AI's eye(港区議会議員 清家あい)

仕事と子育ての両立はできないし、保育園も幼稚園も足りないし、みんなの力を集めてなんとかしたい。港区議会議員「清家あい」活動中です。


テーマ:

2年前に港区議会議員選挙があって、再選させていただいて、4年間の任期のちょうど半分まできました。

 

今回の第二回定例会の最終日に、港区議会の議長、副議長をはじめ、各常任委員会の委員長などの議会運営ポストの交代がありました。

 

私が幹事長を務める会派「みなと政策会議」も、今回、港区議会の第2会派として正式に認めていただき、副議長ポストをはじめ、相応のポスト配分をいただきました。

関係者のご理解に深く感謝いたします。

 

今、私たちの会派は、民進党、社民党、無所属の9人の議員から構成されています。改選当初は、新しくできたばかりの会派で政党がバラバラであることなどから、他の会派から「採決の態度を統一できるのか」など、様々な指摘を受け、この2年間、私たちの会派は、議会運営ポストから外れた形で活動を続けてきました。

 

港区議会史上初めてのことだったので、そのことは多くのマスコミに取り上げられました。

私たちも、議会の中で正式な会派として認められないことに、強く反発していました。

ただ、反発しているだけでは前に進めないので、自分自身が幹事長として不慣れであることで、他会派から誤解や不安を抱かれていることを自覚し、この2年間、議長、副議長はじめ、他会派の幹事長ら執行部の方々とたくさんの時間をかけて、話し合いを続けてきました。

 

立場を超えて、親身になってアドバイスをくださったり、議会を安定させるために動いてくださった方々、大変な中でも支えてくれた会派の仲間たちに心から感謝しています。

 

 

 

(今定例会で議長、副議長交代のため、会派控え室に、退任の挨拶にみえたうかい雅彦議長と近藤まさ子副議長を囲んで)

 

この2年間、議長を務められたうかい雅彦議長と、出版した本をめぐってトラブルになっていた、うちの会派の政調会長の横尾俊成議員との和解も実現しました。

 

私は、議員が書いた出版物について、議会全体で問題視して出版をやめさせるようなことはあってはいけないという思いを持ってきましたが、では何でそんなことになったのかといえば、対立を仕掛けた議員がいたことが大きいとはいえ、やはりそんな事態になる前に、私たち自身もっとできることがあったはずだと、深く反省するところです。

 

強い圧力を感じて名誉を傷つけられた横尾議員も、当時、自民党幹事長として、話し合いで決まったことを守らせる役を負い、結果的に責任者となり、名誉を傷つけられたうかい議長も、どちらも“被害者”のように思います。

「もっと開かれた議会だったら、こんなことは起きなかったのに」というのが、双方から伺う共通した思いでした。

 

「雨降って地固まる、にしよう」

うかい議長はそう言って、議長就任直後から、議会正常化のために動き、「開かれた議会」を作るために、議長提案で様々な新しい試みを実践してくれました。

 

例えば、区民の皆さんに、議会が何をやっているかを報告する「全員議員報告会」。

会派を超えて、全議員で協力して開催するこの「全員議員報告会」は、23区の議会では3区目になり、議会改革度の指標にもなっている先進的な試みです。

参加してくださった区民の方々からも、「ぜひこうした取り組みを続けていってほしい」という声を、多数頂戴しました。

 

 

 

また、「みなと区民まつり」では、初めて「港区議会ブース」を出展し、一期生の議員が中心となって企画し、子どもたちに「港区の好きなところ」などを書いてもらい、オリジナルで作製した「子ども議会バッチ」や風船を配りました。保護者の方々には、「港区議会のしおり」などを配布しました。議会が少しでも身近に感じられるように、少しでも知っていただけるように、との思いからです。

 

 

この試みは大好評で、あっという間にバッチも風船も売り切れになりました。

子どもたちに書いてもらったお手紙は、港区議会の一階のロビーに展示されました。

 

そのほかにも、議場を区民の方々に開放して行う「議場コンサート」を度々開催したり、婚姻届を出しに来た区民の方々のプチ結婚式を行う「議場結婚式」を開催したりと、いずれも、多くの方々に、議会に親しみを感じてもらえるように、という新しい試みが、うかい議長の下で実践されました。

 

 

「ゼクシイ」と協働して初めての「議場結婚式」。公募で6組のカップルが結婚式を挙げられました。区長と議長による人前式。

 

 

「サントリーホールアカデミー」による議場コンサートも素晴らしかったです。たくさんの区民の方々に足を運んでいただき、満席でした!

 

また、議員発案の条例として「開かれた港区議会をつくる条例」の提案も、議長主導で行われ、残念ながら全会一致とならず保留になっていますが、今後、議員発案の条例を作っていく上で、どういうことを整備していけば良いのか話し合いが進み、「議員提案条例ができる議会」に向けて一歩を踏み出せたのではないか、と思います。

 

また、議会のICT化に向けて、議会全体で、逗子市議会視察や勉強会を行ない、このたび、行政側と一緒に進めていく方向で、区役所職員も交えての「検討会」を設置することになりました。

 

こうして、「開かれた議会」に向けての議会改革が進んできたことは、港区議会にとっての大きな成果だと思います。これを、さらに進めていけるよう、「雨降って地固まる」にできるよう、これから、心を新たに力を合わせて頑張っていきたいと思います。

 

 

 

新しい議長には、自民党議員団から池田こうじ議員、副議長にはみなと政策会議から七戸じゅん議員が選出されました。

私はもう1年、幹事長を務めさせていただくことになりました。

 

大変な2年間だったけれど、たくさんの人たちにいろいろなことを教わり、学ばせていただきました。

やっと、ゆっくり眠れるかな。。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AI(港区議会議員 清家あい)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります