セミナー講師FP明石久美の老い支度&葬儀コンサル&講演研修お仕事ブログ

ファイナンシャルプランナー(CFP)・葬儀コンサルタントとして相続相談や遺言書作成などの「老後準備」や葬儀・お墓などエンディングについての「終活相談」のほか「セミナー講師」をやっていて感じることを中心とした日々奮闘中なお仕事日記です。

FP明石久美の老い支度&葬儀コンサルお仕事ブログ-セミナー・研修の申し込み・お問い合わせ


セミナーのお知らせるんるん  詳細はこちら

るんるん悪質商法から身を守る~さまざまな商法の手口や対策
2月23日(日)10:00~13:00  市ヶ谷駅

るんるん 配偶者が亡くなったときにやるべきこと
2月23日(日)14:00~17:00  市ヶ谷駅

るんるん 今から始める老い支度と終活~自分らしいエンディングノート
2月25日(火)14:00~15:30  等々力駅

るんるん人生の終活対策~間違った準備をしないための葬儀・お墓知識

3月5日(水)10:00~13:00  市ヶ谷駅

るんるん配偶者が亡くなったときにやるべきこと
3月5日(水)14:00~17:00  市ヶ谷駅


------------------------------------------------


テーマ:

ファイナンシャルプランナーの明石久美です。
2014年3月23日、東京都江戸川区のタワーホール船堀で、終活業者主催の「知って安心!相続と遺言」セミナの講演を行ってきました。


140323終活サポート


前回は東京都の中野駅前で行いましたが、あいにくの大雪の後だったので当日の人数はグッと減ってしまいましたが、今回は多くの方が受講していました。申し込みが定員を上回ったため、急遽広いお部屋に変更とのことでした。


遺言書について興味を持つ人が以前よりもだいぶ増えてきました。「お金持ちが作成するもの」という認識がなくなって来たからなのか、生前対策をすることに抵抗がなくなったからなのか、はっきりわかりませんが、いずれにしてもよいことだと思います。


それならば、遺言書作成の知識だけではなく、相続の流れや死亡した後のお金も含めて考えたほうが、考え方や分け方の工夫ができたり配慮できたりするものです。


ですから、相続人は誰なのか、法定相続分はどれくらいなのか、遺言書の種類は、メリット・デメリットは、注意点は、手続きの流れは、死亡した後にかかるお金にはどのようなものがあるのか、そのお金をどうするのか・・・など、少し広い視点で物事を考えてもらえるようなお話です。



ただ、90分という時間ですから、事細かにお話することはできません。
もっと深くお伝えしたいところですが、最低限知っておいてほしい内容に絞ってのお話です。


イザ、遺言書を作成しようと思うと難しいかもしれませんが、作成することで家族の争いを防ぐことができたり、自分の思いを伝えられたりしますから、作成してもらいたいと思いますが、遺言書の作成をしなかったとしても、事前にできる準備をある程度しておいてあげたりするだけでも違います。

140323終活サポート



FP明石久美の老い支度&葬儀コンサルお仕事ブログ-セミナー・研修の申し込み・お問い合わせ



=   =   =   =   =   =   =   =   =   =
セミナー講演の様子はこちら

アンケート結果・主催者・受講者の感想はこちら



シニア向けセミナー、営業社員等への研修セミナーも行っております。
 ・老後準備や相続対策など老い支度セミナー
 ・エンディングノート作成セミナー
 ・遺言書セミナー
 ・成年後見セミナー
 ・相続・保険セミナー
 ・葬儀・お墓など終活セミナー
 ・悪質商法の手口と対策セミナー
セミナー講演・研修のテーマや内容の詳細はこちら  


◆ホームページ終活・葬儀・老い支度相談所

◆相続専門家団体これから相続コンサルネット

いいね!した人  |  コメント(0)
PR

テーマ:



ファイナンシャルプランナーの明石久美です。
2014年3月10日、東京都新宿区にあるハウスメーカーの社員研修で、「成年後見制度と周辺知識」を3時間30分行ってきました。


