≪裏≫ レトロゲームレイダース

レトロゲームレイダース/ジョーンズ博士の華麗なる日常。


テーマ:




『 スパルタンX 』は、1984年にアイレムから発売されたベルトスクロール型アクションゲームだ。主人公は、ミスターXによってさらわれた恋人シルビアを救うために、単身、ミスターX率いる黒龍会が支配する塔(通称スパルタンタワー)へと乗り込むのだった…。

$赤ちゃんゲーマーのべしゃり暮らし


さて、そんな本作ですが、月刊コロコロコミックで連載されていた『ファミコンロッキー』に載っていた真のラスボスネタが有名です。タイトルの「X」はアルファベットの「24番目」という暗示。ゲームを24周すると、真のラスボスとしてとらわれのヒロインであるシルビアが襲いかかってくる…というもの。ロッキーのライバル・デイビットも吃驚するこの展開は、伝説のウソ技として広く知れ渡っています。

$赤ちゃんゲーマーのべしゃり暮らし


が、

実は、原典といえるアーケード版『 スパルタンX 』では、24階で本当にシルビアと戦うという事実はあまり知られていません。

$赤ちゃんゲーマーのべしゃり暮らし


それもそのはず、実はその仕様は初回ロット版だけであり、しかも初回ロットの流通量はきわめて少ないからです。一般的な『 スパルタンX 』は「ver.B」と呼ばれるもので、初回ロット版である「ver.A」とはタイトルのロゴが異なります。残念ながら、PSやSSで発売された『 アイレムアーケードクラシックス 』に収録されている『 スパルタンX 』も「ver.B」。

たまに基板屋でやたら高値がつけられているこの作品を見かけたら幻の「ver.A」と思って間違いありません。17万円までなら即買いをオススメします。

$赤ちゃんゲーマーのべしゃり暮らし


アーケード版は、とにかく主人公のトーマスも敵もアニメパターンが多く、ペルシャの王子も真っ青なくらいウネウネと動きます。それはシルビアも例外ではありません。深いスリッドの入ったチャイナドレスのシルビアは、アクションのたびにチラリとほんの一瞬だけパンツと思われる白ドットが見えるというサービスでちょっと目に毒です。

シルビアはラスボスにふさわしく、これまでのボスにはない空中戦を得意とする攻撃でトーマスを翻弄しますが、パターンを覚えてしまえば意外にも簡単に倒せてしまいます。

$赤ちゃんゲーマーのべしゃり暮らし


エンディングでは、ミスターXがシルビアの弟であること、そして黒龍会の真の後継者がシルビアであったことが語られ、実はミスターXことデイビットは、敵対する流派同士の叶わぬ恋に尊敬するトーマスが傷つかないように、シルビアをさらうという芝居をうったことが発覚。シルビアは弟の仇をとるためにトーマスに殺される道を選ぶというストーリーなのです。はい、まったく救いがありません。

この幻のエンディングで流れる切ない旋律は、本作のサントラに収録されている未収録曲Bがそれらしいのですが、私は確認したことがありません。

$赤ちゃんゲーマーのべしゃり暮らし


では、なぜ、このようなことが起きてしまったのか?

実はその裏には、有名漫画原作者とアイレムによる著作権トラブルがあったそうです(正確には社員の一個人とらしい)。私はこの事実をアイレムのファン会報『 ドラゴンフライ 』の創刊号で知りえたわけですが、そこには「有名漫画原作者」としか書かれていませんので、誰の事なのかは分かりません。しかし、アーケード版『 スパルタンX 』の「Ver.B」のエンディングのスタッフロールには、こんな表記があります。


SPECIAL THANKS
BRONSON



ここからは私の推測でしかありませんが、「BRONSON」という名前、そして「恋人同士が対立する流派の継承者」という設定…。どこかで聞いたことがあると思いませんか?

ううーん、アイレムあるところに乱あり。

$赤ちゃんゲーマーのべしゃり暮らし


かくして、シルビア=ラスボス説は事実であるにも関わらず、一般的にはデマのように流布されることになったのです。真実とは、常に闇に葬られるものなのですね。。。

ちなみに、この話は相当因縁が深いというか、関係者がろくな目に遭っていないというか、実は呪われているという話も。一説によると、話を聞いたその晩に必ずといっていいほど大男が夢枕に立つそうです。そして耳元で恐ろしい呪いを吐くのだとか。それは…、


お前はもう死んでいる


信じるか信じないかはあなた次第です(笑)。








 ※エイプリルフールネタでした。
  この記事に書かれている『スパルタンX』に関する全情報は100%ウソでございます。


釣れる!!楽しい!堤防釣り入門/堤防磯投げつり情報編集部

¥1,470
Amazon.co.jp

エイプリルフール 四月ばか/森山 貴文

¥1,470
Amazon.co.jp




担当ライター/ビック・ダディ@おっさんゲーマー
ブログパーツ
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。