sansiroのブログ

世の中不況もあり人間としての心も荒んできてます
でも人間としての矜持はなくしたくない
もう一度人間としての原点回帰は何か
記事ににして行きます


テーマ:

大学生の就職先として人気が高いマスコミ。なかでも朝日新聞といえば、東大を始め「銘柄大学卒」ばかりが入社する、と思われていた。

ところが、2014年春に同社に入社した東大生はなんと「ゼロ」。東大生から、朝日新聞は見放されたのだろうか――。

写真

東大生は朝日新聞を見放したのか

多いときは
写真

東大生は朝日新聞を見放したのか?

3分の1が「東大」だったことも

2014年4月1日、朝日新聞の木村伊量社長は入社式で新入社員に向けて、「朝日新聞に携わる誇りと覚悟をもって、失敗を恐れずに挑戦してほしい」と気構えを説き、「広い視野をもったプロフェッショナルの新聞人を目指してほしい」などと激励した。

2月以降に同社に入社した新入社員は、男性50人、女性28人の計78人。ここから編集部門に53人、ビジネス部門18人、技術部門7人が配属された。

京都大、大阪大、一橋大、早稲田大、慶応大… どの新人もいわゆる有名大学の出身者。そこから競争の激しい採用試験を突破してきた。しかし、そこに「東大卒」はいない。

朝日新聞の編集部門には、「20、30年前は、多いと配属された記者の3分の1が東大生だったこともある」と元幹部は明かす。

昨年の採用試験が進んでいる頃、朝日新聞の幹部は、面接に東大生が一人もいないことがわかり、愕然としたそうだ。人気の凋落ぶりに、「ここまで…」と唇を噛んだとか。

「新御三家」はDeNAとグリー、サイバーエージェント

東大卒の新入社員が減っているのは、なにも朝日新聞だけではないかもしれない。週刊東洋経済(4月5日号)は、「激変、東大生の就活!新御三家はこの3社! 商社、金融を押しのける 人気のメガベンチャー」の特集で、東大生がここ数年で業績を拡大してきた、伸び盛りのネット系のベンチャー企業に目を向けるようになってきたと、指摘している。

いまや、ディー・エヌ・エー(DeNA)とグリー、サイバーエージェントを、「新御三家」と呼ぶらしい。

東大卒の就職状況をまとめた東京大学新聞によると、DeNAは2013年春(12年度卒)に16人の大学院卒を採用。就職ランキング(院卒)で、前年の20位以下から一気にベスト10入り、5位に順位を上げた。


就活に詳しい、大学ジャーナリストの石渡嶺司氏は、「東大生に限らず、最近の就活は『安定』と『反ブラック企業』がキーワードと言えます。民間企業で金融機関や大手商社が人気なのもそのためです」と話す。

たしかに、13年春の東大生の就職ランキング(学部卒)をみると、1位が2年連続で三菱東京UFJ銀行(29人)。2位が三菱商事(22人)、3位みずほフィナンシャルグループ(18人)。以下、三井住友銀行(16人)、住友商事(13人)、三井物産(13人)と、「お堅い」企業が並んでいる。

優秀な人材、他社にとられた?

インターネットの普及などで、出版や新聞・テレビ、広告は厳しい経営環境にさらされている。マスコミ業界について、前出の石渡嶺司氏は「全体的には採用人数を大きく減らしているのは事実ですし、そのために門戸が狭くなり、以前に比べれば人気が落ちていることはあります」と話す。

ただ、「それでもマスコミは人気がないわけではない」という。「斜陽産業」などと言われても、あすにもどうにかなるようなことはない。職業を聞かれて、「新聞社です」「新聞記者です」といえば世間体も悪くないし、給料も高い。「新聞社なら、文句を言う親はいません」。

「東大生のエントリーが減っているのかもしれませんが、(朝日新聞で)ゼロというのは考えられません。おそらく眼鏡に適わなかったのか、(志望者は)複数のマスコミを受けているはずですから、他社との競争に敗れたのではないでしょうか」と、石渡氏は推測する。

それにしても就職戦線での朝日新聞の「凋落」は隠せないようだ。


いいね!した人  |  コメント(0)
PR

テーマ:
成田空港で心肺停止状態の外国人男性の人命救助に貢献したとして、成田国際空港署で18日、日本航空の客室乗務員、吉村亜希子さん(38)と粕谷理恵さん(33)に、遠藤順一署長から感謝状が贈呈された。