今ハウスメーカーさん含め不動産業界の方とお話をしていると、お客様の認知症問題がよく話題になります。


開発区域になっているのに、土地の所有者である親が認知症で契約ができない、金融機関からの借り入れができないなどです。


成年後見制度を利用して、後見人をつければよいじゃないかと思っても、つけることによるデメリットがあるかもしれません。


成年後見制度は、メリットのみならず、デメリットがあることもありますし、使用するタイミングもあります。

ですから、あらかじめ成年後見に関しての知識を持っていると役立つものです。


そして、現実に起こっている認知症問題についての対策は難しいのですが、これから認知症になるかもしれない世代の対策ならできます。


そのひとつが遺言書です。


認知症になってしまったときに、どのようなことが自分自身困るのかだけではなく、家族がどのようなことで困るのかについても知っておくことが必要です。


それが分からなければ、対策はできません。

遺言書を作成しておくということと、遺言書で対策をするということは、同じようですけど少し違います。


6階建てのビルから景色を見るのと、東京スカイツリーから見える景色が違うように、多くの景色(背景)が見えたほうが、全体をイメージしやすく、どこに何が位置しているのかがわかります。


対策をするには、さまざまな角度から、さまざまな物事を考慮しつつ行っていくことが大切なのです。



FP明石久美の老い支度&葬儀コンサルお仕事ブログ-セミナー・研修の申し込み・お問い合わせ



=   =   =   =   =   =   =   =   =   =
セミナー講演の様子はこちら

アンケート結果・主催者・受講者の感想はこちら



シニア向けセミナー、営業社員等への研修セミナーも行っております。
 ・老後準備や相続対策など老い支度セミナー
 ・エンディングノート作成セミナー
 ・遺言書セミナー
 ・成年後見セミナー
 ・相続・保険セミナー
 ・葬儀・お墓など終活セミナー
 ・悪質商法の手口と対策セミナー
セミナー講演・研修のテーマや内容の詳細はこちら  

■講演地域:全国
北海道、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、静岡県、長野県、愛知県、三重県、和歌山県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、広島県、島根県、香川県、高知県、愛媛県、鹿児島県など全国で行っております

◆ホームページ終活・葬儀・老い支度相談所

◆相続専門家団体これから相続コンサルネット

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:



ファイナンシャルプランナーの明石久美です。
2014年3月5日の午後、東京都内の出版社でFP向け研修セミナー「配偶者が亡くなったときにやるべきこと」を180分行ってきました。


大切な家族が亡くなったときは、悲しみの中、さまざまなことを進めていかなければなりません。


葬儀、納骨、法要、財産調査、遺産分割、相続手続き、遺品整理・・・など、1年以内に集中しています。


期限がある手続きは、その期限までに行わなければなりませんが、初めて行うようなことや慣れていないことを行わなければならないのですから、それはとても大変です。


ですから、死亡した後、どのような流れでどのようなことを行うのかがある程度分かれば、なんとなくイメージできますし、どのような手順で行うのかもわかります。


全体像が分かっているのと分かっていないのでは全然違います。


自分は手続きしないからとたかをくくっていても、相続人であれば無関係ではありません。協力しなければならないこともありますし、知らないと不利になることだってあるのです。


知っているからこそコトを有利に進めることができる場面もありますし、出口が分かるからこそ、今行うとよい対策が見えてくるのです。



FP明石久美の老い支度&葬儀コンサルお仕事ブログ-セミナー・研修の申し込み・お問い合わせ



=   =   =   =   =   =   =   =   =   =
セミナー講演の様子はこちら

アンケート結果・主催者・受講者の感想はこちら


シニア向けセミナー、営業社員等への研修セミナーも行っております。
 ・老後準備や相続対策など老い支度セミナー
 ・エンディングノート作成セミナー
 ・遺言書セミナー
 ・成年後見セミナー
 ・相続・保険セミナー
 ・葬儀・お墓など終活セミナー
 ・悪質商法の手口と対策セミナー
セミナー講演・研修のテーマや内容の詳細はこちら  


◆ホームページ終活・葬儀・老い支度相談所

◆相続専門家団体これから相続コンサルネット

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

ファイナンシャルプランナーの明石久美です。
2014年3月5日の午前中に、東京都内の出版社でFP向け研修セミナー「人生の終活対策~間違った準備をしないための葬儀・お墓知識~」を180分行ってきました。


