昨日のチャリティーサッカーはすごかったですね。

チャリティーだけれど、復興へ向けて頑張って欲しいという選手は

真剣にプレーしていました。



2点リードされた後半に、出場したキングカズは見事にゴールを

決めました!








見せ場でキチッと仕事が出来るのは、まだまだスターである証拠ですね。


自分が納得するまで現役にこだわってください。



被災者も元気が出た方が多かったでしょうね。




日本を停滞させないよう全体が頑張る必要がありますね。


日本全国のありとあらゆる産業でがんばらないといけません。

日本の産業はつながっていたんです。



被災した地域で生産していた製品がないと九州でも生産が止まる製品があります。


東北地方には世界中で待ち望んでいる製品がたくさんあります。



日本中で電気不足が続いています。

九州でも夏は輪番停電のウワサがあります。



未曽有の瓦礫は捨てる場所すらありません。





でも、日本人には知恵があります。



この危機を利用して、新しい産業を作り出す可能性だってあるんです。





ピンチはチャンス!


勝利者がなんども教えてくれた言葉です。




前向きにどうやったら一番いい復興のやり方があるのか、みんなで考え

考えたら今までにないスピードでそれを実現しましょう。



被災前でも日本は、新しく生産工場を建てる場合の、着工から製品生産開始

までの期間は、ドンドン短くしてきました。


10年前は2~3年かかっていた建家新築工事・生産立ち上げ期間を1年前後

まで短縮しているんです。




日本が出来ないことは無いのですから、頑張って復興の準備を進めましょう。






ガンバレ日本!





被災地への救援物資が迅速に届くことを願っています。
AD