1 | 2 次ページ >> ▼ /
2006-08-31 22:04:57

ベレットPC

テーマ:チョロQ

ベレットPC

皆様のブログやBBSでも、その粗悪さが話題となっている、最近のチョロQ。

由々しき事態です。

私も昨日、ジャスコに出かけ、ベレットのパトカーを購入しました。

売り場では数個のベレGが並んでいましたが、本来は左向きに入っているのが正規のようですが、画像のように逆に入っているものを発見。

これで、出荷チェックとかやっているのかな?それとも、製品の向きなど、無関係なのでしょうか?


そして、もうひとつ。

あまりにもがっかりしたのが足回りだ!

なんでしょう、あの粗悪な成型のホイール。

そして、きっと、軸が曲がっているのでしょう、ガタガタの走り。


おいおい、大丈夫か?

タカラトミーとなって、マシな方向に行くことを少しは期待していましたが、合併の合理化の弊害でしょうか。

コストダウンも大事でしょうが、製品の品質のダウンは、ユーザーにとって、悲しい出来事ですし、この様な事態が続くと、チョロQ離れがますます進むことになります。


黄信号点灯?

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-08-27 21:33:01

チビッカー ライバルレーシング

テーマ:チョロQ

チビッカーライバルR

今日はモドQのご紹介です。

最近では、ボンネットバスシリーズのチビッカーをリリースしているナガノ。

組み立てタイプのプルバックマシンです。

今から20年前のころと思われる、Cカーのモデル。チョロQでいえば、サーキットチョロQWECのあたりでしょうか。

二台セットでTAKA-Qポルシェとトムス86C。

ライバルレーシングというネーミングですが、おそらく、中身は通常品と同じです。

レースクイーンとわざわざ、たすきがけをしているお姉さんはムチムチです。しかも、選挙だか、何かの式典に招待されたかのような、菊もついているし・・・・

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-08-24 23:08:40

鉄道チョロQについて思う

テーマ:チョロQ

C57

最近、鉄道チョロQの発売が多い気がします。画像のC57(左の方)も入庫しました。

チョロQの鉄道モノは多くが発売されてきて、最近では、よりリアル志向になっています。

C62の出来は、チョロQ以上鉄道模型未満、という印象でしょうか。


チョロQ以上鉄道模型未満・・・・・・


友達以上恋人未満・・・・・


いずれも中途半端、この先どうするんだ?ずるずるとこのまま、どこまで行くんだ。という意味合い。(どうなんでしょう?)


確かにC57のレベルアップは好ましいですね。ギミックとしてロッドがつき、動くという進化をとげ、実車同様炭水車も再現。

でもね、きっと鉄ちゃんは、C57のあの端正な姿が・・・・とかいうんだろうな。


一般的に電車は箱。微妙な違いしか無いじゃん。というのはわかります。

SLも黒い鉄の塊で、(俺は生き物に近い機械だと思っていますが)、ロッドの有無など関係ないじゃん、というのもわからなくも無い。


鉄道ファンは微妙な違いを楽しむ傾向、リアル志向の方が多い。と思うんです。

レースカーだって、微妙なカラーリングや、仕様の変更もあるでしょ。WRCのOOラリー仕様とか、年式の違いとか。

特に鉄道車両の場合、個体差が多く出たりするので、そのあたりがチョロQでどこまでやるのか、中途半端にやるんだったら、どうかな?とも思うんです。

SLだって出るたびに、大きさが変わったり、電車もチョロQサイズのデフォルメバージョンがあったり、連結タイプがあったり。

別にスケールモデルじゃないから、バラバラでも構わないんだけれど、全然統一されていない。


ここいらで、OOシリーズとか銘打って、ある程度整理したほうがいいと思うのは私だけでしょうか。

パッケージの無秩序具合もいい加減にしてほしいのよね。

行き当たりばったりは、もうやめましょうよ。







AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-08-20 13:08:38

阪急電鉄9000系チョロQ

テーマ:チョロQ

阪急9000

先日、発売となった阪急電鉄9000系のチョロQを購入しました。

銀座の天賞堂でも発売!との朗報を聞き、出かけてきました。

オマケにメモ用紙をもらいました。

この電車については、詳しいことは全然知らないのですが、箱の説明を見ると、次世代通勤電車として投入されたものだそうです。

個人的には先頭車のパンタグラフがバッチリあがっているのが好きです。(よくわからないかな)

