逢沢凛オフィシャルブログ Powered by Ameba

女優・逢沢凛のオフィシャルブログ
「遊戯王カリスマ研究生.白咲るり」としてイベントや雑誌などでも活動中!

ラブラブ逢沢凜 最新情報ラブラブ


■舞台『転校生

「幕が上がる」でコンビを組んだ平田オリザ×本広克行が手掛ける若手女優発掘プロジェクト。

1474名の中から選ばれた21世紀に羽ばたく21名の女優たち

公演日程  2015年8月22日 (土) ~2015年9月6日 (日)
会場     Zeppブルーシアター六本木
脚本 平田オリザ
演出 本広克行
出演 逢沢凛 秋月三佳 芦那すみれ 生田輝 石山蓮華

石渡愛 伊藤優衣 伊藤沙莉 今泉玲奈 折舘早紀
川面千晶 堺小春 坂倉花奈 桜井美南 清水葉月
多賀麻美 永山香月 藤松祥子 南佳奈 森郁月
吉田圭織 (50音順)


■遊戯王ARC-Vオフィシャルカードゲームキャラクター「P★CUTE」として活動中



ドキドキ逢沢凛オフィシャルツイッター

https://twitter.com/aizawarin_0922


ドキドキ逢沢凛モバイルサイト

カレンダーや待ち受け画像、動画などを配信しています!!

スマートフォン http://artnudesp.jp/rin/

フィチャ―フォン(ガラケー) http://artnude.tpm.jp/rin/


ドキドキ逢沢凛へのファンレターの宛先

東京都目黒区碑文谷6-7-1碑文谷壱番館205
株式会社 アシスト  逢沢凛 宛


テーマ:
こんばんは。

2/1をもちまして「ハムレット」無事に終幕致しました。


{712BD199-213A-4E6C-8864-8465C1E7B25D}



ご来場くださったみなさま、ご声援をくださったみなさま、誠にありがとうございました。

素敵なお花もありがとうございます!

{D531F1F7-9EA6-4F17-80D5-3610B5313050}

{C110F3A4-0F1B-43B3-9EC5-771EBF546B80}



今回は簡潔に言うと一筋縄ではいかなかった。ただただ、それだけ。私が今までやってきたもの・積み上げてきたものはなんの役にも立たなくて、最初は逃げたい気持ちでいっぱいでした。

シェイクスピアを演じるにあたって、気持ちと行動よりもまず言葉を発することが大事なんだって。そしたら感情が自ずと出てくるという話を最初のほうの稽古で聞いて目からウロコ。知らなかった。
だから得た知識は使おう。と思ってやってみたけど、言葉は絶大な力を持っていて、それに押しつぶされ上手く操れない日々が続いてしまった。シェイクスピアの面白さは言葉遊びと詩的な語りだと思うから、感情が入ってしまうと言ってることがわからなくなる自分の技術に辟易しました。
そういうわけで、何もかも一からやり直し。最初からひとつずつ学んでいかなくてはならない作品でした。

ずっとずっとやりたかった憧れのシェイクスピアだったけど、私は彼のことを何にも知らなかったんだと思い知らされた日々でもありました。


だからこそ、初日が開けてからのみなさまの感想や声が糧となり血となり肉となり。嬉しかったです。
たくさんの方に見ていただけたことが素直に嬉しかった。本当に本当にありがとうございます。


お兄ちゃんとフェンシングごっこ(あれは枝を剣に見立てたフェンシングなのですよ)したり、水(!)をかぶったり、オープニングでお花を渡したり、というのは実は自分の未来もお兄ちゃんの未来も先取りをしていたのです。
今までたくさんの方が演じてきたオフィーリアを演じることにとてもプレッシャーを感じましたが、そこがシェイクスピアの良いところ。
ト書きが少ない分、たくさんの解釈を張り巡らせることができる。原文と照らし合わせながら注釈書を読み解いていく日々。
十人十色。人の数だけハムレットという作品へのアプローチ方法がありますね。私は私の思うオフィーリアを。真似になってしまうのが怖いから残っている映像作品はあんまり見なかったけど、今はどんなオフィーリア像があるのか、時間があるときに勉強してみようと思っています。
(狂気のシーンにて、ウイキョウとオダマキ、ヘンルーダを誰に渡すかというのも個人によって解釈が異なるようです)


じっくりと先を見据えて芝居と向き合えた感覚はやはりエキサイティングで素晴らしいものでした。
予想よりも奥深く、大きな壁があったけれども、楽しくてしょうがなかった。調べれば調べるほどたくさんの意見とやり方があって、もっともっとシェイクスピアを勉強したくなりました。
色んな作品やってみたい、、、。


