名古屋市熱田区の男女3人死亡ひき逃げ事件で、愛知県警熱田署特別捜査本部に危険運転致死容疑で逮捕された事故車の同乗者3人について、名古屋地検が処分保留とする方針を固めたことが捜査関係者への取材で分かった。同乗していたのは矢坂エドアルド(32)▽カブラル・エウェルトン・フェレイラ(31)▽マルシオ・アントニオ・ツノ(35)の3容疑者。

 一方、同地検は26日、ロシェ容疑者を危険運転致死と道路交通法違反(ひき逃げなど)の罪で名古屋地裁に起訴した。地検によると、ロシェ被告は人をはねたことを認める供述をしているという。

 地検によると、ロシェ被告は交差点の約180メートル手前で赤信号を認識したが、ブレーキをかけずに時速約120キロで進入。歩道にいた3人は約40メートルはね飛ばされて死亡した。【山口知】

【関連ニュース】
名古屋ひき逃げ:運転の男を起訴 危険運転致死罪
名古屋ひき逃げ:赤信号無視し進入…運転の容疑者が供述
名古屋ひき逃げ:危険運転致死容疑で同乗の2人再逮捕
名古屋ひき逃げ:4人目の男逮捕 危険運転致死容疑
名古屋ひき逃げ:運転の男を送検 危険運転致死容疑

<温暖化基本法案>首相「ボコボコに」検討難航に不満(毎日新聞)
官僚対象に「政策グランプリ」=提案募り11年度予算に採用-行政刷新相(時事通信)
裁判員裁判で猶予判決の男に実刑=保護観察中に窃盗-横浜地裁支部(時事通信)
小笠原村、父島、母島両島に2800人に避難勧告(産経新聞)
【未来予想図 選択的夫婦別姓を問う】(中)米の教訓 扶養意識後退(産経新聞)
AD