今では葬儀もお墓も、多種多様なのでどのようなものがあるのか、どのような注意点があるのかについてお話してきました。


自分ではこうがいい、これでいいと思っていることが、実は家族からしてみると困ることもあります。


葬儀や納骨は、自分が死亡した後に家族に行ってもらうものです。


ですから、自分の要望だけを主張するのはいけません。


また、親心のつもりで、子供に負担をかけたくないからと、いらぬ配慮をすることもあります。


例えば、とにかく葬儀は安くてよいとか、親族以外の誰も呼ばなくていいとか、永代供養のお墓のほうが子供もラクだろうからなどです。


子供が本当にそれを望んでいるのならよいのですが、供養される側とする側の気持ちのすれちがいがあるのはよくありません。


遺された家族の気持ちも考えてあげることが必要です。





FP明石久美の老い支度&葬儀コンサルお仕事ブログ-セミナー・研修の申し込み・お問い合わせ



=   =   =   =   =   =   =   =   =   =
セミナー講演の様子はこちら
アンケート結果・主催者・受講者の感想はこちら


シニア向けセミナー、営業社員等への研修セミナーも行っております。
 ・老後準備や相続対策など老い支度セミナー
 ・エンディングノート作成セミナー
 ・遺言書セミナー
 ・成年後見セミナー
 ・相続・保険セミナー
 ・葬儀・お墓など終活セミナー
 ・悪質商法の手口と対策セミナー
セミナー講演・研修のテーマや内容の詳細はこちら  

◆ホームページ終活・葬儀・老い支度相談所
◆相続専門家団体これから相続コンサルネット

いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:
ファイナンシャルプランナーの明石久美です。
2014年3月5日(水)に東京都内にあるFP教育研修機関にて、「配偶者が亡くなったときになるべきこと」セミナーを午後3時間行ってきました。

2014年2月23日(日)に行ったばかりだったのですが、今回は平日開催です。

前回と同じ話しですが、そのときの受講者の様子や自分の調子によって、内容が少し変わります。

レジュメに載っているものはそのままお話ししますが、雰囲気によってコレを話そうとか、こっちの話をしようとか、いつもは話をするけど今回はやめておこうとか、その場で決めながらお話しをしてきます。

FP教育研修機関主催のFP向けセミナーでは、事前に受講者の年齢やお住まいの地域、場合によっては仕事の業種がわかるので、その傾向と場の雰囲気で内容を決めるようにしています。


相続の手続きと一口にいっても、ケースバイケースのため、いたって簡単に手続きが済んでしまう人もいれば、かなり複雑な人もいます。

実際には、金融機関で相続手続きをせずともお金を下ろせることもあります。
相続人が1人だけ出向いて出来ちゃったなんてこともあるのです。

反対に、口座を持っている金融機関ごとに、当行所定の用紙に相続人全員の・・・なんていわれることもあります。

暗証番号を知っているから、下ろせるだけ下ろして金融機関で手続きしないで、端数を残したまま終わらせちゃおうなんて人も中にはいます。


現実的にはそういうこともありますが、専門家としてかかわるときには、法律に基づいたルールで行わなければなりません。

ですから、ここは法律どおりの手続きという流れでのお話しです。

FPとしてアドバイスするなら、コンプライアンスや業際を無視するわけにはいきません。

他業種と係わり合いをもちながらでなければ、相続手続きを行うことが出来ないものもありますから、その辺りも含めて、相続手続きの流れについて知っておくと役立つものです。




FP明石久美の老い支度&葬儀コンサルお仕事ブログ-セミナー・研修の申し込み・お問い合わせ



=   =   =   =   =   =   =   =   =   =
セミナー講演の様子はこちら

アンケート結果・感想などはこちら



シニア向けセミナー、営業社員等への研修セミナーも行っております。
 ・老後準備や相続対策など老い支度セミナー
 ・エンディングノート作成セミナー
 ・遺言書セミナー
 ・成年後見セミナー
 ・相続・保険セミナー
 ・葬儀・お墓など終活セミナー
 ・悪質商法の手口と対策セミナー
セミナー講演・研修のテーマや内容の詳細はこちら  

■講演地域:全国
北海道、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、静岡県、長野県、愛知県、三重県、和歌山県、大阪府、奈良県、兵庫県、広島県、島根県、香川県、高知県、愛媛県、鹿児島県など全国で行っております

◆ホームページ終活・葬儀・老い支度相談所

◆相続専門家団体これから相続コンサルネット





いいね!した人  |  コメント(3)

[PR]気になるキーワード