何より学んだのは、言葉の偉大さ。今までこんなに言葉に注目したことがあるだろうか。動きや表情だけに囚われていなかっただろうか。
人間にしか与えられなかったこの表現方法を、400年も前にシェイクスピアは見抜いていたんだな。



ハムレットでみなさまの心に何か残せていたら幸いです。もっと言うと、心に希望の光を灯せていたら幸いです。
昔の人も思い悩んだ日々があった。現代でもそう。普遍的なテーマはずっと変わらないと思う。


「生きてくれ」

なかなか言えないけど力強いこの台詞。今回の西沢ハムレットにはこの一言に色んな想いがぎゅっと込められていました。


お芝居をもっと好きになれた。感謝の言葉を並べても言い尽くせないほとです。西沢さんありがとうございました。



人との出会い。一期一会を大事にしなきゃ。今回そう強く感じました。全員が自分の仕事にとてつもない愛を持っていて、誇っている姿が眩しかった。私もそういう人間になりたい。


成長してどんな形でもみなさまとまたご一緒できますよう、精進しなくては。



最後まで「ハムレット」を見届けてくださって本当に本当にありがとうございました!

しばらくハムロスに浸ります。。笑



{AE753E88-5A26-4DB0-88B1-DA38D488F879}


オフィーリア
逢沢凛


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
こんばんは。
12月31日。年末。昨日までハムレットの稽古でわたわたしていたせいか、全く大晦日感がありません。笑
とりあえず家族みんなでご飯を食べ、ゆったりしながら紅白みて、なんとか年末を認識しています。。。


2016年も逢沢にお付き合いくださり、ありがとうございました。
どの年よりもお芝居をした!と実感できる一年でありました。学業と両立しながらなので頻繁に舞台に立てるわけではありませんでしたが、年に3本もの作品に出演させていただけるというのは初めてで珍しいことで。初めてアニメの声優も務めさせていただき、ドキドキしながら知らない世界に飛び込みました。

憧れの演出家さんの作品、アニメの声優、ほぼ初ミュージカルで初主演とたくさんの経験をさせていただけて幸せ者だったなあ。
みなさまの応援があってこそです。本当にありがとうございました!


さあ、お正月だからって新年早々ぬくぬくしていられないぞ!3日からハムレットのお稽古初め。
ぶつかって闘って絶対良いものをつくります。

年明けからワクワクが待ってます。いただいたものを全力で頑張ります。


では☺︎
2016年のブログ納めでした!

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは!

やっと情報解禁です。
来年の1月「ハムレット」に出演致します!

数日前にツイッターでも告知しましたが、その詳しい情報が解禁になりました♪

お友達やご家族をお誘い合わせの上、ぜひ見にいらしてくださいね!

チケットを購入の際には逢沢凛扱いと選択していただけると、私の励みになります。どうぞよろしくお願いします!

みなさまの心に届けられるよう精一杯稽古に本番にと、勤しんで参りたいと思います!やる気満々!!



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

ラゾーナ川崎プラザソル開館10周年記念公演
「ハムレット」
作:ウィリアム・シェイクスピア
訳:松岡和子/演出:西沢栄治

キャスト
梶原航/逢沢凛/チョウヨンホ/岡野真那美/
大髙雄一郎/坂川慶成/大里秀一郎/木村圭吾/
日下諭/川口高志/豊田豪/高山高/熊手竜久馬/
ジリ・ヴァンソン

2017年1月25日(水)~2月1日(水)
1月25日(水)19:00
   26日(木)19:00
   27日(金)19:00
   28日(土)13:00/19:00
   29日(日)14:00
   30日(月)19:00
   31日(火)13:0019:00
2月 1日(水)14:00

※開場は各開演の30分前、受付開始は各開演の45分前

チケット:2016年11月1日(火)発売
・一般 4,000円
・川崎市民 3,800円(在住・在勤・在学/要証明)
・25歳以下 2,500円(要証明)
(未就学児不可)
【チケット取扱】
 カンフェティ(一般券のみ)
  http://www.confetti-web.com/detail.php?tid=36329&
  (セブンイレブン発券/現金・クレジット可)
 ラゾーナ川崎プラザソル
  チケット窓口(10:00~20:00)
  電話予約 044-874-8501
  オンライン予約 http://hamlet-plazasol.jimdo.com/

公演ホームページ http://hamlet-plazasol.jimdo.com/
公演Twitter @hamletplazasol
劇場Facebook https://www.facebook.com/plazasol.kawasaki/


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは。
10月中旬です。みなさん秋を満喫してますか?

