sansiroのブログ

世の中不況もあり人間としての心も荒んできてます
でも人間としての矜持はなくしたくない
もう一度人間としての原点回帰は何か
記事ににして行きます

NEW !
テーマ:
 お盆には海に行く読者も多いと思うが、海は不思議な生き物に満ちている。米国西海岸のカリフォルニアのビーチには、学名「Velella velella」、日本名「カツオノカンムリ(鰹の冠)」と呼ばれる美しい海洋生物が打ち上げられ、ビーチを訪れる人々をうっとりさせている。カツオノカンムリとはクラゲの一種で鍋蓋状の形をし、青い部分と透き通った帆を持ち、風に乗って移動する。

 またこの「鰹の冠」という漢字名は、カツオと一緒に移動する事が多いのでその名前が付いたらしい。何も知らずにカツオノカンムリを見ると、その姿はまるでお洒落なガラスの文鎮にも見える。


【その他の画像と動画はこちらから→http://tocana.jp/2014/08/post_4602.html】

■クラゲとはかなり違う生物

 カツオノカンムリは分類学的にはクラゲに近く、刺胞動物門である。そのグループには約9,000種の水生無脊椎動物が含まれると言う。しかしそれは、カツオノカンムリがクラゲに似ているという事ではない。スタンフォード大学ホプキンス海洋研究所の海洋生態学・無脊椎動物学講師のジム・ワタナベ氏は、「彼らは哺乳類と鳥が共に脊椎動物なのと同じくらい、クラゲとは異なっています」とサンフランシスコの地元メディア「SFGate」の取材に対して語った。

 クラゲのように水中生活をする代わりにカツオノカンムリは、水表面上に生息する魚の卵や他の小さな海の生物等の食糧を捕まえる為の触手を使用している。カツオノカンムリは風が吹くところはどこでも、自分のヒレを帆の様に使って移動する。この為、カツオノカンムリは風によって動く船乗りと呼ばれる。また北カリフォルニアの海岸沿いにしばしば、カツオノカンムリの大群が浜辺に打ち寄せられるのは、その地域の強い風が影響していると思われる。

 ビーチを訪れた人々は、これらの美しい生き物の写真を撮って次々とソーシャルメディアに投稿する。カツオノカンムリは非常に美しいが、水から出て生き残ることはできない。

「もしカツオノカンムリを拾ったら、水に入れてそれの下側を見て下さい。そこにあるごく小さな管状のポリープと触手はこの生物の身体の一部です」ワタナベ氏は話す。「もしカツオノカンムリが顔を下にしていない場合は、水中で生きる事は出来ません。浜辺ですぐに乾いてしまいます」とワタナベ氏は取り扱いにも注意を促している。

■日本の海岸にも出没

「カツオノカンムリ」はカリフォルニアだけで見られるのではなく、日本でも夏にカツオノエボシやクラゲと共に暖流に乗って浜辺に打ち上げられると言う。今年の日本は台風の当たり年だが、台風の後などにはカツオノカンムリの大群が打ち上げられる事が多いらしいので、発見出来るかもしれない。ただし、刺されるとかなり痛いと言われているので、取扱いにはくれぐれもご注意を!
AD
いいね!した人
NEW !
テーマ:
アメリカでは今月、メリーランド州、テキサス州、そしてカリフォルニア州など各地でUFOの目撃情報が相次ぎ、メディアも巻き込んで大きな話題を呼んでいたが、またも新たなUFOが出現したとして騒ぎとなっているようだ



【その他の画像と動画はこちらから→http://tocana.jp/2014/09/post_4748.html】

 今度のUFOは、ペンシルバニア州上空に現れた。8月25日の夜、ローワーパクストンにある自宅のベランダでくつろいでいたステファニー・ウィルカーソンさん。ふと夜空を見上げた彼女の目に飛び込んできたのは、はるか頭上を不規則に漂う、謎の光の集合体だった。すぐさま取り出した自身の携帯電話で、謎の光を撮影することに成功したウィルカーソンさんだが、

「それが移動していないことに気付くまでは、飛行機だと思っていたんです」
「20分ほど眺めていましたが、次第に色が変わっていることにも気付きました」
「あんなものを見てしまったら、もうUFOの存在を信じずにはいられません」

「ABC News」のインタビューに、このように答えている。また、彼女の呼びかけに応じて、近所の住民も双眼鏡を持ってやってきたが、

「これは...惑星なんかじゃない! あ...、黄色に変わった!!」

と、驚きの声を上げたと明かす。さらにウィルカーソンさんは警察にも通報、すぐさま警官が駆けつけたが、その場に集まった誰一人として謎の光の正体を説明できる者はいなかったという。

 後日、警察は会見を開き「地元の空港や州兵訓練基地に確認したが、月曜の夜に付近を航空機が飛んでいたという記録はなかった」と発表。ローワーパクストンでは数日前から同様の光が目撃されていたことなど、新たな事実も判明した。

 さて毎度おなじみ、台湾で英語教師として働く傍らUFO研究家としても活動する米国人、スコット・ウェアリング氏は、

「数日後か、それとも数週間後か、はたまた数年後かは分かりませんが、UFOは同じ場所で再び目撃されることが多いのです。ですから、ローワーパクストンのみなさんは、注意を怠らないようにしましょう」

と自身のサイト上で今回のUFO騒動についての見解を述べている。今後、謎の光がペンシルバニア上空に再び姿を現すことがあるのか、目が離せない。

AD
いいね!した人
NEW !
テーマ:

痩せたい、スタイルが良くなりたい、というのは、女性の多くが抱いている願望ですよね。ジョギングや筋トレをして運動で痩せようとする人もいますし、カロリー計算をして食事で痩せようとする人もいます。



ダイエットするための食事療法はいろいろあります。「お肉がいい!」とか「野菜がいい!」とか。また「●●はNG!」といった禁止食材をもうける人もいます。ですが、はたしてその方法は効果的なのでしょうか? もしかしたら、逆に減量に歯止めをかけているかもしれませんよ。
そこで今回は、管理栄養士の筆者が、“ダイエットにオススメのとある食材”についてご紹介します。


■“お肉”が痩せやすい体質に導いてくれる!
その食材とは、ずばり“お肉”! ダイエットをしようとすると、ついお肉を避けて、“ヘルシーなもの=痩せやすい”というイメージから野菜やカロリーの低いものを食べようとしますよね。でも実はお肉こそがダイエットの味方なのです。
なぜならば、お肉の主成分であるタンパク質にダイエットをサポートをしてくれる働きがあり、痩せやすい体質に導いてくれるからです。

■肉の中でも“羊肉”がオススメ
身体のエネルギー源となるものは炭水化物・タンパク質・脂質の3つ。その中でもタンパク質は筋肉や血液をつくる役割をしており、さらに身体の脂肪や糖分を燃やしてエネルギーを作る働きがあります。
そして、炭水化物や脂質を食べたときより、タンパク質を食べたときの方が、満腹感、満足感を得やすいということもわかっています。
お肉にはタンパク質以外にも、脂肪を燃やす成分のビタミンB群や、“L-カルニチン”が含まれているものもあります。とくに羊肉にはL-カルニチンが多く含まれているので、ダイエットの強い味方になってくれるのです。

■肉を食べることは“美”へのサポートにもなる
そして、さらに嬉しいことに、お肉は美肌の味方でもあるということ。お肉の主成分タンパク質は身体のあらゆる臓器を作るもと。肌はもちろん、爪や髪の毛の主成分もタンパク質です。タンパク質が無ければ肌も髪も爪もボロボロになってしまいます。
ダイエットのときは食事量が減るので、全体的に栄養素不足になって肌荒れを起こす人も多くいます。そんなときこそ、お肉を活用することで健康的な美を保つことができるのです。

■ダイエット中の正しいお肉の食べ方
でも、やはりここで気になるのがカロリー。確かにお肉はカロリーが高いイメージがありますが、これは脂身の部分のこと。


つまり脂身の部分を落として赤身の部分を食べれば、カロリーを抑えることができます。さらには痩せやすく美肌作りにも良い食材として取り入れることができるのです。
とはいえ、脂も極端に減らしてしまうと便秘やシワの原因になるので、避け過ぎはNGです。比較的エネルギーの低い、ヒレ、モモの部位を使うといいですね。
また、調理法では基本、茹でる、蒸す、炒める、揚げる、の順でカロリーが高くなっていきます。「カロリーが気になる」という方は、しゃぶしゃぶのようにさっと茹で、脂を落として食べることをおすすめします。

いかがでしたか? 無理な食事制限に走るのではなく、美味しい食事を摂って、痩せやすい身体を作るのがおすすめです。お肉以外にも豆腐や納豆、大豆など植物性のタンパク質も上手に取り入れて、効率良くキレイに痩せたいですね!

AD
いいね!した人

[PR]気になるキーワード