鳥籠

テーマ:

つい先程、昨日お茶の水でまとめ買いしてきた芸術手帳を読んでいたときのこと。

1969年のマルセル・デュシャン特集の芸術手帳である。(こんな面白いものが3冊で1000円の棚にゴロついている。)

ページを開くと、今は存在するのかしないのか数々の画材屋の広告が並ぶ。

もちろん画材屋だけに筆や具財の広告になるのだけれど、いい加減な広告ばかりで楽しい。

サイケデリックな広告を打ち出す、「宇宙堂画材店」というのもある。(宇宙堂はgoogleで検索したところ、いまでもそこらに点在している)


内容的には「デュシャンを乗り越えるもの」なんて記事がのっている。

69年にも今と同じことが題材となっているんでわけである。

パラパラとめくったところ、芸術に進展は特に見当たらない。

何十年も皆悩んでいるだけである。


人は意識状態にありながら、自分が生きている世界(日常)を理解できないという逆説的立場にいます。

何年しても悩みが同じなのは、上記からくるものではないでしょうか。


「繰り返し」という言葉があり、それは極端に言うと万物すべてに共通オプションのようなものになっていて、音楽は繰り返すだとか、文学だとかなんだとか。


それは単なる類似性にも思われることもある。


類似に関してはマイナスな面すら持っている。

類似物を訴え騒ぎを起こすこと自体、すでになんどもやられてきた類似なのに。





「あせる必要はない」という言葉を耳にしておおいに焦った。

時間(次元)にたいして焦りを持つことから、逃れなければ「繰り返し」の言葉でかたずいてしまう。

1本の線で時間(次元)を見たときに、線上ではなく、点上(視点方向でいう)にいたいと思った。

こんな自分でもその点上を経験した瞬間(瞬間自体、線上の出来事だが・・)は何度かある。(トリップのそれとはおそらく違う)


それは点から線へ復帰?した時しか感じられないものだ。(ただの一種の興奮状態でなのか。)


その時そこに音楽があることが多い。

自分にとって音楽の在り方はそうゆうものだ。(だから自分は音に一方的な意味が生じてしまう「歌」をあまり聞かないわけです)





そんな事を考えていると岩手の友人から電話がくる。

早い時間から少し酔っているようだ。


電話にでた途端、後ろで彼の子供の声がした。どうやら「ママ」もいるようだ。


「冬は帰って来るのか?」

まるで親父みたいだ、と思いながら「多分ね」などと答える。


夏に帰っていないので、帰って話しをしたい友人も多い。(8割が思い出話となってしまうことはわかっているのだけれど)

古い友人といっても共通の話題があるわけではない。声をきけば変化が分かる仲だ。なにを確かめ合うこともなく、安堵感ををともに、話は尽きる。


「ダーレー?」

この声は5歳になる彼の娘だ。


誰といわれてもなんて答えようか。この子が生後間もない頃、彼女の「ママ」によって私の膝に乗せられたことがあるのだけれど、膝に乗った途端泣き叫んだ始末。


生後まもなく向こうから嫌った女から「ダーレー?」などと言われる気持ち。

なんとも腹立たしい。


こちらも返答に困るが、「お父さんだよ」などと言ってみたところ、「フーン」で済まされる。


その後電話の向こうで「お父さんだってー」などと聞こえ実際にお父さん(ここでいう私の友人)に電話が変わられる。


そうじゃなくて・・・。


精一杯のお父さんギャグも、言葉遊びによって巧みにかわされ、5歳の女によって女性不信みたいなものが芽生えたような電話でした。
















地元の友人から電話があり、少し話していた。(もちろん少し岩手訛りを含んでいたに違いない)


AD

gl;:

テーマ:

NIのソフトシンセがにぎわっています。


http://www.midia.co.jp/products/index.html


来月はKAOSS PAD3を買おうとなど決め込んでいたのですが、少し考え直しています。


創作の軸になっているFM7の後継、FM8の登場が悩ましい。

周波数変調とは別のシンセシスを採用しているようで、もうFMじゃないではないか・・・とはいってはいけないのでしょうね。


期待大。


AD

tg

テーマ:

club king(桑原茂一の活動)のhp内、トークディクショナリーで今月頭に銀座apple storeで行われた、菊池成孔×茂木健一郎の対談が聞けます。

それにしてもclub kingなつかしいですね。

岩手にいた高校の頃は服を買いに仙台まで電車に1時間半ゆられ行ったものですが、仙台にはclubkingの専門店があったんですね。

桑原さんはいつも形をかえるので、いまのスタイルは好きではないのですが、当時のスタイルはストライクだったわけです。




ところで対談。

おしゃべりな2人の会話は散乱としていて、茂木さんにはいつものようにイライラします。

頭の回転が速いというか常人からしてみれば落ち着きないというか。

質問攻め。相手に興味があるのとは違い、自分の話をするきっかけつくりに相手に質問をしている感じです。


聞いてみてください。


http://www.clubking.com/contents/index_webdic.html


AD

2006/10/27

テーマ:

dispersion更新

cw ←クリック


師匠でもあるtransfigure氏の短歌5部作を載せました。


(短歌5部作が、尾道3部作みたいだ・・・・と思ったのは自分だけか・・・。)


以前traさんがwebで公開していたもの。もったいないので引っ張り出しました。





2006/10/26

テーマ:

divide更新

cw


sachiさんのものを公開。

みなさんもどうぞ。どんな表現方法でもかまいませんので、メールください.(勝手にこちら側で形を変えることもあります)

dada-experiment-society@m4.dion.ne.jp



以下 以前書いたものですが・・・。



dada-experiment-society

とはいったいどういったものか。


とりあえず名前をひも解いて見ましょう。


dada

dadaismの略称というのが一般的でしょう。


1900年代前半の芸術活動の一部ですね。

芸術活動というものがどうゆうものかというと、個人、文化それぞれで定義は違ってくると思います。もちろん定義付けなどしていないにこしたことはないのですが。

dadaがおこなってきた活動に対するリスペクトなどという意味で名前を拝借したわけではありません。

個人的影響の面でいえば、アサンブラージュ(寄せ集め、組み合わせ)のほうがよっぽどの衝撃があるわけです。

反合理主義、反道徳という根っこにあるスタイルへのオマージュといった具合です。


「理由があろうがなかろうが差別は反道徳」


experiment

実験、実際の試み。


実際の試みというのが重要でしょう。

思考は常にされているものです。しかしアイディアなんてものには多少の価値しかないでしょう。

似たような人間同士が主義主張を共有しあった末に何年たっても何も残っていない。馴れ合いだけのあのオレンジのトップページの共同体のようにするつもりはさらさらないのです。(あれなら黒の文字だけで罵声と飛ばしあう掲示板のほうが健全であったようにおもう)

先人でもあるメンバーの一人がある言葉を教えてくれました。

新しきパラダイムを作らんとするものたちよ。固まるな、散らばれ


私が活動を考えたとき、これを初心というのでしょうか。「既存物や既存概念の分解、分裂、分散」の文字が浮かびました。

創造でも破壊でも集合でもないのです。


なんどもいうように万物はすでにもうなにもかもやられてしまっているんです。


そこには大量の万物があります。コラージュやカットアップもある。


まとめて分解、分裂、分散させてやるのは、自分達の役目ではないかとおもったのです。(これは40年前からやられるべきことです)


society

社会


これにはとても矛盾を感じています。

自分にとって思考の枠組みの転換を個人で行うことは危険でしかないことです。

無視することが利得とされている現代ですから、ある程度の形が必要なわけです。

それは思想家と宗教団体の力関係にとてもあらわれていますね。


ただ足りないものを補いあうわけではなく、勝手にやってくれていればいいんです。勝手に考えてくれれば・・・。

形として完成されたもの、継続されているものは現在作成中のサイトにupしていこうとおもっています。


それは展示会ではありません。

素材としてです。

これも分解されることが目的です。

サンプリングでもコピーでも一片でも。


現在あるウイルスコードを利用してばら撒く事も可能なようです。

スプレッダーということになるのでしょうか。これは大きな課題ですが自分には知識がありません。

ウイルスも最近ではスパムメールに組み合わせた広告的、営利的なものがほとんどです。

オリジナルウイルスの製作者は、そのプログラムの癖や特徴から、世界中に30グループ。100~500人ほどといいます。

現在このように氾濫しているのは、スプレッダーの存在が大きいのでしょう。

すでにあるコードを書き換えて、営利目的に広告をばら蒔く。

サボタージュが目的だったオリジナル作者の意向などまったくないのが現状です。


話がそれましたね。


最後に簡単に正直に素直に言うと、せめて身の回りが綺麗で華やかで意表をつく生活環境になればという自己満足的な面も活動であるということを付け加えておきます。


dada-experiment-society akarma


y4

テーマ:

ut

阿部和重の「シンセミア」が文庫化されたらしい。


彼が出している中で一番の長編ではないでしょうか。


中古で買った上巻は売ってしまったので、単行本で買いなおすのもよいかも。計4冊になるらしい。


作品に関しては心理描写の強烈さにつきる感じです。


彼らしい?少しバイオレンスな感じです。


それでは、今日もお昼休みでした。


gs

テーマ:

