sansiroのブログ

世の中不況もあり人間としての心も荒んできてます
でも人間としての矜持はなくしたくない
もう一度人間としての原点回帰は何か
記事ににして行きます


テーマ:

朝鮮戦争の休戦(1953年)後、在韓米軍基地近くの売春街(基地村)で、米兵ら相手の売春をしていた韓国人女性ら122人が昨年6月、「米軍慰安婦」(ヤンコンジュ)として韓国政府の厳しい管理下に置かれ、人権を侵害されたなどとして、1人当たり1000万ウォン(約108万円)の国家賠償を求める集団訴訟を起こした。

 基地村は、旧日本軍の慰安婦制度と酷似していた。韓国国会では、朴槿恵(パク・クネ)大統領の父、朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領の決裁署名入りの文書記録をもとに、野党議員が追及したこともある。彼女たちが国を訴えたのは、韓国政府や社会から虐げられてきたからだ。

 私は、仁川(インチョン)にあった米軍人と韓国女性との間に生まれた子供たちの施設を取材したことがある。慰安婦や子供たちは外を歩けば石を投げられ、汚い言葉を浴びせられていた。

 慰安婦問題を糾弾するなら、日本だけがやり玉に挙げられるのは、公平ではない。韓国や米国、そして朝鮮戦争を戦った連合国軍(国連軍)も糾弾されなければ、筋が通らない。

 いわゆる「南京大虐殺」もそうだ。

 そもそも、日本人は都市をまるごと大虐殺などしたりしない。戦国時代に最も冷酷だった織田信長でさえ、城を攻める時に、期限を区切って女、子供を解放するよう勧告していた。大虐殺をするのは、他ならぬ中国であり、米国であり、西洋列強だった。

 大戦時、中国共産党軍(八路軍)を率いた毛沢東は「日本軍は包囲はするが、殲滅(せんめつ)はしない」と、日本軍の弱みを指摘した。毛沢東は、文化大革命では6000万人余の自国民を粛清したとされる。

 米国も負けていない。



3月10日はもともと、日露戦争で、日本陸軍が奉天会戦で勝利した陸軍記念日だったが、米国はその日を狙って東京大空襲を行った。木と紙でできた日本の家屋をどうすれば効果的に襲撃できるか、実験を重ね、焼夷(しょうい)弾を開発した。

 B29の空襲は、まず東京の下町を四角く爆撃し、巨大な火炎の壁で包囲して、人々を逃げられないように閉じ込め、それからその中を焼き尽くした。10万人以上を数時間で焼き殺した大虐殺は、世界史の記録となっている。

 いわゆる「南京大虐殺」を捏造したのは、蒋介石率いる中華民国だったが、東京裁判で連合国側が大きくそれを取り上げたのには裏がある。東京大空襲をはじめ、日本全国100以上の都市を無差別で空爆し、広島と長崎に原爆を投下して、都市ごと市民大虐殺を行った自らの罪を、覆い隠すために米国が仕掛けた洗脳工作だ。

 未開の野蛮の獣人を、白人(キリスト教)文明の人間が、愛と民主主義をもたらすために、実行した正義という傲慢極まる理屈である。この500年の世界の歴史は、そうした白人が有色人種を殲滅する歴史だった。

AD
いいね!した人

テーマ:

27日、中国の掲示板サイトに、「日本の技術はすごすぎる!量子コンピューター分野で大きく前進」と題するスレッドが立った。日立が開発したコンピューターについて中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。(Record China)

[拡大写真]

2015年3月27日、中国の掲示板サイトに、「日本の技術はすごすぎる!量子コンピューター分野で大きく前進」と題するスレッドが立った。

【その他の写真】

スレ主は、「日立は量子コンピューターに匹敵するCMOS半導体コンピューターを開発した。量子コンピューターは極低温下でしか動作させることができず、ノイズが大きかったが、日立が開発した新コンピューターは室温で動作させることができ、しかも計算が速くて電力効率も高い」と紹介した。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「何を技術革新というか?これこそまさに技術革新だ」
「どうやら日本はアジアをリードしているだけではなく、世界をリードしているようだな」
「第二次大戦後、
ノーベル賞 を受賞した日本人の数は世界でも上位に入る。基礎科学の分野で大きく進歩し、結果を出しているからだ」

「やっと世界最速レベルのスーパーコンピューターを開発したばかりなのに」
「これじゃあ100年経っても中国は日本に追いつけそうもないや」
「政治にしても科学技術にしても中国が一番すごい国だよ。スモッグや毒食品、低品質製品が氾濫していることが中国製造業の強さの証し」

「これをパクるのはちょっと難易度が高そうだ」
「50年後に日本はリアル・ガンダムを開発し、再び侵略戦争を起こすに違いない」
「何も恐いものはないけど、学問のあるチンピラほど恐いものはない。日本とはまさに学問のあるチンピラだ!」
AD
いいね!した人

テーマ:

北陸新幹線の長野-金沢間が14日に開通した。東日本と西日本をつなぐ動脈がまたひとつできた格好だ。海外輸出も検討される日本技術の結晶ともいえる「新幹線」に対し、世界はどう伝えているのか。マレーシア紙は「50年間、運行中の事故による死者は1人も出ていない」とし、高い安全性を称える。一方、中国紙は「速さでは中国が圧倒的だ」などと伝えている。


中国・鳳凰網「中国の鉄道は圧倒的な速さ」

 中国・鳳凰網(電子版)が今年2月、世界の高速鉄道スピードランキング・トップ20を報じた。測定の基準は不明だが、トップは中国の韶関(広東省)-耒陽西(湖南省)間の和諧号24号で、時速316.6キロ。6位までを中国勢が占め、衡陽(湖南省)-韶関(広東省)間のG1011号が2位の313.4キロ、広州南(広東省)-長沙南(湖南省)間のG66号が3位の309.5キロと続いた。


