sansiroのブログ

世の中不況もあり人間としての心も荒んできてます
でも人間としての矜持はなくしたくない
もう一度人間としての原点回帰は何か
記事ににして行きます


テーマ:

2014年11月7日、浙江省海洋漁業局は各職能部門の責任者と舟山、寧波、台州、温州市、ならびに漁業重点地域の海洋・漁業局幹部を集めて緊急会議を行い、赤サンゴの密猟取り締まり方針を取り決めた。中国農業新聞網が伝えた。

赤サンゴ密漁の取り締まりに当局が本腰=違法船は没収、解体へ―中国

7日、浙江省海洋漁業局は各職能部門の責任者と舟山、寧波、台州、温州市、ならびに漁業重点地域の海洋・漁業局幹部を集めて緊急会議を行い、赤サンゴの密猟取り締まり方針を取り決めた。写真は浙江省の漁港。


【その他の写真】

会議では、密猟の現状、違法漁船の実態を分析し、各地に対して船名、許可証、船籍を持たない「三無」船舶や違法な譲渡、改造などを行っている漁船をすべて把握し、臨検の実施を求めることが決定された。赤サンゴ密猟用の設備が発見された場合は没収され、密漁船は没収、解体処分となる。

また、会議では有効な取り締まりに向けて以下の提案があった。一つ目は、各地の政府が管理を徹底し、責任者を特定、船舶の全数検査を行い、迅速に通報すること。二つ目は、実施部門が連携し、造船所の定期的なパトロールと通知書の配布で、厳罰化を周知すること。三つ目は、国民による密猟の通報を推進し、違法行為を水際で食い止めること。四つ目は、全省で赤サンゴの取引場所を全面的に整理し、違法な流通経路を遮断することである。(

AD
いいね!した人

テーマ:

 中国漁船によるサンゴ密漁問題で、海上保安庁は21日から取り締まりに当たる巡視船を大幅に増やし、一斉摘発を始めた。領海外に漁船を追い出す手法から、夜間の領海内での操業を積極的に摘発する方針に転換。未明に中国人船長(44)を外国人漁業規制法違反(領海内操業)の疑いで現行犯逮捕した。夜間操業の摘発は10月以降初めて。

【写真】海上保安庁の巡視船(奥)と摘発された中国漁船(手前右)=21日朝、小笠原諸島沖、第3管区海上保安本部提供

 太田昭宏国土交通相は同日、閣議後の記者会見で「漁船を排除できる態勢を整える」と述べ、小笠原諸島周辺に20日時点で47隻いた漁船を一掃する方針を明らかにした。

 中国のサンゴ密漁船はピーク時、伊豆諸島周辺も含めて計200隻超がひしめく一方、巡視船は2、3隻程度だった。摘発すれば取り調べなどに人手が割かれることもあり、海保はサンゴの採れる浅い領海から密漁船を追い出すことを優先。10月以降の摘発は8隻にとどまっていた。

AD
いいね!した人

テーマ:
 世界から注目されている準天頂衛星初号機「みちびき」。GPSの利便性向上に向けた実証を行っている




100兆円市場に化ける可能性


 科学技術は「可能性」を追求し、人文科学は「実現効果を検索し企画」しますが、そこに政治の「意思」がなければ、人類の進歩に貢献する実現は達成できません。現在の最先端技術は宇宙技術ですが、先月28日、米バージニア州の米航空宇宙局(NASA)の飛行施設で、米民間宇宙企業オービタル・サイエンシズ社が打ち上げを担当したロケット「アンタレス」が打ち上げ直後に爆発するという不幸な事故がありました。ロケット打ち上げが失敗するたびに「膨大な無駄遣い」だと批判の声が殺到し、開発にブレーキがかかるのが常で、今回もそういった事態が懸念されます。


 そもそも宇宙産業市場は、高度な先端技術を要する宇宙機器産業(衛星・ロケット・地上設備などの製造)を頂点とし、その下層に宇宙利用サービス産業(通信・放送など)、そして裾野に民生機器産業(GPS・カーナビ・チューナー等の製造)とユーザー産業群(資源開発・通信放送・国土開発・気象・環境・農林水産業など)の分野が、広く深く取り巻く構造になっています。


 これまでのわが国の市場規模は、官需主体の研究開発中心だけで、10兆円程度のようですが、これを呼び水とし、民需に広げることができれば、つまり「科学技術」を「経済活動」に変える「政治決断」が伴えば、軽く100兆円の大市場に化けるといわれております。


 科学技術が、新興国のような国威発揚を主目的とするのではなく、国民生活に利得をもたらすことが原則だとすれば、費用対効果をもっとシビアに吟味するべきであって、どの分野に予算を厚くするのかを政官で真剣に検討すべきです。その意味でも、現行の文部科学省がリーダーシップを取る体制では全くダメで、先ずは経済産業省と農林水産省、国土・環境・総務各省などを横断する「宇宙開発庁」を新設すべきであると提言します。

