セミナー講師FP明石久美の老い支度&葬儀コンサル&講演研修お仕事ブログ

ファイナンシャルプランナー(CFP/1級)、葬祭アドバイザーとして、全国で行っているセミナー講師業の様子や、趣味の神社仏閣巡りについて書いています。
たまに、遺言書や相続、エンディングノート、葬儀・お墓など老い支度や終活について思ったことも書いています。


テーマ:
隠岐の島(島後)でのジオバス観光のつづき。

参加した「ちちすぎコース」は、隠岐の建築様式を伝える佐々木家、玄武岩で形成された黒島、樹齢800年の乳房杉、180度の水平線が広がる白島展望台、樹齢650年のかぶら杉をめぐるコース。

佐々木家住宅へ立ち寄ったのち、黒島と乳房杉を見に向かいました。


黒島は、約350年前の噴火でできた噴火跡とのこと。

140921隠岐の島ジオバス_黒島 140921隠岐の島ジオバス_黒島

柱状節理と呼ばれる、高温の溶岩が急速に冷えたために起こる柱のような割れ目があり、溶岩が地表に噴き上がるときに地中深くにある岩石も見られるそうです。

この岩石は、溶岩に取り込まれたことによって出てきた岩で、マントル捕獲岩(マントルゼノリス)といい、かんらん岩とも呼ばれるそうです。

140921隠岐の島ジオバス_黒島


黒島のあとは、乳房杉。私が見たかった一つでもあります。

乳房杉は、樹齢800年、樹高38メートルある杉の木で、県の天然記念物。
24個の下垂根があり、母乳の神様だとか。

140921隠岐の島ジオバス_乳房杉 140921隠岐の島ジオバス_乳房杉

140921隠岐の島ジオバス_乳房杉

静かな山の中にあり、大自然を感じる場所です。


次は、白鳥展望台とかぶら杉を見に行きます。



FP明石久美の老い支度&葬儀コンサルお仕事ブログ-セミナー・研修の申し込み・お問い合わせ

=   =   =   =   =   =   =   =   =   =
ファイナンシャルプランナー明石久美


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
隠岐の島(島後)でのジオバス観光のつづき。

参加した「ちちすぎコース」は、隠岐の建築様式を伝える佐々木家、玄武岩で形成された黒島、樹齢800年の乳房杉、180度の水平線が広がる白島展望台、樹齢650年のかぶら杉をめぐるコース。

まずは佐々木家住宅へ向かいました。

140921隠岐の島ジオバス_佐々木家 140921隠岐の島ジオバス_佐々木家

中に入ると、専属のガイドさんがいて、建築素材や構造などについてお話をしてくれましたが、とにかく早口。

良く分かりませんでしたが、入口が3か所あり、通気を良くする工夫がされていたり、隠し扉があったり、当時使用されていた家具等があったり・・・だそうです。

140921隠岐の島ジオバス_佐々木家 140921隠岐の島ジオバス_佐々木家

140921隠岐の島ジオバス_佐々木家 140921隠岐の島ジオバス_佐々木家

140921隠岐の島ジオバス_佐々木家 140921隠岐の島ジオバス_佐々木家

佐々木家住宅が作られたのは天保7年。天保といえば200年くらい前のこと。
我が家の母方の戸籍謄本をさかのぼると、天保生まれのご先祖様が載っていらっしゃいます。

昔の人は色々な工夫を凝らしているんだな・・・という、漠然とした感想程度ですが、普段見ることができない物を見たり、由縁などを聞いたりするのは、とても勉強になりました。


佐々木家住宅の次は、黒島に向かいます。
ガイドさんの説明もまた楽しみです。


FP明石久美の老い支度&葬儀コンサルお仕事ブログ-セミナー・研修の申し込み・お問い合わせ

=   =   =   =   =   =   =   =   =   =
ファイナンシャルプランナー明石久美
 
■講演地域:全国

AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
セミナーの講師依頼で訪れた隠岐の島。
セミナー終了後に1泊することだし、せっかくなので観光をしたいと、事前に隠岐の島のガイドブックを手に、どうするか思案した結果、ジオバスでの観光に決定。

