2005-08-02 06:59:00

新・惨事郎 ’05 夏 (下) ~隠し球でアウト編~

テーマ:童貞力学特論

はー、書きます。

ペイペーイ。



・・・

いよいよ日曜です。

この日は、一日かけて琉球の風景についてのレポートをするつもりでしたが、まずこの課題に全くもって興味を抱く事ができなかったために、一向に進みません。そして気持ちの隙をついて、ふと例のエイドリアソさんの事を考えてしまいます。

そういえば昨日の、鴨川沿いを二人で歩いてる時の、

「何のレポート書いてるんですか?」
「琉球についてなんですけど、あんまし興味持てなくて、全然進まないです」
「へー、私、昔沖縄にしばらく住んでた事ありましたよ」

という会話をふと思い出しました。
澄んだ海辺と、ひたすらに青くぬけた空の間に立つエイドリアソの姿を想像し、一人、うむ、似合っとると感心しました。


今思えば、これも一つの重要な布石だったのですが、聞いた時にはそのような事は微塵も気付く術もありません。


さて、レポートもやる気しないし、立ったり座ったり、そわそわと家で過ごしていると、ケイタイがブルブルと震えました。
エイドリアソです。


・「今日ほんとにお願いしても良いんですか?すごい雨ですけど。。。一応5:50くらいに抜けようかと思ってます」


自分は快諾の旨を返信しました。普段使ってるような2ちゃんねらークサイ顔文字は勿論一切使わずに。

彼女の今日の予定はこうです。
本来ならば、6:10までのスクーリング@造形大ですが、香川の高松までの高速バスの出発時刻は6:50分。従って、電車とバスで京都駅まで向かう事を想定すると、せめて一時間弱くらい前には造形大を後にしなければなりません。車なら、30分くらいで着くと思いますが、この日は雨で、しかも時間帯も時間帯なので、余裕をもって六時前には出発しようという事になったのです。


以前自分がSAをした時のように、今回も講義を早ぬけして駆けてくる彼女を、今回は迎えに行く事ができるのです。


家でそわそわしている内に、5時になりました。
自分は若干焦りつつ、颯爽とブーブで出発しました。
車内BGMは、今日外との天気とは対照的に、gladstone and anderson 。ラウンジーなピアノとかが入っちゃってるオサレレゲエです。


約束の時間には絶対間に合うのですが、若干急ぎ目に車を走らせました。これには理由があります。
造形大の前には、GRANDIRというおいしいパン屋さんがあります。ここの菓子パンは本当においしいので、是非エイドリアソに食べてもらいたかったのです。しかも、午後からずっと講義を受けてそのまま帰る訳ですから、きっと疲れてるはずだし、お腹もすいている事でしょう。
自分は最大限紳士的思考を働かせました。普段は変態的思考が8割を占めるため、これにはかなりの精神的HP(ヒットポイント)を要しました。

5:30分にはもう造形大前に着いてしまったので、予定通り、甘いパンと、午後の紅茶を買って、しばらくあの時代錯誤の神殿校舎の階段に座りながら彼女が出てくるのを待ちました。

6:00前くらいになって、そろそろかな、と思って上を見ると、大きな荷物と今日作ったと思われる模型を持った彼女の姿を認める事ができました。自分は急いで階段を駆け上がって、華奢な体から提げた旅行カバンを奪いました。


「ありがとう、ほんと申し訳ないけど、宜しくお願いします。時間、大丈夫ですかね?」

「うん、意外と道も混んでなかったし、全然大丈夫ですよ。」



などと、およそ普段変態を常態としている自分はくさいくさいニセジェントルマソに変貌しました。

ここからは、比較的ゆっくりのんびり、ブーブの中での時間を過ごしました。先程買っておいたパンも、エイドリアソは喜んでくれたようで、自分の虚栄心も満たされました。駅までの途中の会話は、これまた自然な感じで、今日のスクーリングのこと、信号待ちの間にちらっと見えた京大石垣カフェのこと、鴨川の上流のほうの雰囲気の事、その他、何でもない事ばかりでしたが、自分にとってはそれがとても嬉しい事でありました。お互い、今から彼女が帰ってしまう事は敢えて口にしません。

運転中だったのでチラリとしか見れないエイドリアソでしたが、柔らかさに溢れたくちびると、その上にある小さなほくろ、大きいけどどこか眠そうな目元は、自分にとって強烈なアッピールで、いつ事故ってもおかしくはありませんでした。





さて、ここからがアレです。




「そういえば、前ふと思ったんですけど、どうして広島出身で今香川に住んでるんですか?」



勿論、この質問には、例えば就職の関係で、とか、家族の関係で、等の答えが軽く返ってくるものであると自分は予測していました。


今では、何でこんな質問してしまったのかと、ただ後悔の渦の中を漂うのみです。もう少し、数日後の自分に気を使って、こんな事聞かなけりゃ良かったのに。



彼女は、それまでの会話と同じように、自然かつ明るい口調で答えました。









「今、彼と住んでるんです。」










ブフォッ!!!キキィー、ガッシャーーーァン!!!!!!

三流ドラマだったらここで車を急停止、追突事故。
コントだったら口に含んだ牛乳を相手の顔に噴射。
言葉で28G(重力の28倍)くらいの衝撃を受けたのは初めてです。
スペースシャトルの乗組員ですら、これだけのGに遭遇するのは稀でしょう。一瞬圧死するかと思いました。否、実際心は圧死してました。それはもうピョン吉みたいにぺっしゃんこ。




エイドリアソの彼は、一時は沖縄で大工の修行して、今では香川で就職しているそうです。
彼氏いるってのは最初に言われたから知ってたけど、同棲してるとはね。



この時自分の頭の中では、
今まで彼女の口からでた話の断片が、一気にパズルよろしく一枚の情景とストーリーを描き出します。
沖縄に一、二年住んでいたというのはきっと彼と住んでいたのです。
自分が家で夢想した、澄んだ海辺とひたすらに青くぬけた空の間に立つエイドリアソの姿の隣には、ムキムキマッチョな(あくまで想像)一人のイケメソ男性も、立っていたのです。




ただ、それを聞いて露骨に態度を変え、怪訝な顔になれないのは、自分の欠点です。平静を装って、自分は言います。

「へー、そうなんですか。何だか、楽しそうでいいじゃないですか。やっぱり皆いろいろと頑張ってるんですねぇ。」(意味不明)



紳士気取りもいい加減にしろ!!!このとんだ間抜けな軟弱学生が!!おめー、ショボいよ、ああ、ショボいよ!!どんだけがんばっても結局エイドリアソには手が届かなかったんだよ!なのに何してんだ!しょうもない事でドキドキしたりして。変に自分を偽ってがんばってみたりして。
あーあ、恥ずかしい奴。
あーあ、惨めな奴。
あーあ、悲しい奴。


自分は自分をひたすら詰問し、攻撃しました。
そうしてすぐに、頭の中は、真っ白に埋め尽くされました。


信号の見え方が、ぼんやりと、そして二重に見えてきました。
そうやって涙腺がゆるんで、自分ははっと気がつきました。


ノリでエイドリアソの事好きって思い込んでたのかと思いきや、結構本気だったのかコン畜生めが。





その後、他愛もない会話を続ける内に、京都駅に到着しました。6:30にはもう、高速バスの乗り場の前に立っていました。

バスが来るまでの間、何だかそこでボーっとするのもぎこちなかったので、京都駅のてっぺんに行く事にしました。
エイドリアソは駅の構内に入るのは初めてだったそうです。
エスカレーターを上り、原広司ご自慢の大階段をかすめ、この京都駅コンペの経緯やウラ話をしている内に、屋上に着きました。



意外と眺め良くないなー



なんて言いながら、我々は最後の時間を過ごしました。この時自分は本当はもう半ば放心でした。

屋上庭園、といってもさして広くもないので、2,3分でひとまわり出来てしまいます。




さて、決してゆっくりしていた訳でもないのですが、
時間も迫ってきたので、すぐにまたエスカレーターを降り始めました。トラスの向こうから下を見ると、さっきはなかった高松行きのバスが見えます。





折角はやく着いたのに最後テンパらせてすいません

と言うと、

そう?全然大丈夫ですよ





と言ってくれました。

下に着いて、バスの前。



「akさん、本当にいろいろありがとう。
フランスから帰ってきたら、また連絡くださいね。
今度はご馳走しますよ。」




最後だというのに、自分はエイドリアソの真っ直ぐで綺麗な視線を、どうしてもかわしてしまいます。つくづく下品な野郎です。
それでもなお最大限爽やかぶって、また是非遊びましょうなんて言ってしまいます。



あっさりとした挨拶のあと、エイドリアソがバスに乗り込むか乗り込まないかの間に、自分は逃げ去るようにその場を後にしました。。


先程、いかにも駐禁とられそうな危険な場所においた車のところに戻ると、相変わらずハザードランプをチカチカやってます。うっとうしい人ごみの中、車を発進。

助手席には、さっきエイドリアソに買ったパンと、午後の紅茶。
彼女は遠慮して一個しか食べなかったので、何個かが寂しそうに残ってます。


何してんだろうねー、自分は。
本当あほやなあ。

と帰りの車の中では笑い泣きでしたとさ。




おしまい。





・・・

まあその後メールのやりとりもあった訳で。

エイドリアソに対して形式的な結果やかたちとしての応えが欲しかったわけじゃないけど、結局手の届かない存在なのに、自分は何してんだろーなんて思ってしまった女々しい気持ちも伝えてしまった訳で。

でも結局はまた友達みたいに遊んでくれると嬉しいとか心にもない事までも言っちゃってる訳で。

まあここからは流石に内容書けませんが。


大体そういう事です。


今後どうなるかはもう知らない。
どういうスタンスでエイドリアソと接して良いかも分からない。
しらんしらん。
おわったおわった。




読んだ人お疲れさまです。

AD
いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)

akakさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

15 ■セックスフレンド

気軽にセックスを楽しめる!ご近所同士のスキンシップやセックスしたい純粋な願望を満たしてみませんか?写メもあって直接メール送信OK

14 ■アダルト

アダルトサークルをご紹介!素敵なきっかけ探し!アダルト好きな方にはお薦め

13 ■アダルト

アダルトな一時を楽しめる…素敵なアダルトライフを求める女性様より朗報です。

12 ■アダルトな時間には優雅な楽しみがあるのです

アダルト

11 ■大人か。。

クサイ漫画とかだったら、そんなのを大人というんだったら、一生大人なんかになりたくない!なんてほざくんでしょうな。
しかし、自分の場合、彼女の事は一生好きであり続けるでしょう。ああ、それがきれいな思い出ってやつか。思い出すだけで、心拍数が上がるのです。

そして、深津絵里を画像検索した時も、やはり心拍数が上がるのです。

10 ■無題

いや十分わかりますよ。なんだろうあの切ない漢字、じゃない感じ。
まぁきれいな思い出として取っときましょう。それが大人、たぶん。

9 ■無題

そうか。。。そりゃ苦い。
みんなやっぱりまずいコーヒーみたいに苦い経験があるんですねい。てか普通は高校ん時くらいに経験するもんでしょうな。
でも自分の場合、高校ん時にはここまで真剣に人のこと好きになれなかったので、やはり今回の経験は一大事だったのです。
ちなみに、今はもう距離とられてしまって、もう多分友達として会うにしてもぎこちなくなってしまってます。泣ける。つか泣いた。

8 ■無題

くー、やっとうね。あいもかわらず。
最近バイトが忙しくてきゃつらにもこれずでした。
俺も高1のころ好きだった子から俺の親友が好きだという相談の受けたことがあります(苦笑)
そのとき、5月くらいやったけど教室がすごくまぶしく感じました。

7 ■無題

悲しいね、ソレ。

最近、大工に負けないように鴨川走ってみたり、軽く筋トレとかしてみたりしてます。

とはいえ、もうあんまり彼女らの間に割り込む気はないんです。

6 ■三角関係による三角木馬

その木馬、akくんがスケッチ描いて、エイドリアソにCAD化してもらって、大工に作ってもらいましょう。



5 ■ウホッ、いい案・・・

それイイですね。ではこうしましょう。
「マッスルの性能の違いが、戦力の決定的な差ではないということを教えてやる!」っつって、これ見よがしにポートフォリオを見せ、「大工とは違うのだよ、大工とは!!」とランバラルばりに主張してみたりするのです。
・・・最低。おれ最低。

4 ■無題

白色に塗った三角木馬に乗せて、「エイドリアソさんはホワイトベースのおっかさんだぜ、手を出すなよ」と大工に対してハッキリと言ってやるべきですよ。

3 ■電車男氏ね

>>ケノービくん
まさかこんな痛手を負うとは思ってもみませんでした。どうせならこのままダークサイドに堕ちてフォース使って亀甲縛りしてやりたいですよ。冗談はさておき、これからどうして良いか分かんねっす。悲しいけどヤツ、同棲なのよねー(スレッガー)


>>茶葉くん
うむ、しょっぱいし苦いし汗臭い。
そんな男に抱かれとるのです。まあでもそんな幸せ生活をぶち壊したくもないです。むしろそういう楽園はそっとしておきたいとケナゲな事も思う訳です。

2 ■無題

大工→建築CAD

しょっぱいな(泣

1 ■無題

「恋のチカラ」再放送も追い風にはなってくれんかったようだね。まあいいじゃないですか。私も恋したいですよ。
皇帝がどうとかライトセイバーがどうとか言ってる場合じゃないですよ。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。