私はですね、焼き芋を食べるっていうことくらいしか秋らしいことにしてないなあ。またしても食。
最近とても寒くなってしょうがないので、セーター買っちゃったよ。秋を通り越して冬を感じている今日この頃です。


今日は久しぶりの舞台はしごをしてきました。


1本目はSpace 早稲田演劇フェスティバル2016 特別企画 VOL.2 北村想名作戯曲リーディングの「虎☆ハリマオ」

地下空港の伊藤靖朗さん演出の舞台です。
舞台と言ってもリーディングですから朗読劇。
でもね、朗読劇の域をはるかに超えた作品で驚きの連続でした。
「虎☆ハリマオ」はもともとある戯曲なのですが、読んだこともストーリーも知らなかった私でも、朗読劇という枠組みに収めるのは難しいだろうなぁっと見ながら思ったほど難易度が高い作品。それを試行錯誤しながら、様々な演出を使って一つの新たな作品に創り上げられたことがしっかりと伝わってきて圧倒されました。
朗読劇の稽古期間はとても短いらしいのですがこの作品もやはり同じで、そんな環境の中で熱演する役者のパワーと、やってやるぞ!という靖朗さんの挑戦と熱量と、もともとの戯曲の力強さと、色んなものがぎゅっと積み重なって絡み合って、ものすごいスピードで物語が駆け抜けていきました。
朗読劇はただ本を読むだけではない。その領域と秘めたる可能性を侮ることなかれ、です。


2本目は「Luna Rossa」です。HEROで一緒だった秋山美里ちゃんが出てたよ。
空想世界のようでそうじゃなく、遠い未来のようでもしかしたらすぐそこの将来なのでは、と思わせる世界で起こるストーリー。科学技術が進むことは人にたくさんの恩恵をもたらすけれども、それと同時に失うなにかも必ず存在するし、環境問題だって穴を埋めればまた他の課題が現れて繰り返していくうちにいつか限界がくるはず。成れの果ての世界は異世界や他人事のようだけれど、ちゃんと今という現実に訴えかけてくるものがありました。
全て管理された無機質な国(果たして国という言い方ができるのかわからないけど)でもまだ人を動かせるだけの感情や心の機微、温かさは生きていて救われた気持ちになりました。やっぱり人間っていいね。
(時事ネタ満載でびっくりしたけど、とても面白かったです。かなり辛辣でした。。。)


舞台はしご楽しかったっ!次はなに見ようかなぁ〜



いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
大好きな白井晃さん演出の舞台、「マハゴニー市の興亡」を観に行ってきました!

実は今日で二回目。
もう一度あの世界観を体験したくて観に行っちゃいました。


毎度毎度KAATの舞台装置に驚かされます。去年のペール・ギュント、今年の夢の劇の時にも感じたけど、本当に同じ劇場なのか!っていつも度肝を抜かれるくらい印象が変わる。
舞台の作り方がもう贅沢で、実験的で、なんでこんなことやあんなことが思いつくのだろう、と不思議がいっぱい。

奥行きいっぱいの舞台と吊るされたモニターと、バンドによる生演奏と、散りばめられた椅子とテーブル。
そしていろんなシーンで出てくる様々な小道具たち!豪華!!


人間のネガティヴな部分に焦点を当てた作品が多い印象で今回もそうなんですが、また違う角度からぐっと迫る感じでした。
マハゴニー市という人間の欲望に塗れた快楽の園。そこで生きる人々は絶望しながらも、歓楽を求めて今を楽しみ、やがて破滅へと向かっていく。
デモや物価高騰、災害など他人事とは思えない要素も入っていて、昔に書かれた作品だけど現代を反映させているかのような錯覚に陥るのでした。
歪んだ世界ではあるけど、権利ってなんだろうな、人の幸福ってなんだろうな
制限された中で行動しても満たされないのでは幸福ではないけれど、それがイコール何やってもいいという図式が成り立つのはどうなんだろう…とか色々疑問に残ることがあって。
人間の着飾ったものを根こそぎ落とした核を垣間見たような気がしました。

気持ちが良いところ(人が安易に予想するようなメロディ)に届かないように緻密に奏でられる楽曲たちも歪んだ世界に花を添えていて…
より説得力があって、それらを歌い上げるキャストさんたち…圧巻です。高低差があってあんなに難しいのに、思わず口ずさんでしまうほど耳に残ります。


最初見た時はマハゴニー市民席という舞台上にある席だったのですが、そりゃもうよく役者さんたちの表情や動きを見ることができて圧倒されました。至近距離で芝居を見ることってなかなかないし、参加型でお金渡されたり話しかけられりするので終始ドキドキだったけど良い体験でした。とても楽しめた。
そして今日は全体的に見ようと普通の客席から見て、周りが見られるからこそ目で追うところがこの間と違ったり、いろんな角度から見て二度三度も楽しめる舞台です。

この面白さ是非、劇場へ足を運んで体験していただきたいくらい!


ずっしりと重みのあるお芝居がまたしたくなった。
またKAATの舞台に立ちたいなあ。



いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み