140921隠岐の島観光

タクシーでの観光やレンタカーもあったけれど、タクシーは予算の問題があり、ペーパードライバーの私にはレンタカーはムリだし、路線バスなどないし・・・という、ほとんど選択の余地がないなか、ジオバスがあってよかったと一安心。

宿泊した隠岐ビューポートホテルの1階に観光案内所があったので、チェックインした後でバスツアーの申し込みをし、ツアー終了後の「かっぱ遊覧船」も追加で申し込みをしたら、まさかの欠航。

フェリー出航までの約3時間、時間調整どうしよう・・・ということで観光案内所の方に相談したら、今日は文化会館でイベントを行っているからレンタサイクルで行ってみたら?と提案してくれたので、ならば行ける範囲の神社仏閣巡りもしようということになりました。


まずは今回は「ジオバス」について。次回から巡った場所のUPをしていきます。


「ジオバス」とは、ガイドの案内でめぐるジオツアーです。
「隠岐世界ジオパークデビューの旅」というバスツアーがあり、午前中発の「ちちすぎコース(島の東側)」と午後発の「だんぎょうの滝コース(島の西側)」の2つ。

「ちちすぎコース」は、隠岐の建築様式を伝える佐々木家、玄武岩で形成された黒島、樹齢800年の乳房杉、180度の水平線が広がる白島展望台、樹齢650年のかぶら杉をめぐるコース。

140921隠岐の島ジオバス_ちちすぎコース

「だんぎょうの滝コース」は、玉若酢命神社と八百杉、滝の裏側まで入れる壇鏡の滝、島前を一望できる那久岬灯台、湿原草原の油井の池をめぐるコース。

140921隠岐の島ジオバス_だんぎょうの滝コース


だんぎょうの滝コースにも行きたかったけれど、催行していない、午後ではフェリーに間に合わないなどの事情から、催行決定していた午前中の「ちちすぎコース」に参加することにしました。


朝9時~12時30分までの約3時間30分、「ジオバス」での観光出発です。

140921隠岐の島ジオバス

まずはバスに乗って、ガイドさんと運転手さんにごあいさつ。一緒に参加する方は、ご年配のご夫婦で私を含めて3人。2人以上でツアー催行のためご夫婦に感謝感謝です。

西郷港そばにある隠岐ビューポートホテル1階の観光案内所を出発して、初めに向かう先は佐々木家住宅。

その途中、ジオパークって何?という質問をされ、そういえば何?のような参加者に対して、「地球の事がわかる場所」だとフリップを出しながら説明してくれました。

140921隠岐の島ジオバス_ガイドさん

担当して下さったガイドさんは、大学の先生をなさっていたそうで、地質や自然にとても詳しい方。分かりやすい説明でトークも楽しく、質問もいっぱいされて当てられて、まるで学生になった感じで終始たのしく学習することができました。

どこから来たのですか?県の鳥は?県の花は?など、さすが元先生。多くの質問があり、選択での挙手、指されて強制回答(笑)など、移動中もとても楽しかったです。


次回は佐々木家住宅編について書いていきます。


FP明石久美の老い支度&葬儀コンサルお仕事ブログ-セミナー・研修の申し込み・お問い合わせ

=   =   =   =   =   =   =   =   =   =
ファイナンシャルプランナー明石久美

 シニア向けセミナー、営業社員等への研修セミナーも行っております
 ・老後準備や相続対策など老い支度セミナー
 ・エンディングノート作成セミナー
 ・遺言書セミナー
 ・成年後見セミナー
 ・相続・保険セミナー
 ・葬儀・お墓など終活セミナー
 ・悪質商法の手口と対策セミナー

■講演地域:全国

AD
いいね!した人  |  コメント(3)

テーマ:
セミナーを行うため訪れた島根県の隠岐の島(島後)。主催者の市役所担当者さんが、先日ブログでUPした水若酢神社と、今回の玉若酢命神社に連れて行ってくれました。