 吉村さんと粕谷さんは今月8日午後2時ごろ、私用で旅行に行っていた台湾から成田空港へ帰国。第2ターミナルビルを歩いていると、「自動体外式助細動器(AED)を取ってきてください」という職員の声が聞こえた。

 倒れていた台湾の男性(61)に駆け寄り、交代で心臓マッサージ。意識を取り戻した男性を救急隊員へ引き継いだ。その後、男性は無事回復したという。

 吉村さんは「必死だったが、訓練を受けていたのですぐに動けた」と当時を振り返った。粕谷さんは「他の職員とも連携し、お客さまを助けることができて良かった」と話した。


成田空港で心肺停止状態の男性の救命活動にあたった日本航空客室乗務員の吉村亜希子さん(右)と粕谷理恵さん=18日、成田国際空港署(杉侑里香撮影)(産経新聞

成田空港で心肺停止状態の男性の救命活動にあたった日本航空客室乗務員の吉村亜希子さん(右)と粕谷理恵さん=18日、成田国際空港署(杉侑里香撮影)(産経新聞

成田空港で心肺停止状態の男性の救命活動にあたった日本航空客室乗務員の吉村亜希子さん(右)と粕谷理恵さん=18日、成田国際空港署(杉侑里香撮影)(産経新聞

成田空港で心肺停止状態の男性の救命活動にあたった日本航空客室乗務員の吉村亜希子さん(右)と粕谷理恵さん=18日、成田国際空港署(杉侑里香撮影)(産経新聞

写真

成田空港で心肺停止状態の男性の救命活動にあたった日本航空客室乗務員の吉村亜希子さん(右)と粕谷理恵さん=18日、成田国際空港署(杉侑里香撮影)(産経新聞)

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

月初めにスタートした、エールフランス航空の新キャンペーンで使用されているビジュアルが、人種差別的と話題になっている。特に、白人女性にエキゾチックな恰好をさせたものに批判が集まっている。ツイッターではキャンペーンを皮肉るハッシュタグまで登場している。



【業界には好評】
 今回のキャンペーンでは、15年振りにキャッチコピーを一新。エールフランス航空が提供するサービスを紹介する6点に加え、同社が就航する都市をイメージした12点のビジュアルが制作された。


 広告、デザイン関係者からの反応はとてもよい。『Creative Review』では、「最近は印刷物での印象的なキャンペーンは少ないので、エールフランスの新作品はエキサイティング」だとし、「ウィットの効いたビジュアルと大胆なブランド化で新しさを見せた」と評されている。


『PSFK』も、「広告というより、ファッションの芸術作品のよう」と表現し、「懐かしさを感じるデザインと鮮やかな色彩が特徴」と好意的に解説している。


【芸者は人種差別?】
 ところが、アメリカの若者向けの情報メディア『PolicyMic』は、アジア系アメリカ人でフェミニストの活動家、ジェン・ファン氏の批判コメントを引用。「白人女性に判で押したような服装をさせて、西洋化していないエキゾチックな国々を描くようなキャンペーンにさえならなければよかったのに」と同氏は語っている。


 また、白人女性が“芸者風”の衣装を着た東京のビジュアルに、もっとも苦情が出ていることも紹介。「(もっと侮辱的な北京のものとは違って)露骨に顔を黄色に塗ったモデルではなかった」が、明らかに文化を盗用していると述べ、エールフランスは世界の多くのファッションデザイナーと同様の罪を犯しているとした。


 さらに『PolicyMic』は、東京の広告と、2013年のアメリカン・ミュージック・アワードで、日本好きで評判のケイティ・ペリーが風変りな着物スタイルで登場したことを重ね、「白人の、アジア女性(のイメージ)に対するむやみやたらな崇拝」が背景にあることを示唆している。


【ツイッターではパロディ広告イメージが集まる】
 一方、人種問題を扱うサイト『Colorlines』は、エールフランスが「白人モデルに黄色い顔でドレスアップさせ、新広告キャンペーン中」と辛口批判。ウォール・ストリート・ジャーナル紙のコラムニスト、ジェフ・ヤン氏が、ツイッターのハッシュタグ#FixedIt4UAFを使って、パロディ広告を募集していることを紹介。ユーザーによるパロディ広告は、ゴジラやポケモンの主人公の格好をさせたものなどがある。


 なお、この広告に対する日本国内からの批判は今のところ見当たらない。こうしたトピックに敏感な、一部の海外メディアや識者が反応している、という現状だ。

いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード