2005-10-24 22:36:08

第2回うみぶどう十字軍遠征

テーマ:怒髪天史学
今日ちらっと外に出たら、乾いた冷気の中に冬のにおいがしました。金木犀のにおいを、もっと堪能すべきだったと後悔しています。


さて、そんなどうでも良い事はさておき、

ウミブドウ研究室のM1で、またもやコンペに参加することになり申した。

つかやる事は先週から決まってて、ウミブドウ先生は

「お前らはよ手動かせよ!こんなん5個くらい案つくっといて最後にどれにするか選ぶくらいでないとあかんのや!」

などと息巻いておられたのです。まるで我儘アイドルスタアです。

とはいえ、そんなアイドルのウミブドウ先生は今週京都に居られませんでした。
こんな状況は、マリオで言うと、まるでコイン取り放題のボーナス面みたいな状況なのです。


祭りや!祭りや!節子、ドロップ買ってきたでぇ!(※)


と、狂喜乱舞した我々はこの一週間、1upしまくりという快感に溺れ、全員何もやっていないという大変に危険な状態でした。


でも、ああ、時間とは何と無情に流れて行くのでしょうか。
ウミブドウさんは明日帰ってきてしまうのです・・・。
祭りの終焉です。


そこでさすがにヤヴァいよね、と焦った我々は、M1級閣僚会議の結果、今日の夜中から敷地を見るために、神奈川県は小田原までブーブで出陣を決意したのです。
目指すはドラゴンボールが眠っているとされる小田原城。

気合を入れるため、全員ちょんまげを結い、腰にはきび団子をぶら下げ、ズボンのチャックは半開きにしておきました。


てか遠いよー。
どうか事故りませんように。どうせなら箱根温泉とか行きたかったけど、時間ないし無理やろなー。


では。
どうでも良い日記ばっか書いてほんますんまへん、ほんますんまへん。



(※)「ホタルの墓」の節子です。念のため。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-06-19 15:57:45

僕の野次さんの叱咤

テーマ:怒髪天史学
そろそろ映画パロディネタのタイトル(※1)にも飽き飽きしてきましたし、数少ない読者の方々も呆れ顔でしょう。

今日で最後、今日で最後、と思いつつも、思い浮かばなかったら昨日の自分に負けた事になる、という強迫観念のもと、次々と頓痴奇なタイトルを考えてしまうのです。

ちなみに本日の次点候補生↓
(軽くフィクション、ムネオは判ってくれない、バッカ郎66、突然ホストのごとく、などなど。)
元ネタに関する質問・苦情などありましたら宜しくお願いします。


さあ本題に入ろうかしら。


本日はもう何から話していいやら・・・。


つって特に突飛な御話を用意してもないんです。
では昨日の僕と先生の間に起こったびんびん物語の件でも。
下ネタじゃないので御婦人方は安心して頂戴。


昨日は、この一ヶ月程かかりっきりだった御仏蘭西プロジェクト(※2)の発表の日でした。
研究室のゼミナアルの最後に、私達の発表の時間が与えられたのです。鉛を飲み込むようかの気持ちで前座の先輩諸兄の発表を聴きつつ、時にはモジモジと尿意を我慢しながら、時には居眠りをしてヨダレを垂らしながら、そして時には誰かが立てた放屁の音に耳をそばだてながら、私は出番を待ちました。


そして、諸兄の発表も終わり、サア私達の出番です!


私達は、おずおずと成果をムネオ先生の前に広げました。前日の日曜からずっと徹夜して印刷し、裁断し、貼り合せた8枚にも及ぶ横長プレゼンシート四部。


どうだ!このモジャモジャ頭めが!


私は内心この苦心作に自信があったのです。しかし、その自信と労苦は一言のもとに泡沫に帰せられました。


「四部も要らんがな、勿体無い。君等金持ちだねえ。」


皆が見やすいように、徹夜でエロサイトを見つつ四部刷った私に対し、その言葉は失礼な奥様そのものでした。更には、なけなしのお金を叩いて、ミドリ電気でトイレを借りるついでに印刷用紙も購入したというのに。


そこまではまあ許すとしましょう。


読まぬなら読んであげようホトトギスとばかりに熱く説明を始めた私達に対するムネオ師の反応は、私達の予想に反して、寺町のタニヤマムセンの店員の男性客に対する態度よりも冷たいものでした。


「書き過ぎや!」


私は一瞬、普段の私の性生活、すなわちマスをかきすぎている事を批判されているのかと思いましたが、どうやらそうではない、という事に3秒後に気が付きました。


そこからはもう、ジャパネット高田の商品宣伝の如く、あるいは亀の甲羅を踏み続けて無限1upし続けるマリオの如くしつこい叱咤を受け続けるハメになりました。
私はその時間を乙葉に土下座して結婚をせがむ藤井さんの姿を想像しながら耐えました。


その後、第二日赤病院精神科での診察が必要なくらい消沈した私達が、颯爽と駆け込んだのは、びっくりドンキーでした。

店内に足を踏み入れ、ふと音楽に耳を傾けると、


何と言う事でしょう。


往年のスキャットマン・ジョンさんの曲がかかっているではありませんか。

ピーパッポッパラッポ パッポッ パラッポー

店内に延々と響くスキャットマンジョンさんのスキャット。そして
それを聴きながら貪るハンバーグセット。

例えホリエモンが六本木ヒルズの高級レストランでいくら金を積んでも、こんな幸せな体験は到底できないでしょう。

これによりムネオ師搭乗B-29通称「エノラ・ゲイ」(※3)によって完全に荒野にされた私達の心は潤いを得、再び明日への行路を何とか見出したのです。





どうやら、いつも通り、否、いつも以上のクソ日記を書いてしまったようでゴメソ。
自分への憤り以上に、糞日記をここまで読んでしまった暇人諸兄の失った時間と労力に、心より哀悼の意を表します。




(※1)タイトル原題:「僕の伯父さんの休暇」ジャック・タチ
(※2)この夏、学校筋で参加させて頂く事になった仏蘭西での建築ワークショップ。これに参加するためには予備研究として、一つのプロジェクトを完成させる必要があったのです。ジョンムーベル氏との共同プロジェクトでした。

(※3)広島に原爆を投下した鬼畜米帝軍の長距離通常爆撃機の名前
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。