前回の水若酢神社とはまた違う雰囲気ですが、この玉若酢命神社も国の重要文化財で、八百杉には圧倒されます。

鳥居をくぐるとなんだか温かい空気に包まれる感じがします。

140920玉若酢命神社鳥居

歩いて行くと、神門が見えます。
140920玉若酢命神社神門

この神門のすぐ裏に、八百杉があります。右手が八百杉で、正面奥が拝殿です。

140920玉若酢命神社神門から本殿へ
140920玉若酢命神社の八百杉

人魚の肉を食べて不老不死になったといわれている八百比丘尼が杉を植えたとのことで、八百杉という名前になったそうですが、樹齢2000年を超えるとても大きな杉の木です。

八百杉から少し先に進むと、拝殿があります。

140920玉若酢命神社本殿

こちらの社殿は約200年前の隠岐最古のもので、水若酢神社と同じく隠岐造りで、国指定重要文化財です。

拝殿から見た八百杉はこんな感じです。

140920玉若酢命神社本殿から見た八百杉


今日は、西郷港のすぐそばにある隠岐ビューポートホテルに宿泊。
夕飯は、市役所の方たちと近くのお店でご一緒させていただきましたが、隠岐の島の新鮮な魚介類が本当においしい。

初めて食べる「あらめ」と「あかもく」もおいしかった。最初、幅広の変わったひじきの煮つけだな・・・と思い食べていたら、「あらめ」だと言われ、味噌汁に入っている海藻も何だかわからず聞いたら「あかもく」だと言われ、普段食しない海藻もいただきました。

そのほか、ボタンエビやグジなど一般的にお高いとされる食材まで、隠岐の島の食材を堪能してきました。

一人ではなかなかお店に入りにくいのと、どこのお店が良いのか迷うので、地元の方々が案内してくれるのはとても助かります。

それにしても隠岐の島の方言、かなり???でした。
地域によって多少隠岐弁が違うみたいですが、何度も通訳してもらう場面もあり、それもまた楽しいひと時でした。

明日はフェリーが出航するまで、世界ジオパークを堪能してきます。



FP明石久美の老い支度&葬儀コンサルお仕事ブログ-セミナー・研修の申し込み・お問い合わせ

=   =   =   =   =   =   =   =   =   =
ファイナンシャルプランナー明石久美

■講演地域:全国

いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
セミナーを行うため、島根県の隠岐の島(島後)に行ってきました。(2014年9月20日)
前日宿泊した玉造温泉からバスで出雲空港に行き、飛行機で隠岐の島に到着。

30数人乗りの小さな飛行機でしたが、飛行時間は20分程度。あっという間に隠岐の島の島後に到着です。
140920隠岐空港 

セミナー主催者である村役場の担当者さんが迎えに来てくれ、荷物をホテルに置いた後、水若酢神社と玉若酢命神社を案内してくれました。

まずは、水若酢神社へ。
西郷港から車で25分程度で到着。静かな場所にある神社です。
140920水若酢神社鳥居 

鳥居をくぐり歩いて行くと、左手に相撲場があります。
140920水若酢神社参道 

隠岐の島では相撲が盛んだそうで、映画「渾身KON-SHIN」のロケ地としてこの水若酢神社の相撲場が舞台となったそうです。
島民300人位がロケに参加したそうです。
140920水若酢神社相撲場 

こちらが神門。
140920水若酢神社神門 

そして拝殿。隠岐国一宮で、本殿は隠岐造り、国指定重要文化財だそうです。
140920水若酢神社拝殿 
 
ゆっくり時間が流れているような感じがあり、気持ちが落ち着く場所でした。

この後、玉若酢命神社に行ってきます。 
 

FP明石久美の老い支度&葬儀コンサルお仕事ブログ-セミナー・研修の申し込み・お問い合わせ

=   =   =   =   =   =   =   =   =   =
ファイナンシャルプランナー明石久美

■講演地域:全国
いいね!した人  |  コメント(1)

[PR]気になるキーワード