平野博文官房長官は18日午前の副大臣会議で、各省の副大臣が主催する政策会議について「運営の在り方を一度考えてもらいたい」と述べ、与党議員の意見がより反映されるよう改善策の検討を指示した。
 民主党は、政策決定の内閣一元化に向けて、政権獲得を機に政策調査会を廃止。これに合わせ、政府に入らなかった議員の意見を聞くため政策会議を設けたが、党内では政策決定に十分関与できないとの不満が高まっている。
 平野長官は記者会見で、政策会議の在り方について「知恵が絞れるものならば絞ってもらいたい」と強調。一方で、民主党内で政策調査会の復活を求める動きが出ていることについては「一元化の考え方はこれからも変わることない」と、復活させる必要はないとの認識を示した。 

<病児保育>補助金、地域に応じた見直し検討 厚労政務官(毎日新聞)
社民、参院比例に新社会党幹部の擁立検討(読売新聞)
<ウェッブ上院議員>グアム移転計画「日本の結論待ち」(毎日新聞)
脚本家の宮内婦貴子さん死去(時事通信)
<詐欺>山内議員の元秘書を逮捕 架空投資話の疑い(毎日新聞)
AD