 記事では、日本の新幹線について、15位が広島-小倉間の「のぞみ1号、95号」(時速256キロ)、16位が岡山-広島間の「のぞみ53号」(同255.7キロ)、17位が新横浜-名古屋間の「のぞみ301号」(同246.6キロ)などと伝えた。


 フランス、スペインの高速鉄道に次いで、日本勢で最速だったのは東北新幹線の「はやぶさ4号、5号」の大宮-仙台間(同263.4キロ)で13位だった。

 中国では2011年、浙江省を走る高速鉄道で多数の死傷者が出る大事故が発生しているが、記事では「中国の鉄道は圧倒的な速さを誇っている」とも強調した。



隣国と結ぶマレーシア「新幹線こそ躍進のカギ」…タイ、東南アジア進出狙う中国は


マレーシアでは、首都クアラルンプールと隣国シンガポールを約1時間半で結ぶ高速鉄道(全長約350キロ)の建設計画があり、2020年までの完成を目指している。


 昨年10月にはマレーシアの英字紙ニュー・ストレーツ・タイムズ(電子版)は、その計画実現に向けて日本政府が技術担当者や運転士の訓練を含めた支援の提供に前向きだと報じた上で、こう紹介している。


 「(日本の)新幹線は高い安全性が売りで、50年間、運行中の事故による死者は1人も出ていない」

 さらにマレーシアのマレー・メイル紙(電子版)は今年2月、「弾丸列車 日本の新幹線の経験とマレーシアの将来」と題した論評記事を掲載している。


 それによると、「クアラルンプールとシンガポールを結ぶ高速鉄道の成功がもたらす2つの国の変化は、まさに過去50年で日本で起きたことそのものだ」と指摘。東海道新幹線が経済大国となった戦後日本のサクセスストーリーのカギと位置づけ、「都市間の移動時間を短くすることは、景観のみならず、政治や経済、社会状況などを一変させる。マレーシア政府の20年までに高所得国の仲間入りをさせるという野望の実現に近づく」などと論じた。


タイ・英字紙ネイション「暫定政権は新幹線の技術で高速鉄道網構築に意欲」


日本と中国は現在、東南アジアや北・中南米など世界各地で計画される高速鉄道建設の受注をめぐり、しのぎを削っている。

 タイの英字紙ネイション(電子版)は、2月に訪日したタイ暫定政権のプラユット首相が、安倍晋三首相との首脳会談を踏まえ、「わが国に高速鉄道ネットワークが出来れば、低所得者を含む国民の生活が豊かになる」とし、タイ国内に日本の新幹線技術を導入して高速鉄道網を構築することに意欲を示していると報じた。プラユット氏は2月末のテレビ演説で「今年中に具体的な進展」を目指すと表明した。


 プラユット氏は日本滞在中、関西経済連合会や大阪商工会議所など関西の経済団体幹部らと大阪市内で懇談するために、東京-新大阪間を東海道新幹線「のぞみ」の最新車両N700Aで移動した。


 東京駅構内の商業施設について「参考にするべきだ」などと語り、新大阪駅で降車後には「(新幹線は)素晴らしい」と感想を述べたという。プラユット氏は中国で高速鉄道を利用した経験もあり、「乗り比べ」で新幹線の快適さや安全性を実感した。

 一方で暫定政権は、4000億バーツ(約1兆4800億円)を投じて高速鉄道を建設し、中国の鉄道と接続する計画も発表している。


英エコノミスト誌「日本の現代性を象徴している」

英エコノミスト誌(電子版)は昨年6月に「日本の高速鉄道がとてもよい理由」と題した記事を掲載。「列車は日本の現代性を象徴している」と指摘し、日本が高速鉄道の製造・運行面で世界的なリーダーであることの理由を探っている。




 英国ではロンドンと主要都市間を結ぶ高速鉄道網が整備され、車両製造を日立製作所が受注。車両が3月12日、英南部サウサンプトン港に陸揚げされた。4月から走行試験を始める予定だという。

 記事では、「日本の新幹線は模範として取り上げられ、英政府はその技術を習得したいと願っている」などと指摘。沿線開発を含め、鉄道は日本の経済成長に欠かせないとし、昭和39(1964)年の東海道新幹線開業によって、日本の高度成長が実現し、世界2位の経済力を得ることが可能になったなどとしている。


中国・国際在線「安全性を重視する」

 今年1月、米カリフォルニア州がサンフランシスコとロサンゼルスの間で計画する高速鉄道の起工式が同州フレズノで行われた。2029年までに、現在は9時間かかる両都市間を3時間以内で結ぶ路線を開業させるとしている。


 ただ、車両や運行システムの入札はこれからで、米メディアが日本や中国、欧州諸国などによる激しい受注競争が繰り広げられると予測している。中国情報サイト・サーチナによると、中国メディアの国際在線は「(受注は)楽観はできない」とし、「(発注者側は)価格面ではなく、安全性を重視する」という業界の内部事情に詳しい人物の話を紹介した。同州は日本同様に地震多発地帯で、地震など災害対策を向上させてきた日本の新幹線技術を念頭に置いたとみられる


カリフォルニア州といえば関西ともゆかりがある。大阪府が友好交流提携をしており、大阪市とサンフランシスコ市は姉妹都市。3月20日には、日本航空が関空-ロサンゼルス路線を約8年半ぶりに復活就航させた。


AD
いいね!した人

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