ある精神科女医の冒険〜壇チクロ公式ブログ

シンガーソングライター、パフォーマー、DAW職人で精神科医師の壇チクロのブログ。


テーマ:

お久しぶりですo(^▽^)o

 

先日のライブはこんな感じでとってもあらゆる意味で寒かったよ・・・。

どこがって・・・・きまってるだろ、二の腕だよ・・・。ぶよぶよしてて悪いね・・・。

 

でも、ライブは演者がみんな頑張ったおかげか、閉店大サービスなのか、大いに盛り上がり、私はオースティンレコードの社長さんに誘われて3月11日、フジエモン企画に出演することになりました。ラッキー!

 

で、その時の動画がコレです↓皆さま、ありがとうございました!

 

 

そう、あれはたしか2014年の12月の事。じゅんじゅんと成り行きで一緒にやることになり、ソウルキッチンでやりました。コレ↓

 

 

今思うと、下手くそなタイム感の悪いピアノによく合わせてくれたなあと、じゅんじゅんには感謝するしかないですね(打ち込みを始めてからようやくタイム感が出せるようになった)

 

これで出演した時に、鳥井賀句さんに「歌わないの?」と言われて、その前の年に弾き語りにチャレンジして自爆したので「音霊工房」なら大丈夫です。と、水曜フリークシアターに2回出させていただいたのですが、2回目は音楽劇にして、銀粉蝶さんの歌を歌ったら

「面白い声じゃん、歌えよ~、歌ったもん勝ちだぜ~~~!」

 

と賀句さんに言われてすっかりその気になって、2015年の4月からほぼ毎月恒例のオーディション兼のオープンマイクに出演してきました。子供の時は一日中歌っているような典型的なADHD児でしたが、小学校4年生で合唱部でいじめに遭ってから全く歌えなくなり、歌う代わりにピアノで曲を作るようになりました。

 

当時、ドルチェ・ヴィータと、古本の女(のちに、賀句さんに「エロ本の女でいいじゃん」と言われて、「エロ本の女」に改題)しか持ち歌が無く、当時患っていたアル中を歌ったり、安倍政権反対のポエムを読んだりとまとまりが無かったのですが、途中で小川学校に通っていたころに少し離れて、去年の7月くらいから弾き語りで出るようになり、演奏も纏まってきて、「コスプレして踊る曲があってもいいんじゃないか?」と言うことで、今のスタイルになりました。

 

そして、先日、最初で最後の「鶯谷の地下アイドル」壇チクロとして出演しました。そして、その芸風のまま、引き継いでくれる方にもめぐり合わせていただきました。

 

そう、ソウルキッチンは4月末で閉店するのです。

私のフェイスブックの友人の半分近くがソウルキッチンのオープンマイクで知り合った人たち。

 

鳥井賀句さんは、お店を閉めた後は元の文筆業に戻るそうです。

そういう運命の人だから、お別れは寂しいけどしょうがないね。

 

と言うわけで、4月19日、すでに出演しているのに、また壇チクロでオープンマイク出ます。

本当に懲りない人です。

 

悪い金八先生に懲りない永遠の中学3年生の集まる、愉快な場所ソウルキッチン、さよなら。ずっと忘れないよ。

 

って、4月末まで1か月半もあるやん!

 

では。

 

( ゚д゚)ノシ サラバジャー

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

壇チクロさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。