朝鮮学校支援都道府県 朝鮮学校支援市区町村

北朝鮮人権侵害問題啓発週間(1210日~16)が始まりました。1210()午後には、参議院では閉会中審査として、「北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会」が開催されました。

 

そこで、残念ながら北朝鮮と一体の「在日本朝鮮人総聯合会(いわゆる朝鮮総連)」、そして朝鮮総連が運営する朝鮮学校に関する質問がありませんでした。

朝鮮総連 公式ウェブhttp://www.chongryon.com/

民族教育・朝鮮学校 http://www.chongryon.com/j/edu/index.html

 

私は、昨年623日に参議院拉致特別委員会で、朝鮮総連、朝鮮学校について、質問しました。

 

●警察庁の認識 「朝鮮総連は北朝鮮と極めて密接な関係」

 

警察庁は次のように回答しています。

「北朝鮮につきましては、過去に重大な国際テロ事件や拉致容疑事件を引き起こし、さらには、依然としてよど号ハイジャック事件の犯人グループを保護するなどしているところであります。警察におきましては、戦後約五十件の北朝鮮工作員関係の事件を検挙しておりまして、こうした事件捜査等を通じて、工作員による我が国への不法な侵入、違法な情報収集等、北朝鮮による対日有害活動の実態を明らかにしているところであります。

朝鮮総連につきましては、こうした北朝鮮を支持する在日朝鮮人等で構成された団体であり、北朝鮮と極めて密接な関係を有しているものであります。警察では、北朝鮮工作員の密出入国や北朝鮮への大量破壊兵器関連物資等の不正輸出に朝鮮総連の構成員やその関係者が関与しているという事例を把握しているほか、拉致容疑事案においても朝鮮総連関係者の関与が確認された事例も把握しているところでございます。

また、朝鮮学校につきましては、民族教育を重要視する朝鮮総連が同校の教育内容、財政等に影響を及ぼしている状況にあるものと認識しております。

こうした北朝鮮や朝鮮総連の動向につきましては、朝鮮学校に及ぼす影響も含め、警察では重大な関心を払って情報収集を行っているところでございます。」

 

●公安調査庁の認識 「朝鮮学校は北朝鮮、朝鮮総連に貢献し得る人材を育成」

 

法務省公安調査庁も次のように返答しました。

「北朝鮮は、核開発やミサイル発射、大量破壊兵器の保有、拡散などの問題があるほか、日本人拉致問題も解決されないままでございまして、我が国の公共の安全に重大な影響を及ぼしているところと認識しております。

 また、朝鮮総連はそのような北朝鮮の強い影響下にございまして、北朝鮮の指示、指導を受けつつ、北朝鮮に対する支援活動や我が国に対する働きかけなど、様々な活動を行っているものと認識をしております。拉致に関連いたしましては、朝鮮総連関係者が拉致事件に関わっていたということも承知をしておるところでございます。

 続いて、朝鮮人学校につきましては、朝鮮総連は朝鮮人学校での民族教育を愛族愛国運動の生命線と位置付けておりまして、北朝鮮、朝鮮総連に貢献し得る人材の育成に取り組んでいるところでありまして、朝鮮総連の影響は朝鮮人学校の教育内容、人事、財政等に及んでいるものと認識をしております。

 公安調査庁におきましても、北朝鮮や朝鮮総連及び朝鮮人学校など北朝鮮、朝鮮総連の影響下にある諸団体も含めまして、その動向につきまして引き続き重大な関心を持って関連情報の収集、分析に努めていく所存でございます。」

 

●その朝鮮学校に地方公共団体は4億円近くを支援

 

その朝鮮学校に、国、つまり文部科学省は当然支援していません。ところが、都道府県、市区町村は住民の税金からいまだに支援しているのです。

平成26年度文部科学省調べによると、18都道府県で約19千万円、全国112市区長選で約19千万円、総額4億円近くを支援しているのです。詳細は一覧表をご覧ください。

都道府県では、①兵庫県が1億円弱、②神奈川県が4千万円、③愛知県が2千万円弱・・・

市区町村では、①京都市が2千万円、②東京都荒川区が1千万円、③神戸市が900万円・・・

 

朝鮮学校への支援をただちに支援を廃止すべきです。当該地域に住んでいる方々はぜひ自治体に対して、声を上げて頂きたいと思います。

 

朝鮮学校は、日本の法律に基づき、学校として設置認可を受け、文部科学大臣告示の学習指導要領に基づいて教育を行うべきです。

 

 

1211()に日本文化チャンネル桜の番組「日いづる国より」放映

 

私は、129()に日本文化チャンネル桜の番組「日いづる国より」で、作曲家のすぎやまこういち先生、中山恭子参議院議員と、この問題で鼎談を行いました。放送は11()の予定です。

日本文化チャンネル桜 http://www.ch-sakura.jp/

 

ぜひ多くの方にご覧頂ければと存じます。

 

北朝鮮に拉致された全ての日本人を救出するまで、最後の最後まで頑張ります。

 

 

そうだと思う方は、クリックをお願いいたします。

http://blog.with2.net/rank1510-0.html

http://politics.blogmura.com/

 ………………………………………………………………………………………………

以上、お読み下さり、ありがとうございました。

今後も、「国づくり、地域づくりは、人づくりから」をモットーに、日本国家国民を守るために、全身全霊で駆け続ける覚悟の赤池誠章です!

フェイスブックもご覧下さい。https://www.facebook.com/akaike.masaaki

 

AD