味噌とんちゃんで“わくわく・感動・満足”を提供する会社のBlog.

味和居ダイニングでの日常、採用のウラガワ、社員のプライベートから代表の蓮川まで参加するブログ。


テーマ:

こんばんは!!


本日も絶好調の採用担当、松林ですニコニコ



さて、今回は前回お話させて頂いた、

「エントリーシートの書き方」についての続きです。


前回のブログで、エントリーシートを書く上で心掛けることは、

「自分はどんな人間か」

「何がやりたいか」

分かりやすく書くことでしたね!!



では、「自分はどんな人間か」ということを分かりやすく書く為には、

どうすれば良いのかを事例を交えてお話したいと思います。



突然ですが、あなたは自分がどんな人間なのかを書くことができますか?

おそらく、多くの学生さんはこれを書くことができません。


私は○○○な人間です。

この○○○に当てはまるものを、あなたはすぐに思い浮かべられますか?


例えば…

「私は粘り強い人間です。」

「私は親切な人間です。」

「私は相手の立場に立って物事を考えられる人間です。」

など、あなたがどんな人間なのか表せていれば、何でもいいのです。


「確かに粘り強い一面もあり、親切な一面もあり、相手の立場に立つ一面もある…。」

多くの学生さんにとって、自分がどんな人間なのかは一言では言い表せないもの。


なので、結果的に人事担当者に回ってくるエントリーシートの多くは

「私は○○○で、×××で、△△△な人間です。」と

いったものになってしまいます。


ですが、これではダメです!!


「私は○○○な人間です。」

このように一言で言い切れるものでないと、印象が薄くなってしまいます。


ちなみに、私の先輩は

「私は欲求不満スパイラルな人間です。」というフレーズで

某大手広告代理店の内定を獲得しました。


このフレーズ、確かにその先輩のことを正確に言い表していました。



このような、自分を正確に言い表す一言、すなわち「自分のキャッチコピー」を考えることが大切です。


自分がどんな人間か = 自分のキャッチコピー


でも自分のキャッチコピーなんて、

芸能人でもない限り、なかなか思いつかないですよね。。


そんなときは、様々な就職サイト上の、

適職診断や適性検査を受けるなどして、

自分自身がどんな人間なのかを科学的に分析してみましょう合格



例えば、


良い例   自己PR

私は諦めが悪い人間です。 ←自分がどんな人間かを一言で表す


私は中学1年から9年間、テニスを続けています。

プロになりたかったからです。

通常、遅くとも高校2年くらいには薄々「自分はプロにはなれない」と気付いてテニスから離れていくものですが、私は諦めが悪かったため、大学3年の今になるまでプロになるべくトレーニングを続けています。

普通の人が長くても5年でプロになることを諦めてしまうところを、私は人の2倍の9年間諦めませんでした。以上から、私は非常に諦めが悪い人間です。

→ 大した経験をしているわけではないものの、「諦めの悪い人間だ」ということはよく伝わってくる。

※ 「私は諦めの悪い人間です」というキャッチコピーを何度も使っているのがポイント!



どうですか??


たった一言ですが、読んだ者の印象にしっかりと残り、

且つ、「どんな人か会ってみたいなぁ」と感じませんか?



自分がどんな人間か = 自分のキャッチコピー


一度、考えてみて下さい。


さて、次回は「何がやりたいか」について書きたいと思います。

こちらも面接で使えますので、楽しみにしていて下さいねべーっだ!パー


いいね!した人  |  コメント(0)
PR

[PR]気になるキーワード