受験の赤本、受験が終わったらもう
見ることもなくなってしまいますね。

 

そんな赤本、せっかく処分するのであれば
売って少しでもお金にした方がいいと
思いませんか?

 

古本の処分ということを考えると
ブックオフが一般的なのかなとは思います。

 

ただ、ブックオフにもっていってしまうと、
正直エンタテイメント系じゃないもの、
売れにくいものは買いたたかれて
たいした金額にならないということも
十分考えられます。

 

せっかく赤本や参考書等の専門性が
高い本を売るのであれば、専門性が高い
業者さんに買取をお願いするのは
どうでしょうか?

 

その本の価値をわかっている業者さんであれば
しっかりと適性な価格をつけてくれる可能性が
高まりますね。

 

ここでは、いくつかの業者さんを
紹介したいと思います。

1.学参プラザ

参考書・赤本、予備校テキスト等の
送料無料買取の業者。


キャンペーンが比較的多く行っている様子。


全品買取価格20%アップキャンペーン、
赤本・青本400円以上保証キャンペーン等があります。
そのときによるので随時チェックしてみてください。

 

実際の買い取り実績も出ていますので
どれくらいのものを送ればいくらもらえるのか、
なんとなく想像できるかもしれませんね。

 

学参プラザはこちら


2.学参ブックス

受験で使い終わった参考書・問題集・赤本から
予備校テキストまで。日本全国どこからでも
送料無料で高価買取、とうたっている業者さんです。

赤本関係の実績は大きいですね。


出版から1年以内の書籍であれば
最低買取価格保証として
1年以内 定価の15%以上
6ヶ月以内 定価の20%以上
3ヶ月以内 定価の30%以上
というものもあります。


その年度版のものを購入した人には
有利な仕組みになるかと思います。

 

学参ブックスはこちら


3.VALUE BOOKS

こちらは専門書の買取業者。
必ずしも参考書専門というわけでは
ありませんが、得意ジャンルの一つとして
参考書・各種問題集というのも入っています。

 

こちらの業者は発売からの経過日数が
新しい場合買取価格保証が出ています。


1年以内 定価の10%以上
6ヶ月以内 定価の20%以上
3ヶ月以内 定価の30%以上
というものです。


査定金額で合意できなかった場合、
送料無料で返送してもらうこともできます。

 

VALUE BOOKSはこちら


以上が赤本や参考書等を専門に
取り扱っている業者さんの紹介になります。

 

一番のおすすめは学参プラザになりますが、
いろいろと見て検討するのが良いかと
思われます。


せっかくですのでなるべく高く売れるように
こういった専門のところを利用してみましょう。

おすすめ:「学参プラザ」 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD