アスベスト(石綿)の危険性を認識しながら被害防止を怠ったとして、肺がんなどを患った首都圏の建設労働者らが国と建材メーカーに損害賠償を求めた集団訴訟で23日、新たに患者と遺族の計183人が東京、横浜両地裁に提訴した。
 2008年の1次提訴と合わせた患者数は388人で、うち199人が肺がん、中皮腫などで死亡している。患者1人当たりの請求額は3850万円で、総額は約149億円となった。 

【関連ニュース】
学校の石綿、公務災害認定へ=死亡教諭に逆転裁決、全国初
工場跡地洗浄めぐり3000万=筑波大教授かたる
マスク備蓄プロジェクト始動=石綿被害防止でNPOなど連携
工場周辺住民で初の石綿肺=国などに救済金請求
修理用部品にアスベスト=ヤマハ発動機と日野が回収へ

あおぞら銀元行員を逮捕=インサイダー取引-東京地検(時事通信)
大阪市の虐待通報、前年度比の1・5倍に 児相の人手不足深刻(産経新聞)
コンビニトイレに乳児遺体=札幌(時事通信)
両親へ“宇宙からの手紙” 山崎さん「ありがとう」(産経新聞)
短大生監禁の芦屋署元巡査、第2回公判で起訴内容認める(産経新聞)
AD