ikechanのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
こんにちは。
今回は「赤ちゃんへの薬の飲ませ方」について書いていきます。

赤ちゃんに薬を飲ませるのは大変なことです。
中には全然大丈夫という子ももちろんいますが、それと反対にまったく飲んでくれない子もいます。
しかし、病気を治すためににはきちんと飲むということが大切です。
少しの工夫で飲んでくれる場合もあるので、薬を飲んでくれないと悩んでいる方は色々試してみてくださいね。

ちなみにまだ小さな赤ちゃんは食後に飲ませるとお腹がいっぱいのため吐いてしまったりすることがありますので、食前に飲ませることが基本です。
これもお薬をもらうときに指示があると思います。

小さなお子さんにはシロップか粉薬が処方されると思いますが、シロップは甘くてジュースのようなものなのであげるのは簡単かと思います。
シロップがどうしてもの飲めない場合は粉薬に変えてもらることも可能だと思いますので医師に相談してみてくださいね。
問題が多いのは粉薬です。
しかし、少量の白湯でお薬を練ってほほの内側になすりつけ、そのあとに水分をとらせてあげるという方法がとても効果的です。
元々薬を液体状にしてあげるとやはりべーっと出してしまうお子さんもいますので…

プリンやゼリーやアイスなどに混ぜてあげるという方法もありますが、これは一歩間違えると危険です。
薬の種類によっては混ぜないほうが良いものもあります。
また薬を混ぜたことによってトラウマになりそのものを食べなくなってしまうということもあるのです。
プリンやゼリーやアイスだけでなく…赤ちゃんの主食となるミルクや離乳食にも混ぜてはいけません。
こちらを食べなくなってしまうと本当に困ってしまいますね。

また、薬を白湯に溶かして置いておくと苦くなってしまうということもありますので、溶かしたらすぐ飲ますように気を付けてくださいね。

何かに溶かしてもスプーンではうまく飲んでくれないという赤ちゃんもいると思いますが、その場合はスポイトや哺乳瓶の乳首などを使用すると良いと思います。
スポイトは薬局などで販売しているとおもいます。
そうすることによって少量ずつ飲むことができます。
決められた量をきちんと飲ませてあげるようにしてくださいね。

薬はおいしいものではありませんが、頑張って飲んで1日でも早くよくなるように頑張りましょう!!!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。
今回は「水疱瘡の予防接種」について書いていきます。

水疱瘡とは名の通り水をもった発疹ができることです。
頭皮から足まで全身にできてしまうのです。
始めは赤い発疹でそれが水をもった水疱となり水疱がつぶれるとかさぶたになります。
感染力が高く飛沫感染や空気感染をします。
かゆみもとても強いために辛い病気となります。
まだ言葉のわからない小さなお子さんはたくさん掻いてしまうこともありますので、注意が必要です。

水疱瘡の予防接種は水疱瘡および水疱瘡による合併症(脳炎や肺炎など)を予防するために接種するものです。
ワクチンを接種したからといって必ず水疱瘡にかからないというわけではありません。
発症を予防できるのは70~80%といわれています。
しかし水疱瘡を発症してしまっても症状は軽くすむことが多いでしょう。

知らない方も多いかと思いますが、ワクチンの効果は当日から有効なため水疱瘡患者と接触してしまっても2日以内にワクチンを接種すれば発症を予防することができるのです。
ただし、潜伏期間に接種をしても効果の期待はできません。

アメリカなどでは定期接種とされていますが、残念ながら日本では水疱瘡のワクチン接種は任意となっているため実費で払わなくてはなりません。
そのためワクチン接種をするか判断するのは保護者の方となってしまいますね。
よく考え、わからないことがあればかかりつけの医師に相談してみるのが良いでしょう。
年齢は1歳を過ぎると接種できるようになり1回の接種となります。
おススメとしては保育園や幼稚園など集団生活になる前に接種することはです。
                              
また、水疱瘡ワクチンの副作用は発熱(微熱)、発疹、腫れなどがみられますが確率てきには低いものです。
とてもまれなことですがアナフィラキシーなどが起こることもあります。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。
今回は「こどもの病気 ヘルパンギーナ」について書いていきます。

ヘルパンギーナは夏風邪の一つです。
手足口病と症状が似ているということもあり間違える方もいるようです。

病気の症状としては高熱や水疱が特徴となります。
水疱はのどにできるので痛む場合が多いです。
ヘルパンギーナはこの水疱が一番辛いと言われています。
このような場合は食欲も落ちてしまうでしょう。
まだおしゃべりのできない小さな赤ちゃんはすごく不機嫌になりグズるかもしれません。
熱は2,3日で治ることが多いようです。
高熱が突然出ることが多く熱性痙攣を起こしやすいお子さんは注意が必要です。
また潜伏期間は3~6日とされています。
飛沫感染もしますし、便を介しても感染します。
原因となるウイルスが数種類あるため一度感染したからといって二度と感染しないということはありません。

大人も感染することのある病気ですが、主に乳幼児がかかることの多い病気です。
年齢にすると1歳~5歳が最も多いとされています。
離乳食や食事も無理をせず食べられるものを食べさせてあげましょう。
柑橘系のような刺激の強いものをさけてゼリーやプリンまたはおうどんなどのど越しの良いものがおススメです。
大事なのは水分です。
高熱のときはとくに想像以上に汗などで水分が失われていまますので、脱水症状には気を付けなければなりません。
口の中の痛みがとても強く水分すらも接種できない状況になったときはすぐに受診するようにしましょう。


ウイルス性の病気ですし、特効薬のようなものは残念ながらありません。
食事ができないほど水疱がひどくでも数日でよくなります。
看病もとても大変な病気だろは思いますが色々と工夫して乗り切りましょうね(>_<)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。