電車というと、いろいろな事情で、最近はパンタグラフの数が減っているようなので、こうしていかにも「電気を集めてイマス!」という姿は勇ましくて・・・・

サイズは従来のチョロ電サイズで、ちょっと大きいのですが、これはこれでいいかな。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-17 23:19:36

信州訪問3日目

テーマ:ブログ

前回は木曽の森林鉄道特集となってしまいましたが、林鉄に出かけたのは3日目だったのです。

その後のことを綴っていきます。

妻籠

上松から国道19号を南下。名古屋まで100キロというと、東京より近いではないか。思えば遠くへきたもんだ。

妻籠宿を訪ねた。

蕎麦と五平餅

ちょうど昼だったので、昼食。お蕎麦と五平餅を食べました。

毎日、今回はお昼にお蕎麦を食べています。麺好きなのはもとい、確かに信州の蕎麦はおいしゅうございます。

五平餅はもち米を固め、味噌などで焼いたもの、場所によって、丸型、小判型など地域差もあるようです。

脇本陣

本陣は江戸時代に当時のVIPが宿泊したところ、妻籠には再建した本陣があります。

この写真は脇本陣、副本陣というところでしょうか。

資料館と一体になっており、妻籠や、周辺の歴史を学べます。

伊那谷道中

飯田に抜け、テーマパーク「伊那谷道中」を訪ねる。

この門をくぐると、数々のテーマ館があり、伊那のことを楽しみながら学べる、遊べる、楽しめるという施設。

結構面白かったです。

今回はここで時間切れ・・・


帰りに車窓から見た中央アルプスの姿がとても美しく、近いうちにまた伊那谷を訪問したいと思いました。

そして帰りの道は渋滞・・・・・・

東京まで280キロの道のりを休憩を含めて7時間くらいかけて帰りました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-16 09:57:55

林鉄訪問

テーマ:鉄道

今回の長野行き。実は楽しみにしていたのは、そう。木曽の森林鉄道。

昭和62年に復活し、ぜひ行きたい!と思っていたのですが、東京からの鉄路日帰りは結構ハードだったため、学生の私は断念したのです。


木曽は江戸時代から、ヒノキの産地として知られ、明治になって鉄路が開通すると、各地に森林鉄道が敷設されました。

しかし、トラック輸送の整備が進むにつれ、鉄道の存在意義は成り立たなくなり、廃線となっていきました。


上松町の赤沢自然休養林では、伊勢神宮の御神木を奉納するためにこの鉄道を復活させました。

機運が盛り上がり、乗用の森林鉄道が復活したそうです。

運行車両

これが、現在運行している車両。機関車、車両は新しいものです。

排ガス対策で、マフラーには粒子状物質除去装置(DPF)装着です。

1.1キロの道のりを往復します。

客車

終点の線路には、かつて使用していた客車が・・

BWと酒井

起点は車庫と資料館になっていて、かつて活躍していた車両や資料が残されています。

SLはアメリカのボールドウイン社製。

特徴ある煙突(バルーン煙突)は、石炭の代わりの代用燃料、木炭を使用する場合、普通だと火の粉が飛んで火災の原因となるため、この煙突の中で火の粉を燃焼させるそうです。

後ろのディーゼルは酒井。林鉄復活の当初はこの機関車が牽引していたと思います。

ちなみに、軽便や、入換の機関車には、酒井や加藤というメーカーが多くを供給しました。今のロードローラーや重機の会社です。

冷蔵庫(モーターカー) 資料館 機関庫

庫内

四角くていい味出しているのは、モーターカー。こういう雰囲気大好きです。

資料館は機関庫を兼ねています。

中にはかつて活躍した機関車が。


そうそう。私はまったくもって、森林鉄道の話題に終始してしまいましたが、ここ赤沢は、森林浴発祥の地。

散策にももってこいです。

夏は子供の体験学習をしていたりして、小さい子は一日いても飽きないと思います。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-16 09:33:49

長野 2日目

テーマ:ブログ

朝、山を降り、諏訪から岡谷に抜けた。

高速で一気に豊科へ。

大王わさび園

安曇野の大王わさび農園。これが わさび田です。結構大規模です。

今まで伊豆などで山間で作られている わさびしか見たことが無かったので、ちょっとした驚きです。

暑いので日よけがしてあります。

乗鞍そば

梓川に沿って、上高地方面に向かいます。

私は、途中で折れて、乗鞍方面へ。

お蕎麦を食べました。

手打ち蕎麦。大人気で1時間は待ったかな?


