sansiroのブログ

世の中不況もあり人間としての心も荒んできてます
でも人間としての矜持はなくしたくない
もう一度人間としての原点回帰は何か
記事ににして行きます


テーマ:


韓国・ハンギョレ新聞が1日、韓国のキムチと日本のキムチの比較・分析結果を「韓国キムチの勝利」と紹介し、注目を集めた。

「韓国キムチは日本のキムチよりおいしい?」と題された記事によると、釜山大の食品栄養学科の研究チームが韓国産と日本産の春の白菜でそれぞれキムチを漬け、分析を行った。使用した白菜は韓国が「全裸南道海南郡産」、日本は「東京周辺でキムチづくりに主に使われる品種」で、その他の材料は韓国内で購入したものを使用したという。

4週間の熟成後、白菜の弾力性を比較すると韓国産が53.5%と、日本産(41.4%)をはるかに上回った。キムチは弾力性が高いほど、サクサクした食感が楽しめるという。



一方、発酵キムチでは、菌の数は日本産が上回ったが、乳酸菌の数では韓国産が「はるかに多かった」。発酵3週目のキムチでは、韓国産の抗酸化効果は日本産の2倍近く、胃がん細胞の成長阻害率も韓国産が優れていたという。

さらに、評価員8人によるテストの評価も、韓国産が6.3点で日本産の4.1点を大きく上回ったという。同紙はこの結果を「ホームグラウンドの利点を考慮しても、韓国キムチの勝利」と伝えている。

このニュースに対しては、韓国人ネットユーザーから多くのコメントが寄せられた。主な意見を紹介しよう。

「『キムチ(韓国語音)』と『キムチ(日本語式)』。比較すること自体、癪にさわる」

「日本で作ってもキムチ(韓国語音)だろ。『日本キムチ』って何なんだ」

「放射能汚染白菜とは比較にもならない。お母さん、今年もおいしいキムチを有難う\(^0^*)/」

「何言ってるの?私たちのキムチが世界一でしょう」

「日本のキムチは食べたことないけど、韓国キムチの方がおいしいでしょ。キムチを作って下さる方々、尊敬していますよ」

「いくらなんでも日本の寿司より韓国の寿司が旨い、ってことないだろ」

「キムチは誇らしい韓国の食べ物です。キムチ女とか、キムチ男とか、否定的な意味で使わないで」

「味が異なる理由は、日本で作ったキムチが日本人の口に合わせたものだから。どの国であれ、現地の人に合わせて作るもの。何も考えてないから、こんな記事書けるんでしょ」

「『日本キムチ』?てめえらが認めるから、韓国文化のものを中国人や日本人が元々自分達のものだった、とホラを吹くんだ。本末転倒」

「キムチ(日本語式)という単語を書いている時点で、気にいらないww」

「死にてえのか?比較すること自体、拒否する」

「日本在住だが、『キムチは日本のもの』という日本人はいない。問題は米国で日本料理店を経営する奴ら。キムチを日本料理店で売るから、日本のものと思われる
AD
いいね!した人

テーマ:

2014年11月7日、浙江省海洋漁業局は各職能部門の責任者と舟山、寧波、台州、温州市、ならびに漁業重点地域の海洋・漁業局幹部を集めて緊急会議を行い、赤サンゴの密猟取り締まり方針を取り決めた。中国農業新聞網が伝えた。

赤サンゴ密漁の取り締まりに当局が本腰=違法船は没収、解体へ―中国

7日、浙江省海洋漁業局は各職能部門の責任者と舟山、寧波、台州、温州市、ならびに漁業重点地域の海洋・漁業局幹部を集めて緊急会議を行い、赤サンゴの密猟取り締まり方針を取り決めた。写真は浙江省の漁港。


【その他の写真】

会議では、密猟の現状、違法漁船の実態を分析し、各地に対して船名、許可証、船籍を持たない「三無」船舶や違法な譲渡、改造などを行っている漁船をすべて把握し、臨検の実施を求めることが決定された。赤サンゴ密猟用の設備が発見された場合は没収され、密漁船は没収、解体処分となる。

また、会議では有効な取り締まりに向けて以下の提案があった。一つ目は、各地の政府が管理を徹底し、責任者を特定、船舶の全数検査を行い、迅速に通報すること。二つ目は、実施部門が連携し、造船所の定期的なパトロールと通知書の配布で、厳罰化を周知すること。三つ目は、国民による密猟の通報を推進し、違法行為を水際で食い止めること。四つ目は、全省で赤サンゴの取引場所を全面的に整理し、違法な流通経路を遮断することである。(

AD
いいね!した人

テーマ:

 中国漁船によるサンゴ密漁問題で、海上保安庁は21日から取り締まりに当たる巡視船を大幅に増やし、一斉摘発を始めた。領海外に漁船を追い出す手法から、夜間の領海内での操業を積極的に摘発する方針に転換。未明に中国人船長(44)を外国人漁業規制法違反(領海内操業)の疑いで現行犯逮捕した。夜間操業の摘発は10月以降初めて。

【写真】海上保安庁の巡視船(奥)と摘発された中国漁船(手前右)=21日朝、小笠原諸島沖、第3管区海上保安本部提供

 太田昭宏国土交通相は同日、閣議後の記者会見で「漁船を排除できる態勢を整える」と述べ、小笠原諸島周辺に20日時点で47隻いた漁船を一掃する方針を明らかにした。

 中国のサンゴ密漁船はピーク時、伊豆諸島周辺も含めて計200隻超がひしめく一方、巡視船は2、3隻程度だった。摘発すれば取り調べなどに人手が割かれることもあり、海保はサンゴの採れる浅い領海から密漁船を追い出すことを優先。10月以降の摘発は8隻にとどまっていた。

AD
いいね!した人

[PR]気になるキーワード