アメリカのデューク大学など含む研究チームがおもしろいものを発表していますね。


自分は今日知ったのですが、物質を透明にみせる特殊人口素材を開発したみたいです。


光も電磁波の一種らしく、普段は光が物体にあたり反射することで、人はそのものを認識しているようです。


今回開発されたのは、光を反射させず、裏側に回りこませることのできる素材。

今のところ、その実験は球体の特殊素材で成功しているだけなので、さまざまな形の物質の光の反射を回り込ませることが課題のようです。


透明マントを作ろうとしてるんですね。


これについては米軍が見えない兵士や軍用機を開発するため取り組んでいるという噂も以前からあるようです。

もうあったりして。


gs



球体で成功しているなら、との特殊素材をつかった球体の乗り物でもつくればいいのに。

幅はとりますが・・・。




では、お昼休みでした。




隔離技術

テーマ:

wd


隔離


他のものから別にして隔てること。


dwd




隔離技術は温暖化の要因の一つとされるCO2空気中排出を抑制するべく開発がすすんでいる技術です。


CO2を地上に隔離したり、海洋に溶かすことで大気中への排出を減らそうという試み。まだ実施もなにもされていません。


さっき調べたんですが、CO2を地中に隔離することでなにが起るかということも予想がついていないようです。

研究段階ってやつです。


もちろん地中へ圧入する方法(技術)もはっきりしていません。


CO2は低温で超臨界状態(温度や圧力の変化で臨界点を超えたときに物質に起る状態。液体と気体の両性質をもつ状態)

になるため、圧入した際、地中にながれる地下水の影響が一番の問題であり課題のようです。

解けて溶解もするみたいなんですが、溶解しきれなかった分はどうなるの?みたいな問題が残っているようです。


dw


さまざまなものを物質としてみたとき(生物も、心理も)に隔離して起る影響は、なんでしょうか?

人でいえば隔離病棟からart(と称されたもの)が発見されたり、ひきこもりの中年の家からはその中年自身の遺体と、その1年は前に死んだとされた中年の両親の遺体が発見されるとともに、ノートには「パパ、ママは渡さない。」という一種感動的なメモが発見されたり。


隔離というものから生まれるものも多々ありますね。


w


やっぱり昨日は隔離してしまえばよかった。


fw





fdw

テーマ:

言語能力について考えさせられる出来事が今日あったので、その周辺について少し書かないといけません。



なににおいても「リアルタイム」というものに不信感を抱くようになっているのは何時の頃からかと考えたときに、けしてそれは今現在、決定されたことでもなくて処理段階であることに気がつきます。

不信感を抱くようになってのではなくて、不信感に気がついていなかったんです。(不信感という言葉はあまりヒットしないが)


リアルタイムによる偶然性や無意識的感覚は、どうも自身のものではなく、「なにか」に操られるものが大きくて、それを認知しないまま時間が過ぎていくことに、いちいち疑問を覚える事をする。という流れを大抵の人が組んでいます。

もちろん自分も例外ではなく、つねに自身のとった行動や発言に不安や疑問を感じています。それは単に「思考」を通過していないからでしょう。


こうなってくると処理スピード(処理能力ではなく)の問題になってくるのですが、自分の場合、前頭葉が未発達(未構築)の為にスピードなんてものとは無縁で、それこそ1年後に処理されるべきものが繋がったりする始末です。


普段自分は海馬に溜め込む事しか行っていないから、断片につながりをもたせることを苦手としていて、これは会話においても、音楽製作においても読書にすら言えることなのですが、大概の自己表現(普段の生活含む)というものが断片的なんです。


こうなってくるとどこからが断片でどこからが一固体なのかということにもなってきますが、こればっかりは対「外」に向かったときにどう認知されるかという問題ですから個人として考えたときには、断片すら安住の位置をたもてるわけです。



以下boss the mcのリリック


「一瞬の1mmが地球の一生、地球の1mmが人間の一生、人間の一生の1mmが今日1日、今日1日の1mmがこの瞬間。その瞬間に1億の細胞、1個の感情、1個の感情は今日1日の1mm、今日1日は一生の1mm、一生は地球の1mm、地球の一生は宇宙の1mm、宇宙の1mmが地球の一生、地球の1mmが人間の一生、人間の一生の1mmが今日1日、今日1日の1mmがこの瞬間」


ここで使われている言葉は単位としてのものなので、たまたま宇宙>瞬間、または瞬間=宇宙という関係でなりたったものです。


この関係性で事がなりたっているのなら、断片にも全体がつまっているという考え方もあるということになります。


言葉を発するのは、「知覚」「記憶」「意識の総体」が必要となりますが、この3つすら断片にはつまっているんです。


要はつまっているものが、「どこからどこまで」かということです。

100m走った記憶があったとして、その練習風景からゴールまでと、80mから85mまでの記憶はどちらが断片的かというと、大抵は80mから85mまでの記憶が断片的ととらえられてしまう傾向にありますが、結果的にはどちらも100m走っているわけです。


別に答えをだしたいわけではなくて、自分がどう処理していくかということは断片自体が解決することかもしれません。