番所大滝

番所の大滝。迫力あります。涼しい。(行くまでの階段は険しい)

奈良井宿

乗鞍からは山越えをして、一気に木曽の奈良井宿へ。

資料館で学ぼうとしましたが、休館。

町並みを散策。浦島釣竿 浦島? 寝覚の床

寝覚の床を訪問。

ここは浦島太郎が放浪の末たどり着き、玉手箱を開けた場所だそうな。

臨川寺という古刹は別名浦島寺といい、宝物館には伝浦島太郎の釣竿が展示してありました。

桟温泉

本日は木曽川沿いの一軒宿 桟(かけはし)温泉泊。

赤い橋の向こうに石垣があるのが確認できるでしょうか?

ここは、木曽の桟といって、江戸時代の交通の難所だったそうです。

石垣のところは つる を伝ってやっとわたったそうです。


温泉は単純泉だそうですが、茶褐色の湯で、温まりました。

日帰り入浴も出来るようです。

食事も良かったなあ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-16 09:09:50

長野へ出かけました 1日目

テーマ:ブログ

長野に行ってきました。

チョロQはナシです。モドQを売っているのは見かけたぞ・・・

まきば公園

朝早く出かけましたが、お盆で高速道路は早くも混雑。カーナビを駆使し、混雑を回避(した気になる)

中央高速をくだり、長野の手前、山梨の甲斐大泉にある県営牧場、まきば公園に寄った。

動物は好きではないので、彼らとの交流は無い。ソフトクリームを食べた。


諏訪まで出向き、湖畔のガラス美術館で涼しげなガラス作品を見る。(画像がなくてごめんなさい)


車山山頂からの眺め スカイライナー 車山案内

諏訪から、茅野を経、美ヶ原経由、車山まで登る。

夏山リフトで山頂へ行く。

スカイライナーというので、空港特急に関係があるのか?と思いましたが全然京成電鉄とは関係ないようです。

4人乗りのリフトを乗り継ぐと、山頂。

雄大な眺めと高山植物が咲いておりました。

八島湿原

八島湿原。

ここも高山植物が多く咲いています。

私ら夫婦はこの湿原を一周しました(約1時間)

高山植物

オレンジの花がコオニユリ。小さな鬼百合ということです。

今日は山の宿に泊。(スキー宿風だったのでねえ・・・・・ちょっと)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-10 23:45:08

ハローキティ深川

テーマ:ブログ

ハローキティ深川

先日、そう、うどんを食べた日、東京駅の はとバス乗り場にある、はとマルシェという売店に立ち寄った。

数々のグッズがあり、チョロQもありました。

グッズネタは小出しにします(せこいな)

中でもインパクトが大きかったのがこの深川キティ。

地元だから、という贔屓目もありますが、深川丼の中にキティがいるぜ。しかも丼の開き方が、具のアサリを連想させるなど、凝っているぜ。

ご当地キティは全国にものすごい数があるようですが、東京だけでもかなりあるようです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-09 22:23:00

PC報告

テーマ:チョロQ

PCといってもパトカーの話。

コスモPC

おかげさまで3セットめで、宇宙船のPCが出てくれました。コンビニめぐり、しかも1セットでノーマルが揃わないというのはつらいですよ。

今回も機動車両のカーナビと今までの実績に基づき、仕事の後、コンビニを徘徊したのですが。

今は駐車の問題で神経質になっていますので(別項参照くださいませ)、趣味活動でコンビニの前に車をとめるのも、ちょっとなあ、と思いつつ、駐車場が無いコンビには、ササっと探索をします。

今回のコスモPCは、かつてトミカにもあった車ですので、なんだかうれしいですね。

ただ、正直な感想。

車種選定のセンスはいいのですが、チョロQの出来について、いまひとつの印象を受けました。

たとえば、ハコスカのテールランプ。覆面で再現していて、ノーマルPCでは何故手を抜くのだろう?

全体的にテールランプの塗りが厚ぼったい。塗ればいいってもんでもないよな。FCサバンナなんか、幻滅しました・・・

これが中国製の品質なのでしょうか。


苦言を申し上げましたが、良くなってほしいからこそ、発言しています。

チョロQさんには、見た目の品質向上と走りの品質向上を更に望みます。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

メロメロパーク
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Powered by ミセつく
http://blog.nissan.co.jp/SKYLINE/KENTEI/09/ なかのひと
JavaScriptを有効にしてください。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。