第1回.6月05日(木)自分や家族が困らないための老い支度・終活準備
第2回.6月12日(木)遺言書は必要?不要?事例で学ぶ遺言知識
第3回.6月19日(木)知っておきたい葬儀・お墓事情
第4回.6月26日(木)こんなにある!相続の手続あれこれ

です。


今回は第2回目、遺言書についてのお話です。


140612浦安高洲公民館



遺言書のお話は、自分自身関係ないと思っている人もいるため、最初に、なぜ遺言書のお話をするのかについてお伝えしています。

理由がわかれば、自分に関係あるかもしれないと思うものです。


お話しているうちに、最初はさほど興味がない様子でも、次第に考えている表情がうかがえます。


おそらく、遺言書の作成というよりも、自分たちの相続について、頭の中で親族関係図を描き、誰が相続人で、法定相続分はどのくらいで、誰に何を・・・など考えているのだと思います。


でも、これが大事なのです。


仮に遺言書を作成しようと思っても、相続人が誰で、何を誰に相続させようか、そもそも自分の財産は何があるのか・・・・などが分からなければならないのですから。



現実的には、イザ遺言書を作成しようと思っても難しいものです。

ルールもありますし、作成の仕方もあります。ただ書けばよいものではありませんから、自分で作成できるとは限りません。



どこの遺言書作成セミナーを聞きに行ってもそうでしょうが、120分程度のセミナーを聞いたからといって、ちゃんとした遺言書が作成できるわけではありません。


財産の種類や額、法定相続人、誰に何を相続させるか、はたしてそれでよいのか・・・など、すべてがその人のオリジナルなのですから、セミナーのような多人数を相手にする場所では個々のケースに対応して話をするなどできません。



そうはいっても、実際に遺言書を作成するかどうかは別にして、遺言書があるとよいケースもあります。反対に、遺言書があるがためにマイナスになることもあります。

作成する遺言書の種類によっては、作成する側、相続する側それぞれメリット・デメリットがあります。


まずは、自分にとって遺言書が必要なのか、作成するとしたらどのような点に気をつけなければならないのかなどを知っておくことが必要なのです。


次回は葬儀・お墓についてのお話をしてきます。


140612浦安高洲公民館


 


FP明石久美の老い支度&葬儀コンサルお仕事ブログ-セミナー・研修の申し込み・お問い合わせ

 



=   =   =   =   =   =   =   =   =   =
セミナー、講演、講座、研修会などの講師依頼はこちら

セミナー講演の様子はこちら

アンケート結果・主催者・受講者の感想はこちら


シニア向けセミナー、営業社員等への研修セミナーも行っております。
 ・老後準備や相続対策など老い支度セミナー
 ・エンディングノート作成セミナー
 ・遺言書セミナー
 ・成年後見セミナー
 ・相続・保険セミナー
 ・葬儀・お墓など終活セミナー
セミナー講演・研修のテーマや内容の詳細はこちら  

■講演地域:全国

◆ホームページ終活・葬儀・老い支度相談所

◆相続専門家団体これから相続コンサルネット


いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

ファイナンシャルプランナーの明石久美です。

2014年7月3日に2冊目の本、「認知症になる前にやっておくべきこと 」(PHP研究所)が発売になりました。

いざというとき困らないために、知っておくとよい事前の手続き対策と準備についての内容です。


この本も、コープ・生協やJAの組合員さん向けの宅配等のチラシ掲載で購入か、PHP研究所直販か、書店取り寄せになっています。



今から対策しておいた方がよいことは多くあります。

我が家には無関係と思って何も対策していなかったことが、あとになって後悔する人も多くいます。


そんな、大げさな・・・、こんなこと本当にあるの?と思うことも、現実的には「まさかうちが・・・」と口にするケースもあるのです。


本書では、実際に多く起こっているケースを踏まえて、事前に気付いてできることを自分なりに対策してほしいという気持ちで執筆しました。


知らなくてあとで後悔することもありますから、まずは知ることが大切です。

そのうえで、我が家はここは大丈夫、ここは準備しておこうとしてほしいのです。


知らなくて準備できないのと、知っていて準備しないのでは大違いです。

お読みになった方のお役に立てれば幸いです。


認知症になる前にやっておくべきこと(明石久美)



そして、

2年前の3月に発売された配偶者が亡くなったときにやるべきこと 」(PHP研究所)は、既に55,500部と、多くの方が手にとってくださいました。

ありがたいことです。


配偶者がなくなったときにやるべきこと(明石久美)


今回も、多くの方にお読みいただけるといいなと思っています。



FP明石久美の老い支度&葬儀コンサルお仕事ブログ-セミナー・研修の申し込み・お問い合わせ



=   =   =   =   =   =   =   =   =   =
セミナー、講演、講座、研修会などの講師依頼はこちら



セミナー講演の様子はこちら


アンケート結果・主催者・受講者の感想はこちら


セミナー講演・研修のテーマや内容の詳細はこちら  

■講演地域:全国

◆ホームページ終活・葬儀・老い支度相談所

◆相続専門家団体これから相続コンサルネット



いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード