こどもの才能が知りたい!☆開運☆子育てブログ〜世田谷サロン〜

東京・世田谷で子育てママを中心に算命学鑑定をしています。我が子の才能を知れば子育てはもっとHAPPYになる!


テーマ:
こんにちは、赤檀鳳春でございます。

算命学で宿命を算出すると、星命樹(人体星図とも言います。算命学の宿命図です)には8個の星が表れます。
そして、その中心にある星が最もその人を表した代表的な星になります。
その星を中心星または胸の星と呼びます。


例えば二人の友人がいたとします。
その友人の中心星は二人とも石門星だったとしましょう。

石門星は和合協調の星。
集団行動が得意な星です。

一人はその星の通り、いつも仲間に囲まれリーダーシップをとるようなタイプ。

ところが、もう一人は仲間といてもなんとなく一人浮いたような、集団の中にいてもなんとなく孤立していて独自の世界観がありそうなタイプ。


同じ中心星でもこのような違いが生じます。

それは中心星を囲むその他の星の影響が大きいのです。
周りの星によって中心星の見え方は変化しますし、中心星以外のある星が表面に強く表れている人がいるのためです。

これがですね・・・
周囲からは中心星が見えない人は本当~、に多いのです
最近はあまりしなくなりましたが、友人の中心星を当ててみようとすると、ほとんど当たらない・・・ことごとく外れます(笑)


もう一つの理由として、中心星を作っている土台部分の成分の違い、ということも考えられます。
(でもこれは少々専門的な話なので今回は省略します・・・)


とは言えやはり中心星が同じ本能でできているので、その二人の根っこの部分には共通点があるのも事実です。
例えば例に挙げた二人は表面はソフトだけど、内面は芯が通っている、とかね

つまり、中心星だけでその人の人格を決定するのは早合点なのですが、確実にその人の本能をつかさどっているのも中心星であると言えるのです。

そして、中心星をまずはしっかり輝かせることによって宿命の安定を図ることができますから、日ごろから中心星はどんどん稼働させていきましょう

具体的にどうすれば良いか、ということはセッションでその方に合わせたアドバイスをさせていただいております。
周りの星やその方の環境にあわせた使い方があるので、これまた千差万別なのです。
セッションの醍醐味の一つですね


本日も最後までお読みくださりありがとうございました

【お知らせ】
4月のご予約状況ですが、ご予約枠が残りわずかとなっております。
(2014年4月4日現在)
4月中の鑑定をご希望の方はお早めにお申し込みください。
お会いできるのを楽しみにしております

鑑定メニューはこちら

赤檀鳳春の鑑定


鑑定お申し込み

お申し込みフォーム



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。