hOLysHiTのミッドナイトブルース

こんなになってもまだ考えている


テーマ:
「なりヒロWWW」

gdgd妖精s2期スタッフの新作。
ヒロインものでgdgdしているのは敵キャラ同士の会話なのだが、
関東の笑い独特のしつこいねばっこいしゃべり方で展開されるので
自分的にはかなりキツい。
在日ファンクのハマケンなんかもあのノリで笑いをとろうとするけど
ほんとイライラするだけなので極力見ないようにしている。

肝と言えるアドリブによる大喜利パートはなぜか別の動画で用意されている。
しかも中途半端な時間なので笑いが起きる前に終わってしまっている。
もちろん素人の大喜利なので答えそのものに面白みがあることはそうない。

だが、それを引き延ばすように話して行く過程で
出演者のキャラやノリが浮き彫りになって
中の人とアニメキャラの境界線がなくなっていくことによって
この形式ならではの笑いが起きる事がgdgd妖精sで実証されたのに
それに則らないので中途半端になっている。
石ダテコー太郎と差をつけたいのかどうかは知らないが
巽悠衣子という超絶天然キャラをキャスティングしているのだから利用しない手はない。


「SHIROBAKO」

"花咲くいろは"などでおなじみのPA WORKSと
"じょしらく""ガールズ&パンツァー"など傑作を生み出す水島努監督がタッグを組み、
アニメ業界を描いたアニメ。

アニメ同好会での活動をプロローグにし、
大人になり現場で仕事を始めるところでストーリーを始めるという
青春ドラマのその後を描いたような見せ方でまず引き込まれる。
水島監督ゆえのテンポ感でとにかく目を離せない展開は一気に話が進む。

"スウィングガールズ""ハッピーフライト"の矢口史晴監督作品のように
ニッチな世界を取り上げているものの、
特に説明がなくても専門的な知識を話の過程で見ている人にわからせる手法は見事。


これ今のところ今期1番面白いかも。


「サイコパス2」
前作の続き。
前期の再編集版で初めて見たけどめちゃくちゃ面白かったので今期ももちろん期待。

前回最終回から登場した新人が百合ってたり(しかも声優が佐倉綾音)、
ヘタレイケメンが出てきたりとヲタに対してのサービスがやや過剰か。

うちのPCが低スペックゆえに公式サイトが見れない。


「4月は君の嘘」

クラシック音楽を絡めた青春もの。

冒頭で女の子が子供たちに「音楽には国境も人種も関係ない」とか
聞いてもいないのに語り出した時点でダメだこりゃと落胆。
ハチクロとBECKをごっちゃにしたようなテンションにもついていけず。
OP曲が劇中にかかったり曲の説明とかしたりムダに宣伝されていて気分が悪い。
その曲も自己啓発応援歌系でげんなり。

話はズレるけど
応援歌系の音楽って音楽に勇気づけられた(と思っている)から
音楽でみんなを勇気づけたい!みたいな就職活動で無理矢理理由づけた動機を
素でやるというなんともコントのような行為だと思う。
大きな橋を見て感動して建築したい!ならわかるけど
体をビルドアップして自分自身が橋になってさぁ渡れ!と言ってるような
努力の方向音痴っぷりを感じる。

この一貫して見られる"傲慢さ"がSNS世代を思わせるなぁと思う。


「クロスアンジュ」
水樹奈々出演のロボットアニメ。

女王様がその世界で卑下される人種だった事が発覚し堕ちるという展開なのだが
なんかその過程に出てくる母の死とか差別とかがやたら軽く表現されている。
で、1話の最後に女王様は全裸にされて身体検査と称されて
尻の穴まで広げられるということになるのだが、
何故かそこだけやたらと重く表現される。
母の死よりも尻の穴なのか。

これも正義とはなんなのかと問う系の話なのかも。


「デンキ街の本屋さん」
秋葉原とか日本橋なんかにある本屋さんの話。

そこでしかわらかないあるあるで話を進めるのかなーと思ったら
いきなり2話でその街の運動会が行なわれだした。
もうネタが尽きたのか、それともパン食い競争じゃなくてパンツ食い競争という
クッソくだらないギャグがやりたいがためにリアリティを捨てたのか。
なんにしろ笑いのセンスが合わないのでもう見ない。



総括すると、
自分にはそろそろアニメを見るセンスがなくなってきたのかもしれない。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。