現在まで、ディープスペース(地球の重力圏外)までの探査実績を持つのは米・EU・露・日だけであり、露が惑星探査をやらないので、日本は欧米に伍して、実質的成果を期待できる世界のトップ三極を構成しているという強みを生かすべきであります。宇宙開発利用に限れば、中国・インド・韓国・カナダなどが追いかけてきており、今極めて重要な岐路に立っていることを日本としても自覚すべき時に至っております。


世界が注目、日本の宇宙技術


 実際、米国のスペースシャトルが退役した今、日本の「かぐや」成功や「はやぶさ」効果につづく「こうのとり」輸送機打ち上げ、「みちびき」準天頂衛星の運用といった実利用分野は世界の注目の的になっております。「こうのとり」の延長線上に有人宇宙技術獲得の可能性が高まっているだけに、有人カプセルへの改造と関連システムはすぐ手が届くところにあるようです。


 新しい領域で期待されるのは、宇宙太陽光発電システム(SSPS)です。静止軌道上に大型太陽電池パネルを設置し、発生電力をマイクロ波またはレーザーに変換して地上の発電施設に送るというもので、すでに実験レベルでは成果を上げているそうです。最終ギガワット級の実用化は、20年ほど先のようですが、その過程で生まれる技術成果の実利用にも大きな期待がもたれています。例えば、今般の東日本大震災時に問題となった応急電力供給などは、小規模SSPSで通信放送手段喪失のカバーができたはずです。


 純国産ロケットも、ここ20年間で、成功が31回、失敗が3回という実績は、世界水準なみだといえそうです。今後の課題として大変重要なのは引き続き「信頼性」ですが、それに加えて無視できないのは、「国際競争力」ではないでしょうか。幸いにも、このところの円安は、そのメリットを生かすことができるので、とても大きなチャンスだと思います。


中でも注目を集めているのは、国家プロジェクト「準天頂衛星システム」(QZSS)です。日本国のほぼ真上を通る軌道を持つ衛星を複数機組み合わせ、GPS衛星の弱点(山間部や都市高層ビル街で電波が遮られ機能喪失するという「測位精度の劣化」)を補うことができるという優れものです。


 より精度が上がれば、測量・地図・輸送・交通から、農林漁業・建設・防犯に至るまで幅広い分野への応用が見込まれ、災害にも強く、ピンポイントで素早く位置を特定できる「日本版衛星測位システム」が希望の星となる可能性大なのです。


 すでに4年前に初号機「みちびき」の打ち上げが成功していますが、日本の真上にいられる時間は8時間程度だそうなので、あと2機準天頂衛星を上げる必要があります。そうなれば24時間カバー体制が整い、4機目が上がればさらに精度が上がって、世界最先端の国土情報基盤が完備することになります。


 従来のGPS単独測位で10メートルの誤差が、「みちびき」では車や新幹線など高速移動体で1メートル、トラクター、ブルドーザーなど低速移動体で5センチまで測位精度の改善を目指しているそうです。これを利用して、農業用や工作機械などの自動制御・無人運転の民間と宇宙研究開発機構との共同事業化が進行中です。これにより、従来のGPSに比べ、信頼性向上(1分以内の異常通知)、捕捉時間短縮(1分から15秒に減)が可能となりました

今後ユーザー利便性の劇的改善としては、従来電波が届かなかった山岳や渓谷でも素早く位置情報を正確に入手できるので、遭難事故防止や迷子の回避、防犯などに役立てることが可能となります。カーナビの劇的な改善による安全快適運転も期待できるでしょう。地震、火事、津波といった警報も、携帯電話1本で緊急情報が入手でき、二次災害も防止でき、それが、救急車・消防車・警察のスムーズな来援活動にも結びつくのです。いずれ、いつでも、どこでも、違和感なく複数サービスを利用できる測位環境の改善が見込まれるはです。


世界に日本型地域測位システムを広げよ


 中国などの独自型衛星システムは主として軍事用から発想しているのに対し、日本のQZSSなどは、各国民間ユーザーにも無料で位置情報を提供する思想の下、米国GPSとの併用で機能するものです。今後、広くアジア・太平洋地域にもサービスを提供する方針で、まさに国際的プロジェクトに発展させるべきものだと思います。


 そもそも、カーナビの市販モデルを世界で初めて開発し、販売したのは日本だったわけですから、衛星測位システムでも、日本の先端技術力に応じた世界貢献を果たすのは当然の義務であり、相応の負担に応じるのは責務であると考えます。アジアから、中東アフリカ・ヨーロッパにも「宇宙先進国日本型の地域測位システム」を展開してこそ、世界的評価が得られるものと期待しています。


このニュースの写真



  • 軍事目的オンリーの中国とはモノが違う日本の宇宙技術…カーナビを世界で初めて商品化、世界に打って出よ軍事目的オンリーの中国とはモノが違う日本の宇宙技術…カーナビを世界で初めて商品化、世界に打って出よ軍事目的オンリーの中国とはモノが違う日本の宇宙技術…カーナビを世界で初めて商品化、世界に打って出よ軍事目的オンリーの中国とはモノが違う日本の宇宙技術…カーナビを世界で初めて商品化、世界に打って出よ












AD
いいね!した人

[PR]気になるキーワード