Googleも進化する!

テーマ:
新着を見てたら
南平台で働くマジシャンのblogさんの
グーグル、映画検索サービスを提供開始
という記事を見つけた。

これはなかなか便利そう~。
でもまだアメリカとかだけのサービスなんですね。
早く日本でも始まってくれるといいなぁ。

今Gmailもアカウント持ってるんだけど、
これも日本語サービス始まってくれないかなぁ。
まだベータだからだいぶ先になるだろうけど、
画面が全部英語ばっかりで、
英語の成績が地をはうような人間にはちょっと拒絶反応が…。

webディレクターが英語ダメとかってどうなの
て言われそう…
AD

IEも進化する?

テーマ:
IE 7.0はタブ付きブラウジング機能を搭載 (IT Pro)

周りがこぞってタブブラウザになる中で、
かたくなにタブを使ってこなかったIEもいよいよタブ化。
むしろなんでIE6あたりでタブにしなかったの?てくらいですが。
個人的にタブブラウザにすっかりなれてしまったので、
IEでぱかぱかウィンドウ開くのはもう耐えられません。

あとマウスジェスチャーも搭載してほしいなぁ。
あれがないと不便で仕方ないです。
ポップアップ抑止も。
これはセキュリティ強化版で標準装備なのかな?

記事にはMozillaに機能パクられるから沈黙してるんじゃ?
とか書かれてますけど、
逆にIEこそMozillaのいいところをガツンガツンパクってほしいです。
そうやってリスペクトしあいながら発展すればいいんじゃない?
ま、とりあえず脆弱性のすくないソフトにしてください、と。
AD

NHK教育とオタク

テーマ:
今日のNHK教育で、オタク文化が取り上げられました。
ビエンナーレっていうイベントで、
アキバが取り上げられたことがきっかけでの特集みたいです。
今まさにやってるんですけどね。

一言でいうと、
NHKといえどもそういう偏見に基づいたものなのねー
てカンジです。

オタクといえば、
オタクだということを隠してる人も少なくありません。
かく言う私もカンペキにオープンにしてるわけじゃありませんし。
隠しているわけでもないけど。
なんで隠すのか、ていうと、
オタクだって知られると、友達をなくしてしまったり、
なんとなーく偏見の目で見られちゃうからなんですよね。

私は幸い、そういう人にあたったことはないんですけど、
マンガが好きだっていうだけで、
異質なもののように思われてしまうのはやっぱりちょっと残念ですね。
趣味なんて人それぞれだと思うのに。
確かに、節度をわきまえない人とかはいますけど、
そういう人かどうか、友達やってればわかるでしょ?
ステレオタイプのオタク像を勝手に当てはめて、
この人ってオタクなんだ…みたいに去っていく人は、
結局その程度の関係でしかないのかもしれません。

まー、自分がちょっと一般人とは違う感覚を持ってるということは
自分でも認めますけど。

こうやって語るのもオタクの特徴のひとつかなw
AD

デジタルデバイド

テーマ:
日本語で言うと情報格差、だったかな。
用語の詳しい解説はIT用語辞典「e-Words」でどうぞ。

最近は採用関係とかもだいぶネットでカバーされるようになってきていて、
ネットくらいできないと就職活動もままならなかったりする。
(業界にもよるんですけど)

情報収集は新聞じゃなくてニュースサイトから。
調べ物は辞書じゃなくてGoogleで検索。
ホテルの予約もインターネットで。

非力な私も一人で抱えられるこの箱ひとつで、
なんでもできちゃう世の中ですけど
逆に言えばこの箱ひとつ無いだけで、
新聞を取ったり、広辞苑をはじめとする辞書を用意したり、
情報誌と電話片手に予約したりしないといけなくなる。

それがいいか悪いかじゃなくて、
パソコンがあるかないかで接する情報量が違いすぎるってことが
この言葉の言いたいキモなんでしょうね。

ネットにつないでるからって、いいことばっかりってワケでもないと思うけど。
集団自殺とか、明らかにネガティブなほうに影響受ける人もいるし。
悪いこと覚えちゃう人もいるし。
ヘンな画像見せられてショック受ける人もいるし。
ネットには確かに情報があふれてるけど、
その情報をうまく取捨選択していく技術も必要なんだろうなぁ。

でもネットにはたくさん有益な情報があるので、
ネットがなくても…、て人にもぜひ活用してもらいたいなぁ。

と思うので、
「パソコンはあるけどネットにはつないでないんですよー」
と言った美容院の店員さんには
ぜひネットにつないでほしいと思います。

1回タダでカットしてくれたら私がネット環境整えてもいいですよ
て言っておけばよかったかな?w

本が届いた~

テーマ:
昨日注文していたMovable Typeの本が届きました。
パラパラーと見ただけだけど、
結構丁寧に書いてあるようで、役に立ちそうかな。

MovableTypeは最初はただのブログ用ソフトだと思ってたけど、
あれこれいじると実は高性能なソフトということに気付いた。
ただのブログ用だけじゃもったいない。
もっとも、その性能を使いこなせるかどうかは、
使う人間のスキルに大きく依存するわけなんだけど。
あと性能を使いこなせてもサイトデザインはまた別の話なんだけど…。

webの入り口は広いけど奥が恐ろしく深いです。

----------------------------------------------


著者: エ・ビスコム・テック・ラボ
タイトル: Movable Typeスタイル&コンテンツデザインガイド―コンテンツ管理システム(CMS)ツールとしてのMovable Type活用術&実践サイトデザイン術

カウンタを設置

テーマ:
ヘルプを見てたら、カウンタを設置できるらしかったので、
できるというならやってみようじゃん、と設置してみました。
xreaにおいてる夢カウンタでid増やして設置しようと思ったけど、
なんでかどうしてもうまく行かないので、
http://counter.j-ns.com/
でレンタルしました。
適当に検索して、js使わないカウンタで最初に見つかったってだけですが。
軽いみたいでわりといいかな。
カウンタの数字画像が選べないとか微妙な部分もありますけど、
まあ数字の色を選べるのでそのへんは気にしないでおこう。

設置にあたり、
風マニアさんと麻・雀・生・活さんを参考にしました。

仕事で趣味を充実させる

テーマ:
1月から人事異動でwebディレクターになった人のブログです。
仕事で覚えたことをメモっていって、
家でサイト作るときに参考にしてやろうという魂胆w
会社はヒミツ。
身元ばらして仕事の内容を書いてるとクビになるというのがブログの伝説。
(あんまり信用しないように)
まあ、それはないんじゃないのー、とかを気兼ねなく書きたいので、
身元ばれそうな情報は伏せときます、てくらいです。

たまーには実のあることを書けたらいいかな。
読んだ人が資料的に使えるようなことが書けたらいいかな。
webディレクターが何してるか、ちょっとでもわかってもらえるといいかな。