テーマ:

今日は満月ということで、こんなブログをUPしました


牡牛座満月は びわっち会@福岡で五感磨き



牡牛座満月のキーワードのひとつが
(今回の満月は牡牛座で起こります)

「五感の発達」 ということもあるので

少し前から 記載している

 

 

「愛される“心”と“カラダ”のつくりかた(六感をひらく)講座」


についてお話ししてみようと思います。



まず 五感とは、ご存知のとおり

「視」 「聴」 「嗅」 「味」 「触」 の五つの感覚。


そして 六感とは、基本的に 五感を超えた

理屈では説明しがたい 感覚 知覚のこと。

胸騒ぎなど 危険を察知する能力といった

カン、直感、インスピレーション

というとわかりやすいでしょうか。


さらに この先(奥)の七感 八感 というところにも触れていくわけですが

まずは こちら ↓ をご覧ください



□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■


びわっちがまーたなんか面白いことを企んだようだ

ほほぅ・・・・・【六感をひらく講座】とな?


「でもさ、六感をひらくって言われても

どんな内容かちゃんと説明せんとわからんのやないと?」



と僕は言ったんだけど

どうやらびわっち曰く

 

 

「そもそも六感をひらくための講座なのに、

 

どうして理屈とかつける必要があるのかしらん?」


ということのようで(笑)

うんまぁ、それも一理あるっちゃある。

彼女が言いたいことを僕なりに解釈すると

 

 

「まずは、自分の直感や感性にしたがって行動を起こしてみて。そこいこたえがあるから。」


ということらしい。


確かにね……

なんでかわからんけど

“ふと”感じてやってみて

“なんかしらんけどそうなる”のであれば、

理屈なんていらない時だってあるんじゃないかなと


これまでのびわっちを見ていてやっと理解できるようになった。


逆に、「行動や結果に理論や理屈が伴ってないと納得できない」って

本当に動くべき時が来ても、

知らず知らずのうちに自分にブレーキをかけて

行動のタイミングを逃してしまうんですよ。


直感を鈍らせ、チャンスにすら気づけない

いや気づかないフリをする。

だって理屈なしに行動するのがコワイから。

そして、コワくて動けなかった自分の自尊心を守るために理屈をつける。

直感やタイミングを根拠のないものとして否定する理屈を構築し

行動しなかった(できなかった)自分を正当化して慰める。

なんともかっこ悪い話しですね。


でもね

実はこれ、以前の僕のことなんです。

僕は偏屈で短気で疑い深い性格で

不確かなもの

説明のつかないもの

理論的でないもの

をこれまでずっと拒絶してきました。

それは人の知性や理性を否定するようで

乱暴な考えだなと思ってたんですね。


びわっちはそんな僕とは正反対で、

 

とにかく直感で動いて動いて動きまくる。

理屈じゃない、感性と覚悟だけなんだと。

彼女は自ら動いて見せることで

これまで僕が

ない、出来ない、ありえないと思ってきた沢山のものを

ある!、出来る!、ありえる!と、気づかせてくれました。

そうやって感性に従い行動していくことで

自然と六感も開いていくものだと

なぜかはわからんけど、そうなっていくとしか

いいようがないんだって。。。


あ、言っとくけど、

これはびわっちが特別な何かを持っているから出来るとかでは決してなくて

誰にでも当たり前に持っているものですからね。

五感の先、いや奥に眠らせているもので

人なら誰しも太古の昔から本来持っているはずの

忘れさられた感覚。

この六感といわれる感性は

誰にでも呼び覚まし育むことが出来ます。

だって、この頑固で頭でっかちな僕でさえ

今では当たり前に持っている感覚なんだもの。


根拠のあるもの、与えられた情報だけで生きてきて

自分の“ありえない”をそのまんまにしてきて

“でも”と“だって”でごまかしてきて

人生これで満足なのかなぁと感じたら、

一度、これまでの理屈や理論ありきの行動を

くつがえしてみるのもいいんじゃないかなと思います



勇気がなきゃ冒険できない。

冒険しなきゃ宝物は探せない。

宝物は理屈じゃ辿り着けない。




いつも自分に言い聞かせながら、前に前に進んでます

暗闇を抜けて最初の1歩さえ進めたなら

あとは光に向かうしかない。

そんな感覚をぜひ体感してみて欲しいなぁ。

こわがらなくてもかならずそこにあるから。


TAIZO



□ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■


わたし自身  「ふと」 思って 「ふと」 行動したことが

自分の予想を超えた結果につながっていることが少なくありません。

 

こちらも読んでみてください >>>


夢を叶えるのに「がんばる」時代はもう終わった・・・?!

 

稲佐山イベントの裏側で / 新★教祖誕生?!

 


エジソンは

「発明は99%の努力と1%のインスピレーションである」

と言います。


努力(知識・経験)が99%あっても

1%の第六感的なひらめきの存在が必要だということ。


ふと、なんとなく ・・・ 六感 には

ワクワクドキドキが つまっている。

それをひらいていこうというのが

 

 

「愛される“心”と“カラダ”のつくりかた(六感をひらく)講座」です。

 

長くなったので つづく >>> ②びわっちの愛される“心” と“カラダ” のつくりかた  (六感をひらく)講座



読者登録してね
 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

心屋塾 認定講師・リセットカウンセラー びわっちさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります